中国寄りのゴールドマンサックスでヤバすぎる汚職事件が発覚! マレーシアの一大スキャンダルがすべて明るみに! 緊急事態で株価大暴落!

トランプ政権, 中国ニュース, 東南アジアニュース, 米国ニュース

本日13日からASEAN首脳会議が行なわれますが、中国による南シナ海の軍事拠点化に対して”懸念”をする文言が声明案に盛り込まれるようです。昨年フィリピンが議長国を務めた際には、中国への融和姿勢を背景に盛り込まれませんでした。今年シンガポールが議長国となり文言が復活した形になります。

そして、それとはあまり関係なくゴールドマンサックスが窮地に陥っているようだ。マレーシアの1MDBという会社の汚職事件に関わっていたとして、米司法省が元行員2人を起訴することになった。これを受けてGS株は7.5%大暴落。株でやられた誰かさんは退場を余儀なくされたもよう。

ASEAN首脳会議“南シナ海問題”に懸念
11/13(火) 6:03配信 日テレNEWS24

 ASEAN(=東南アジア諸国連合)関連首脳会議が、13日から開かれる。議長声明案では、南シナ海で中国が進める軍事拠点化について懸念が示されている。

 ASEANの一連の首脳会議は、13日から3日間の日程でシンガポールで開かれる。

 会議では南シナ海問題が主要テーマとなるが、ASEAN外交筋によると、開幕前の議長声明案には中国が進める軍事拠点化について、「懸念が示されたことに留意する」という文言が盛り込まれている。

 中国に対し融和姿勢に転じたフィリピンが議長国を務めた去年の首脳会議では、「懸念」の文言は削られたが、今年から復活した形。

 一方、声明案では、南シナ海での紛争を防ぐためASEANと中国が策定を目指す「行動規範」については、交渉が進展していると評価している。

 このほか一連の会議では、北朝鮮の非核化に向けた議論が進められるほか、ミャンマーの少数派のイスラム教徒ロヒンギャの迫害問題についても話し合われる予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181113-00000008-nnn-int

フィリピンはもう当てにならない

フィリピンは何やってんだか…。

議長国の意向で、文言を勝手に変えてもいいんですか?

議長国の一存で声明文が変わるという現象に関して言えば、今のASEANを主導できる仕組みが不足していることは疑いようがありません。中国による硬軟織り交ぜた攻勢には太刀打ちできない可能性もあります。ですので、各国が中国資本に依存しない経済を発展させることが何よりも大切なのです。

あの、ボクはこっちの記事の方が気になったんです!これって中国寄りの元首相が関わってる事件のことですよね?

マレーシア汚職 米、ゴールドマン元行員を起訴
前CEOが主犯格と面会か
2018/11/12 16:26

 米司法省は11月上旬、マレーシアの政府系ファンド「1MDB」による巨額の資金流用に関与したとして、米投資銀行大手ゴールドマン・サックス・グループ元行員2人を起訴したと発表した。当時の最高幹部が1MDB事件の主犯格との会合に出席していた可能性も浮上し、組織的な関与が疑われる事態となっている。

 米司法省は11月上旬、ゴールドマン元幹部行員のティム・ライスナー被告とロジャー・ウン被告を、外国公務員への贈賄を禁止する海外腐敗行為防止法違反の罪などで起訴したと発表した。両被告は同時に起訴され海外逃亡中のマレーシアの華人系実業家ジョー・ロー被告とともに、数十億ドルにのぼる1MDBの資金洗浄を企て、マレーシアとアブダビの政府高官に賄賂を支払ったという。このうちライスナー被告は起訴事実を認め4370万ドル(約50億円)が没収されることになった。

 司法省によると、ゴールドマンは2012年から13年にかけて60億ドルを超える1MDBの債券発行を引き受け、約6億ドルの手数料を得た。政府高官への贈賄は債券引き受けなどの案件を獲得する目的だった。贈賄以外にも、ニューヨークの不動産や美術品の購入に資金が不正に流用され、横領総額は27億ドル以上にのぼると指摘している。

 さらに米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、ゴールドマンのロイド・ブランクファイン前最高経営責任者(CEO)が、09年と13年に1MDBの不正で中心的役割を担ったロー被告と2回にわたり面会していたと報じた。この面会はナジブ前首相とブランクファイン氏を引き合わせるために設定されたものだったという。

 このうち1回はゴールドマンの法務部門がロー被告の不正の疑いを理由にビジネスをしないよう警告した後だったとされる。事実なら不正に手を染めた1MDBとの関係構築に当時のCEOが関与した可能性があり、波紋を呼ぶのは必至だ。

(以下略)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37648580S8A111C1FF2000/

おいおい今巷で話題のゴールドマンサックスじゃないか…。親中派だと名指しされて、中国政府と結託してトランプに圧力をかけたことがバレたと思ったらこれだ。

ですよね!すごくタイムリーな話だなと思いました。

また野球の話してる。

違いますってば!

ゴールドマン株価大暴落で誰かさんがパニック

こちらの件ですが、Goldman Sachsの株価が7.5%安となり7年来で最大の下げ幅を記録しました。米国株に投資されているようでしたので、本件を取り上げることは控えていました。場合によっては、米国金融界を揺るがす一大事件に発展する可能性も取り沙汰されています。

要するにダウが暴落したってことだ。まさか逃げ遅れてないよな?

うわぁあああ!大暴落してるじゃないですか!大変です!

今回の件でゴールドマン株が暴落して、それがダウやナスダックなど全体に波及しているんだ。まさか上の記事を自分で取り上げておいて、予測できなかったわけがないよな?

米国株は大幅続落、アップルやゴールドマンが急落
11/13(火) 7:12配信 ロイター

 [ニューヨーク 12日 ロイター] – 米国株式市場は大幅続落し、ダウとナスダックは2%超、S&P500も2%近く下げて取引を終えた。アップル<AAPL.O>やゴールドマン・サックス<GS.N>が売り込まれ、ハイテク株や金融株を中心に下落した。

 この日の下落を受け、3指数はいずれも前週6日の米中間選挙後の上昇分を失った。
・・・

 ゴールドマンは7.5%安。ブルームバーグによると、マレーシア政府は政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の資金調達に絡んで同行に支払われた手数料の全額返還を求める方針。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000004-reut-bus_all

しかしマレーシアやるな…。ゴールドマンに手数料の全額返還を求める?すげえ展開になってきた。

うわあああ!売ればよかった!どうすればいいんですか?

やっぱり逃げ遅れたかwww 自分でそのニュース取り上げておいて市況を見ないとか、一体何を見て投資してるんだ?というかどの銘柄買ったの?

それは言えません!でも、暴落してます・・・。

情けない話じゃのう。短期で慌てて売るなぞ愚の骨頂じゃよ。配当すら貰えんぞ。

ですよね…。配当を計算に入れるなら長期保有が大前提だと思います。

配当は全然考えてませんでした!ただ暴落したので、買っただけです!

そうか。大体見当はついた。まあ何とかなるだろ。

助けてください!トランプ大統領、株価を上げてください!

必死すぎだろwww 典型的な初心者だなww

マレーシア政府がGSに手数料6億ドル返還を求める事態に

このように、株価の話で多くの部分を占められてしまうことが分かっていましたので、今回のGoldman Sachsの件は様子見としていました。ですが、大きな事件であることに変わりはないので引き続き取り上げましょう。

ボクはどうすればいいんでしょう・・・?

ワトソン君、落ち込んでる暇があったら「マレーシア汚職」について調べたらどうだ?

検索したんですけど、どこでも一切取り上げられていません!ネットユーザーの反応も全然見当たらないんです!

まあ中国事案だと知ってる人じゃなきゃ食いつきは悪いわな…。何とかならないか?

大変です!日経平均株価も大暴落してます!大変なことになっています!どうすればいいんでしょうか!?

あーあもうパニック状態だなwww 俺がバトンタッチしてやるか。

すみません、ちょっと落ち着くまで休憩します・・・。

この記事ってブルームバーグなんだけど大手ネットサイトには掲載されてないんだよな。何か理由があるんだろうか?

ゴールドマンの株価急落-マレーシア財務相が手数料返還求める
2018年11月13日 2:19 JST

 米ゴールドマン・サックス・グループにとって11月は厳しい月となっているが、状況はさらに悪化しつつある。

 ゴールドマンの株価は12日、大きく下げ、一時約2年ぶりの安値を付けた。現在、世界的規模で捜査が進められているマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の巨額不正事件がゴールドマンにも飛び火する中、マレーシアのリム財務相が1MDBの債券発行を引き受けたゴールドマンに対し、手数料の「完全返還」を求める意向を示した。

 KBWのブライアン・クラインハンツル氏は電子メールで、「マイナスの印象を与える多くのニュースヘッドライン」がゴールドマンを巡る投資家心理の重しになっていると説明した。

 マレーシア政府高官への贈賄や巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)などの不正疑惑への米司法省捜査では、ゴールドマンの元幹部2人が既に起訴された。ゴールドマンは捜査当局に協力すると表明するとともに、「多額」の制裁金を科される可能性があるとしている。

 マレーシアのリム財務相は12日、ゴールドマンの元東南アジア事業責任者ティム・ライスナー被告が1MDB不正事件への自身の関与について有罪を認めたことから、ゴールドマンは「過失性を認めた」とし、同国は2012、13年の1MDBの最大65億ドル(約7400億円)規模の起債の引き受けでゴールドマンに支払った手数料全額の返還を求めると述べた。ゴールドマンは不正行為について公式に認めていない。同社の広報担当は12日、リム財務相の発言に関してコメントを控えた。

 ゴールドマンは、起債で調達した資金は開発プロジェクトのためのものと考えていたとし、ライスナー被告は情報を社に伝えていなかったと説明していた。同被告は自分が不正行為をコンプライアンス(法令順守)スタッフに隠したのは社内の秘密主義の文化のためだと主張している。マレーシアは1MDBの起債に伴う手数料として6億ドル近くをゴールドマンに支払っていた。

 ゴールドマンの12日の株価終値は7.5%安の206.05ドル。一時、7.9%安となった。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-12/PI3AOY6K50XV01

本件に関しては、詳しい情報筋の間ではいつGoldman Sachsに飛び火するかという認識でいたようです。主犯格とされるマレーシア人実業家のJho Low氏ですが、ドバイやマカオ、中国など複数の拠点を転々としながら逃亡を続けているようです。彼の身柄が無事マレーシアに引き渡されるかが今後の焦点となります。

ジョーローな。顔写真がとにかくインパクトありすぎだからな…。一度見たら絶対忘れられない。整形してるという噂もあるけど、そう簡単に逃げられるとは思わないね。

今回の報道で目を引く項目としては、Jho Low氏とGoldman Sachs前CEOのLloyd Blankfein氏が、2009年と2013年の2回にわたり面会を行なっていたという点です。会合の目的はマレーシア前首相のNajib氏と引き合わせるためということで、1MDBへの汚職への関わりが強く疑われることでしょう。

この顔もインパクトあるよな…。ゴールドマンと言えばブランクファインかジムオニールのどっちかが真っ先に思い浮かぶ。

悪事を働いた者は必ず表情に出るんじゃ。言葉と違って顔は嘘をつけないからのう。

俺もそれは思います…。後ろめたい事情がある人って、白髪が増えたりして無理してるのが隠し切れてないですよね。

マレーシア政府がGoldman Sachsに要求している手数料ですが、1MDBの起債を引き受けた際の6億ドルでひとまずは落ち付くことになるでしょう。Goldman Sachs側は不正行為を一切認めていませんが、米国政府が司法取引で捜査を有利に進めている状況も確認されており、全貌が明らかになるのは時間の問題かと思われます。

今回の記事としては、マレーシアの汚職事件がメインでいいのかな?冒頭の南シナ海の件とはちょっと違っちゃってるけど。

その辺りの調整はお任せします。

了解した。株でやられた誰かさんはまだ復活しないのか…。大丈夫かな?