中国の一帯一路構想が世界中で減速  予算を20億ドル削減した国も

中国ニュース, 中東ニュース

世界中で中国の構想に反対を表明する国が相次いでいます。パキスタンでは債務負担を避けるために関連プロジェクトの予算を20億ドル削減すると発表しました。アフリカのザンビアでも対中債務の拡大に警戒する声が上がっているようです。中国を巡った世界的な流れが変わりつつあります。

パキスタン、中国「一帯一路」鉄道事業予算を約2300億円削減
10/2(火) 19:24配信 ロイター

 [ラホール(パキスタン) 1日 ロイター] – パキスタンのラシッド鉄道相は1日、中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」について、債務負担を避けるためパキスタン国内での鉄道プロジェクトの予算を20億ドル(約2300億円)減らす、と発表した。

 計画は、植民地時代に作られたカラチから北西部のペシャワルまで全長1872キロの鉄道路線改修計画で、当初予算は82億ドルだった。

 鉄道相はパキスタンは貧しい国であり、多大な債務の負担には耐えられない。中国パキスタン経済回廊(CPEC)計画に基づく予算を82億ドルから62億ドルに減らした」と述べた。

 また、鉄道計画の遂行には自信を見せたが、コストは62億ドルからさらに42億ドルまで減らしたい、と強調した。

 中国はパキスタン内での建設については約600億ドルを出資するとしていたが、8月に就任したパキスタンのカーン首相は中国からの投資に警戒感を示していた。

 米国は「一帯一路」構想について、途上国にとって中国からの融資が返済不能な債務になると批判。中国は双方にメリットがある「ウインウイン」の関係だと反論していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000084-reut-cn

「中国にノーと言おう」 対中債務と影響力拡大に反発 ザンビア
10/1(月) 17:02配信 AFP=時事

 【AFP=時事】アフリカ南部ザンビアの首都ルサカで、同国の経済への影響力を強めている中国に抗議するデモが行われた。プラカードを掲げていたのは、小政党の党首ジェームズ・ルクク(James Lukuku)氏だ。同氏はこの後、警察に連行されて数時間勾留され、一人きりの抗議デモを反すうすることになった。

(中略)

 中国は、ザンビアをはじめとするアフリカ数か国の主要投資国となっており、「無条件」融資を供与するとともに、公開入札の大半を請け負っている。ザンビアでは、ルサカをはじめ、全国各地で主に中国融資による建設ラッシュが続き、空港、道路、工場、警察署などの建設が進められている。

 ルクク氏は、「中国はザンビアからあらゆるものを奪い取ろうとしている。犯罪的な債務を通じて、わが国の経済を乗っ取っている。ザンビア政府は議会の承認さえ受けずに、中国から融資を受けている」と指摘した。

 ザンビアの対外債務は、公表されている額では約106億ドル(約1兆2000億円)だが、政府は融資を受けた実際の金額を隠蔽(いんぺい)しているとの疑いがここ数か月間、強まっている。隣国モザンビークの場合は、2016年に債務額が発表とは異なる20億ドル(約2300億円)に上ることが発覚。ザンビアも同様ではないかとの懸念から、国際通貨基金(IMF)は13億ドル(約1500億円)の融資交渉を一時的に延期した。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000031-jij_afp-int

パキスタンはAIIB初の融資案件で親中国家

世界中で続々と反対の声が上がってるな。まさかパキスタンもとは。

パキスタンってどんな国だかイメージがあまり湧かないです・・・。

政治的には親中と言われており、第1党となるパキスタン正義運動は中国を成功者として学ぶべきとまで称えています。その一方で日本の存在感も強く、国内を走る車の95%が日本車だそうです。隣国のインドに対する軍事的な面でも中国と利害が一致するようです。

そうそう。パキスタンってAIIBが融資した最初の国なんだよ。ADBとの協調融資だけど。そこが一帯一路の予算を削減だなんてただ事じゃないね。

アジアインフラ投資銀行って実際に融資してたんですね!まだ始まってないものだとばかり思ってました。

2018年時点で総資産は185億ドルですが、そのうち融資に使われている金額は6億ドルに過ぎないそうです。数少ない融資案件のうちの1つがパキスタンという形になります。参考までに、ADBの規模は1566億ドルでありAIIBの8倍となります。融資残高は946億ドルと実にAIIBの148倍です。比較になりませんね。

ADBとの”協調融資”ってのがまずおかしいよな。AIIB単独で融資してみろっての。

開設後1年での実績があまりに低調なので、米誌に”それほどではなかった”と書かれるほどでした。今後もADBを脅かす存在にはなり得ないでしょうね。

世界各国がマレーシアの対応に影響されているとの声も

ネットユーザーは、一路一帯で得するのは中国だけだと言ってます!

一帯一路だろww

あっ(笑) ボクも間違えてしまいました!

まあインドネシア高速鉄道の顛末を見ればね。誰もああなりたくはないと思う。

今調べてみたら、開業は早くても2024年みたいです!ホントに完成するんでしょうか?

当初は2019年開業予定だっけ?どんどん先送りになっていつまでも完成しないと思う。インドネシアの債務だけが残るという具合だ。

マレーシアの対応に影響されたという声も多いです。マハティール首相も有言実行だし頼りがいがありますよね!

意外とトランプとも話が合うんじゃないかと俺は思ってる。出てきた政治的背景が何となく似てるんだよな。どちらも中国強硬姿勢で一致してるし。あと国旗も似てる。

それって関係あるんですか(笑)

興味深い点に気付きましたね。偶然の一致かと思いますが、トランプ氏とマハティール氏の会談が行なわれるのではという噂は根強く存在します。実現すれば世界中で大きな話題を呼ぶことになるでしょう。

マレーシアは金正男の事件もあって注目を一気に集めたからな。隣がシンガポールというのもでかい。東南アジアと言えばタイみたいな固定観念があるけど、マレーシアも着々と国際社会で存在感を発揮しつつあるね。

東南アジア=タイなんですか?どうして?

いや何となく…。日本からの直行便もタイとシンガポールばかりだろ?あれ?この認識っておかしいか?

人それぞれでしょうね。一度アンケートを取ってみると興味深い結果が出るかもしれません。

このままでは中国の影響力がアフリカ全土へと拡大

もう1つの記事のザンビアの人は、何だかかわいそうですね・・・。最後には1人きりのデモだなんて。他の人は誰も立ち上がらないんでしょうか?

“#中国にノーと言おう”キャンペーンもごく少数という感じだね。中国による建設ラッシュが進んでいて、今まさに発展しつつあるというわけだ。政府としては反対するわけにもいかないだろう。

でも、債務が公表額よりも多いかもしれないんですよね?大変じゃないですか!

払えなければ公社や空港、放送局を明け渡すことになる。記事では明言されてないけど、国連など国際機関でも中国に有利な投票をすることになるだろう。現地の人の雇用まで奪われつつあるようだね。

このままの状態を放置すれば、中国の影響力はアフリカ全土へと拡大していくでしょう。アフリカとしても中国の融資に頼らざるを得ず、インフラを完成させてくれれば何も文句は言えないはずです。アフリカに限らず発展途上国が共通で抱える問題かと思われます。

アフリカにもマハティール首相が必要だ。隠れ債務をすべて明らかにして、断固たるプロジェクトの中止が必要だよ。誰か立ち上がるべきだね。

世界にマハティール首相が必要ですよ!でも、アフリカの指導者は私腹を肥やしてくれる中国になびいてしまうみたいです・・・。

難しい問題だな…。マハティール首相は私利私欲とは無縁の素晴らしい政治家に見えるね。前のナジブの蓄財が凄まじかっただけに余計にそう感じるよ。

その点はトランプ氏とは一致しませんね。ナジブ氏の蓄財は数百億円分にも上るそうですが、トランプ氏の個人資産は31億ドルですので足元にも及びません。私利私欲と政策は関係なく、何をしたかが重要です。もちろんマハティール氏にも期待をしています。

人柄を見た目だけで判断してはいかん。下らぬ価値観に囚われず実績を残すべきじゃよ。資産だけに固執する愚か者にならぬことじゃ。

お金はツールでありインフラですからね…。貯め込むだけでは経済が回りません。

お金ってインフラなんですか?

そうだ。俺の持論だけど、たぶん納得できると思う。この話はまた次の機会にしよう。とにかく中国は今とても追い詰められている。日本企業も青い空なんかに騙されずに早いとこ撤退すべきだな。全部捨ててもいいから、日本に戻るか東南アジアに移転しよう!