【ラオスダム】韓国の職員が真っ先に避難できた理由が明らかに!? SK建設は4日前から決壊の兆候を把握?

東南アジアニュース, 韓国ニュース

ラオスのダム決壊でSK建設が批判されているみたいですね。韓国メディアの中央日報が海外メディアの情報を色々とまとめて報道しています。韓国の職員は無事に全員避難したみたいなんですけど、現地住民は避難できなかったのでしょうか?

ラオスダム決壊、4日前から兆候…「韓国職員53人は避難したが…」
7/26(木) 7:57配信 中央日報日本語版

(略)

25日(以下、現地時間)の仏AFP通信によると、SK建設側はダム上段部が流失したことを先週日曜日(22日)午前9時に発見したと明らかにした。ダム決壊の24時間前だ。SK建設側は「(発見後)直ちにラオス当局にこの事実を知らせ、村の住民を避難させ始めた」とし「豪雨によって補修作業が遅れ、補助ダムが決壊する危険が高まると、23日朝からセナムノイダムの水を放流するしかなかった」と釈明した。

実際、現場にいた韓国人はあらかじめ避難して無事だった。CNNは24日、韓国人現場勤労者53人は全員が無事に避難していたと伝えた。

しかしAFPによると、ダム崩壊の兆候はSK建設が明らかにした以前から表れていた。SK建設と共にラオスでダム建設に参加している韓国西部発電は「20日に中央ダムで11センチの沈下現象が見つかった」と韓国に報告した。AFPは韓国西部発電の今回の事件に関する日誌を入手したと明らかにし、韓国西部発電もダム崩壊の兆候を先週から認知していた可能性を提起した。

実際、韓国西部発電のキム・ビョンスク社長は25日、国会の産業通商資源中小ベンチャー企業委員会で業務報告し、20日に沈下現象を確認したことを明らかにした。22日にはダム上段部10カ所で沈下が発生して復旧装備を手配し、23日午前11時ごろダム上段部が1メートルほど沈下し、この時から避難協力を要請して住民の避難が始まった、と説明した。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000003-cnippou-kr

韓国の職員だけは事前に避難?SK建設も事前に知っていた?

20日には決壊の兆候が出ていて、その時点で韓国の職員も全員逃げたのだとすれば、これまでと話が大きく変わってきますね。SK建設は22日の朝9時に初めて問題を把握してラオス当局に通報したと主張しているかのように見えます。ですが、同じ合弁会社の韓国西部発電が11cmの地盤沈下を韓国に報告しているのが事実だとすれば、当然SK建設にも連絡が行っていると考えて差し支えないでしょう。

つまり、22日に初めて把握したというのはウソだったんですか?

あくまでも「ダム上段部が流失したこと」を確認したのが22日なのであって、地盤沈下に関しては把握していたでしょうね。その時は表沙汰にせず、大した問題じゃないと無視してしまったのかもしれません。22日にダム上部が流失して隠し切れないと判断し、ラオス当局に連絡したという流れでしょうね。その時点で韓国の職員は避難していたものと思われます。

地盤沈下とか絶対に無理だろ…。どうして隠蔽できると思ったんだか。

ホントですね・・・。

24時間前に避難協力を要請も、大半の世帯に伝わらず?

未だによく分からないのが、どうして韓国は避難の要請を2回に分けたんでしょう?記事を見る限り、22日午前9時に「村の住民を避難させ始めた」というのと、23日午前11時に「この時から避難協力を要請して住民の避難が始まった」というのがあります。どっちが本当の避難なんでしょうか?

最初のはダムに最も近い住民だけを非公式に避難させたもので、2回目のは当局に通報してから正式に避難をさせた、という認識でした。しかし詳しく調べてみると、警報が韓国語でしか流れなかった可能性があるみたいですね。この記事ではラオス側が避難活動にどの程度協力していたかが読めないのですが、もしも韓国企業に任せっきりであったとすればその疑いが強まります。ラオスの言葉はラオ語という独特の言語ですので、韓国企業がラオス人を雇ってラオ語で避難要請の放送を流したのでなければ、必然的にそうなります。

あっそうか。避難を要請って言っても言葉が通じなければ意味がないんだ!全然気付かなかった・・・。

もちろん避難放送だけでなく、実際に一軒一軒訪ねて避難させようとしたはずです。韓国の職員53人が全員事前に避難していたのであれば、その作業を行なうのは韓国側に雇われた現地のラオス人ということになりますね。22日9時の決壊24時間前に初めて当局に避難を要請したのであれば、それからラオス人を手配することになりますので、さすがに何百人という人数を集めるのは難しいでしょう。仮に数十人集められたとして、自宅を見捨てたくないと反対する人も少なくないでしょうし、1人で20件も回れれば良い方だと思います。なので24時間ではせいぜい数百~千世帯程度が限界ですね。被災者が7000人とのことなので、少なくとも数千世帯に避難の要請が一切伝わっていない可能性があります。

うわ~・・・。じゃあ全然避難できてなかったんだ!かわいそう・・・。

それもう何もしてないのと同じレベルだな。隠蔽することばっか考えないで最悪の事態を想定すればいいのに。

あくまでも仮説の域を出ませんが、表に出ている情報を整理すればそうなります。避難協力の中身として実際に動いたラオス人の人数が出てくれば補完材料になるのですが。同じような報道ばっかりで肝心の情報が見つからないのです。避難活動に関する部分をぼやかそうとしているのではないかと勘繰ってしまいますね。これ以上仮説を並べても仕方がないので、続報を待ちましょう。