【速報】防衛省が韓国レーダー照射の音声を公開! 韓国との協議打ち切りを宣言! 事実上の最後通告だった…

安倍政権, 韓国ニュース

予想通り今日公開だったな。防衛省がレーダー照射の音声をホームページで公開した。合わせて最終見解としてPDFを公表し、もはや韓国との協議は困難だとして強い口調で韓国の態度を批判している。補足説明資料まで用意されており本気度がよく伝わってくる。これは韓国マジで詰んだな。さようなら。

レーダー照射、韓国との協議打ち切り…音声公表
1/21(月) 17:04配信 読売新聞

 防衛省は21日、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題の「最終見解」を発表した。照射されたレーダー波の解析から韓国側が火器管制レーダーを照射したのは明らかと結論付け、レーダーを感知した際の音声も公表した。

 レーダー照射は昨年12月20日に日本海で発生し、これまで日韓防衛当局間で2回の実務協議を行った。韓国側は照射の事実関係を否定し、海自哨戒機が危険な低空飛行を行ったとして謝罪を要求している。防衛省は21日、最終見解の発表に合わせ、「これ以上協議を継続しても、真実の究明に至らないと考える」として、韓国との協議を打ち切ると決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00050087-yom-pol

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について
平成31年1月21日

 昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。

 防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

 本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x.html

補足資料に詳しい飛行経路

出ましたね!レーダー照射の音声公開!やっぱり今日でした。ボクの予想通りです!

まあ週の初めにもと言ってたし、岩屋防衛相が20日に帰国後という話だったからな。あとトランプの重大発表が意外と普通の内容だったことも関係してると思う。

早速音を聞いてるんですけど、全然違いますね・・・。

火器管制用、要するに射撃レーダー音に関してはキュピーーキュピーーキュピーーという連続した音で分かりやすい。一方捜索用のレーダー音に関してはプッ………プッ………という感じで小さな電子音が定期的に鳴るだけだ。これを聞き違えるわけがないね。

参考資料も見てるんですけど、分かりやすいです!

国際規範であるCUESについても触れられているし、当日のP-1哨戒機の飛行経路についても詳しく書いてある。まず韓国駆逐艦の真後ろを通過して韓国旗がないことを確認。この時の高度は230mだ。その後右旋回して再び韓国駆逐艦へと近づき、今度は真横を通過して艦艇の名前を確認。この時の高度が150mとされている。

韓国が公開した自衛隊機の飛行映像は、どっちの時のだったんでしょう・・・?

な。韓国はそれさえも明らかにしていない。この前の検証から自衛隊機の高度は200m前後と確認できてるので、おそらく最初に通過した時の方だろうね。ところが自衛隊機が150mの高さで飛んだのは2番目に近づいた時の方だった。

あれ?韓国側は、自衛隊機が韓国の真後ろを飛んだときに、あれは真上だったって言ってましたよね?

そういうこと。2番目の時の方が高さが低かったと防衛省はわざわざ主張していることから真実性が高いと判断できるね。逆に韓国は自衛隊機が真後ろに近づいた時に高度が低かった!危険だ!と言っているにも関わらず、2番目の時に関してはほとんど反応してない。まさか真横を飛んだ時の方が高度が低いとは思いもしなかっただろうね。

ちょっと分かりにくくなってきそうなので、まとめました!

1番目の接近 ⇒ 自衛隊機高さ230m、駆逐艦の真後ろ、韓国が危険飛行と主張?
2番目の接近 ⇒ 自衛隊機高さ150m、駆逐艦の真横、韓国何も言わず?

まあそういうことだね。ありがとう。そして韓国からレーダー照射を受けたのは、駆逐艦の名前を真横で確認してから半回転して遠ざかりつつある時のことだね。その後右に旋回し回避行動をとり、艦艇の砲がこちらを向いてないことを確認。すると再度レーダー照射。そして左に大きく旋回しながら韓国側に呼び掛けを開始した…。

図に関しては、このページの「補足説明資料」に書いてあるので、見てみてください!
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x.html

そうそう。図を見ながらじゃないと何言ってるのか分からないよな。本当は直接PDFにリンクを張ってもいいくらいなんだが、念のため防衛省のページにとどめておこう。

以前も150mで飛行し駆逐艦を撮影したが韓国何も言わず

最後のページで、韓国の駆逐艦の写真が3枚掲載されていますね!どれも旗を掲げてないように見えます・・・。

マジだな。少なくとも艦尾には何もない。韓国軍ではこれが常態化していたのか?厳密に言えばこれも国際法違反だよな?

もう違反項目が多すぎて、何から言えばいいのか分からないですね・・・。

そしてこれらの写真はどれも別の機会に撮られたもので、去年の4月27日に4月28日、8月23日と3回に分けて撮影されている。高度と距離は3回ともそれぞれ150m、500m。そしていずれの際にも特に韓国から抗議を受けることもなくレーダー照射も当然なかったと。おやおや、これはおかしいねえ?ワトソン君。

おかしいです!何で危険飛行だって抗議しなかったんですか?高度150mですよ?

まあこの時点でウソがバレバレだよなwww 自衛隊機は危険飛行も低空飛行もしていない。韓国自身が危険飛行だと認識してなかったというオチだ。この情報は補足資料の最後まで目を通さないと把握できないから、防衛省も公開時期を慎重に検討しただろうな。こうして情報を後出しにすることで韓国の言い分がおかしいと瞬時に理解できる。

今回の最終見解というのは、何を意味するんでしょう?

まあ事実上の最後通告だよね。実務者協議はもう二度と開催しないということを表明したので、これにて韓国との友好関係を終了させると宣言したに等しいわけだ。話し合いができない友好国が一体どこにあるんだ?

そういうことですよね・・・。絶縁状みたいな物でしょうか?

絶縁状、いい響きだね。再発防止を強く求めており防衛協力の継続へ向けて努力する、という謳い文句も取ってつけたようにしか聞こえない。ここまで徹底的にやられたら韓国だって黙ってるわけにもいかないだろう。当然強く感情的に反発するだろうから、話し合いどころか改善の余地もないし再発防止も一切検討できないことになる。それも計算済みだろうね。

関係がなくなる時って、こういう時なのかな・・・と思いました。

大人の世界では関係解消のための話し合いが当事者同士でも困難になった場合は間に弁護士を挟むんだが、国同士の関係を取り持つ弁護士などいない。当事国同士で解決できなければ関係を強制終了させるより他はないよね。

韓国の軍事機密を堂々と全世界に公開した防衛省

ネットユーザーの反応です!

・音だけだと、いつ誰が録音したかが分からない。疑うわけじゃないけど
・想像してたのと少し違った
・火器管制レーダーって艦艇ごとに固有の音があるの?
・あるらしい。自衛隊は韓国の艦艇のレーダー波形ももっと前から知ってると思う
・世界中の軍事関係者にとっては、この音を聞けば一目瞭然なのかも
・一般人向けじゃない。瀬取り監視に協力してる国々への情報共有だよ
・世界中の諜報機関、特にロシアや中国辺りが喜んでるはず
・内容を読んだけどパーフェクトだった。これでも謝罪しろって言うの?
・これは最後通牒だ。分からないフリをするのもいい加減にしてくれ
・今回のレーダー音は、この前の防衛省の動画でも一部聞こえるよ
・この音声は通常では聞けない貴重な物だと思う
・音声公開は、あの軍艦が終わりだということを意味すると分かる?逆の電波飛ばせばレーダーが使えなくなる
・これはいいと思います。完全に軍事関係者向けです
・韓国駆逐艦の装備も全部分かるってさ
・音響関係の会社もみんな笑いが止まらないと思う。音を解析すれば全部分かる
・韓国がどんな言い訳をしてくるのか楽しみにしてます

素晴らしい。パーフェクトな抽出だ。

ボクは正直、今回の音が哨戒当時の音なのかは確信が持てなくて、もう少し批判が集まるかと思ったんですけど・・・。杞憂でした!

仮にだよ。今回の音声が駆逐艦の射撃レーダーの音だとすると、それは韓国の軍事機密そのものを露わにしてしまうことを意味するんだ。防衛省は公開すると機密情報だから…と渋ってただろ?あれは自衛隊の哨戒能力というよりは、むしろ韓国のレーダー音そのものが軍事機密だってことを隠してそういう風に言ってたわけだ。

周波数よりも、音そのものの方が効果的なんですか?

そういうことになる。よって防衛省はレーダー照射されたことを正当な理由として、韓国の軍事機密を堂々と世界中に公表する権利を得たことになるんだ!これはあっぱれだな。素晴らしい!

すごいです・・・。日本人は、ホントに頭がいいと思います!

防衛省は最後の最後まで協議をしようと努力した。非公開の場でデータを公開し合おう、それなら音声の公開は勘弁してやる…と持ちかけたがなしのつぶてだ。防衛省は内心しめしめと思っていたかもしれないね。これで100%韓国の責任で軍事機密が公開されてしまうわけだから。韓国はこのことについて一切抗議できないよな。なぜなら実務者協議でもすべてのデータ公開を自ら拒否したからだ!

防衛省の最初の動画でもレーダー音が収録されていたと明らかに

動画をもう一度見てるんですけど、レーダー照射は7分28秒くらいから始まってますよね!19秒連続ではなかったんですけど・・・。断続的に照射されてます!
https://www.youtube.com/watch?v=s93-l68D3Eo

ワトソン君、もっと前だよ。6:51に戻してみ?ばっちり聞こえるから。

えっ?・・・あ~っ!

な?聞こえただろ?

キュピーンって一瞬聞こえます!公開された音声と全く同じです!

「はいこの音、覚えといてください」の直後だね。音声が伏せられてるのはかなりの広範囲に渡ることが分かった。てっきりピーの部分だけが非公開部分だと思ってただろ?

そうです・・・。違ったんですね。もっと前から音がカットされてたなんて!今初めて気付きました!

哨戒機の飛行音らしきキーーーンという音だけは鳴ってるからな。韓国側に状況を誤認させるための計らいだったのかもしれない。韓国もおそらくピーの部分だけが非公開だと思ったんだろう。

えっ?韓国軍がですか?

国防部だよ。素人集団なんだろ?だから防衛省の動画に実はすでにレーダー照射音が含まれてるかどうかも分からなかったんだ。ピーの部分だけがレーダーの音声なんだ、ここでは我々は照射してないはず!自衛隊はウソをついている!と思い込んで強気姿勢で出たに違いない。完全にトラップだったわけだね。

ホントに素人なんですね・・・。ボクの方が詳しいような気がしてきました。

いやはやお見事だな!これは韓国マジで詰みだよ詰み。ぐうの音も出ない。1919派も駆逐艦の射撃レーダー音声を全世界に公開されて身震いが止まらないだろう。これでもう広開土大王は海に出ることができなくなるね。当然瀬取り活動も全面的にストップだ。

すごいです!この防衛省のページと音声を、もっと色んな人に広めたいです!

事あるごとに取り上げてもいいかもね。何度も何度も繰り返し中身を検証しよう。補足資料だけでも新情報の宝庫だからな。とにかく韓国はこれで謝罪の機会さえも失ったということだけは理解すべきだね。マジで終わったと思う。世界中の軍事関係者から見放されて国際的に孤立するのは間違いないよ。まあそれでも日本は知らんぷりをして”日米韓の軍事協力”という幻想を社交辞令として振りかざすけどね。韓国がどうなろうが日本は関係ないから。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!