韓国の自動車産業がマイナス成長! EVバッテリーも日中にやられる!? 中央日報が嘆き記事を連発!

国内ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

韓国自動車産業には明るい話が1つもないが、ついに去年の業績がマイナス成長となってしまったようだ。国内向けの販売台数は前年比0.7%下落、輸出も前年比で3.2%減るなど振るわなかった。これに加えて電気自動車バッテリーについても日本と中国にやられてシェアを落としており活路を失うとしている。中央日報が嘆き記事を連発しているのとは反対に、なぜか朝鮮日報が強気の愛国記事を出すという謎現象まで発生している。

韓国車、内需・輸出ともにマイナス成長…輸入車は絶好調
1/18(金) 13:32配信 中央日報日本語版

 韓国製造業の大黒柱である自動車産業が、昨年、内需・輸出ともにマイナス成長だったことが分かった。輸入車だけが勢いをのばした。18日、産業通商資源部が発表した「自動車産業2018年年間動向」によると、現代・起亜・ルノーサムスン・韓国GM・双龍(サンヨン)など国産車5社の内需販売台数は昨年153万台を記録した。前年比0.7%の下落だ。2016年157万台から2017年154万台に減少したが、さらに落ち込んだ。産業通商資源部自動車航空課のヤン・ビョンネ課長は「韓国GMの国産工場生産中断の影響が大きかった」と説明した。「THAAD(高高度ミサイル防衛体系)衝撃」から抜け出し、政府の個別消費税・油類税引き下げ政策で販売を後押しした外部の効果を勘案すると、憂鬱な成績表だ。

 輸出成績表も振るわなかった。2016年262万台(前年比-11.8%)→2017年253万台(-3.5%)→2018年244万台(-3.2%)と、3年連続で減少した。欧州・アフリカなどへの輸出は増えたが、最大の市場である米国で販売が伸び悩んだ。現代・起亜が伝統的に強い中東・中南米でも経済不安などの余波で力を出せなかった。昨年1~11月の輸出量が前年に比べて中東25.6%、中南米11.6%減少した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000034-cnippou-kr

韓経:韓国の電気自動車バッテリー、中国・日本に挟まれて危機に
1/18(金) 13:28配信 中央日報日本語版

 韓国の電気自動車用バッテリー産業が市場支配力を持つ中国と技術力を保有する日本の間で生き残るには、次世代技術の開発と制度的支援の拡大が必要だという主張が提起された。

 韓国経済研究院は17日に発表した報告書「電気自動車時代、バッテリー産業競争力強化のための政策課題」で、このように指摘した。

 この報告書によると、世界各国の環境規制強化で電気自動車市場が拡大し、バッテリー市場も急速に成長していることが明らかになった。しかし世界最大規模の自国電気自動車市場を基盤に急速に成長するCATLやBYDなどの中国企業と、テスラのような安定的な供給先を確保している日本のパナソニックとは違い、LG化学やサムスンSDIなど韓国企業の市場での位置づけは低下していることが把握された。2014年に30%を上回っていた韓国バッテリー企業のグローバル市場シェアは昨年11%台に落ちた。

 電気自動車バッテリー市場は規模が拡大し、テスラ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ(GM)などグローバル自動車企業もバッテリー市場に参入している。

 韓国経済研究院の報告書は「韓国は技術、市場シェア、事業環境、成長潜在力の4部門のうち、技術競争力は日本に、成長潜在力は中国に遅れをとっているとし「市場シェアと事業環境分野では最下位と評価された」と分析した。

 このような状況が続けば日本と中国に挟まれて活路を失うというのが韓国産業界の懸念だ。韓国経済研究院が電気自動車用バッテリー分野専門家25人を対象に調査した結果、韓日中3カ国の競争力比較総合順位は10点満点で中国が8.36点、日本が8.04点、韓国が7.45点だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000035-cnippou-kr

韓国車は国内販売も輸出もマイナス成長

中央日報さん、嘆いてますね・・・。韓国車が売れてないんですね。

何とかカーオブザイヤーみたいなのではしょっちゅう名前を聞くけどな。蓋を開けてみれば業績はダダ下がりだ。中央日報も報道に踊らされて愛国記事と嘆き記事を交互に連発してるね。

何だか大変そうです・・・。もっと肩の力を抜いてください!

中央日報によれば、韓国車の国内販売台数は前年比で0.7%下落。輸出に至っては3.2%も下落するなど先が見えない状況となっている。

販売先では、欧州が伸びたんですね!でも、日欧EPAが始まれば売れなくなりそうです。

いい点に目をつけたね。今年は例年とは比較にならないくらい激減するかもしれない。マイナス成長で嘆いてた頃が懐かしいと思うようになるかもね。

自動車だけでなく、電気自動車バッテリーも売れなくなってきてるんですか?

まあ今まで売れてたというのがおかしな話だがな。技術力は日本に劣り、成長の潜在力は中国に劣るとしている。実際に2014年には30%もシェアがあったのに去年は11%にまで落としてしまったようだ。

韓国製の優位性がなくなってきてるからですか?

例えばパナソニックはテスラに安定的に供給しているが、韓国はそういう供給先を持っていない。それに加えてテスラ自身やVW、GMなども独自でバッテリーを開発する方向で進めてるようだ。自動車企業でもない韓国のバッテリーメーカーに頼む意味はなくなりつつあるね。

朝鮮日報が中央日報と真逆の論調で愛国記事?どうした?

これ見てください!朝鮮日報さんなんですけど、韓国経済新聞さんと全く逆の方向から記事を書いてます!韓国のバッテリー業界に注文が殺到してるそうです!

(朝鮮日報日本語版) 韓国バッテリー業界に発注殺到、今年の業績に期待
1/18(金) 9:41配信 朝鮮日報日本語版

 韓国の電気自動車(EV)用バッテリー業者は昨年、過去最大規模の受注を達成し、急成長軌道に乗った。昨年は販売競争で中国や日本に押され気味だったが、大規模受注で逆転の足掛かりをつかんだ格好だ。半導体、スマートフォン、ディスプレーなど既存の主力IT産業の成長が頭打ちとなる中、バッテリーが成長をけん引することに期待が高まっている。

 バッテリー業界と証券業界によると、サムスンSDI、LG化学、SKイノベーションなど韓国のバッテリー3社によるEV用バッテリー受注残高は昨年末時点で175兆ウォン(約17兆円)を超えた。昨年1年間の新規受注だけで110兆ウォンに達した。欧米の自動車メーカーがEV事業に本格参入し、中国や日本ではなく、韓国メーカーへの発注を増やしているためだ。これまで世界のバッテリー市場は日本のパナソニックが米EV大手テスラ向けの受注を独占し、首位を走ってきた。また、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)と比亜迪(BYD)が内需向けを中心に2、3位で追う展開だった。これに対し、韓国のLG化学、サムスンSDIは4、6位にとどまっていた。NH投資証券のアナリスト、コ・ジョンウ氏は「現在はEV市場が本格的に開花し、欧米のメーカーが先を争う用にEVを発表している状況だ。これまで技術開発と攻撃的な設備投資を行ってきた韓国メーカーにチャンスが訪れた」と分析した。

■欧米の自動車メーカーを「友軍」に

 韓国メーカーの受注増は、米GM・フォード、ドイツのフォルクスワーゲン・BMW・ダイムラー、フランスのルノー、英ジャガーランドローバーなど欧米の自動車メーカーの戦略変化が背景にある。テスラを警戒する各社はバッテリー業界首位のパナソニックに友好的ではない上、中国のバッテリーメーカーの技術力も疑っている。世界のEVメーカーは1回の充電で500キロメートル以上走行可能な次世代バッテリーを待望しているが、韓国メーカーの製品が条件を満たすと判断した格好だ。

 フォルクスワーゲンは昨年5月、2025年までにEV50車種を発表し、年間300万台を販売する方針を表明した。それには480億ドル(約5兆2400億円)相当のバッテリー供給を受ける必要があり、主な発注先としてLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションを選んだ。中国のCATLも発注先に含まれたが、その大半は中国向け車両に搭載される予定だ。BMW、GM、フォード、ルノー、ジャガー・ランドローバーも同様の状況だ。韓国メーカー3社を主な発注先として選び、中国市場向けの車両にのみ中国製バッテリーを搭載するパターンだ。

 電動自転車、電動バイクなど新市場でも韓国メーカーが一歩リードしている。サムスンSDIは最近閉幕した世界最大のIT展示会「CES2019」で、米国のバイクメーカー「ハーレーダビッドソン」と提携し、1回の充電で110マイル(約180キロメートル)走行できる電動バイク用のバッテリーを発表した。

 大規模受注は韓国メーカーの長期的な業績改善にも大きく貢献しそうだ。サムスンSDIは17年にバッテリー事業で赤字を計上したが、昨年、今年はそれぞれ4000億ウォン、6000億ウォンの利益を見込む。LG化学も今年、バッテリー事業の黒字が大幅に増えると予想されている。バッテリー業界関係者は「特定メーカーに偏らず、既に技術力も確保した韓国メーカーが欧米の自動車メーカーのバッテリー受注を独占している状況だ」と話した。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00080025-chosun-kr

なんだこりゃ?まるで愛国日報じゃないか。朝鮮日報どうした?

それもそうなんですけど、韓国経済新聞さんの記事の内容と整合性が取れてない気がします。

韓国経済新聞の記事では韓国企業のバッテリー分野のシェアが2014年の30%から2018年の11%まで落ちているとある。ところが朝鮮日報の記事ではパナソニックがこれまで首位を独走してることになっている。ここのこと?

そうです!去年1年間で新規受注が11兆円も増えたのに、シェアが11%に減ってるのはおかしいと思います!

バッテリー全体ではシェアを落としているが、EV用バッテリーのシェアに限っては去年急激に増えたとかそういうオチじゃない?

どうなんでしょう?そんな気もしてきました・・・。

問題なのはそういう細かい部分ではなく、なぜこの時期に中央日報と朝鮮日報でまったく論旨が真逆の記事が書かれたかだ。仮にこれが逆なら納得がいったんだが。両社の中身が入れ替わったとしか思えない感じだね。

朝鮮日報さんが、ムン大統領を批判するコメントまとめ記事を書きすぎてるので、調整のためにわざわざこんな記事を書いたんでしょうか?

文在寅政権に睨まれないために?まさかねえ。

すみません、2ページ目に韓国経済新聞さんと同じことが書いてありました・・・。

■韓中日の激しい技術競争

 韓国のバッテリーメーカーは攻撃的に設備投資を行っている。LG化学は昨年10月、中国・南京市へのEV第2工場建設に2兆1000億ウォンを投資。今月9日には第1工場の拡張に1兆2000億ウォンを投資することを決めた。サムスンSDIも西安にEV用バッテリー工場を新設することを計画中だ。SKイノベーションは米国で現地工場の建設を目指している。

 しかし、業界からは「受注急増だけで安心するのは早い」との声も聞かれる。韓国経済研究院は17日に発表した報告書で、「現在韓国のバッテリー産業の競争力は日本、中国に遅れている。韓国のバッテリーは技術力で日本にかなわず、成長潜在性で中国よりも格下」だと分析した。実際に中国は閉鎖的な補助金政策で韓国企業を排除し、自国のCATL、BYDに発注を集中している。日本のパナソニックはEVバッテリーを成長産業と位置づけ、全力を挙げている。バッテリー業界関係者は「結局勝負は安定性と効率を最大化する次世代技術の確保と安定的な供給能力だ。首位奪取は難しいが、トップ3返り咲きは有望だ」と分析した。

よく見ると、販売では日中に押され気味だったが受注は増やしたとあるね。紛らわしい書き方だな…。

しかも、朝鮮日報さんはテスラやフォルクスワーゲン、GMが独自にバッテリー市場に参入し始めたことを書いてません!

その話なんだけどさ、ちょっと探してみたけど報道ソースが見つからないんだよね。韓国経済新聞の勘違いとかではない?

ホントですか?ボクは、2018年にパナソニックが首位だったというソースを見つけました!この記事に円グラフがあります!

「EV電池」争奪戦前夜、最大手パナも正念場
2018/5/3 6:30

 中国で数年内に始まると確実視されるのが、電気自動車(EV)電池市場の争奪戦だ。中国政府の政策変更で日本勢が苦しんできた中国勢優位のハンディは解消に向かう。野心的な中国メーカーの追い上げを許すまいと、世界首位のパナソニックも将来の市場拡大に備える。日中企業同士のつばぜり合いがにわかに激しさを増してきた。

(以下略)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30095740S8A500C1XA0000/

なるほど。確かにこの記事で見る限りはパナソニックが首位だ。そして韓国勢の合計が11%という話にも現実味がある。

出荷ベースのシェアなので、これから受注して製造するから今年はシェアが増やせるという話では?

まあ多少はシェアは増えるだろうが、中国企業が目の前に立ちはだかるだろうね。潜在成長力はあるから技術で追い上げられれば韓国の優位性はなくなる。

自動車各社がパナソニックを避けて韓国製を使ってるのは、テスラと組んでるからというのはホントなんですか?

事実だとすればテスラを応援したくなるね。日本勢がパナソニックしかいないというのが何とも心もとないが、何とか日米共同で欧州勢と韓国のタッグに立ち向かってほしいと思う。

大量に赤字受注して政府支援を注入させるのが目的か?

ネットユーザーの反応です!

・今日の別の記事で、韓国バッテリー絶好調という記事を見ました
・自国の情報管理もグダグダなの?
・大本営発表ということでしょうか?
・いくら受注できても、歩留まりが悪くて納入ができなければダメ
・何を信じたらいいのか分かりません
・苦し紛れにダンピングで一杯受注したけど、技術的な問題で受注残が積み上がる状況じゃない?
・日本の朝日新聞に近いのは、朝鮮日報と中央日報のどっち?
・自分達でも何を書いてるか分からなくなったの?
・業績好調と言えば株主を安心させられるし、競争力を失うと言えば政府から支援をもらえる
・ガムテープでガマンしてください
・韓国の産業は自動車に限らず、良い見通しは1つもない

同じコメントに対する返信から、大半を引っ張ってきました・・・。

なるほどwww みんな思うよな。同じ日にまったく逆の論調の記事が出てきたら誰でも気にする。中央日報と朝鮮日報の2つはみんなチェックしてるだろうし。

ボクはすごく納得がいったんですけど、受注するだけして納入するまでに問題が生じるというパターンなんでしょうか?

ダンピング赤字受注の可能性があるね。これも下手するとWTO提訴案件になりかねない。中央日報が嘆き記事を書いて政府から支援を引き出し、朝鮮日報が愛国記事を書いて株主対策にするという話にも現実味がある。受注額を増やしてシェアを大幅に引き上げれば結果は後からついてくるという想定だろう。

サムスンSDIは、去年は400億円、今年は600億円の利益が出るそうなんですけど・・・。

現段階では見込みだからな。政府支援ありきで考えてるのかもしれないし。

電気自動車バッテリーも、造船と同じような扱いなんでしょうか?

電気自動車と自動運転技術は軍事転用が可能と言われてるね。まあそういうこった。韓国は何が何でも軍事力をつけて日本に対抗したいと考えているようだ。

そんなのずるいです!これで政府がホントに支援して赤字の穴埋めをしたら、造船業と全部一緒じゃないですか!

文在寅政権になってから一事が万事この調子だな。文在寅が労働者の味方というのは確かにそうかもしれないが、奴を祭り上げた1919派は決してそんなことは考えてないと思う。文在寅を隠れ蓑にして財閥に力を結集させているとさえ感じるね。国民のことも、韓国経済のことももはやどうでもいいとさえ思ってそうだ。

レーダー照射の経緯を見ても、そんな雰囲気がありますね・・・。もう軍事政権が誕生すること前提なんでしょうか?

まあ文在寅もタダでは下ろされないだろうから、韓国版ロベスピエールとしてかの有名な”政治”に着手し始める可能性もあるがね。宣戦布告したとかいう話が本格化すれば、1948派は本格的に追い詰められるだろう。すべては1919派の筋書きどおりとなる。韓国の政治的混乱はピークに達するはずだ。日本にとってはもはやどうでもいい遠い国の話だがな。

近くて遠い国、ですからね・・・。

韓国政府が大宇造船に1兆円をつぎ込み、その1兆円で対日戦争用の潜水艦を建造した疑いが持たれている。日本がWTO提訴案件を優先的に進めて10年間の支援の詳細内訳の提出を求めている理由だ。同様のことをEVバッテリーでもやろうとするなら容赦はしないだろう。朝鮮日報がこういう愛国記事を書くのはそれほど珍しいことなんだよ。何か裏があると思ったら案の定そういうことだと分かった。日本政府にはこのことについても認識してもらい、外交部会でも取り上げて制裁項目として検討してほしい。WTO提訴第2弾として取り上げるならこの案件以外にない。そうして制裁を加えることこそが今日本に求められる報復措置だ。

韓国の皆さん、ズルはやめましょう!現実に目を向けましょう!日本に勝つことは諦めてください!