「韓国のすることは将来に禍根を残す。今すぐやめろ」 日本勢が韓国に苦言! 韓国聞き入れず!

国内ニュース, 安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

11月初旬に賠償判決への意趣返しとして始まったとされるWTO協議の要請だが、その背景についてやや詳しく書かれた記事が出てきた。韓国側が供給過剰にも関わらず生産量をガンガン増やしたため赤字が常態化してしまっている。日本が世界の景気に敏感に反応して生産設備を縮小させたのにだ。そして、韓国が造船業に兆単位の支援をする本当の背景まで明らかになってきた。

徴用工問題への意趣返し?日本が韓国に仕掛けた造船WTO協議の真相
12/17(月) 6:00配信 ダイヤモンド・オンライン

 徴用工問題で日韓関係が揺れる中、ふいに実現した韓国の自国造船支援をめぐるWTO協議。徴用工問題との時期の重複は造船界に思わぬ恩恵をもたらしている。(「週刊ダイヤモンド」編集部)

 11月29日、三菱重工業でも、第2次世界大戦中に強制労働させられたとする韓国人への損害賠償が韓国の最高裁判所によって命じられた。徴用工問題が勃発したのは、10月30日に同様の判決が下された新日鐵住金に続き、2社目である。

 そんな政情不安の真っただ中の11月6日、満を持して切られた“カード”がある。日本政府が、韓国による自国造船業に対する公的助成について、世界貿易機関(WTO)提訴の前段階となる2国間協議を要請したのだ。

 目下のところ、造船業界は船の供給過剰問題に頭を悩ませている。それを助長する公的助成を行う韓国に対し、日本政府は折々で公的助成の早期撤廃を求めてきた。

 しかし、韓国政府は「これらの措置は政府の介入によるものではない」の一点張り。業を煮やした日本政府がWTOの2国間協議に持ち込んだ、というわけだ。

 協議が決裂すればWTOに小委員会(裁判の第一審に相当)の設置を求め、1年半~2年かけて徹底抗戦していくことになる。

 「ようやくここまでたどり着けた」。加藤泰彦・日本造船工業会会長は胸をなで下ろす。

 供給過剰問題をめぐる日韓の対立は根が深い。さかのぼれば、「正直者がばかを見る」を地でいったような日本の過去の造船政策に行き着く。実は日本の造船各社はかつて2度、国の指導の下で設備を縮小したことがある。第2次石油危機の前後とプラザ合意の後、市況が悪化したときのことだ。

 1990年代半ばまで30年強にわたって新造船市場の“主役”を務めた日本が、護送船団方式とはいえ世界の船舶の需給均衡のために身をていするのだから、意義ある政策だったことは間違いない。

 だが、造船新興国の韓国勢は強かだった。海上荷動き量の増加を見込み、90年代後半から大々的に設備を拡張。日本勢が「将来に禍根を残す」と苦言を呈しても聞く耳を持たず、一気に市場を席巻していった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00188515-diamond-bus_all

日曜勤務の賃金を10%アップすべきか

あれ?週の初めなのに長文記事ですか?

月曜のこのタイミングは一番ネタが見つかりにくいからな。日曜の夜が一番アクセスが減るという統計も出ていた。みんな週明けに備えて早く寝るんだろう。

確かに、日曜の夜ってちょっとブルーになりますよね・・・。今は違うんですけど。

俺は休日と平日の境目がないという人を何人も見てきたけど、ちょっと信じられないね。街の雰囲気が平日のそれとは全然違うから。平日は歩いてる人がみんな仕事モードでピリピリしてる。

そうなんですか?

逆に休日は平日にはほとんど見かけないような和やかなファミリーが普通に散歩してたり、業務用の車両をあまり見かけなかったりと変化が顕著だ。平日には子供が遊ぶような公園でもサラリーマンが普通にいたりする。休日は仕事のことを思い出さなくてもいいのがメリットってわけだ。

土日が仕事の人も大勢いますよね?公園でのんびりしたいのに、スーツ姿のビジネスマンを見かけたら気分をオフにできない気がします・・・。

そういうこと。だから土日、特に日曜をしっかり休むことは誰にとっても重要なんだよ。働く人のことを考えれば深夜営業だってもう少し減らしていいと思う。日曜はみんな営業をやめて家や公園でのんびりできるのが理想と言えるだろう。

でも、日曜はカフェ巡りもしたいし、スイーツや点心もいっぱい食べたいです!日曜に営業してくれるお店がないと困ってしまいます!

そうかww まあそこは個人の価値観だから。日曜にこそ働いて稼ぎたいという人もいるだろう。日曜勤務なら賃金を10%アップとかそういう政策はあってもいいんじゃないかな。

あれ?最低賃金の引き上げには反対なのに?

政府主導でやる必要はないか?でもそうしないと誰もやらなそうだと思った。日本って良くも悪くも事なかれ主義で長いものに巻かれたがるだろ?政策でビシッと決めた方がスムーズな場合もあると思う。別に罰則とかを設けなければそこまで反対はされないと思うけど。

じゃあ、日曜に働いてくれてる人には感謝しなきゃですね!

キリスト教圏では日曜は教会に行くための安息日なんだ。そんな日まで仕事の予定をパンパンに詰めるわけにはいかないね。日曜勤務の人には何か特別な計らいをしてやった方が社会が豊かになると思うよ。

供給過剰にも関わらず生産量を増やし赤字を蔓延させた韓国

ここまで冒頭の記事とは無関係でしたね・・・。大脱線11ですか?

次は大脱線12だったかな?まあ日本の政治経済と関係しないとも言い切れないから、一応雑談と見なしておこう。大脱線12は近日公開ということで。

本題に入りましょう!日本政府が韓国にWTOの提訴をした話って、結構前ですよね?

WTO提訴の前段階の2国間協議だな。11月6日ということで当時から賠償判決に対する報復なのではと言われてたけど、そのことについての詳しい背景が書かれている。日本勢が供給過剰になることを恐れて生産設備などを縮小したのに、韓国がそのことを一向に考慮せずに生産量をじゃんじゃん増やしてしまったことに苦言を呈している。「将来に禍根を残す」という強い言葉でもってね。

日本が設備を縮小させたのって、供給過剰になると思ったからなんですか?

背景には石油危機やプラザ合意後の市況悪化があり、要するに世界的な需要が縮小することを見込んだわけだね。船を買ってくれる人がいないのに造っても意味ないだろ?

それなのに、韓国は日本と違って造船設備を拡張していったんですね・・・。

記事の続き部分には韓国の不正行為とされている金融支援について書かれている。こんな兆単位の支援をやってしまうようでは、まともなビジネスが成立しなくなるよね。

● 実現したなら「結果オーライ」 造船界は実質本位

 そんな韓国勢の投資意欲に日本勢が複雑な思いを抱える中、事もあろうに韓国は“ゾンビ企業”を誕生させる一大施策を出した。

 これがWTOで問題提起している大宇造船海洋への金融支援である。経営難に陥った大手造船の大宇に対し、韓国の公的金融機関が15年、約1・2兆円の大規模な金融支援を実施したのだ。

 今年に入ると、船の建造中に造船会社が倒産しても、船の発注者が事前に支払った資金を銀行が代わりに返還してくれる「前受金返還保証」の公的金融機関による発給体制も整備。官民ファンドによる新造船の発注支援も表明した。

 これで堪忍袋の緒が切れ、日本勢は意趣返しのごとく、WTO提訴に向けて一層の熱を注ぐことになったというのだが、造船関係者は事態を見て水面下で口々に言う。「当然、日本政府は徴用工問題に当ててWTOの紛争解決手続きに乗り出したのだろう」

 いずれにせよ、造船業界にとって徴用工問題はある種の追い風となっている。まず、WTO協議へこぎ着ける最後の一押しとなった可能性が指摘される。15年の大宇支援からすでに3年が経過。待てど暮らせど進まなかったWTO協議が実現するなら「結果オーライ」(造船企業幹部)だった。

 何より、日本が強い姿勢で臨まねばならぬ徴用工問題の手前、造船問題とはいえWTO協議で韓国に負けるわけにはいかない。

 ただ、韓国は11月22日、中小造船への新たな支援策を発表した。WTO協議が韓国へのけん制になり切れていない以上、競争力強化に向け、個別の施策を講じる必要があることも日本勢は忘れてはならない。

サムスン重工が巨額の赤字を抱えてるという話があったんですけど、それって関係あるんですか?

大ありだね。造船業は今や造れば造るほど赤字という状況で、なぜなら繰り返しになるけど供給過剰だから。今すぐ買わなくてもなくならないと分かれば、誰も急いで買おうとしないので困ったことになるだろ?

確かに!物が売れなくなってしまいます!

売れなくなると困るのは造船業側だ。そこで韓国は造った船を大幅にディスカウントし、赤字が出てもいいという覚悟で世界中に売ってシェアを伸ばしてきたんだ。記事中にある大宇造船なんかも破綻危機が囁かれてた企業のうちの1つだね。

それで造船業界が赤字だらけなんですね・・・。赤字を政府予算で埋めて、無理やり企業を存続させてるなんて!

だがワトソン君がいつも提唱している政策はこれに近い。最低賃金引き上げを守った企業に対して政府支援をするということで、似たような赤字の穴埋め政策になる可能性が高いよ。

そ、そんなことはないと思います!最低賃金を2倍にしただけで、赤字になるとは思いません!

まあいずれにせよ日本はこれ以上韓国の造船業に対する無茶苦茶な介入を許さないことにしたんだ。賠償判決はきっかけであって、韓国に遠慮しなくなったということの表れである。今後の展開が非常に楽しみだね。

造船業の裏で軍備を進める韓国をこれ以上許さない

ネットユーザーも同じことを言ってます!造船の問題と、賠償判決の問題とは区別して対応する必要があるって。

あらゆる問題は区別される必要があるね。日本が偶然韓国に対してあらゆる面で圧力をかけ始めたというだけの話で、別に賠償判決に対する腹いせでやってるわけじゃない。

前からそういう問題があって、遠慮しなくなっただけですよね?

そういうこと。韓国のことをどれだけ甘やかしてきたと思ってるんだ?造船1つでこれだから、他のあらゆる業界で同様な出来事が蔓延してるだろう。こういう点をまるっと無視して経済政策が失敗だの新産業がないだのと的外れな分析をしてる教授もいたね。

政策教授の親戚ですよね?でも、ムン大統領自身も政策の失敗を認めてしまいました・・・。

韓国経済は日本に100%依存している。日本がいなければ韓国はすぐに崩れるよ。

今まで特別に甘い対応をしてきたのが問題、今度は何も忖度しなければいい、これとは別に即効性のある経済制裁の発動を望む、

ところでさ、韓国がなぜ造船業に兆単位のお金をつぎ込んでるかの理由について何か思うことはないか?

えっ?どういう意味ですか?

大宇造船という企業名について、どこかで聞いた覚えはないか?

・・・。あ~っ!韓国軍に潜水艦を引き渡そうとしてます!ひょっとして軍事が目的なんですか?

俺はそうだと思ってる。大宇造船は1919派の企業ってことだ。だから政府予算を兆単位でつぎ込んででも絶対につぶさせないし、韓国軍への軍艦や潜水艦を供給するための企業として存続させる必要があるってこと。造船の問題にはこういう背景もあって、日本政府はそのことも視野に入れてWTO提訴に踏み切ると思う。

そうだったんですね・・・。謎が1つ解けた感じです!

まあどういう背景があるにせよ、日本が韓国に圧力をかけることに変わりはない。関係をなくすためのプロセスのうちの1つにすぎない。特殊な思想を持つ1919派が軍事政権を樹立するために、首都を釜山に移す可能性も考慮しなくてはならないね。韓国との関係をなくす方針に変わりはないし、それで困るのは韓国の大多数の一般人なので日本にとってはどうでもいい話だ。

韓国の皆さん、現実に目を向けましょう!日本に勝つことは諦めてください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!