韓国ムン大統領はアメリカへの入国を断られていた!? どういうこと?

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

またムン大統領の話なんですけど、G20に行く時にチェコに寄ったホントの理由について推測されてます!途中の給油地としてアメリカのロサンゼルスを検討していたのが、直前にチェコに変わったそうです。今年の9月にムン大統領の政府専用機で北朝鮮に行ってしまったため、6カ月間アメリカに入国できなくなる制裁に引っかかったのではと言われてます・・・。

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】文大統領専用機はなぜ米国で給油できなかったのか
12/6(木) 10:58配信 朝鮮日報日本語版

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領はチェコ・アルゼンチン・ニュージーランドの3カ国を訪問し、おととい夜帰国した。8日間にわたる海外歴訪だ。アルゼンチンは韓国のちょうど地球の裏側に当たる位置にある。これを対蹠点という。韓国から地球の中心に向かって井戸を最後まで掘っていくと、アルゼンチンに達する。

 ところが、1つ謎がある。文大統領はなぜチェコに行ったのだろうか。あいにくチェコには同国の大統領もいなかった。あるじのいない家に客が立ち寄ったのだ。あるじのいない家になぜ行ったのか。当初は、文大統領のチェコ訪問目的は「原発セールス」だと言っていたが、後に「原発は議題ではない」と言葉を翻した。苦しいことこの上ない。チェコ大統領はいなかったので当然会えず、代わりに首相に会ったが、それもチェコ側が要請して「非公式面談」として処理された。あるじのいない家に招待状もなく立ち寄ったので、公式の外交記録に残すのはやめようという意味だ。その過程で、文大統領歴訪のニュースを伝える韓国外交部(省に相当)公式英文ツイッターに、チェコを26年前の国名「チェコスロバキア」と誤記する恥までかいた。

 右往左往しながら言葉を翻したあげく、政府はついに「専用機の中間給油のため」と言った。文大統領専用機の空軍1号機は油を入れる場所がなくて、あえてチェコに行かなければならなかったのだろうか。当初は給油地として米ロサンゼルスを検討したが、直前にチェコに変えた。もしそうなら、文大統領が乗った空軍1号機は米国に着陸できない事情でもあるのだろうか。本紙社説も「本当に公表できない極秘の事情でもあったのか非常に気になるところだ」と書いている。

 では、文大統領と空軍1号機はなぜチェコに行ったのか。最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)前代表は次のように語った。「北朝鮮は首脳会談をタダでしたことがない。DJ(金大中〈キム・デジュン〉元大統領)の時もそうだったし、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の時もそうだった。MB(李明博〈イ。ミョンバク〉元大統領)も2億ドル(現在のレートで226億円)を要求され、MBが首脳会談を断念したことがあった。(文大統領は)先日送ったミカン箱の中に入っているのはミカンだけだろうか? (金正恩〈キム・ジョンウン〉朝鮮労働党委員長の叔父)金平一(キム・ヨンイル)が大使として駐在しているチェコに行ったのはなぜだろうか? 給油が目的だったと言っているが、それは正反対の飛行ルートではないのか?」

(中略)

 トランプ大統領が乗るエアフォースワンが米空軍機なのに対し、文大統領が乗る大韓民国空軍1号機は言葉こそ「空軍1号機」だが、実際には軍用機ではなく、民間から賃借したチャーター機だ。文大統領専用機は民間航空機なのだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領が2014年末に大韓航空から1421億ウォン(現在のレートで約144億円)で5年間借りたものを文大統領がずっと使っている。ほぼ唯一、積弊(前政権の弊害)清算リストに載っていないのがこの「朴槿恵専用機」だ。文大統領専用機は管制塔コールサインも「エアフォースワン」ではなく、ただの「コードワン」だ。民間航空機だからだ。ならば、今年9月に北朝鮮の平壌に行った民間航空機・文大統領の「コードワン」はそれから6カ月間、米国に入国できない「制裁」に引っかかっているのではないか、という合理的な疑問が生じる。

 今年7月の南北統一バスケットボール競技大会に参加するため、韓国の選手たちが北朝鮮に行った時、空軍輸送機C-130Hに乗って行った。韓国のバスケットボール選手があえて軍用機に乗って行った理由は、民間機が北朝鮮を往復すればすぐに国際社会の対北朝鮮制裁に引っかかるからだった。

 さあ、韓国の当局者は答えなければならない。文大統領専用機、つまり民間機「コードワン」が米ロサンゼルスで給油せずにチェコで給油したのは、対北朝鮮制裁違反で米国に入国できなかったためではないのか。それとも別の理由があるのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00080025-chosun-kr

アメリカで給油したかったのに断られた?

まーた文在寅ネタか。とは言ってもこれは非常に重要な話じゃないか?

ムン大統領がG20の時にチェコに立ち寄った話なんですけど、ホントはアメリカのロサンゼルスで給油したかったのに、断られたのではないかということです!

どうやらそれが事実のようだな。記事を最後まで読んでいくと、同じ政府専用機で9月に北朝鮮へ行ったことが問題視されてるという話だ。

そうみたいです!アメリカの制裁により半年間入国できなくなったって・・・。半年で済むんでしょうか?

まあ場合によっては永久に入国禁止になるかもしれないね。とにかく、それ以外にわざわざチェコへと立ち寄った合理的な理由が存在しないという点が重要だ。これが事実ならばもう文在寅は当面訪米できないことになる。

政府専用機が問題なのであって、ムン大統領自身は問題ないですよね?

それも分からないな…。ファーウェイの件でもそうだけど、米国の制裁が今ちょっとシャレにならない段階に来てるよね。もう北朝鮮やイランにちょっと関わっただけでも連鎖的に制裁を食らう恐れが出てきてるわけだ。

ドイツやフランスにも断られた?

でも、アメリカがダメならどうしてチェコなんでしょう?他の国も全部断られたんでしょうか?

そこは重要なポイントだよね。サウジアラビアでもUAEでもなく、トルコや他の欧州諸国でもなくなぜかチェコ。隣国のドイツやポーランドには断られたという解釈でいいのかな?

どうなんでしょう・・・?どこでもよかったのでは?

そのヒントとなる記事がここにある。ドイツの外交員から韓国議員が一喝されたという話だ。

「北を信じるのか」…韓国議員を当惑させた独外交官の一喝(1)
12/6(木) 9:19配信 中央日報日本語版

 欧州を歴訪中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が英国・ドイツ・フランス首脳に北朝鮮制裁緩和を要求して一刀両断に切り捨られたという便りを聞いた共に民主党の李相ミン(イ・サンミン)議員は欧州の冷遇に激憤した。「大統領のための弁明」をしたかった彼にチャンスが巡ってきた。ちょうどソウルを訪問した北東アジア担当のドイツ高位外交官が韓独親善協会の代表を務めている李議員に挨拶しに来た。

 李議員は彼に遠慮なく問い詰めた。「ドイツは太陽政策援助国ではないのか。文大統領に前向きな言葉掛けの一つもできないのか」。ドイツ外交官の返事は冷たかった。「非核化は欧州連合(EU)の普遍的かつ一貫した要求だ。するべきことをやらない北朝鮮へのムチを横に置くことはできない」。

 李議員は逆説で対応した。「制裁を少し緩和すれば北朝鮮も交渉の効用を認めて非核化に出るかもしれないではないか」。ドイツ外交官は反問した。「北朝鮮を信じるのか。国際社会が北朝鮮にだまされたのが1回や2回か。危険な国だ。非核化に進展がないのに制裁緩和はできない」。閉口した李議員は「それでも平和のためには何でもするべきでは」と言った。ドイツ外交官は冷笑を浮かべて鋭くこう言い放った。「北朝鮮は米国よりも欧州に近い。彼らのミサイルは欧州にとって脅威だ。これ以上申し上げる言葉はない。このあたりで失礼する」。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000013-cnippou-kr

北朝鮮の制裁緩和をしつこく要求したので、嫌われてしまったんでしょうか・・・?

そういう解釈が成立する。少なくとも欧州で直接北朝鮮制裁緩和を要求したドイツにフランス、そして英国には入国が難しくなったと考えていいだろう。ところでチェコというのは北朝鮮寄りの国なのかね?

そうだと思います!上の記事にもあるんですけど、チェコにはキム委員長の叔父が北朝鮮大使として駐在してるみたいなので、北朝鮮にある程度優しい国だと思うんです!

その点もズバリ韓国議員に指摘されてるね。東回りだと北米しか給油できる場所がないから、西回りで北朝鮮寄りのチェコに立ち寄ってアルゼンチンへと向かった。万が一チェコにまで入国を拒否されてたら、文在寅はG20に参加できなかったかもしれないね。

そうですよね・・・。何だか問題が大きくなってきてる気がします!

最初は文在寅が優雅にチェコ観光するためだけに行ったのではないかと思ったけど、北朝鮮制裁違反絡みとなると話の深刻さが数段階アップするね。これは米韓の亀裂は決定的なものになるかもしれない。

11月に入ってから制裁が発動?9月中は大丈夫だった?

ネットユーザーは、これがホントなら国連にも行けなくなるのではと言ってます!でも今年9月の国連総会には参加してるそうです・・・。

9月中はOKだったけど、11月頃までにアウト判定を食らったという話じゃない?南北首脳会談が9月だったから、直後の国連総会まではセーフだったのかもしれない。制裁って忘れた頃にやってくるからね。

どうなんでしょう?ドルを持ってなかったので、ウォンで支払える国としてチェコが挙がったのではという意見もありました。

給油するドルもないのかよwww さすがにそれはないと思いたいが。

あと、帰りにはニュージーランドに寄ってるんですよね?そこでは国賓待遇だったそうです。

まあチェコに寄ったのと似たような事情だろうね。ちなみに安倍首相はウルグアイやパラグアイを訪れてから帰国の途に就いたようだ。給油は必要ないんだろうか?

フロリダで給油したみたいです!やっぱり普通はアメリカを中継地点にしますよね?

制裁食らってる疑惑がますます高まってきたな…。

ちなみに、安倍首相はツイッターやってました・・・。ボクが見落としてました!すみません!

あれ?そうなんだ。俺はツイッターは普段から見てるわけじゃないから把握してなかった。フェイスブックはよく話題になってたから知ってるけど。

給油計画として事前に予約を取らないことはあまりないそうなので、10月中旬に予定が急に変わったのは異例のこととも言われてます!

まあどうでもいいかな。韓国が米国の制裁対象になったとしても、日本には関係のない話だし。

そうですよね・・・。日本は普通にアメリカで給油できています!

文在寅が9月に北朝鮮へ行ってから米国の態度が明らかに変わったね。米財務省から銀行へ恐怖の電話がかかってくるのを皮切りに、韓国企業にも同様の電話が来てセカンダリーボイコットの噂が流れて株価が暴落した。韓国の銀行は今やニューヨークでの送金業務を中断しつつあるという。肝心のG20でも米国に会談の格下げを宣言されるし、日本との会談は公式会談にするなど露骨に差をつけてきた。在韓米軍の撤収も始まると言われているし、韓国軍が寂しく単独訓練を行なうことにもなった。米国が韓国を切り捨てようとしているのは明白だけど、日本は何も困らないしどうでもいい話だから。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!