韓国は賠償判決で逆に日本企業と和解するチャンスを失った!? どういうこと?

安倍政権, 韓国ニュース

 

賠償判決について、ロシア専門家の佐藤優さんが面白い解説をしていました!佐藤さんも韓国の賠償判決について厳しい見方をしていて、韓国は逆に日本企業との和解のチャンスを失ったとまで言ってるんです!どういうことなんでしょう?

「徴用工判決」問題がこれからの国際政治に与える意外な影響
11/18(日) 10:00配信 現代ビジネス

———-
※本記事は『佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」』に収録している文化放送「くにまるジャパン極」の放送内容(2018年11月2日)の一部抜粋です。野村邦丸氏は番組パーソナリティです。
———-

国際関係の「根本的ルール」が壊れる

 邦丸:韓国のメディアでも保守系、野党系は「今回の判決は正当だ」としていますが、その他の韓国メディアの中には「これでは韓国は国際的に見放されてしまう」という論評を出しているところもある、ということですが。

 佐藤:そのとおりです。この問題は、いくつかに整理しないといけません。複雑なことが一個になっちゃって、ぐちゃぐちゃになっている。

 まず、「合意は拘束する」という国際法の大原則があるんです。

 邦丸:合意は拘束する。

 佐藤:約束したことは守らなければいけない。ですから、いったん国と国で約束したことは政府が替わっても、時代が変わっても、その約束は双方で「約束を変えましょう」という合意をすることによってしか変えられない。そうじゃないと、国際関係が大混乱しちゃいます。

 邦丸:ですよね。

 佐藤:1965年に日韓基本条約というのができて──この中には請求権については何も書いていません──、それに関連してたくさんの文書ができた。それらの文書の解釈で、日本と韓国で一致している点もあれば一致していない点もある。たとえば竹島に関しては、「領土問題は一切存在しない」というのが韓国の立場だし、日本は「領土問題は存在するし、紛争があったときの手続きも決まっている」と、平行線なんですよね。

 ただし徴用工の問題に関しては、「この賠償は解決済み」と書いてある、ということで韓国も日本も一致しているんです。これまで、ずっとそうだった。ところが今回は「日本の植民地支配が不法なので、請求権は消えていない。だから個人が日本政府、あるいは日本の企業に対して賠償を要求することはできる」という判断になっちゃったんですね。

 これは1965年の約束に対する違反ですから、「日韓関係が根本から壊れる」ということで、日本政府としては厳しく反応せざるを得ないんです。もしこういったことができると、きちんと国同士の約束が守られるかどうかわからなくなる。だから日本国家の大原則、国際法秩序の大原則にかかわるから、日本としては厳しく出ざるを得ないんです。

 邦丸:ふむ。

 佐藤:次の問題は、国家と民間の関係です。

 たとえ話で説明すると、ここにスマホがあって、その無料修理期間が2018年10月31日までだとする。これが11月1日に故障してしまった場合、お店によっては無料で直してくれる場合もあるかもしれない。「いや、1日とはいえ期限を過ぎているから、有償になります」というところもあれば、「わかりました。本来はウチがやる義務はないんですが、長いお付き合いですから」と、特に街の家電屋さんなんかは臨機応変に対応してくれるところがありますよね。

 韓国に対する賠償に関しても、今まではそういうことが可能だったわけです。

 どういうことかというと、徴用工を雇っていた個々の企業が自己判断で、「請求権を逸しているから本来義務はないけれど、過去にウチの会社がやっていたことは、いくら植民地時代で当時は合法だったとはいえ無茶だった。被害者の思いや会社のイメージも考慮して、ここは和解しましょう」ということが可能だったわけです。

 邦丸:実際、過去に日本企業はそれをやったわけですね。

 佐藤:「当社としては義務はないけれど、人道的観点から考えて誠意を示すためにやります」という解決方法があったわけですよ。それがもう、逆にできなくなっちゃう。

 どうしてかというと、「日本には補償する義務があるから応じなさい」と言われても、そういう義務はないから。だから日本政府は今まで、「各企業の判断で和解に応じるなら、それはそれでいいですよ」という形、現実的に「元徴用工の人たちから要求があれば解決する」という途をずっと残していたんですよ。

 ところがこうなってしまうと、そうやって民間で和解してしまうと困るので、政府は関係の各民間企業に対して「和解に応じないように」と言っている。なぜならそこで応じると、今度は「日本側が義務に応じた」ということになっちゃうから。日本国家の基本的なルールがおかしくなってしまうわけです。

 さらに厄介なのは、そういうことで訴えられている会社が韓国に資産を持っている場合、韓国がそれを接収することが可能になりますから、あまり資産を置かないようにする。だから、日韓のビジネスがすごく冷え込んでくるんですね。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00058503-gendaibiz-int

日本は韓国に補償をする余地を残してた?

佐藤優って、あの“外務省のラスプーチン”って言われてた人のこと?

そうだと思います!

有名な人だけど、韓国事案に首を突っ込むのは珍しいね。どういう分析をしてるのか興味あるわ。

最初の1ページ目だけなんですけど、韓国の賠償判決に対して厳しい見方をしてます!河野外相と同じことを言ってると思います。

1965年の約束に対する違反ということで、両国とも一致していたことがいきなりひっくり返されたわけだからな。確かに”国家の大原則”にも関わる大問題だよ。それより先に書いてあることが非常に興味深いね。

今までなあなあで補償していたのが、今後はできなくなるってことですか?

まあ平たく言うとそうだね。街の家電屋さんが無料修理期間を過ぎててもお情けで対応してくれるように、今までは日本企業がお情けで韓国の個人にそれぞれ和解なり補償することが可能だったわけだ。逆に賠償の義務がないからこそ、そういう柔軟な形での解決法を残していた。

じゃあ、むしろ日本は優しかったんですね!韓国の原告の要望を聞き入れる余地を残してたなんて。

だろ?日本はこうして韓国を何十年も甘やかして、請求権協定をひっくり返さない範囲で韓国の相手をしてやっていた。ところが今回その大前提を根こそぎ引っこ抜いてしまったんだ。こうなれば親韓かどうかは関係ない。大騒ぎになるのは当たり前だよね。

賠償判決が出たことで、逆に「和解に応じないように」と厳重注意されてしまいました・・・。逆効果だったんでしょうか?

今回の件に限っては、むしろ親韓派の方こそ激怒すべきなんだよ。なぜかと言うと今までのようななあなあでの補償という形が取れなくなって、韓国との関係を円滑にするための潤滑剤を失ったに等しいからだ。誰がどう見ても国際社会で孤立するのは間違いないし、これだけ面倒を見てやったのに…という裏切られた気持ちもあるだろう。親だって人間だ。義理の息子にひどい裏切りをされたら、感情的になっても仕方ないよね。

信頼関係自体が消し飛んでしまった感じですからね・・・。

歴史がどうだったかという話以前の問題なんだよ。国際社会の場において、数十年続けた合意事項をあっさり覆して勝手に話を進めるような国は誰からも相手にされない。文在寅も日本側の様子がおかしいと異変を察知し、様々な状況を判断した上での沈黙という逃げ道を選んでるんだと思う。

韓国がプロパガンダ戦を初めても日本は関係ない?

次のページからですけど、佐藤さんは韓国のプロパガンダ戦を警戒してますね・・・。具体的な話を沢山出して、日本のイメージを貶めようとするみたいです。

証拠は?証拠がなけりゃ作り話で終わりだぞ?

佐藤さんは、証拠がなくても情で負ける可能性があるって言ってます!国際世論を全て敵に回す可能性もあるって。慰安婦問題との相乗効果も警戒してます!

原告団の証言にプロパガンダ映画、販促物、ネット工作…あらゆる面での情報戦を仕掛けてくるだろうけど、で?という感じだね。

で?とは?

それが何か?韓国から日本企業が引き揚げますけど、困るのはおたくでは?という論調に持っていけば韓国はもう身動きが取れないね。国際世論が敵に回る?そんなのは放っておけばいいんだ。安倍首相や河野外相が今の方針を維持するのが全てだ。石破や鳩山のような危険な人物に政権を取らせないことだけが日本の勝利条件だ。

う~ん確かに、そういう考え方もできますね・・・。

現に今のトランプ政権は慰安婦問題にまったくと言っていいほど触れていない。経済、経済、経済だろ?日本との問題もほとんどが通商関係に集約される。オバマの時みたいに慰安婦問題に対して何かを言うこともないだろう。トランプはあまり歴史には興味ないと思うよ。

そう考えると、佐藤さんの分析も何だか片手落ちな気がします。

そこはあんまり重要じゃなくて、次のページからの方が大事なことを書いてある。

「アチソンライン」って何?

どの部分ですか?

手短に抜粋する。

「中国・韓国・北朝鮮vs.日本」という未来

 邦丸:韓国のいろんな人たちが、アメリカ合衆国にいる方々もそうですが、「韓国はこんなに辛い思いをしているんだ」というメッセージを発している。これが慰安婦問題でもジャブのように効いていて…。

 佐藤:そのとおりです。それがもっと大きくなって、在米中国人、そして中国本国とも結びついてくるという形で、日本はものすごく追い込まれてくる。

 そうすると、将来的には中国・北朝鮮・韓国が一体となって日本と対峙するようになる。日本の防衛線は現在、西側陣営の枠組みでいえば日米韓は軍事同盟国ですから、38度線なんですよ。それが対馬まで南下してくる可能性がある。

 邦丸:北朝鮮と韓国が融和していく中で、かつてアメリカは「軍事的なオプションもあるよ」と脅しをかけていたのが、トランプ大統領になると「いやあ、金正恩はいいヤツだ」と言っている。すると、中国から見れば「朝鮮半島はすべてウチの影響下だ」となる…。
・・・

 みなさんはまだあまり聞き慣れないと思いますが、これから「アチソンライン」とか「新アチソンライン」という言葉が出てくると思います。

 邦丸:アチソンというのは人の名前ですね。

 佐藤:ディーン・アチソンさんは、1950年当時のアメリカの国務長官、日本でいえば外務大臣です。その人が有名な「アチソン演説」というのをやった。「アメリカは共産主義陣営から自由主義陣営を防衛しなければいけない。その線をはっきりさせましょう。アリューシャン列島-日本列島-沖縄-フィリピン、この線より東を護りますということで、ここには朝鮮半島が入っていなかったんですね。金日成はそれを聞いて、スターリンと相談して「攻めて出ても大丈夫だな」と出てきたわけ。

 邦丸:アメリカは出てこない、と。

 佐藤:そうです。これがアチソンラインなのですが、今後、東アジアの防衛線はここに戻ってくるんじゃないか、という指摘があるんです。

 私は「新アチソンライン」と言っています。どうしてかというと、アチソンラインには台湾が入っていなかった。現在では台湾は防衛線に入っていますから、かつてのアチソンラインと完全にイコールではなくて、台湾も防衛線に入れた「新アチソンライン」になる。だから、これから「アチソンライン」という言葉が新聞やテレビに出てくるようになると思います。

 邦丸:今までは38度線だったのが、日本が最前線になっちゃうわけですね。こう言うと失礼かもしれないけれど、韓国という軍事的なクッションがなくなる。

 佐藤:対馬が防衛線になります。拡大する中国、そこと連携していく北朝鮮・韓国と、日本が直接対峙するということになる。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00058503-gendaibiz-int&p=3

まあ要するに韓国はなくなるって言ってるんだね。これを言いたいがために長々と2ページ目の前段を述べたわけだ。

北朝鮮と一体化って書いてあるんですけど、北朝鮮主導での統一ってことですもんね・・・。

そして出てきた「アチソンライン」という重要キーワードだ。知ってるか?

マッカーサーラインとは違うんですよね?ちょっと分かりません・・・。

詳しい説明は記事に書いてある。あとは画像検索だ!

カチャカチャ・・。あっ!マッカーサーラインと全然違います!

これが当時の米国の正式見解なんだよ。日本は最終防衛ラインとなり、朝鮮半島全体が中国と一体化しているという認識の下で引かれたんだ。要するに1950年当時から、米国は朝鮮半島を共産主義陣営から守ることは不可能だと考えていたわけ。それなのに日韓が国交を結ぶことになり、戦後の53年もの間偽りの関係が続くことになってしまったわけだ。

そういうことになりますね・・・。結局、53年前の請求権協定に納得がいかなかったって話ですもんね!

日韓の最初の歴史からひっくり返したわけで、それ以前には何の関係もないどころかむしろ敵対していた。竹島を奪われたのも国交がない中での出来事だった。日韓は今そういう時代に戻りつつあるということだよ。

「朝鮮アジア太平洋平和委員会」ってどんな組織?

北朝鮮なんですけど、最近急に賠償判決に対して発言回数を増やしてます!

訪韓した北朝鮮高官「日本は朝鮮人の強制徴用について謝罪し賠償すべき」
11/17(土) 12:35配信 ハンギョレ新聞

高陽で「アジア太平洋の平和・繁栄に向けた国際大会」 鳩山元首相「北朝鮮と国交正常化が最優先課題」 強制動員犠牲者のための共同財団の設立など5項目に共同合意も

 「アジア太平洋の平和・繁栄に向けた国際大会」に出席するために韓国を訪れたリ・ジョンヒョク朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長は16日、「歴史を忘却した民族には決して未来がない。北と南が手を取り合って日本の罪悪を暴き、再び後代に不幸な歴史が繰り返されないよう努力していこうと述べた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00032131-hankyoreh-kr

これさ、よく見ると北朝鮮の政権中枢じゃないんだよね。「朝鮮アジア太平洋平和委員会」という組織がキーになってると思う。

そうなんですか?

ちょっと調べてみ?

「朝鮮アジア太平洋平和委員会」 カチャカチャカチャカッチャカッチャカチャ・・カチャン!!

途中キータッチがゆっくりになったな。

「太平洋平和」という表記に一瞬戸惑ったので・・・。

回文にでも見えたか?

「洋平」という部分が気になって・・・。河野外相のお父さんの名前ですよね?

確かにそうだな。別に関係ないだろwww

調べてみたんですけど、朝鮮労働党の外郭団体としか分かりませんでした!極端に情報が少ないです。観光業の窓口が主な業務なんですか?

はっきりとは調べてないから断言はできないんだけど、日本に対して強硬な態度を取る北朝鮮の組織っていつもここだった気がする。逆に考えてみ?どうして金正恩は日本にそういう愛国心事案の発言をしないんだ?

そうでしたっけ?あまり興味がなかったので・・・。

まあこの話は“あごひげ”が来た時にたっぷり聞き出してやるよ。あいつなら絶対何か知ってるはずだ。

・・・。

どうした?

「たっぷり」は監視キーワードじゃないんですね!今度からボクも使います。

ひげと関係ないだろwww

ひげが「たっぷり」あるという解釈もできるので、警戒してたんです!

過去ログを調べてみたところ、数日前に”たっぷり考えないと、いい手が思い浮かばない”というフレーズで使ってるようだが?自分の書き込みを忘れたのか?

あれ?そうでしたっけ?油断してました!

ちゃんと覚えておけよwww

北朝鮮の1919年建国派がいよいよ動き出した?

何の話でしたっけ?

ひげの話…じゃなくて北朝鮮の話かな。

その前です!もう北朝鮮の話はいいですよね?

俺が言いたかったのは、いよいよ北朝鮮の1919派が動き出したということなんだけどね。そしてそれは金正恩とは別のグループであるということも。よって朝鮮半島を統一するのは、北朝鮮と韓国にまたがる1919派という結論に導かれる可能性が高い。

ええっ?じゃあキム委員長も下ろされてしまうんですか?

それは分からない。金正恩が1919派に屈して傀儡になる可能性はある。もしくは最初から1919派で、この前の70周年パレードは単なるポーズだった可能性もなくはない。

佐藤さんは4ページ目で、北朝鮮と韓国が一体化して中国側に行ってしまうので、ロシアと関係改善をする必要があるって言ってます!

おっとロシア専門分析官の本領発揮か。

ロシアは賠償判決で日本の立場を支持するそうで、その理由はソ連の頃にもすねに傷があるからだと言ってます!この話をきっかけに北方領土問題を進めるのではないか、ということです。

二島返還論だな。安倍首相も何らかの成果を欲しいから、平和条約に前向きになる可能性はある。ただ、それだとアチソンラインとの説明が食い違わないか?

あれ?ホントだ!アチソンラインで北方領土がどうなってるかを見てみたら、四島とも日本側に来てるように見えます!

だろ?結局はロシアとの関係を深めよという結論に持っていきたいだけなんだよ。”外務省のラスプーチン”は。よって4ページ目はそこまで重視しなくていい。3ページ目の俺が抜粋した部分だけを集中的に見ればいいわけだ。

台湾はどうなるんでしょう?「新アチソンライン」で台湾もこっち側にした方がいいと思います!

フィリピンも危険な状態だね。中国資本にどっぷり浸かってるし、ドゥテルテは南シナ海でとんでもない弱腰外交を発揮してる。韓国に対する強気姿勢とは180度正反対だよ。

そっか・・・。そうなると、どこまでラインを引いたらいいか分からなくなりますね。

まあいずれにせよ、北朝鮮と韓国の1919派が動き出したら中国もひとたまりもないと思うよ。なにせ1919年建国という話は中国でさえ認めていない。当時の連合国である米英仏露中が認めなかったから、韓国は戦勝国になれなかったわけで。1919派については、中国やロシアとはまったく別の思惑で動いていると判断しないとダメだ。

結論としては、日本はもう関係がなくなりますよね?

主題とだいぶズレてしまったな。まあ1919派がどうあれ、日本が韓国との関係をなくすことですべてが解決することには変わりないよ。今までなあなあで各企業ごとに補償も可能だったというグレーな手法を全部潰されてしまったんだから、そりゃこっちだって本気で怒るしかないよね。70社に絶対に和解に応じるなと通達し、新日鉄の差し押さえが始まればいよいよ撤退を余儀なくされる。299社に関してもそうだ。韓国へ戦略物質の輸出を禁止する必要も生じるだろう。そうなっても日本は何も困らないしどうでもいい話だ。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!