米国で韓国系銀行が業務を次々と中断していた! ヤバすぎる送金の発覚を恐れた可能性! とんでもない事態に!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

韓国はマネーロンダリングの防止に協力できないようだ。米国ニューヨークにある韓国系銀行が次々と送金業務を中断しているという。米金融当局が1100万ドルもの罰金を科した事例もあるそうだ。すべての取引で顧客の身分を確認すると都合が悪いということらしい。もう北朝鮮への送金が含まれてると白状してるようなものだな…。

韓経:ニューヨークの韓国系銀行「送金中断」…連絡事務所に転落も
11/6(火) 11:32配信 中央日報日本語版

 米ニューヨークに進出した韓国系銀行の支店と現地法人が送金中継や貸付などの核心業務を相次ぎ中断している。米金融当局のコンプライアンス強化の要求に対応できないためだ。数百億ウォンをかけてシステムを備えなくてはならないが、収益性を考えると営業縮小が良いとの判断からだ。その上米政府が韓国系銀行に直接「対北朝鮮制裁順守」を警告するなど監視が厳しくなり、リスクがある業務自体を控えようとする雰囲気だ。グローバル金融の中心地ニューヨークで韓国系銀行は連絡事務所に転落している。

 ニューヨークと韓国の金融業界が5日に明らかにしたところによると、農協銀行ニューヨーク支店は昨年末、マネーロンダリング防止システムの不備を理由にニューヨーク州金融サービス局(DFS)から1100万ドルの罰金を科された後、個人送金と貸付営業の拡大を中断した。新韓アメリカ銀行は昨年半ばから送金中継業務を取り扱わずにいる。中小企業銀行も2015年からニューヨーク支店を経由する送金中継業務を中断した。別のある銀行も送金中継の中断を検討中だ。送金は自行顧客間で資金をやりとりするもので、送金中継は自行と他行の顧客間で資金をやりとりするものだ。

 ニューヨークで営業中の韓国系銀行は国民銀行、新韓銀行、KEBハナ銀行、ウリィ銀行、中小企業銀行、農協銀行などの都市銀行と、産業銀行、輸出入銀行など政府系銀行がある。これらの銀行が相次ぎ送金業務を中断しようとしているのは、送金がマネーロンダリング防止の核心対象だからだ。送金業務を行うには米金融当局が要求する「顧客確認(Know Your Customer)」の原則に基づき、すべての取引で顧客の身分を確認し、取引の種類を把握できるシステムを作らなければならない。また、テロ団体などが違法資金の借名取引などで合法取引を偽装した際にはこれをフィルタリングし、怪しければ米金融当局に通報するシステムも構築しなければならない。

 1件当たり2万ウォン程度の稼ぎにしかならない送金をするのに数千万ドルのシステムを備えコンプライアンス人材を大挙備えなければならないという話だ。中小企業銀行は2016年からマネーロンダリング防止関連コンサルティングとシステム構築、順法監視人材雇用などに1000万ドル以上を投じた。現在ニューヨーク支店の人材23人のうち3分の1ほどの7人がコンプライアンス人材だ。

 このようにしても米金融当局を満足させることができず、農協のように多額の罰金を科せられるケースもある。昨年は台湾の兆豊国際商業銀行が1億8000万ドル、パキスタンのハビブ銀行が2億2500万ドルの罰金を科されるなどの制裁を受けた。先月にはアラブ首長国連邦のマシュレク銀行も罰金4000万ドルを命じられた。銀行関係者は「送金を間違いマネーロンダリング防止に違反すればニューヨーク支店の核心機能であるドルクリアリング(精算決済)業務ができなくなる恐れもある」と懸念する。

 韓国系銀行が貸付拡大を中断したのはこうした順法監視業務にすべての力を集中する余力がないためだ。ニューヨークの韓国系銀行支店は、ドルクリアリング、送金、貸付など企業金融が主要業務だ。資金運用は2010年の高リスク投資制限を核心とするボルカールールによって不可能になり、投資金融業務は一部銀行が初めて試みる段階だ。こうした状況で送金や貸付などを中断する場合、事実上連絡事務所水準に縮小されかねない。米国だけで従業員1000人を超える日本の三菱UFJ銀行や中国工商銀行などに比べ10~20人ほど少ない規模で運営してきた韓国系銀行はそれさえあった営業を縮小しているのだ。

 その上最近米金融当局は韓国系銀行を注視している。9月に米財務省が異例の各銀行への直接連絡で対北朝鮮制裁順守を警告し、ニューヨークの韓国系銀行はすべて緊張した。ニューヨークの韓国系銀行のある核心関係者は韓国系銀行が米政府の主要監視対象になった感じだ。まかり間違えばニューヨーク支店を閉じなくてはならなくなる状況で、最大限保守的に支店を運営しようと考えている」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000024-cnippou-kr

顧客の身分を確認されると都合が悪い韓国

大変じゃないですか!韓国の銀行がみんな街銀行に転落してしまいます!

セカンダリーボイコットが本当に始まったのか?と一瞬思ったけど、韓国が自主的に業務を中断したという話だよね。自主的な中断。

でも、送金業務ができなくなったら銀行の意味がないと思います!いつ再開するんでしょう?

すべての取引で顧客の身分を確認できるシステムや、取引が偽装された場合には米金融当局に通報できるシステムを作ったら。米金融当局の要求に基づいて、業務内容を改善したら。簡単な話じゃないか。韓国は何をためらってるんだ?

数千万ドルかかるので、できないと韓国は言ってます!

そんなのは言い訳にもならないよね。日本の三菱UFJ銀行や中国の工商銀行は1000人超の人材を配置し対応してきた。なぜ韓国にそれができない?どうして数十人程度の人材でニューヨークでの金融業務に取り組めると思ったんだ?

そうですよね・・・。韓国でもできるはずなのに、どうしてやらないんでしょうか?

身分を明かせない顧客がいるからだろ。通報システムなんて作ろうものなら、北朝鮮への不正送金が一発でバレてしまうかもしれない。特に規模の小さいところは怪しい。一旦送金業務を中断させて、罰金の嵐が過ぎ去るのを待ってると見た。

韓国系銀行は限りなくグレーに近い黒

ネットユーザーもそう言ってます!実際にやましい送金をしてロンダリングしてたんだろう、という意見がありました。

真っ黒だね。限りなく黒に近いグレーじゃなくて、限りなくグレーに近い黒という感じだ。

それって黒ですよね?

韓国はグレーだと言い張ってるという意味。

実際には黒じゃないですか!

限りなくグレーに近い黒。自分で書いておきながら噴いてしまったww 韓国がグレーだ!やましくない!と言い張っている様子が思い浮かんでしまってね。

これを機に韓国が制裁を受け始めることになる、韓国系金融機関に規制をかけるのは当然、

送金業務中断ってもう事実上のセカンダリーボイコットだよね。ドル決済が不可能になってるんだから。

同列の銀行が日本にあるならアメリカと歩調を合わせるべき、という感じです!

うむ。日本で同じように罰金を科せるようになりたいものだ。北朝鮮のマネロンに使われているとされる銀行がいくつかリストアップされてるからね。

そうなんですか?ボクは聞いたことないです!

ここで銀行名は出さないけど、まあ色々とスキームがあるんだよ。香港や台湾も一枚噛んでると言われてる。米国の監視網をかいくぐるためにあの手この手を使って北朝鮮へと送金しているようだ。

文在寅の外交で南北経済協力も困難となり逆効果

こんな記事もありました!南北経済協力の準備もできなくなってるみたいです。

米財務省の「恐怖の電話」で南北経済協力の窓を閉めた韓国の銀行
11/5(月) 7:58配信 中央日報日本語版

 #ウリィ銀行は5月、南北金融経済協力タスクフォース(TF)チームを設置した。4・27南北首脳会談の直後だ。ウリィ銀行の関係者は「北への制裁が緩和されて南北経済協力が再開されれば、どんな事業をするのがよいかを内部で検討するための組織」と説明した。しかしこのTFはわずか3カ月間運営されて終了し、現在は名前だけが残っている状態だ。この関係者は「新しいイシューがあればまた集まることもあるだろうが、今はそのような状況でなく計画も全くない」と話した。

 #KB国民銀行は7月、北朝鮮専門家採用広告を出した。南北経済協力や北朝鮮金融インフラを研究する修士・博士学位所有者が採用対象だった。国民銀行は内部に北朝鮮専門家が不足していると判断して採用を始めたが、現在まで一人も採用していない。銀行関係者は「採用を進めるべきか内部的に検討中」と伝えた。

 先月「対北朝鮮制裁を遵守すべきだ」という内容の米財務省テロ金融情報局(TFI)の電話を受けた韓国の銀行7行が緊張している。米国に目をつけられて「セカンダリーボイコット(第三者制裁)」対象に含まれないかと心配し、内部で準備・検討してきた「対北朝鮮金融プロジェクト」から次々と手を引いている。

(中略)

 銀行からは不満の声も出ている。匿名を求めた都市銀行の役員は「破産を覚悟しない限り国内銀行が対北制裁を違反することはないが、今後の対北制裁緩和を念頭に置いて内部で準備するのにも米国の反応を気にしなければいけないのかと声を高めた。

 別の銀行関係者は「少し前まで南北経済協力の主導権を握るために競争していた銀行が今では『自分たちは何もしていない』と言っている状況には苦笑するしかない」と自嘲的に話した。また別の銀行関係者は「政府に対しても残念に思う点がある。南北経済協力の過程でむやみに速度を上げるのではなく、銀行や企業が誤解を受けないよう慎重に進めるべきだ」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000002-cnippou-kr

これが文在寅の成果だ。北朝鮮のために動いたつもりが全部裏目に出たね。却って米国政府の韓国に対する不信感を強めることになり、水面下で進めようとしていた銀行へ米財務省から直接圧力がかかる事態となった。北朝鮮にとってはぬか喜びどころの騒ぎじゃないよね。

確かに!あれだけ首脳会談で仲良いアピールをしたのに、何も意味ないと思います!

このことも文在寅下ろしが始まる背景になっていると思う。北朝鮮のためにならないどころか逆効果だから。

今回の送金業務中止って、政府系銀行も含めてですよね?それはちょっとおかしいって疑ってるネットユーザーがいて、現物のドル資産がなくなったからではと推測してるんです!

記事でははっきりとは書かれてないけど、確かに”これらの銀行が相次ぎ中断”とやんわり政府系の輸出入銀行や産業銀行も含まれてることを示唆してるね。そうなるとシステム改変の数千万ドルをケチったというのは明らかにおかしな話となる。

ドル資産がなくなったので、アメリカの金融当局の要請を言い訳にして送金業務を中止してるんでしょうか?

罰金を科されたところはそうかもしれないね。まあ送金業務を中止してることが明かされた銀行はみんな昨年からという話だし、今年送金業務を中止したかどうかが分かるのは数年後になるかもしれないけど。

日本には関係のない話ですよね。

そうだな。日本は何も困らないし関係がない。ただし米国の要請に基づき、日本でも厳しいコンプライアンスを適用する可能性はある。さっきも書いたように日本にも大きな抜け穴があり、送金ルートも大体は特定されている。それから”地下銀行”という国際金融システム上に現れない仕組みもある。それらの話を踏まえれば、韓国との関係をなくしてからがむしろ本番ということになるだろう。

確かに、関係を維持したままではやりづらいですよね・・・。日本の皆さん、頑張ってください!北朝鮮への送金を阻止しましょう!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!