トランプの中国に対する高笑いが止まらない! 「米国市場は急伸し、中国市場は低迷している。間もなく巨額の関税収入が入るからな。会うなら会おうか?」

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

ものすごいツイートだな…。トランプが米国株の好調ぶりと中国株の低迷ぶりを引き合いに出して、挙句の果てに巨額の関税収入があると発言。この状態で中国が会うとなると針のむしろにならないか?

中国との通商協議、米国は合意圧力受けず=トランプ大統領
9/14(金) 1:05配信 ロイター

 [ワシントン 13日 ロイター] – トランプ米大統領は13日、中国との通商合意を締結する圧力を受けていないとの認識を示した。

 ツイッターで「米国は中国と合意する圧力にさらされておらず、中国側が圧力を受けている。米国市場は急伸し、中国市場は低迷している。間もなく巨額の関税収入が入ってくるほか、国内生産(活発化)の動きもみられるだろう。会うなら会おうか?」とつづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000001-reut-bus_all

日本語は視認性抜群だから読書に向いている?

ツイートの内容がそのまま記事タイトルになったんですね。

インパクトが大きいからな。株式市場の話を直接比較するなんて、自信たっぷりじゃなきゃできないだろ?

該当のTweetはこちらですね。冒頭にウォール・ストリート・ジャーナルは間違っているという一言が添えられています。16000回ほどRetweetされています。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1040242677877551104

英語で読むとスッと入ってくるな。日本語だと字面のインパクトが大きくてびっくりするけど。

日本語って視認性バツグンですよね!読書しやすい言語だと思います。

確かにそうだな。漢字ひらがなカタカナで一定のリズムを作れるし、短い言葉で多くのことを表現できるから。AAなんてのも日本だからこその文化だと言える。

日本語は速読に適していると言語学でも立証されているそうですよ。例えば日本語の”減速”は英語の”slow down”よりも早く短く意味を伝えることができますね。漢字の部分に注目して読むことで速度を速めることが可能になるそうです。読書好きの日本人が多い点とも関係するかと思います。

日本って読書大国だよな…。本屋とか世界一充実してると思う。

外国の本って作りが安っぽいですもんね・・・。

ところが学問の話となると大きく変わります。日米の大学生の読書量の比較を見てみれば分かりますが、統計によっては10倍近くも差があるのです。全体的に日本人の読書量が減っているとも指摘されています。難しい専門書を避け、比較的簡単に読める教科書やコミックなどを読みたがる傾向にあるそうです。実際はどうなのかは私には分かりません。

ぐぬぬ…。

ネガティブになっちゃダメですって!せっかく日本語のいい所を見つけたのに!

米国は中国との協議で一歩も退くつもりはない

まあ日本語の話はいいや。ネットユーザーの反応はどう?

その前に、こっちの記事が気になったんですけど・・・。どうなるんでしょう?

米財務長官、中国に貿易協議提案 数週間以内に、米紙報道
9/13(木) 22:41配信 産経新聞

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプ米政権内でムニューシン財務長官が中心となり、中国政府との閣僚級協議の再開を提案したと報じた。ムニューシン氏と中国の劉鶴副首相が、ワシントンか北京で数週間内に会談する可能性があるという。

 トランプ政権が中国からの2千億ドル(約22兆円)相当の輸入品に高関税を課す第3弾の対中制裁の準備を終え、いつでも発動できる状態となっている。

 米国が制裁を実施すれば中国も報復措置に出る構えで、世界経済への影響も決定的になる。そのため中国との貿易対立の回避を探るムニューシン氏らが協議再開に動いた可能性がある。

 米側は中国が協議に応じた場合、巨額の制裁関税を振りかざし、大幅な譲歩を迫るとみられる。

 ただ、トランプ米大統領が厳しい対中発言を繰り返す中、協議再開に結びつく「保証はない」(同紙)という。米中両政府は5~6月、3回の閣僚級協議を実施。8月にも次官級の会合を開いたが、大きな進展はみられなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000608-san-bus_all

どうなんだろうって、記事そのままじゃない?中国が話し合いに応じるなら、大幅な譲歩を迫るってこと。今までと何も変わってないよ。

確かに!記事の冒頭で感じた印象とは差があります。

あれだろ?話し合いって言うから貿易戦争が一転融和的な雰囲気になるんじゃないかって思ったんじゃない?でも実際は全然そんなことはない。中国にとって呑めないようなきつい条件を一方的に突き付けるだけだよ。到底協議とは言えない代物だよね。

おっしゃる通りです。米国は一歩も退くつもりはありませんが、その上で話し合いをしようと持ちかけているのです。中国には全面譲歩以外の回答は求められていません。選択肢もありません。話し合いを拒否するようであれば、即座に関税発動の準備がととのいます。残された時間はそれほど多くありません。

こうなるともうかつての大日本帝国と全く同じだな…。歴史は繰り返されてしまうのか?

中国はトランプは1期限りだと決めつけている?

ネットユーザーの反応だと、もう少しソフトな印象です。強固な姿勢を貫くのは中間選挙のためだと分析してる人がいます。

中間選挙どころか、もう2期目まで視野に入ってるんじゃない?このままだと。トランプの政策が今のところ当たって景気も上向いてるだろ?日本やオーストラリア、英国などの関係も悪くはない。当選できない要素が特にないんだよね。

確かにそうですよね!ボクもトランプ大統領は正しいと思います。

あと中国ではトランプが1期限りだと見て、それまで耐えればいいと考える向きもあるようだけど甘いと思う。仮にトランプ政権が1期で終わったとしても、米議会の方針は変わらないよね。むしろ米議会の方がトランプに強く要求してる構図だから。

中国は他人任せの消極的な姿勢じゃのう。トランプ氏と渡り合うには早すぎたんじゃよ。

メッキが剥がれたという印象ですね…。張り子の虎だとしか思えなくなりました。

中国は妥協するしかないと思うんですが、その後はどうなるんでしょうか?

表面上は友好関係を装って、握手なんかもするかもしれないね。ただ、中国から全面譲歩の発言を引き出せない限り事態は変わらないと思う。問題は習近平がそんな状況に追い込まれることを中国の人達が許すかだ。

メンツが台無しになってしまったら、どうなるか分かりませんね・・・。

貿易戦争で食料品がすでに値上がりしてるという話もあるけど、このままの状態が続くなら中国の政権が持たないよ。何とか報道を規制しつつ、落とし所を探って譲歩する姿勢を見せる展開になると思う。

何度も言いますが、中国には選択肢が用意されていません。米国の要求をすべて受け入れて、全面譲歩する以外の道はありません。その決断を下すまでの時間は多くは残されておらず、協議をするとなれば白黒つけることになるのです。ムニューシン氏の動きにも注目しましょう。