米国が韓国との会談の優先度を下げたため韓国パニック状態! 何が何だか分からず混乱!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

トランプが韓国との会談は立ち話程度になるという意向を示したことについて、中央日報が何が何だかわけが分からないという様子で長文記事を書いている。米国側の発言を深読みしつつ、必死で否定できそうな材料を探しては話を二転三転させている。トランプのやることなすことにビビって過剰反応状態となっているようだ。

韓米首脳会談を「格下げ」?…青瓦台「事実でない」
11/30(金) 16:57配信 中央日報日本語版

 ホワイトハウス「韓米首脳会談、略式で実施」発表→AP通信「公式会談を取り消し」報道→AP通信「会談を格下げ」報道→サンダース報道官「取り消しでない」ツイッター。

 29日(現地時間)、韓米首脳会談の開催をめぐって2時間の間に見られた混乱だ。

 発端は、主要20カ国・地域(G20)会議出席のためアルゼンチンへ向かう米大統領専用機エアフォースワンの中でサンダース大統領報道官が述べた言葉だった。サンダース報道官はエアフォースワンが午前11時50分に離陸した後、同行記者にG20期間中に予定されているトランプ米大統領とプーチン露大統領の首脳会談を中止すると述べ、「トルコ、韓国とは公式2国間会談(formal bilateralss)でなくプルアサイド(pull-asides)になるだろう」と伝えた。

 プルアサイドとは、各種儀典が伴う形式でなく、会談場を抜け出してする略式会談を意味する。主にG20のような多者会議で格式なく接触する会談だ。

 問題は、サンダースの発言をAP通信が午後12時28分、「ホワイトハウス、トルコ・韓国との公式会談を取り消し(canceled)、代わりにトランプ大統領は(両国の)指導者と非公式的に話し合う予定」と速報したことだった。

 事実上、首脳間会談が取り消しになったのではという指摘が出ると、AP通信は17分後の午後12時45分、追加の記事で「取り消し」という言葉を抜き、「サンダース報道官はなぜ(韓国・トルコとの)会談が格下げ(downgraded)されたかは話さなかった」と報道した。

 これが伝えられると、青瓦台(チョンワデ、大統領府)も慌ただしく対応した。青瓦台関係者は随行記者に「ホワイトハウスが通訳だけが同伴する首脳間の1:1単独会談を提案した。我々は1対1の単独がはるかによいため、時間・場所・形式などを議論中」とし「(首脳会談が)格下げされたのではない」と強調した。「プルアサイドを格下げと解釈する一部の海外報道があったため伝えておく」とも話した。

 すなわち、米ホワイトハウスが明らかにした「プルアサイド」を、APは「格下げされた会談」と、青瓦台は「通訳だけが同伴の単独会談」と異なる解釈をしたのだ。

 波紋が広がると、サンダース報道官は午後2時16分、ツイッターに「確認しておくが、韓国・トルコとの会談は予定されていて、取り消しになったのではない」とコメントした。「会談はなくなっていない」という点を強調したのだ。

 しかし、韓米首脳会談を「プルアサイド」という形で行うとあえて発表した点は疑問に残る。一般的にG20など主要国の首脳が多数集まる会議は、警護・儀典などのため、ほとんどが会談場所の近くで「プルアサイド」で行われる。また「プルアサイド」も厳然たる「首脳会談」であり、あえて「プルアサイド」と伝える必要はない。にもかかわらず、なぜ「ロシアとは中止、韓国・トルコとはプルアサイド」と発表したのかという点だ。

 ホワイトハウスはプーチン大統領との会談が中止になった対外的な理由に、25日にロシア海洋警備隊が黒海とアゾフ海を結ぶケルチ海峡を通過しようとしていたウクライナ海軍の艦艇2隻と曳航船1隻を武力で拿捕したことに対する抗議の意味だと明らかにした。ただ、内部的にはトランプ大統領のロシアスキャンダルに対する特別検察官の捜査が加速するなか、プーチン大統領との接触を避けようとしたという分析が多い。

 また、サウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏殺害事件の背後にサウジアラビアの皇太子を挙げながら各種証拠を出しているトルコのエルドアン大統領と公式会談をすることも、「サウジとの結束」を強調するトランプ大統領としては負担になるという指摘が多かった。

 問題は、なぜ韓国との首脳会談がこうした「事情」のある国とともに略式で行われると発表されたかという点だ。

 サンダース報道官はこの日の発表で日米首脳会談、日米印3カ国首脳会談は正式会談として行われることを再確認した。

 これに関しワシントン情報筋は「会談時間上の問題が核心」と伝えた。すなわち、当初から韓国、トルコとはG20期間のトランプ大統領のタイトな日程のため「完全な2国間会談」(full bilateral meeting)をするのは難しく「プルアサイド」でするという説明だ。一般的にプルアサイドの場合、会談時間が30分前後である場合が多い。

 この場合、AP通信の「会談が格下げされた」という報道も「1対1がはるかに良い」という青瓦台の説明も合わないということだ。

 米シンクタンク関係者は「結局、重要なのはトランプ大統領の北朝鮮問題に対する関心が以前に比べて大きく落ちたということだ」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000041-cnippou-kr

何が何だか訳の分からない記事

何なんですかこの記事?中央日報さんは何を言いたいんでしょう?

トランプが韓国との会談は立ち話にするっていう話があっただろ?あの件が相当気になってるらしく、ホワイトハウスの発表から言葉を追いつつ主張を二転三転させている。何が何だか訳が分からないという状態だね。

いつも言ってますけど、英単語を全角で書くのをやめてください!見にくくて仕方ありません!

それは別にいいだろww まあ順を追って見ていくと、まずサンダース報道官がトルコと韓国の会談については”Pull-asides”方式、つまり簡略式の会談になると伝えた。この発言をAP通信が拡大解釈し、韓国との公式会談は“Canceled”になったと伝えてしまった。

会談が取り消されたという表現が、誤解を招いたんですよね?

そうだ。非公式な会談が開催されるという話が無視され、公式会談がキャンセルされたという話の方が一人歩きしてしまったんだ。AP通信は報道を訂正し、今度は韓国との会談が”Downgraded”、つまり格下げされたと報道。

それを韓国の大統領府は否定したんですね・・・。

格下げではないと否定しつつ、1対1形式ではあるが単独会談には変わりないと強調。中央日報もそれを補う形で、”Pull-asides”形式であったとしても首脳会談に変わりはないと反論。米国側がなぜわざわざそう言ったのかという点に関して憶測を色々と巡らせている。日米や日米印の会談の方は公式な会談だとして、韓国の会談と明らかに差をつけた発言も気になっているようだ。

正式なプルアサイド会談が行なわれたもよう

朝鮮日報さんは、正式な首脳会談を行なうことになったって言ってます!どっちが正しいんでしょう?

(朝鮮日報日本語版) 【萬物相】トランプ大統領にとっての米日印首脳会談と韓米首脳会談
12/1(土) 9:04配信 朝鮮日報日本語版

 昨年7月の米ロ首脳会談を前に、米ホワイトハウスでは会談の形式をめぐって激しい議論が交わされたという。当時はロシアによる米大統領選挙への介入疑惑が相次いで報じられていたこともあり、米国ではロシアに対する国民感情が非常に悪化していたからだ。トランプ大統領は格式を備えた正式な会談を希望したが、これに対してホワイトハウスのある担当者はメディアとのインタビューで「ロシアに反発する世論を考慮し、今回の会談は簡略的で非公式な形のプル・アサイド(pull aside)でやるのが望ましいだろう」とコメントした。しかし最終的にはトランプ大統領の意向が反映された。

(中略)

 韓国時間の早朝、アルゼンチンでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議の際に行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領との首脳会談でもこれと同じような見方が広がった。トランプ大統領は今回6カ国の首脳と会談を行う予定だったが、これについて昨日米ホワイトハウスのサンダース報道官が「ロシアのプーチン大統領との会談はキャンセル、トルコと韓国はプル・アサイドで行われる」と発表したからだ。この発表について複数の海外メディアが「韓米首脳会談が格下げされた」と報じた。韓国大統領府は当初「米国は通訳だけを連れた単独会談を提案してきた。これは格下げではない」と主張したが、それから12時間後に「プル・アサイドではなく正式な首脳会談を行うことになった」と伝えた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00080007-chosun-kr

それって韓国政府側が言ってるだけじゃん。他の記事の情報も踏まえれば、正式なプルアサイド方式での会談を行なったという風になる。毎日新聞の報道でもそれが裏付けられていると思うよ。

<外交>米韓首脳が会談、米朝再会談実現へ緊密連携で一致
12/1(土) 10:14配信 毎日新聞

 トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は30日(日本時間1日未明)、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれているアルゼンチン・ブエノスアイレスで約30分間会談した。米ホワイトハウスの声明によると、両首脳は北朝鮮を巡る最新情勢について意見を交わし「北朝鮮の最終で全面的かつ検証可能な非核化」を目指す方針を改めて確認。2回目の米朝首脳会談の実現に向け、米韓両国が緊密に連携する考えで一致した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000020-mai-int

正式な首脳会談だと思います!

30分間のな。中央日報によれば、プルアサイド形式の場合は30分前後のことが多いんだろ?正式なプルアサイド首脳会談だったってことだ。

でも、朝鮮日報さんは、プルアサイドではなくなったって言ってます!トランプ大統領の言うような正式な首脳会談になったって。

プルアサイドではなくなったと言ってるのは韓国政府だけで、実際に会談が30分で終わったんだからプルアサイドだよ。要するに韓国政府が見栄でウソをついたってわけだ。

プルアサイド、プルアサイドって!プールサイドみたいで紛らわしいです!プーケット行きたいです!

俺に言うなwww 最初にこの単語を連呼した中央日報に言えよwww

日米印は重要な会談、韓国とはどうでもいい会談

ネットユーザーは、会談してもしなくても意味ないって言ってます!

身も蓋もないwww

重要な国から話すので、どうでもいい国とは立ち話で十分との意見も。

日米や日米印は重要な会談、韓国とのはどうでもいい会談。以上。

韓国も「事情」のある国だと思われている、アメリカは韓国を信用していない、認めたくはないだろうけど事実だ、

ロシアやトルコといった曰くつきの国と一緒にされたのが我慢ならないんだろうけど、韓国も同様に曰くつきの国だからという単純な回答になるかな。

トランプ大統領よりもペンス副大統領やポンペオ国務長官に徹底的に絞ってもらった方がいい、という感じです!

まあとりあえず輸入車関税についての話はなかったみたいだし、文在寅がトランプに要望を出す機会も得られなかったようだ。それが分かっただけでも十分だよ。大体G20期間中は他の国ともプル方式が通常なんだろ?別にそれを明言したところで気にしなければいいだけの話だ。

プル方式って、省略しすぎです!

変換が面倒なんだよww まあ日本はどうせ韓国とは会談しないし、今後するつもりもないし、日本に来るならちゃんと答えを用意してからだと一喝するし。米国にも相手にされなくなったところで別に何も困らない。韓国マスコミは米国に軽視されると都合が悪いのかやたら必死に愛国心を発揮してるけど、もうそろそろ米国に見捨てられるという現実を受け入れた方がいいと思うけどな。日本には関係のない話なのでどうでもいいけどね。

韓国の皆さん、現実に目を向けましょう!逃げてはいけません!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!