日本が韓国に勝って48年ぶりのメダル確定! 桃田賢斗選手の発言がカッコ良すぎる!

国内ニュース, 韓国ニュース

素晴らしいね!バドミントン男子団体準々決勝、日本が韓国にストレート勝ちでメダル確定。3位決定戦がないかららしい。エースの桃田選手が韓国のエースを終始圧倒したという展開が熱いね。先日まで行なわれていた世界選手権での発言もカッコ良すぎる。

<アジア大会>桃田がエース対決で圧倒 バドミントン韓国戦
8/20(月) 22:03配信 毎日新聞

 ジャカルタ・アジア大会は第3日の20日、バドミントン男子団体準々決勝があり、日本は韓国を3-0で破り、21日の準決勝に進出した。3位決定戦がないため、1970年のバンコク大会以来、48年ぶりのメダルが確定した。2戦連続のストレート勝ちで勢いに乗る日本をけん引するのはトップバッターを務めるエースの桃田賢斗(NTT東日本)だ。

 桃田が、世界ランキング5位の孫完虎(ソン・ワノ)とのエース対決を終始圧倒した。「団体戦だと勝ちたい気持ちがより熱くなる」と自然と強打が増えた。攻守のバランスが良く、ミスの少ない相手を全く寄せ付けず、「自分からペースを上げて崩すことができた」と自賛した。

 孫完虎に対しては特別な思いもあった。5日まで中国・南京で行われた世界選手権で、順当に行けば準々決勝で対戦するはずだった第4シードの孫完虎が棄権した。第6シードだった桃田は決勝まで世界ランキング上位の相手と当たらない幸運もあり、優勝にも達成感を得られなかったという。「ここで負ければ、シード選手がいないから優勝できたとなる。絶対に負けたくなかった」と普段以上に気持ちが入っていた。

 5月にバンコクであった団体世界一を決める国・地域別対抗戦の男子トマス杯でも桃田が各国のエースに6戦6勝し、チームを引っ張った。朴柱奉(パク・ジュボン)監督は「桃田の存在が大きい。1勝を計算できる」とたたえる。

 勝負を決める1勝を挙げた西本拳太(トナミ運輸)も「桃田の気迫あふれるプレーに自分も乗っていけた」と同学年の同僚に感謝する。そして、「みんな金メダルしか見ていない。『ここから』という雰囲気」と淡々と話す。初のアジア大会男子団体の頂点まで、あと二つに迫った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000110-mai-spo

3位決定戦が行なわれない理由は分からず

おめでとうございます!メダル確定なんですか?

3位決定戦が行なわれないらしいからね。

どうしてでしょう?

調べてもよく分からない…。どこのマスコミも同じ報道で全然解説がなかった。

何だかモヤっとしますね・・・。

まあメダル確定だそうだからいいだろ。しかも韓国を破ってメダル確定。

愛国心を発揮してますか?

愛国心が湧き上がってくるね。初めてアジア大会を真剣に見ようかと思い始めた。

意外と単純ですね!ボクは道具を使う競技はちょっと・・・。サッカーだけ見ます!

まあいいだろ。エースの桃田選手がすごいんだよ。彼だけでも見てあげて。

桃田選手がカッコ良すぎる理由とは?

桃田選手が日本代表のエースなんですね。

記事の中で桃田選手の発言があるだろ。先日まで行なわれていた世界選手権で優勝したのに、なぜか達成感を得られなかったとある。

その理由は?

準々決勝で対戦するはずだった韓国の孫完虎が棄権したため。直接戦わずに優勝してしまったから、拍子抜けだったんじゃない?

へぇ~。優勝できたのに満足していないんですか?

そう。韓国と戦って優勝したかったんだよ彼は。そして今回、念願の韓国との対戦だ。しかも相手はエースの孫完虎。「団体だと勝ちたい気持ちがより熱くなる」と終始ペースを握り、韓国を圧倒した。そして見事にストレート勝ち。韓国には絶対に負けたくないという強い気持ちのおかげで、素晴らしい成績を残すことができた。彼こそが真の愛国者だと思う。

ホントに勝ったんですね!有言実行でカッコいいです!

だろ?熱くなる理由がここにあるんだ。

そう言われると、何だか興味が湧いてきますね!

おっ?分かってくれた?バトミントンに興味ない人でも見てみたくなる、それが桃田賢斗という選手なんだよ。

ネットユーザーの心ない声と励ましの声

ネットでは、彼の活躍をあまり良く思っていない人が散見されます・・・。

どんな書き込み?

飲む打つ買う、闇がどうとか。公式ウェアは着ていくなとか・・・。錦糸町で写真を撮られたんですか?これらのことが15コメント以内に書かれています。

まあ過去に色々とあったからな。叩きたいだけの奇特な人達だから気にしなくていいよ。“そういう人達”かもしれないし。

その後にホント下らないコメントしかないなと嘆いてる人がいます!彼は良心あるネットユーザーだと思います。

いいね。素直に活躍を喜べないというのは、ある意味かわいそうでもあるよ。まっとうな愛国心を失ってしまったら取り戻すのはとても難しくなるよね。

もう1つのサイトでは、全然そんなコメントはありませんでした。サイトごとに書いてる人が違うんでしょうか?

どっちが”終わった掲示板”なのかは一目瞭然だよね。まあバスケ代表が直前にやらかしたってのも大きいんだろう。どうしても比較はされてしまう。

日本のレベルが上がった、もう無双状態だ、完全復調だねと褒めたたえるコメントが多いです!ボクはこっちの方が好きですね。

桃田選手とマレーシアのライバルとの熱いエピソードとは?

桃田選手には、もう1つ熱い話がある。最大のライバルで五輪銀メダリストでもあるリー・チョンウェイというマレーシアの選手がいるんだけど、今回のアジア大会と世界選手権を病気で欠場することになってしまったんだ。

かわいそうですね・・・。

それで、そのリー選手と桃田選手しか使えないとされるASTROX 99というモデルのラケットがあるんだ。彼はそのラケットを持って表彰台に上がった。リー選手と一緒に表彰されたかったという思いがあったんだよ。本人がそう明かしている。

桃田選手、すごい!熱い友情ですね。

桃田選手は過去にドーピング検査に引っ掛かって8カ月の出場停止を余儀なくされた。その時にリー選手にこういう言葉をもらったんだ。「人は100%正しい道を歩めるわけではない。間違いを犯したのであればそれに気付き、自分を変化させればいい。新たに強い人間になり、帰ってくれればいい」。この言葉を励みにして、無事に復活することができた。

リー選手もすごいです!桃田選手を気遣ってくれてありがとうございます!

だろ?こういう熱いエピソードがあるから、どうしても応援したくなってしまう。しかもリー選手はマレーシアの選手だ。日本はバドミントンで韓国を破り、マレーシアはサッカーで韓国を破ったという共通点もあるからな。

その部分は愛国心発揮事案ですか?

うるせえよwww

でも、ボクもうらやましいと思っています!友情っていう感情、実はあまりよく分からなくて・・・。

そうだったか。まあスポーツの世界は奥が深いし、国境を超えた友情ができることも少なくないからな。ある意味愛国心をも超えた素晴らしい何かを生み出すことができるんだ。

桃田選手、応援してます!ぜひアジア大会でも優勝して下さい!