【速報】今、韓国ソウルがとんでもない事態に陥っていた! 現地在住の人から衝撃の告発文が送られてくる!

安倍政権, 韓国ニュース

鈴置さんのコラムだが、今回はいつもとやや毛色が異なる。最近あまり韓国国内の様子が把握できてなかったが、やはり年明けからとんでもない事態になってきているようだ。鈴置さんの元に届いた韓国の読者からのメールがその凄まじさを淡々と表現している。衝撃的な内容だ。ここに書かれていることが事実であれば、もはや韓国はクーデター前夜で軍事政権樹立目前の状態ということになる。1919派が正体を露わにする日が近づいている。そして最後に、鈴置さんから大切なお知らせがあった。

韓国はレミングの群れだ もう、止められない「北朝鮮との心中」
1/8(火) 12:03配信 日経ビジネスオンライン

 韓国が奈落の底に堕ちて行く。

●「クーデター前夜」を思い出す

鈴置:ソウルでこの記事を読んでくれている韓国の識者Aさんから、2018年末にメールを貰いました。文章を整えて引用します。

・この国は激動の真っただ中です。朴槿恵(パク・クネ)女史は1年9カ月間牢屋に繋がれていますが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も遠からずして、その後を追うかもしれません。
ソウル都心は連日、文大統領退陣を叫ぶデモで交通はマヒ寸前です。保守団体は文在寅を金正恩(キム・ジョンウン)の手先と糾弾し、朴槿恵の弾劾無効と復権を叫んでいます。
・文在寅支持だった民主労組など左派団体まで経済失政をとりあげ反政府の示威行動に走っています。
・金正恩のソウル訪問を歓迎する集会を開く親北団体があり、これに負けじと保守団体も親米パフォーマンスをくり広げる。ソウルはデモ満開です。
というのに警察は違法なデモを規制せず傍観しています。デモ鎮圧の責任を追及されるのが怖いのです。
今の状況は約60年前の1960年、李承晩(イ・スンマン)政権が学生デモで倒れ、民主党政権が出現した時に酷似しています。
・デモで政権が転がり込んだ民主党政権は、失政の連続と南北和解を唱える左派の蠢動で混乱に陥りました。結局は朴正熙(パク・チョンヒ)少将が軍事クーデターを起こし、韓国は開発独裁政権に移行しました。
・現在の状況は当時にそっくりに思えてなりません。しかしクーデターを起せるほどの主体はいまのところ見当たらないのです。
・保守は分裂、左派も利権争いで内輪揉め、軍は骨抜きにされ、マスコミも国民から信用されていません。
・いろいろ書きたいことがありますが、物言えば唇寒し――。これ以上はやめます。新年の韓国は韓流ドラマよりもっと劇的に展開するでしょう。

外交官・裁判官が受難

――ソウルは騒然としているのですね。

鈴置: 韓国は革命状態にあります。2016年11月に始まった「ろうそく集会」が功を奏し翌2017年3月、朴槿恵大統領は弾劾・罷免されました。左派は「ろうそく革命」ムードに乗って、同年5月の大統領選挙で勝利。

 政権を握った左派は「積幣清算」の呼号の下、米国や日本を専門とする外交官を左遷、退職させました。気にいらない裁判官らも起訴しました。

 一方、公社のトップには学生運動のリーダーを務めた仲間を続々と任命。左派はわが世の春を謳歌するかと思われました。

 しかし左派の中で、文在寅政権の中枢を占める親北派と、労働運動に根を張る非北朝鮮派の戦いが勃発したのです。
・・・

●四分五裂の南をかき回す北

――保守にとってはチャンスですね。

鈴置:そう見えます。が、保守は保守で朴槿恵派と反・朴槿恵派に分かれて抗争中です。韓国では「左派政権が朴槿恵を釈放するかもしれない。朴槿恵を担ぐ人々に勢いが付き、保守の内部抗争がますます激化するからだ」と語る人もいます。

 国が四分五裂する中で違法デモが日常化し、秩序が急速に破壊された。そこに北朝鮮が手を突っ込み、親北派を使って米国大使館前での反米デモや、金正恩委員長歓迎集会を開かせる。韓国は自らを制御できなくなっています。
・・・

●今回は「出口」なし

――韓国の混乱は収拾できない?

鈴置:1960年に李承晩政権がデモで倒れた後の混乱は翌1961年、反共を掲げる軍人のクーデターにより収拾されました。

 私は1987年から5年間ソウルに住みましたが、当時を知る韓国人の中には「クーデターが起きなかったら韓国は北朝鮮に吸収されていた」と説明する人がかなりいました。

 クーデター自体には賛成しないが、北朝鮮の一部となるよりはましだった、というのです。もちろん「あのクーデターによって成立した軍事政権が韓国の民主主義を破壊した」と言う人もいましたが。

――今回はもう起きない……。

鈴置:……と、多くの韓国人が言います。軍人もサラリーマン化して、もはやクーデターを起こす根性はない、との理由です。今回は良かれ悪しかれ「出口」はないのです。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-43414741-business-kr

ソウルがデモ乱発でカオス状態に

鈴置さん!今回は火曜日なんですね!不定期で見逃すかと思いました。

偶然目にすることができて幸運だった。最近雑誌ランキングをあまり見てなかったからな。

今回の内容は、どんな感じなんですか?

記事タイトルについてのは説明は省略するが、内容は鈴置さんの元に韓国ソウル在住の読者から届いたメールというもの。凄まじい内容なので目を通してほしい。

デモで交通がマヒ寸前なんですか?右も左もデモってことですか?

物理的にも、思想的にもな。金正恩歓迎デモにパククネ釈放要求デモ、それら違法なデモを取り締まりもせず放置する警察。まさに無法地帯になりつつあるわけだよ。そしてこの状況は李承晩政権が倒れた後の民主党政権時に酷似しているそうだ。

えっ?じゃあホントに軍事政権が樹立されるんですか?

そもそも韓国は軍事クーデターによる独裁政権は初めてのことじゃない。記事中にもあるように、当時は少将だった朴正熙がクーデターを起こして政権を打ち立てたんだ。パククネの父親だよ。

確かに・・・。それで、日本との国交も回復させたんですよね?

つまりこの時の軍事クーデターの主体は1948派だね。ところが今娘のパククネは収監されておりもう1年9カ月も檻の中だ。保守デモの中にはパククネを釈放するよう要求するものがあり、実はそれは北朝鮮側があおっているとするのが鈴置さんの推測だ。

保守の中でも、1919派と1948派で意見が分かれてるんでしょうか?

そういうこと。パククネが収監されているという事象を重く捉えるなら、次の軍事クーデターの主体は1919派だね。李承晩の派閥ということになる。1960年の時とは状況が正反対になるわけだ。

韓国の1948派は、北朝鮮の1948派とは仲が悪いんでしょうか?

仲良かったらとっくに統一してるだろww

あっ・・・。確かに。

朝鮮半島には4つの派閥があり、それぞれが別の思惑で動いているというのが俺の推測だ。時に反目しつつ利用し、敵対勢力になり済ましながら有利な方向へと情勢を導く。ソウルではクーデターの兆しがないとするこの現地在住の人の証言自体が、今の1919派の工作活動が成功していることの証左だと思っている。

1919派がソウルを捨てるシナリオが進行中か

それは、釜山を首都にすることと関係があるんですか?

正解。1919派はソウルを捨てる気でいるんだよ。地下共同溝とかいう都市部の急所やビル25万棟が崩壊の危機という事実を明らかにされた以上、もう軍のリソースをソウルに割くわけにはいかないからな。北朝鮮にいつ攻め込まれてもおかしくない。だからクーデターを起こせそうな強力な人員はすべて南側に移動させている。

じゃあ、ソウルはもぬけの殻ってことですか?

意図的にそうしてる可能性があるね。そしてそれは北朝鮮にとっても都合がいい。1919派は意図的にソウルを隙だらけにして、北朝鮮に付け入らせようと画策している可能性も考えている。

それでデモが頻発しているんですね・・・。警察も1919派ですか?

警察は分からない。北朝鮮側かもね。デモの乱発でカオス状態になれば直接的なメリットは北朝鮮の方が大きい。基本的に1919派はソウルがどうなろうがどうでもいいという立場だと思う。それこそ日本統治時代に建てられた駅舎とかもどうにかしてほしいと思ってそうだ。

ソウルって、日本が建てた歴史的建造物が多いんですよね?

そう。1919派はそういうのも全部気に入らないと考えてるはず。ただそこまでの余裕はないので目標を対日に絞ってくるだろう。朝鮮戦争が起きた時も、北朝鮮が攻めてこなければ韓国軍は日本侵攻計画を実行に移していたという説もあるくらいだ。

そうでしたっけ?この前の歴史の授業では、やった覚えがないです・・・。

南側に軍を固めていたため、北側のソウルが手薄になり北朝鮮に攻め込まれたとする説が有力なんだよ。説であって正式に判明してる事実ではないけど。

でも、韓国軍ならそうすると思います!当時の日本には自衛隊がいなかったんですよね?

そうだ。サンフランシスコ条約の前の話だからな。朝鮮戦争の前後は日本消滅の可能性もあったわけ。歴史上で見ても最大級の国家存亡の危機だったと思うよ。

1919派が九州のどこかを臨時政府の首都にする最悪シナリオも

そうなると、もしも韓国の1919派が釜山に軍を固めたら、当時の再現になるってことですか?

結果的にはそうなるかもね。韓国が軍を南部に固めて、その隙にソウルへと北朝鮮が攻め込む。1919派は待ってましたとばかりに軍事政権を樹立させ釜山を臨時首都にする。そして間髪入れずに日本への侵攻を開始する。侵攻ポイントは対馬とは限らない。北朝鮮が朝鮮統一を宣言する頃には、九州のどこかが韓国軍事政権の臨時首都として制圧されているかもしれないね。

段々話が具体的になってきましたね・・・。

実際に当時の韓国は山口を臨時首都にさせてくれってお願いしてたし、同じことを仕掛けてくる可能性はいつでも考えておかないといけない。

トキオの山口達也さんの事件が起きたのって、もう1年くらい前ですよね?

そうだったかな…と調べてみたら今年の4月の話だった。なぜ急に山口達也が出てくるんだwww

何となく、山口達也さんの事件を思い出しただけです!他に山口って何かありましたっけ?

そこは日本最大級の裏社会…やめておくか。まあそういう”想像”とか”頭の体操”ならいくらでもしていいと思うんだよ。法政大の教授だって想像だと前置きをしつつレーダー照射はあったものだと断定してたからね。

その話、随分引っ張りますね!

だって便利じゃん。前もってこれは想像ですって言っておけばどんなことを考えてもいいんだから。1919派が釜山を首都にして日本に攻め込む計画を立ててるなんて話も現状では”想像”でしかない。できればこんな話は想像で終わってほしいとさえ思っている。

でも、色んなことを想像するのは確かに楽しいですよね!誰にも責任を取らなくていいし、飽きたらやめればいいんです!

そうそう。やっぱり違ったね、で終わっても別にいいわけ。仮説とか推論よりも砕けた言い方だよね。“想像”。もしも違ったなら、なぜ現実が想像と食い違ってしまったのかを比較して今後のためにもできるしね。頭の体操をすれば脳が若返るという説もある。

脳のトレーニングですね!知識も身につくし、いいことずくめです!

鈴置さんのコラムが7年の歴史に幕を閉じる

ところで、今回は鈴置さんから非常に大切かつ残念なお知らせがある。記事の最後まで見たか?

えっ?まだ途中です。

まあ読んでみてくれ。これはきな臭いどころの騒ぎじゃないね。

これまで読んで下さった皆さまへ

  今回で「早読み 深読み 朝鮮半島」の連載を終えます。2012年1月以降、7年間も続けることができたのは、ひとえに熱心に読んで下さった皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

 2018年12月14日に参議院議員会館で開かれた国際セミナー「激動する朝鮮半島情勢の下で拉致被害者救出を考える」を取材しました。「半島がまた、きな臭くなってきた」で紹介した集まりです。

 受付でお目にかかった拉致被害者の家族の方々から「毎回、読んでますよ」「記事を読むために日経ビジネスオンラインに登録しました」と声をかけられました。

 この連載で拉致問題に触れたことはほとんどありません。しかし家族の皆さんは朝鮮半島情勢を勉強しようと、藁にもすがる思いで読んで下さっていたのです。それを知り、身の引き締まる思いでした。

 記事を書くにあたって、匿名の方々にも支えられました。日本語で「シンシアリーのブログ」をお書きになる韓国の歯科医師さん。冷静な韓国人が「動乱の韓国」をどう見ているかを紹介するために、ブログを何度か引用させていただきました。

 「新宿会計士の政治経済評論」というサイトを主宰される公認会計士さん。日本の危機を防ごうと、専門知識をフルに発揮した評論を書いておられます。「通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる」など、大いに参考にさせていただきました。

 私の英文和訳の誤りを掲載日の早朝に指摘下さった方がおられます。慌てて直したものです。匿名の恩人の方々にもこの場を借りて深くお礼を申し上げます。

 今回の記事で紹介したAさんの指摘通り、2019年の朝鮮半島は劇的な展開が予想されます。その際、日本も何らかの形で巻き込まれるのは確実です。覚悟を固める時が来ました。

えっ?終わる?今回の記事って連載物だったんですか?

違う違う。日付をよく見てみてくれ。

「2012年1月以降、7年間」という部分ですか?えっ?じゃあホントのホントに終わってしまうんですか?

そうなんだよ。鈴置さんのコラムに出会ったのはネット掲示板を見ていた頃で、2012年の連載が始まってしばらくしてからだった。それから数年間存在感を発揮し続けていたわけだがこのほど連載を終了して7年間の歴史に幕を閉じることになったようだ。

そんなぁ・・・。どうしてやめてしまうんですか?教えてください!

理由がまったく分からないんだよね。締めの言葉がこれまでお世話になった方々への感謝の気持ちの表明で終わってて、どうして急遽やめることにしたのかという経緯が一切書かれていない。

確かに・・・。

連載開始は2012年1月からということで、1年ごとの契約更新が今回されなかったという見方もできる。だが非常に中途半端なタイミングだと思うね。鈴置さんの記事は各種メディアのコラムの中でもひと際輝いており、これからの朝鮮半島との関わり方における羅針盤として必要不可欠な存在なんだ。どうしてここでいなくなってしまうのか、この理由を色々想像すると何とも恐ろしくなってくるね。

う~ん・・・韓国に都合が悪すぎたんでしょうか?

それは1つの説だね。その辺りの真相をネットユーザーの反応で探ってみようか。

韓国経済の危機は3月頃か

ネットユーザーの反応です!

・朝鮮半島で戦争が始まるのは今年の3月だと思う
・難民が日本海を渡ってくるかも
・鈴置さんのコラムを楽しみにしていました。残念です
・色んな人の記事の中で一番参考になりました
・今後起こることを文章にしたくなかったのでは
・政府機関のオファーを受けたんだと思いたい
・日経ビジネスさんはちゃんと引き留めたんですか?
・納得できる記事でした
・李承晩のように境界線を勝手に引かれて漁船を拿捕されたら困る
・3月まで持たないのでは。金融危機に陥りそう
・今までありがとうございました
・終わるのは残念です。これからも的確な分析をお願いします!

政府機関のオファーか。そうだといいね…。

日経ビジネスさん、契約を更新しなかったのはどうしてですか?教えてください!

いや契約更新の話は俺の想像だから。鈴置さんが自ら断った可能性も3割くらいはあると思う。もう自分がすべき仕事は終わったと思ったのかもしれないよ。事が起これば後は国民1人1人が動くだけだからな。

確かに・・・。警告する時期はもう終わった気がします。今年は建国100周年なので、絶対に1919派は何かを仕掛けてくると思います!

そして韓国経済の寿命については、3月頃には何らかの危機的状況に陥る可能性が噂されているね。米中貿易戦争の第2ラウンドが始まるからな。三菱重工の差し押さえも始まれば日本企業の撤退も加速する。

その2つが念頭にあるんだと思います!あと、ネット掲示板の方ではムン大統領が明日宣戦布告をするのではという噂もありました。

明日?ああ10日に何か表明するって言ってたっけね。賠償判決にレーダー照射と懸案事項が溜まりに溜まってるからな。改めて政府見解をというところか。

最後の結びの言葉に、その深刻さが表れているんだとボクも思いました!

日本も巻き込まれるというより、日本が明確なターゲットになるというのが俺の”想像”なんだがな。決して他人事ではないというレベルじゃなくて、主要な登場人物として最大限に警戒せねばならない立場なんだよ。ここを履き違えてはならないね。

それが最悪のシナリオですよね・・・何だか現実が想像の通りになってしまうみたいで、とても怖いです。

まあ覚悟は十分に決めなくてはいけないね。今回の記事はソウル在住の人からのメール文がメインだけど、これをもってクーデターの可能性はさほど高くないと判断するのは非常に危険なことだよ。今なぜレーダー照射事件で韓国中がパニック状態なのか、なぜ韓国海軍参謀はレーダー照射をなかったことにしてるのか、その背景を探りながらあらゆる可能性を考えていかなければならない。

韓国海軍参謀の発言を今一度確認して危機感を強めよ

そういえば、韓国メディアの記事で海軍参謀の発言が曲解されていると言ってましたよね?どの記事ですか?

これだ。叱責という部分が曲解だと思う。だが記事全体から漂う並々ならない愛国心を感じ取ることこそが重要だ。

海軍トップがレーダー問題の部隊を訪問 対応を叱責?
1/7(月) 20:41配信 聯合ニュース

 【東海、ソウル聯合ニュース】海軍制服組トップの沈勝燮(シム・スンソプ)海軍参謀総長は7日、威嚇的な飛行を行った海上自衛隊の哨戒機に対し煮え切らない対応をとったとして批判を受ける駆逐艦「広開土大王」の所属部隊を訪問し、叱責とも受け止められる発言をした。

 海軍によると沈氏はこの日午前、東海を守る海軍1艦隊司令部を訪問し、新年の軍事対応態勢の現場を点検した。同艦隊は先月20日、東海上で北朝鮮の船舶を救助中に海自の哨戒機と遭遇した「広開土大王」が配備された部隊。 

 「広開土大王」を巡っては、同駆逐艦から海上自衛隊の哨戒機が火器管制レーダーの照射を受けたと日本が主張。韓国側は火器管制レーダーの照射は行っておらず、むしろ海自哨戒機が同艦に対し威嚇的な飛行を行ったとしている。

 沈氏はこの席で「全部隊は外国の艦艇・航空機との遭遇など海上で発生しうるあらゆる偶発状況に対し、作戦例規や規定、国際法に基づいて即時に対応し、現場で作戦が終結するようにしなければならない」と指示した。

 また「すべての艦艇は作戦を遂行しながら様々な状況を同時に管理することができるよう、能力を備え、作戦の完全性を保障しなければならない」と強調した。沈氏のこのような発言は「広開土大王」が海自の哨戒機の威嚇飛行に対し、適切な対応をしなかったとの批判を意識したものと受け止められる。 

 武装した軍用機が艦艇に向かって近づく行為は危険であり、接近しないように警告するべきだったが、同艦は海自の哨戒機に対し、そのような措置を取らなかった。

 また「様々な状況を同時に管理できる能力」を強調したのは、北朝鮮の漁船の救助作戦を行いながらも、外国航空機の威嚇飛行のような突発的な状況におかれれば、適切な措置を取らなければならないとの叱責と受け止められる可能性がある。 

 海軍関係者は「沈総長は激励のため1艦隊司令部を訪問した」とし、拡大解釈に対する慎重な姿勢を示した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000059-yonh-kr

東海?東海、東海って何ですか!そんな海ありません!

な。これが韓国なんだよ。もはや日本側の呼称である日本海という併記さえしなくなった。それも海軍参謀の発言の記事でだ。そして参謀の発言は自衛隊の威嚇飛行について適切な対応を取れという叱責だという曲解をしている。だが海軍は実際にはレーダー照射をしており、必要に応じて”少しも躊躇せず断固として対応”せよと述べている。これは撃墜を意識した言葉だと誰でも感じることができるね。

聯合ニュースがウソをついてるんですよね?

ウソというか曲解だな。聯合ニュースと韓国海軍はどちらも愛国心を発揮してるんだが、その愛国心の方向性が異なることを明確に意識しなければならない。これが見分けられるようになれば韓国が今後何を仕掛けてくるかも自ずと分かるだろう。今日はここまでにしておこう。もう時間があまりない。鈴置さんのコラムが終了したことを重く受け止め、もう有事に突入することを視野に入れて最大限の準備と覚悟をしてほしい。日本国民全体へのメッセージだ。

日本の皆さん、1919派は手ごわいです!油断すれば負けるかもしれません!しっかりと有事に備えましょう!