韓国のフィリピンダム建設計画は問題だらけ! 村民は強制移住させられ補償金はろくにもらえず?ラオス政府とは全然違う?

東南アジアニュース, 韓国ニュース

昨日取り上げた韓国の大宇建設によるフィリピンダム建設計画の話の続きです!地域住民の反対の声をもみ消しているのではないかという話がありましたが、さらに問題なのはダム計画により3つの村が完全に消滅してしまうことです。承諾が得られていないのに、勝手に村をなくしてしまってもいいんでしょうか?

【氏名】地域住民に対して、安全性の懸念も、フィリピンハラオデム建設強行する輸出入銀行糾弾
2018.09.10

地震発生の危険性、手続きの正当性の欠如、環境破壊などの問題常に存在
ラオスのダムの事故を繰り返してはダメ、中断して再検討しなければなら

 9月3日、フィリピン灌漑庁大宇建設は「フィリピンのハラオガン多目的事業(2段階)」、本契約を締結し、早ければ10月に第1からダム建設工事に着手すると発表した。

 地元住民、市民社会団体の反対と安全性の懸念などを無視したまま、最終的に大規模なダム建設を強行するものである。 総事業費1億9300万ドル(約2,061億ウォン)の今回の事業は、韓国輸出入銀行対外経済協力基金(EDCF)が韓国有償援助史上最大規模で、フィリピン政府との借款契約を結んで行われるものである。

 当該事業は、大規模な開発援助事業が及ぼす悪影響を予防し、地域住民の権利を保護するためのEDCFの「セーフガード」が初めて適用されたが、事業の妥当性調査報告書、環境、社会影響評価報告書などの関連情報は公開されておらず、ダム建設に関連する安定性の問題は、現地で継続的に提起されている。 参与連帯は、国民の税金で造成された政府開発援助(ODA)で、現地の住民を、むしろ苦痛に陥れている韓国輸出入銀行を糾弾し、資金支援を中止し、ビジネスを今でも全面的に見直すことを要求する。

(中略)

ttp://www.peoplepower21.org/International/1583715

ダム計画で16個の村のうち3つが消滅?

昨日の続きか。結構長い記事だったんだな。

これが続きの部分です!16個の村のうち3つがダムの底に沈んでしまうみたいですね・・・。

 問題はこれだけではない。 ハラオデムが建設されると、合計16個の村、約1万7千人の先住民の生活に直接的または間接的な影響を受けることになる。

 このうち3つの村は完全に水没される予定だ。 それにもかかわらず、フィリピン政府は、非自発的移住民への対策を十分に用意できていない。

 ランプとダム工事で農耕地と居住地を失うことになる被害先住民の入居住宅や周辺設備は用意されていなかった。

 居住地はもちろん、農耕地まで失った住民への補償も不備である。

 去る4月ハラオデム問題を知らせるために韓国を訪問した先住民は、ダム工事のための道路工事のために、1ヘクタール(3025坪)に至る土地を政府に引き渡す必要だったが、補償金として1,800ペソ(約3万6千ウォン)しか受け取っていない事例があると伝えた。

 このように地域の住民は、フィリピン政府の移住圧力に負けて移住同意書に署名している状況である。

 韓国政府は、国際基準に従うという名分で、大規模な有償援助事業で人権侵害、環境破壊の問題が続くと「セーフガード」を樹立した。 フィリピンのハラオガン多目的事業(2段階)は、EDCFセーフガードを適用する最初の事業である。

 それにもかかわらず、地域住民の反対と懸念は、非自発的移住への対策不備などまだ問題は解決されなかった。

 去る4月にフィリピンの地域住民と活動家たちとの面談の席でEDCFは「EDCFセーフガードによって対策、代替履行されない場合、資金支援を中止する」と述べている。

 世界銀行(WB)とアジア開発銀行(ADB)は、セーフガード政策に符合していない事業は対応していないし、次官を受ける国の社会、環境に関連する法律を遵守していない場合、事業を進めていないことを原則としている。

 輸出入銀行は、ハラオガン多目的事業(2段階)の実現可能性調査と環境社会影響評価をはじめ、事業プロセス全体がEDCFのセーフガードを満たしているかどうか全面再検討すべきである。 また、フィリピン政府は、その地域の住民との十分な協議を通じて工事被害と人権侵害を予防する制度を満たしているか、提起された懸念への対応策を十分に用意していることを確認しなければならない。

(以下略)

フィリピン政府も十分な補償金を用意してくれないのか…。村がなくなるってことは、生活の糧も失うわけで。補償金がなかったらどうすればいいんだろう?

ラオスのダム決壊とは違った意味で大変なことになりますよね。

被災者として扱われない分、こちらの方がより厳しいかもしれない。フィリピン政府の圧力があるとも書いてある。十分な補償金を得られないまま同意書に署名してるんだろうか?

どうなんでしょう?でも、承諾してないのにしてることになってたのは事実みたいです。

前回取り上げた部分だよな。フィリピン政府ってそういう部分がしっかりしてないのかな?

建設予定地は台風上陸地点の北部とは離れた中部の島?活断層が南北に走る?

あと、フィリピンといえば台風22号が大変なことになっています!カテゴリー5と同じ規模のまま上陸したそうです・・・。

猛烈な台風22号、フィリピンに上陸 進路周辺に520万人
2018.09.15 Sat posted at 11:10 JST

 香港(CNN) 猛烈な台風22号(マンクット)は15日未明、フィリピン北部に上陸し、強風と豪雨をもたらした。救援団体は数百万人が危険にさらされていると警告している。

 台風22号は現在、ルソン島北部を襲いながら西に進んでおり、南シナ海に抜けて香港や中国南部に向かう見通し。フィリピン赤十字によれば、同島北部のトゥゲガラオでは川の水位が上昇している。

 上陸の場所はルソン島北東部のカガヤン州で、時間帯は現地時間15日午前2時30分ごろだった。最大風速は約75メートル、最大瞬間風速は約90メートルに達しており、ハリケーンでいえば5段階で最も強い「カテゴリー5」に相当する。

(以下略)

https://www.cnn.co.jp/world/35125677.html

米国にもハリケーンが来てるし、世界中で台風が一斉に発生している。どうなってるんだ?

北東部に上陸したそうですけど、地図で見る限り首都のマニラは無事みたいです。

今回のダムが建設される予定地のイロイロ州とも離れているね。中部のセブ島近くにあるパナイ島の南半分を占めている地域だそうだ。

そのパナイ島なんですけど、西側に南北を走る活断層があるみたいです!西パナイ断層と呼ばれています。あと中央部にも短い活断層があるとか。フィリピン火山地震研究所が発表している資料に書いてありました!

地震か…。ミンダナオ島北部でもM6.7の地震が去年起きてるし、フィリピンは災害が多いイメージだね。

今回の台風は北部に上陸しましたけど、もし中部に来たら・・・。

危険性はあるよね。地震だけじゃなく台風にも警戒しないといけない。韓国は本当にこのまま工事を進める気か?

フィリピン政府はラオス政府と全然違う?大丈夫なの?

ネットユーザーが残してくれた最後の記事なんですけど、フィリピンの活動家が事業を停止させるように働きかけてるみたいです。今年4月の話なので、冒頭の記事よりも後の話です。

フィリピンの韓国のODAプロジェクトの停止を呼びかけ
2018年4月15日

 Jalaurに沿って暮らすFilipina農民のRemia Castorにとって、川は単なる水源ではありません。それは彼女と彼女の家族が何世代にもわたって彼らの生活と文化を築いた場所です。

 今日、フィリピンの公的開発援助の一環として韓国政府が資金を提供するダム建設プロジェクトのため、川が危機に瀕している、と彼女は言う。

 「私の祖先はこの土地に住んで数世紀に渡って戦ったが、プロジェクトのために廃止されるだろう」と、最も影響を受けたTumandokコミュニティの一員である49歳は言った。「これは、私たちの生活、食糧、生計、そして先住民のアイデンティティです。」

 レミアはフィリピンの2人の活動家と4日間の旅行のためにソウルにいた。 彼らは議員や、輸出入銀行、大宇建設の関係者と会談し、ダムの村落への悪影響を認識させた。

 「私たちは土地を失い、移転する必要がありますが、移転する余地はありません。この土地は私たちが所有する唯一の財産です」彼女の土地1ヘクタールに対してフィリピン政府から38ドルの報酬を受け取ったレミア氏は言いました。 「失うと、私たちはすべて失うだろう」

 韓国政府は、フィリピン政府と、2012年のJalaur River多目的プロジェクト第2段階の譲許的融資のための契約を締結した。これは、経済発展協力基金を運営する韓国の輸出入銀行途上国のインフラ整備を支援することを目的としています。

 JRMP IIは、パナイの主要河川のひとつであるジャロウ川の流れを狙った2段階プロジェクトの第2弾です。 それは3つの多目的ダムと関連する灌漑施設の建設を伴う。

 フィリピン政府と輸出入銀行は、灌漑用水システムの改善、家庭用および工業用水の供給拡大、電力の増産などを推進しています。

 しかし、先住民と彼らの支持団体は、環境や文化の被害や原住民の先住民族からの移住に対する懸念を提起して、このプロジェクトに反対している。

(以下略)

1ヘクタールに対して補償金たったの38ドル!?少なすぎだろ…。

何だか気の毒ですよね・・・。韓国側はフィリピン活動家の意見を聞き入れてくれるんでしょうか?

この記事を読む限り、フィリピン政府自体が乗り気みたいな書き方じゃん。韓国はビジネスを優先したがるだろうし、おたくの政府にもGOサインをもらってるんだって言って門前払いじゃないかな。残念ながら。

ラオスとは全然印象が違います。何かあっても守ってくれない気がします・・・。

ラオス政府は国民のために問題にちゃんと向き合ってるよね。被災地への仮設住宅建設をいち早く進めて、住民が早く生活を取り戻せるよう被災者の食料を2年間無料にしたり、雇用の支援まで行なっている。ダム決壊の責任が誰にあるのかも早くから指摘してて、10月には本格的な調査を始めようとしているね。フィリピンが同じ目に遭ったとして、果たして同じように動いてくれるかな?

不安ですね・・・。補償金があまりに少なすぎるので信用できません。

国民の声を聞かずに進めているという時点で嫌な予感がするね。何かあってからでは遅いから、フィリピンの人達は今のうちに工事を食い止められるように動いてほしい。

フィリピンの皆さん、本気で頑張ってください!今動かないと大変なことになります!