英国軍艦が南シナ海を航行  中国が不満を表明も効果なし

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

中国が勝手に領有権を主張する南シナ海ですが、米軍に続き英国軍も8月31日に航行をしました。中国が勝手に主張する領海にも入ったそうです。中国側は強く反発し、強烈な不満を表明していますが力はありません。米国に続き英国も歩調を合わせ、中国を包囲する流れが徐々に進んでいるようです。

英軍艦が南シナ海・西沙沖航行=中国、「強烈な不満」表明
9/6(木) 18:30配信 時事通信

 【北京時事】中国政府は6日、英海軍の揚陸艦「アルビオン」が8月31日に南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島周辺の「中国の領海」を航行したと発表した。

 中国外務省の華春瑩・副報道局長は記者会見で、「英国に厳正に申し入れ、強烈な不満を表明した」と述べた。

 華氏はアルビオンについて「中国の西沙諸島の領海に無断で進入した」と強調。これに関し中国国防省は報道官談話で、中国軍が艦艇を派遣し、「警告を与えて(アルビオンを)追い払った」と説明した。

 英軍は、中国の過剰な海洋権益の主張を認めない立場を示すため「航行の自由」作戦を繰り返す米軍と歩調を合わせ、揚陸艦派遣に踏み切ったもようだ。ロイター通信によると、アルビオンは日本へ寄港後、南シナ海を航行して今月3日にベトナムのホーチミンに到着した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000110-jij-cn

航行の自由は世界中どの国にも保障されている

南シナ海って公海じゃないんですか?

中国にとっては領土で領海らしいよ。

中国の許可を得なければならないんですか?

そんなことはない。どこの国にも航行の自由はある。

中国の軍艦が出てきたらどうすればいいんでしょう?

何も慌てる必要はない。航行の自由を守り切ればいい。どうせ中国は何もできない。

パーフェクトじゃよ。自由を妨げることなどあってはならん。中国の言い分には無理があるからのう。

俺も英国軍の英断は素晴らしいと思いました。世界中の誰もがそう思いますよね…。

ダジャレですか?

うるせえよwww 「英」にも色々と意味があるんだよ。

優れている、秀でている、名誉、芽生え、イギリスの略、

まあ俺はイギリスを英国と呼ぶことは正しいと思っている。フランスを仏国と呼ぶのは何となく抵抗がある。ドイツを独国と呼ぶのは違う意味で納得できる。

最後のはどういう意味ですか?

韓国が日本領竹島のことを「独島」って呼んでるだろ?ドイツと何の関係もないはずなのに。だから複雑なんだけど、ドイツって韓国や中国と仲良しじゃん。だから違う意味での納得感。

少なくとも、イギリスは日本の味方ってことですよね!フランスはどうなんでしょう?

仏国も足並みを揃えるんじゃない?でないと仏様にもとばっちりがいくからな。

そうですよね!ボクは仏様に毎朝お参りしています。

そうなのか。

中国の軍事力も口だけで綻びが生じている

中国はどうして反発するだけで何もできないんでしょう?

南シナ海を中国領だと認めている国が、中国以外に存在しないからですね。世界的には公海上の出来事ですので、中国が攻撃でもしようものなら即座に開戦となります。そして中国側に100%の非があるとされてしまうでしょう。中国側もそのような愚かな選択肢を取るわけにはいかず、それを見越した米軍や英軍が航行の自由作戦を実行しているに過ぎないのです。

まさにその通りだと思う。中国は口だけで、ビビって何もできない国だと証明されつつある。世界にもそれがバレてきて、一帯一路もうまくいかなくなってきた。

中国は軍事力を背景に世界進出をしてきたんですか?

そうとも言えなくはないよね。例えば中国が世界各国で投資しているプロジェクトで、債務が積み上がっている。返せなければ港などを租借されてしまう。これを抵抗しようとするならば、軍が出てくる可能性もあるということだ。全て軍事力を背景にした行動というわけだよ。

中国軍は自国より弱い国には強気で出られますが、米国や英国、ロシアなど中国より強い国には抵抗をすることはありません。ましてや米国と英国が手を結んでいる状況では、否が応でも戦前の日本軍の状況を想起せざるを得ないでしょう。

確かに中国にとっては嫌な感じの展開だよな。Aに加えてBが来たわけだ。Cは台湾、Dは…?

どうしてCが台湾なんですか?

トランプが言っている「1つの中国」が何を意味するかが分からない?要するに、今の中華人民共和国は本当の中国ではないと言いたいわけだよ。中国側はなぜか逆に喜んでいるようだけどね。

その解釈には敢えてコメントをしませんが、中国が包囲されつつある点だけは疑いようがありませんね。欧米諸国で新植民地政策だと批判されている本当の意味を考えた方がいいかもしれません。

Brexitは中国と距離を置く政策

ネットユーザーも一斉に中国を批判していますね!中国は国際法にも違反しているし、中国の主張はおかしいって。

まあこればっかりは左寄りの人も擁護しようがないもんな。最近左寄りの人達が中国の話題を露骨に避けてるんだ。米中貿易戦争に南シナ海問題と見たくない現実が増えてきているからね。

あと、イギリスは二枚舌とも言われていますね。中国にすり寄っていたというのはホントでしょうか?

ウソばっかだなww 親中だったのはずっと前のキャメロン政権までだよ。大体EU離脱の時点で中国とべったりなドイツと距離を置きたがってるし。

ですよね!イギリスが中国と仲良くしている構図が全く想像できません。ブレグジットは中国と距離を置く政策だと書いてる人もいます。

思えばあの頃からだったな…世界中で中国とドイツに反旗を翻す流れができ始めたのは。

アメリカ太平洋艦隊の空母とイギリスのクイーンエリザベス号、そして海自のいずも型が揃って航行の自由作戦を実施すべきだという意見もあります。

素晴らしいね!新日英同盟、そして日英米同盟だな!日本が戦勝国になれる日が近づいてきたということだ。敗戦国は…そうご存じの通り

油断してはいけませんよ。中国側もどのような策を考えているか分かりません。まさか無策でここまで来ているはずはないでしょうし、ここから何らかの打開を試みる可能性はあります。中国だけでなく、背後から隙を狙うロシアにも警戒しましょう。

うむ。そうだな。わざわざ相手側に手の内を明かすこともないか。