韓国の徴用工賠償は世界初のとんでもない判決だったことが判明! 韓国マスコミがまた歴史の真実を書いてしまう!

韓国ニュース

すげえ話になってきたぞ…。朝鮮日報が連日徴用工の裁判に対して批判的な論調を展開している。その中でも特に目を引いたのがこれ。韓国の大学教授に話を聞きに行った中で、今回の判決は世界でも例を見ない初めてのものだったことが分かった。植民支配そのものの不法性や法的責任を認めた判決は前例が存在しないという。事実でない上に、世界的にも例がない二重の意味でとんでもない判決だったいうわけだ。

(朝鮮日報日本語版) 強制徴用:韓国の専門家「国際政治を考慮しない判決、同意しない」
10/31(水) 23:19配信 朝鮮日報日本語版

 韓国大法院(最高裁に相当)が30日、日本の植民地支配下における強制徴用被害者の賠償請求権を認め、原告勝訴の判決を確定させた。この判決の核心は「日本帝国主義(日帝)の不法支配による(個人の)損害賠償請求権は、1965年の韓日請求権協定によっては消滅しない」としたことだ。これに対し日本は、1965年に国交正常化の前提として締結した「請求権協定」の根幹を揺るがすものだとして反発している。

 本紙は31日、国民大日本学科の李元徳(イ・ウォンドク)教授に今回の大法院判決の意味と影響について質問した。李教授は、韓日協定を研究する専門家で、2005年に韓国政府が韓日首脳会談関連の文書を公開した際、文書の審査を担当し、156件、3万5354ページに達する会談文書を分析した。

-判決の結果は予想していたか。

 「法曹界・学会とも、差し戻し審が支持されると予想していた。現実的に大法院の小部判決(大法官4人での判決)を全員合議体(大法院長と大法官全員による合議体)で再び覆すケースはほとんどないという。また、『裁判取引』疑惑と『司法行政権乱用』に対する捜査が進行している時期に裁判が行われたため、大法院が国民感情と世論を刺激する判決を下すのは困難だろうとみていた」

-判決の意味は。

 植民支配の不法性と法的責任を認めた世界で初めての事例だ。過去には、英国とオランダが植民地で働いた反人道的な虐殺行為について、ケニアとインドネシアに賠償金を支払う判決が下ったことがあったが、それ以外で植民支配自体の不法性とそれに伴う法的責任を認めたケースはない

-ドイツがポーランドとチェコの強制動員被害者に賠償した事例がある。

 「ドイツの場合は政府が先んじて『記憶・責任・未来』財団を設立し、いわゆる戦犯企業と官民合同で基金を造成し、被害者に賠償金に準じる補償金を支給した。法的賠償ではなかった」

-大法院の判断に同意するか。

 「同意しない。当初、韓日会談には賠償要求が含まれていた。ただし、日本と連合軍側の48か国が締結したサンフランシスコ講和条約には、韓国が条約当事国として含まれず、賠償を請求することができなかった。講和条約によって規定された後続措置によって、請求権・財産権交渉が行われ、韓国は日本に賠償・補償・請求権の入り乱れた要求を出した。ここで、韓国が直面した現実を総体的に見なければならない。経済的に国民所得100ドルにもならない最貧国であった上、南北関係でも劣勢だった。韓国の立場としては、対日外交を突破口として経済と安全保障問題を解決するために、外交的選択をしたわけだ。協定が対日過去清算という問題を完璧に解決することが出来なかったということは、誰もが知っている。そうするしかない状況だった。判決を下した大法官(最高裁判事)らが当時の交渉に当たったとしても、それ以上の結果を導くことはできなかったはずだ」
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00003890-chosun-kr

植民支配そのものが不法という前例のない判決

朝鮮日報さん、飛ばしてますね!大丈夫でしょうか?

この記事は色々な意味で興味深いよ。朝鮮日報が報道しているという点もそうだし、世界で初めてのとんでもない判決だったという意味でもそうだ。

「植民支配の不法性と法的責任を認めた世界で初めての事例」って書いてありますけど、イギリスとオランダにも賠償命令が出されたんですよね?

それは植民支配における一部の不法行為を名指ししたものであって、今回のように植民支配そのものが不法とされたことは前例がないという意味だ。

植民地にすること自体は、不法行為ではないんですか?

今の国際社会としてはそうなっている。そうでないと戦前の植民地政策における欧米諸国は軒並み不法行為をしていたことになり、世界秩序がひっくり返る事態になりかねない。元植民地だった国々を含め、誰もそんなことは望んでいないだろう。

韓国は日本の植民地だったんでしょうか?

違うよね。確かに日本が統治していたけど、それは植民支配とは程遠いものであったことは周知の事実だ。ちゃんと国籍も与え、言語教育も行ない、ある意味日本人以上に優遇されていたという見方もある。終戦直前まで朝鮮の人達は動員されなかったんだぞ?

世界も韓国を信用できない国だと見るきっかけに

徴用っていつも不思議に思うんですけど、日本人は赤紙が来たら問答無用で戦地ですよね?どうして日本からは当時の日本政府の責任を問う声が出ないんでしょう?

当時はそれが当たり前だと思ってたからじゃない?朝鮮の人達だって戦後しばらくは徴用の話なんて全然出てこなかったし、実態は出稼ぎだったという話さえある。要するに自ら望んで軍艦島などの炭鉱で働いたわけで、強制という事実がどこにもなかったわけだ。

韓国は何を根拠に不法だとしてるんでしょう?

そこが判決の根幹だよね。たぶん国民感情に照らし合わせて、という答えになると思う。

それって根拠ではありませんよね?

韓国の国民感情はすべての法律に勝る。韓国の人達が不法行為だ!と言えばそれはしばらくして正式に不法行為と認識される。証拠よりも証言の方が大事だとされている向きもあるからね。

ええっ?証拠がないんですか?

ないよ。韓国の人達にとって日本の”植民地支配”は”絶対的な悪”だとされているから、その前提が覆ることは天地がひっくり返ってもないと思う。”植民地支配”が悪だったという前提ありきで、本当かどうかも分からない強制連行や慰安婦、徴用工のストーリーが作られていったというわけだ。

それで国際社会の場での話し合いを望まないんですね・・・。

証拠がないから、国際司法裁判所なんかに出れば一発で全部バレてしまう。それだけは防がなければならないので、韓国で賠償判決を出しつつ国際的な世論形成を図ろうとした。ところが日本とは1965年に日韓請求権協定を結んでおり、世界もそれですべて解決済みだという認識でいた。

ということは、世界もとっくに日韓の問題は解決したという認識ですよね?

当たり前だろ。そもそも日韓は昔同じ国だったんだし、賠償責任なんてあるはずがない。朝鮮日報も先日の記事でそう書いてたよね。英国の反対により韓国は戦勝国と認められず、第三国として賠償を請求する権利を得られなかった。だから韓国も諦めて、賠償金でない形でのお金をもらうことを優先して協定を結んだわけ。

それなのに、今回ひっくり返してしまって・・・。

当時の韓国政府は何だったの?という話になるよね。政権が代わる度に主張がコロコロ変わるようでは、国際社会としては信用のおけない国だと考えるしかない。これは実際の歴史がどうだったか以前の問題だと思う。ちゃんとした話し合いもできなければ、他のあらゆる合意もいつ勝手に反故にされるか分からないからね。

ムン大統領は、これまでの大統領のやってきたこと全てを台無しにしてしまったんですか?

そういうことになる。ノムヒョンでさえ破ろうとしなかった日韓請求権協定の原則をいとも簡単に破ってしまった。それがパンドラの箱だと誰もが認識していたし、日本からの投資でどれだけ韓国が発展してこれたかもよく分かっているはずだった。文在寅ただ1人がそれを分かっていなかったことになる。

ムン大統領・・・。何だか韓国の人達のために動いてない気がします。

朝鮮日報の読者も判決に猛反発

そりゃ北朝鮮の首席報道官で使い走りだからな。結局困るのは韓国の人達だけ。朝鮮日報もそれをよく分かっているから、こんな記事まで出てくる始末だ。

(朝鮮日報日本語版) 社説「韓日両国は強制徴用問題の荒波を乗り越えねばならない」への韓国読者コメント
11/1(木) 8:25配信 朝鮮日報日本語版

■賛成順

イ・サンチョル(wjoon ****)さん
過去の中国の新羅・高句麗・百済・朝鮮侵略時の損害賠償も請求し、北朝鮮の6・25(朝鮮戦争)南侵賠償も受け取れ。親日清算だけが韓国の生きる道かのような左派政権の感情政治だ。国を食いつぶす積弊政権を打倒しなければならない。
賛成86反対2

イ・スジョン(rejoin ****)さん
詰んだ。韓国政府は外交的な波紋だけでなく、経済的・国際的波紋も耐え抜く準備ができなければならない。外交的な波紋しか考えないというのだから、どれだけ安易なのか。嘆かわしい。(1997年の)通貨危機がどのような過程を経て起こったのか、何度も繰り返してみてもこんなにものんきなのだから、またひどい目に遭ってもどうにもならない国民性だ。
賛成59反対1

キム・マンゴン(kang01 ****)さん
国論が極度に分裂している今、極端な韓日戦を繰り広げる政権。これを克服できるのか疑問だ。極度の感情が予想される。日本の手ごわい抵抗に加えて反米感情への火種もまいているような状況で、金正恩(キム・ジョンウン=朝鮮労働党委員長)の方ばかり見ながら、当然解決すべきこのような問題も状況認識不足のまま立ち向かえるのか疑問だ。
賛成57反対2

キム・テオク(xodhr ****)さん
問題~人(韓国語で文在寅〈ムン・ジェイン〉大統領と同じ発音)は被害補償請求を日本より北傀(北朝鮮)にまずしろ。廃墟になった温泉地・錦繡江山(韓国国土)の被害補償をまず受け取れ。忘れられない最近のことからまず処理して、その次に日本に取りかかろう。そうしないなら戦争も辞さないと強く叫んでみろ。
賛成57反対3

■反対順

イ・スフン(ohs ****)さん
日本とドイツは第二次世界大戦の同じ戦犯国でありながら、敗戦国として贖罪(しょくざい)のやり方が正反対だ。ドイツは大戦時、強制労働被害者の贖罪をするという意味から積極的に賠償努力をした。日本は正反対だ。・・・
賛成16反対40

キム・ジンタク(mu ****)さん
日本とは親しくなれない。彼らは韓国を友人ではなく、まだ支配の対象だった国だと思い、いつかまたその夢をかなえようとしている。悲しいことだが、米国や中国の側に付かなければ生き残れない。
賛成6反対39

キム・ボムス(delt ****)さん
日本政府が韓国を甘く見ているのは、韓国国内に彼らの見解を支持する支持者たちがいることを知っているからだ。韓国の中の「20%くらい」は日本政府が本人たちの利益を代弁していると考えているのが現実で、この人たちは、日本政府に対する愛着が非常に強いです。36年間にわたった帝国主義・日本による支配は終わりましたが、日本の支配は彼らの頭ではまだ進行中です。
賛成4反対33

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000670-chosun-kr

朝鮮日報さんが今回の判決に反対なので、そういう意見が賛同を多く得やすいんですね!

まあそういうこと。ドイツを引き合いに出した意見でさえ反対派が多くを占めている。そりゃそうだ。ドイツと違って日本は当時の朝鮮の人達に何もしてないんだから。

北朝鮮の方が韓国に攻め込んだ分、確実に賠償責任がありますよね・・・。ボクも一番上の人の意見が正しいと思います!

このままだと通貨危機が起こることを心配している人もいる。冷静な読者も多いのは分かるけど、残念ながら韓国政府は冷静になれなかったようだね。最後の最後まで日本へ譲歩せず、裁判所を暴走させて愛国判決を出させてしまった。

日本には韓国への賠償責任がない、ということは知ってるんでしょうか?

知ってるというより、国際社会が韓国の言い分を認めてくれなかったという方がより正確かな。韓国の人達の中では日本の”植民地支配”は絶対的な悪なんだから、賠償があるのは100%当然だと考えている節がある。それを日本が認めるか、国際社会が認めるかという部分に重きを置いてる印象だね。

じゃあ日本に賠償責任がないというのは間違ってる、と言いたいんでしょうか?

極端に言えばそういうことだ。韓国はぶっちゃけ戦勝国が決めたサンフランシスコ条約の内容にも不満を持っていて、もっと言えば内容に誤りがあるとさえ考えているわけだ。日本政府はSF条約に基づいて日韓請求権協定を進めたつもりだから、まさかそこを突っ込まれるとは考えてもなかっただろう。

韓国経済が今後どうなるかは一切書かない中央日報

韓国政府は判決の結果を尊重するそうですけど、やっぱり受け入れないとする可能性もあるんですか?

まあ無理だろうね。すでに原告や弁護士が資産差し押さえに動いてるだろ?新日鉄に関してはたまたま韓国内に資産がなく、保有する株も米国の銀行経由だから難しい事例になってるけど。この流れはもう止められないよ。見ろよこの記事。

「うちの祖父も徴用、訴訟を起こせばよいのか」…韓国政府に問い合わせ殺到
11/1(木) 7:58配信 中央日報日本語版

 韓国最高裁が強制徴用被害者4人の損害賠償請求権を認めた中、31日、光州(クァンジュ)広域市では勤労挺身隊の女性と遺族の4人が三菱重工業を相手にした控訴審の最初の裁判が行われた。裁判に出席した勤労挺身隊被害者のキム・ジェリムさん(88)は「余生は長くない。生きている間に願いがかなってほしい」と語った。
・・・

 この日、強制徴用被害者を支援する行政安全部過去関連業務支援団には問い合わせの電話が続いた。「うちの祖父も被害者だが、いま訴訟を起こせば勝てるのか」というような問い合わせが多かった。裁判所の判決とは別に政府も強制徴用者を把握し、慰労金として遺族に2000万ウォン(約200万円)、負傷者には300万-2000万ウォンを支払った。現在まで政府慰労金の支払いが決定した事例は7万2000件。

 今回の最高裁は新日鉄住金に対して原告に1億ウォンずつ慰謝料の支払いを命じる判決を下したが、実際の賠償金額はさらに多い。被害者が請求した1億ウォンのほか、控訴審弁論終結日の2013年6月19日から計算して年20%の利率に相当する金額を追加で支払うべきという付属決定をしたからだ。結果的に被害者は新日鉄住金に対して2億ウォンほどの賠償金の債権を持つことになった。新日鉄住金が賠償しなければ利子はさらに増える。この裁判で1億ウォンの請求金額が適正かどうかは争点にならなかった。新日鉄住金が賠償責任自体を認めなかった理由が大きい。

 ところが請求金額が裁判で争点にならないとしても「勝訴=請求額全額認定」という公式は成立しない。実際、2015年に光州高裁は最高裁の判例(2012年)に基づき徴用被害者5人に対して勝訴判決を下したが、裁判所が認めた賠償金(2000万-1億5000万ウォン)は請求金額の4-75%だった。裁判所は「日本企業の違法行為加担程度、被害者に対する抑圧水準、韓国の物価と国民所得上昇分などいくつかの事情を勘案し、慰謝料の金額を定めた」と説明した。

 判決が下されたとしても、日本企業が賠償金を支払わなければ強制執行をしなければいけない。業界によると、敗訴した新日鉄住金は昨年基準で3.32%のポスコ株を保有している。時価総額は7000億ウォンほど。しかしこれを国内保有資産とみて強制執行できるかは未知数だ。新日鉄住金が保有する株は国内証券市場ではなくニューヨーク証券取引所で購入した株式預託証書(DR)であるからだ。

 大手ローファーム所属のある弁護士は「海外証券市場で取引したDRを国内の財産と見なすことができるかが問題であり、これを差し押さえるために米国裁判所に強制執行を要請しなければいけない可能性があり、そこで受け入れられるかどうかも不確かだ」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000002-cnippou-kr

中央日報さんは、賠償金が取れるかどうかばかり気にしてますね・・・。賠償判決が正しかったのかどうかは全然書いてません!

経済紙らしく金勘定は得意な一面を見せているけど、肝心な部分がすっぽり抜け落ちたまま賠償が取れる前提で記事を書いてるよね。そして、今後韓国経済がどうなるかという部分については一切書こうとしない。

韓国株も、結局最後にはマイナスに沈んでしまいましたね・・・。

せっかく2050を超えて未来志向で行きたいと思ったのに、最後には2024まで戻ってきてしまった。明日は再び2000割れを目指す展開もありうるね。

韓国政府は朝9時と朝10時に買って、朝11時に売ったんでしょうか?

500億円用意したとされる株式安定資金のことだよな。チャートだとそう見える。まあ来週の中間選挙も視野に入れて配分を考えてるんだろう。

“韓国は日本へ賠償を請求できるようになった”という論調

このままだと、韓国は国際社会でどうなってしまうんでしょう?

世界でも例を見ない、植民支配自体を悪だとして賠償責任を求める判決を出す。このことは欧米先進国にとってもデリケートな事案として認識されるだろう。こういう風潮が許されれば、世界中が訴訟の嵐になってしまう可能性もありうるね。日本も中国から訴えられる可能性が出てくる。冒頭の朝鮮日報の記事の続きが重要だ。

-司法部が請求権協定を無力化したという指摘もある。

 「大法官たちは天界にいる仙人の立場で見ているようだ。司法部のせいにはしたくない。彼らは法理の観点だけから判決を出したのだろう。韓国の憲法では35年の植民支配が不法だとされているが、一方で請求権協定には不法という言葉が出てこないため、その違いを見つけて指摘するのは簡単だ。国際政治の現実まで考慮していれば、このような判断は下せなかったはずだ。司法部の形式面だけからみれば、植民支配されていた35年の間に起きた全ての不法行為について損害賠償を請求できることになった。そうなった瞬間、歴史戦争が始まり、1965年体制の根幹が崩れることになる。行政部の責任が重くなった」

-政府が司法部の判断に逆らう可能性も考えられるのか。

 「司法部の判断が国の外交行為を百パーセント規定することはできない。外交の主体は行政部だ。大法院の判決は『植民支配から解放された新興国のアイデンティティーを明確にし、国の正統性を確立した』という宣言的な意味で受け止められるべきであり、この判断を外交行為で具現してはならない。賠償責任が認められたとしても、実際には賠償金を受け取ることはできないというのが現実だ。せいぜい韓国国内に進出している日本企業の財産を差し押さえる方法しかない」

-韓日双方にとってマイナスになるのか。

 「これまで韓国政府は『道徳的優位に立って過去の清算を要求』するという基調を維持してきた。そのため物質的な賠償の代わりに心からの謝罪と反省を引き出すことに注力してきた。司法部の判決は、これまでの基調を真っ向から否定するものだ。日本の立場からすれば、戦後処理の体系に穴が開いたことになる。韓国のせいで堤防が崩れれば『以徳報怨(恨みに徳をもって報いる)』として賠償金を放棄した中国までもが立場を覆すかもしれないので、日本は不安と恐怖を抱いている」

結局朝鮮日報さんは、韓国が日本に賠償請求できるようになったという認識なんですね!

本来賠償責任はなかったが、賠償できるようになったという認識だ。そのことが日本にとっても脅威であり、戦後処理の堤防が崩れることにもなりかねないと強烈なカウンターを食らわしてきた。歴史の真実を報道しつつ、日本側が一番嫌がる展開へと持っていくわけだ。

朝鮮日報さん、油断できませんね・・・。中央日報さんの方が分かりやすいです!

まあ実際には中国が動くことはないと思うけど、韓国としてはそこまで視野に入れてるってのは注意しておいた方がいいね。目先の懸案事項としては、新日鉄からどのように賠償金を取り立てるのかに注目しておけばいいだろう。