韓国が54年前に作った請求権協定の解説書に「完全かつ最終的に解決」と書かれていた! これは国家の体を成してないな…

安倍政権, 韓国ニュース

賠償判決の件で、フジテレビが韓国である文書を入手したという。当時の韓国政府が日韓請求権協定についてまとめた解説書だ。その文書の82ページにははっきりと「完全かつ最終的に解決することにした」と書かれていたそうだ。韓国の最高裁はこの表記に逆らうために数々の詭弁を弄して判決を出したとされている。それにより賠償判決の異様さが改めて浮き彫りとなった。

韓国政府の「解説書」入手!やっぱりおかしい大法院判決
2/4(月) 12:03配信 FNN PRIME

古書店に眠っていた日韓請求権協定の「解説書」

 ソウル市内の古書店で、1冊の本を発見した。「大韓民国と日本国間の条約および協定解説」。日韓基本条約や日韓請求権協定が結ばれた1965年に韓国政府が発行した解説書だ。黄ばんだ表紙が、54年という長い年月を感じさせる。

 いわゆる徴用工をめぐる韓国最高裁の判決が日韓関係の根幹を揺るがしているが、争点となっている日韓請求権協定について、韓国政府がどう解釈し国民に説明していたのかが、この本を紐解くことで明らかになった。

請求権協定に「徴用工への賠償」が含まれていると明記

 この解説書には、そもそも請求権協定とはどういうものなのかが、その交渉経過とともに記されていた。漢字とハングルが混ざった文を訳してみる。

 「第2次世界大戦が終了し、韓国が日本から独立して両国が分離したことによって、両国民の他方国内の財産と両国および両国民間の色々な未解決請求権をどのように処理するのかの問題が自然に発生することになった」(解説73ページ)

「財産請求権問題は最初、請求の法的根拠と請求を立証する事実的な証拠を詰めていく方式で討議されたが、両側の見解が折衝の余地を与えないほど顕著な対立を見せたので、やむをえず各種の請求権を細分して一つ一つ別途検討しないで一つにまとめて包括的に解決することを模索することになった」(解説74ページ)

 請求権協定をまとめる交渉の過程では、当初一つ一つの事例を積み上げる方式で議論がなされたが難航し、結果的に全部まとめた「包括的な解決」にしたと解説している。その「包括的な解決」に何が含まれているのかが重要だ。韓国政府は「8項目の対日請求要綱」を日本側に提示し、その中身をすべて包括するよう求めた。その8項目の中から、徴用工に関する部分を抜粋する。

 「被徴用韓国人の未収金」(解説76ページ)
 「被徴用者の被害に対する補償」(解説76ページ)

 被害に対する補償は、どう考えても「賠償金」を意味している。そしてこの「8項目の対日請求要綱」が最終的にどうなったのかも、解説書には明記してあった。

 「8項目を包含する形で完全かつ最終的に解決することにした」(解説82ページ)

 つまり、最終的に請求権協定の中には「被徴用者の被害に対する補償」つまり「賠償金」が含まれたのだ。その結果について、解説書にはこう記されている。

 「被徴用者の未収金と補償金、恩給等に関する請求、韓国人の対日本政府と日本国民に対する各種請求等はすべて完全かつ最終的に消滅する事になる。」 (解説84ページ)

 元徴用工による賠償金の請求権は、完全かつ最終的に消滅したと、韓国政府は自国民に対して明確に解説しているのだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010003-fnnprimev-int

韓国の古書店で重要文書を発見したフジ

フジテレビさん、すごいですね!わざわざ韓国に行って、古本屋で請求権協定の解説書を発掘したんですか?

そのようだね。政治的な重要文書が韓国の古書店に眠っているというのも驚きだが、偶然発見したのかどうかも含めて非常に経緯が興味深い。

写真を見る限り、本物に見えます!

日韓基本条約や日韓請求権協定が結ばれた当時の韓国政府が発行した解説書で、54年も前に作られた文書ということになる。その中に書かれている主張は間違いなく当時の韓国政府のものだ。そこに「完全かつ最終的に解決することにした」の文言があることが発覚した。

全部で何ページあるんでしょう?漢字とハングルが混ざった文章を翻訳できるなんて、すごいです!

少なくとも84ページまでは存在するので、100ページ弱もの韓国語の文章をすべて翻訳したことになる。フジテレビのこの努力は凄まじいね。大半の日本人は文字を見る気にもなれないだろう。

その84ページには、韓国の日本政府や日本国民に対する請求権は「すべて完全かつ最終的に消滅する事になる」って書いてあります!

よって日韓間の問題はこれにてすべて解決し、なおかつ日本に対する請求権も消滅したと当時の韓国政府が認めていたことが分かった。韓国としてはこのような当時の解説書を掘り出されるのは想定外だっただろうね。

韓国は、この解説書はニセモノだって言い張ると思います!フジテレビさんがでっち上げたと主張すると思います!

本当にそう言いかねないくらいヤバい代物だよ。ここまで正式な文書として残されている中で、韓国の最高裁がどのような論理で賠償判決を下したのかに俄然興味がわく。

国民感情に沿って考えれば個人請求権はまだ残ってる?

それが2ページ目に書かれてることですか?

そうだ。3回くらい読んでも韓国側の主張を理解するのが難しい。

解決済みとの「解説」を否定する韓国最高裁の超理論

 実は、去年10月に新日鉄住金に賠償を命じた韓国最高裁の判決は、この「解説」について触れている。

 「これ(解説)によれば、当時大韓民国の立場が個人請求権までも消滅するということだったと見られる余地もないことではない。 しかし上のように、当時の日本の立場が ‘外交的保護権限定放棄’であることが明白だった状況で大韓民国の内心の意思が上のようだったとして、請求権協定で個人請求権まで放棄されることに対する意思の合致があったと見ることはできない。さらに以後、大韓民国で請求権資金法など補償立法を通じて強制動員被害者に対して成り立った補償内訳が実際の被害に対比して極めて微小だった点に照らしてみても、大韓民国の意思が請求権協定を通じて個人請求権までも完全に放棄させるということだったと断定するのも難しい」(2018年10月30日韓国最高裁判決)

 外交的保護権とは、自国民が相手国から被害を受けた際に、自国民に代わって国が相手国に賠償を請求する権利の事。判決は、韓国政府は、元徴用工が賠償を受ける権利も放棄していたかもしれないが、日本は外交的保護権だけを放棄したのは明白だから、両国の意思は一致していない、つまり元徴用工の賠償請求権は日韓請求権協定では解決していないと判断した。しかも韓国政府が行った補償があまりに少額だったので、韓国政府が、元徴用工が賠償を受ける権利を放棄していたとは断定できない、としている。

 誰が「解説」を読んでも、元徴用工の賠償請求権は消滅したとしか読めないと思ったが、韓国最高裁は違ったようだ。普通の感覚ならば、韓国側が「元徴用工の賠償請求権問題は終了」と判断しているのが明確であるため、判決が断定している「日本は外交保護権だけを放棄した」という前提の方が間違っていると思うのではないか。また、韓国政府による不十分な補償も理由として挙げているのは、ほとんどブラックジョークに近い。

 去年10月30日の判決から、3か月以上が過ぎたが、その間日本企業の敗訴が続いている。新日鉄住金の資産が差し押さえられた事から、日本政府は請求権協定に基づく協議を要請したが、韓国政府は応じるかどうかも明らかにしていない。事態は悪化するばかりだ。

「外交的保護」って何ですか?もうそこからチンプンカンプンです・・・。

外交的保護権とは、韓国が日本から被害を受けた際に、韓国国民に代わって韓国政府が日本政府に賠償を請求する権利のこと。自国と相手国にそれぞれ韓国と日本を当てはめてみた。

それだと、逆ですよね?

日本は韓国から被害を受けたことがないし、日本国民に代わって日本政府が韓国政府に賠償を請求する権利なんてない、というのが韓国の言い分だと思う。この外交的保護権を限定的に放棄したのが日本の立場であることは明確だ、という部分についてそう解釈した。

確かに・・・。韓国は、いつも日本から被害を受けてる!って言ってますよね?

日本は請求するものも大してないし、そもそも請求する立場にないはずだ。だからその権利を放棄することに抵抗はないだろう。ところが韓国は何が何でも日本に補償してもらいたいと考えていた。日本と韓国の要求内容に温度差があるので、請求権協定にて個人請求権まで放棄されたとは認められない。これが韓国の言い分だと俺は解釈した。

でも、韓国個人の対日本政府や対日本国民の請求権は完全に消滅した、って書いてあります!請求権協定の内容を否定してませんか?

その一文には韓国側の事情が反映されていない!だから無効だ!

えっ?当時の韓国政府も認めたのに?

当時の韓国政府は国民感情に配慮しなかった!だから韓国国民との意思の合致は見られない!その証拠に韓国政府はほとんど実際の被害者に対して補償していない!

でも、それが請求権協定の内容です!補償が少ないなら、韓国政府にもっと要求すればいいんです!

個人が補償を請求する権利は、対日本と対韓国の両方存在する!だから1100人の被害者は韓国政府も訴えている!

・・・。

請求権協定では韓国国民との“意思の合致”がなかったことは明らかだ!日本は明らかに請求権を行使する立場にないのに、あたかも放棄したことで韓国と対等かのように装っていたんだ!韓国だけが日本に請求する立場にある!日本が一方的に補償することなしにこの問題は解決できない!

じゃあ、日本が韓国に置いてきた資産も全部返してください!日本はその資産を全部諦めて、請求権を放棄したんです!請求権を行使する立場にあります!請求権協定を無効にするなら、当時の金額で数千億円の資産を全部返してください!

…。

日本の韓国に対する個人請求権も、復活させていいんですか?日本政府は、韓国の資産を差し押さえます!韓国がその気なら、日本にも考えがあります!

…。負けた。負けたよ。素晴らしい!

やったぁ!論破しました!

というわけで、この賠償判決に対して報いる方法は日本が韓国の資産を次々と差し押さえることなんだ。まさにやられたらやり返す戦法だね。韓国は日本にも請求権があったことをほとんど認識していないが、このことがアキレス腱になるだろう。後悔しても遅いけどな。

賠償判決の分析より制裁をいつ実行するかの方が大事

ネットユーザーの反応です!

・約束を守ることは当たり前
・韓国は漢字を廃止してしまったので、今の世代は漢字を理解できない
・韓国側の補償が少ないことを判決の理由にするのはおかしい
・少額でも補償を支払ったのは、協定を理解してるからでは?
・当時の国家予算に匹敵する6億ドルを韓国に払った
・完全に消滅すると言ってるので、国民の感情は韓国側の問題
・何を言っても見なかった、聞かなかったことにしそう
・韓国政府が解説書をキチンと作っていたことが興味深い
・韓国寄りの人達に、この解説書への見解を聞きたい
・裁判官が変われば、判決も変わるってこと?
・韓国の言い分がおかしいのはみんな分かってる。問題は制裁の方法

ぶっちゃけこの解説書を出しても韓国寄りの人達は平行線だと思うがな。国家同士での決着をつけたこの請求権協定が韓国の感情では納得できないという話に持っていくだろう。

協定は協定なので、賠償請求すると蒸し返しになるんですけど、それでもいいんですか?

だから韓国の最高裁は賠償ではなく慰謝料だと妙な理屈を展開させていたね。だが今回のフジテレビもそうであるように、賠償金や補償金が今回の訴訟で請求されたと完全にみんな思い込んでいる。だから最高裁の目論見は見事に外れた。

そうなると、もう日本としては制裁するしかないですよね?

早くも仲裁委員会の設置まで来ているが、それも不発となる予定なので最後の国際司法裁判所提訴までスムーズに行くだろう。中央日報も訴えられるなら訴えてみろと強気の記事を書いていた。それと同時並行で韓国の資産差し押さえも進める。

いいですね!もう韓国を説得する段階は終わったと思うので、粛々と制裁を実行してほしいです!

韓国に置いてきた資産すべての請求権を復活させる試みもできたらやってほしいね。金額を正確に換算して、それに匹敵する韓国企業の日本国内資産と相殺するとか。

それだと、韓国企業が日本から資本を引き揚げませんか?

日韓で資本引き揚げ合戦。いいね。どちらが先にダメになるかは火を見るより明らかだ。

確かに・・・。韓国企業がみんな日本からいなくなっても、日本は全然困りません!

日本はむしろ韓国企業には出てってもらいたいと考えている。愛国心を発揮するだけでなく、時に企業秘密を模倣しようとしたりするからな。日本と韓国の産業が丸かぶりなのはそういうことだ。なぜわざわざ敵を育ててやる必要があるんだ?そうだ、今や韓国はレーダー照射で義理の息子だったという建前をも捨てて敵国になったんだ。これからはそういう相手として接していくまでの話。困るのは100%韓国の人達だけとなる。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!