中国の新車販売台数が13.8%急落!? 6カ月連続で下がり続ける?景気減速が深刻に?

中国ニュース

中国の新車販売台数が、2月も急落してしまったそうです・・・。前年同月比で13.8%も減ってしまいました!旧正月の影響を考慮して1~2月の累計で見ても、前年同月比で14.9%も急落してるそうです!どうしてこうなってしまったんでしょうか?

中国新車販売、2月も2桁減=景気減速で6カ月連続
3/11(月) 18:19配信 時事通信

 【北京時事】中国自動車工業協会が11日発表した2月の新車販売台数は、前年同月比13.8%減の148万2000台だった。

 前年実績を割り込んだのは8カ月連続で、2桁減は6カ月連続。景気減速や米中貿易摩擦に伴う購入意欲の低下が響いた。消費のけん引役だった自動車市場の低迷長期化で、中国経済の下押し圧力が一段と強まる可能性もある。

 1月の販売台数は15.8%減。春節(旧正月)連休の時期が毎年ずれる影響を除くために1~2月の累計で見ると、前年同期比14.9%減だった。販売台数の8割を占める乗用車が17.5%減と不振だった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000110-jij-cn

自動車販売台数は粉飾できない?

中国の自動車販売台数か。先月は有能さんが取り上げてたが、今月からワトソン君の担当になったのか。

そうです!時事通信しか報道してなかったので、取り上げました!

時事通信は割と最近中国事案では頑張ってるような気がする。韓国では相変わらずだけど。

2月の新車販売台数が、前年同月比で13.8%も急落してしまったそうです!旧正月の影響を考慮して1~2月の数字で出しても、14.9%急落だったみたいです!

深刻だね。2桁台の減少は6カ月連続?明らかに米中貿易戦争の影響が出てるな。

回復の兆しが、全然なさそうですよね・・・。乗用車が特に売れてないみたいで、17.5%も急落してます!

中国では消費への意欲が減退しているようですね。この状況が続けば長期不況に突入する可能性もあります。高成長率の維持は難しくなるでしょう。

さすがの中国でも自動車の販売台数までは粉飾できないからな。ここらが限界かもしれないね。

旧正月は、例年よりも控えめだったみたいですね!ツイッターで、去年よりも花火の音が静かだって言ってる人がいました。

ファーウェイも確か豪華社員旅行か何かを中止にしたんじゃなかったっけ?景気悪化突入のサインがいくつも出てきてる気がする。

習近平氏がトランプ氏と会談できるかも不透明になりましたので、中国の下振れ要因は一層強まることになるかと思います。先週の米国の雇用統計が弱かったこともあり、世界的に蔓延していた楽観的な雰囲気は一服しています。

ネットユーザー反応の「共感順」と「そう思う順」の違いは?

ネットユーザーの反応です!

・中国の新車を買うくらいなら、日本の中古車の方がいい
・不動産の下落が始まってるので、家の次に高い買い物を控えるのは当然
・中国がクラウンと同レベルの車を200万円で作れたら、考えなくもない
・中国の新車販売は、日本より多いので巨大市場です
・この記事はEVの数字を除外してるので、信用できない。EVは83%増えてる
・経済成長に実体が伴ってない。人口の数%が熱に浮かされてるだけ
・地球にとっては、車が減ることはいいことなのかも
・世界で電気自動車の需要が広まれば、中国は脅威になる
・価格よりも安全性を重視したいので、中国製には身を委ねられない

例によって、共感順の一覧がおかしかったので、そう思う順に並べ替えてから抽出しました!あと、一部のヘンな人が何回もしつこく書き込んでました・・・。

それって”いつもの人”ってこと?

「いつもの人達」だと思います!日本語がヘンだし、言ってることもヘンでした!

“いつもの人”とはどのような人物でしょうか。

いやまあ、いつもいる中国をやたら擁護する奇妙な人って意味だけど。毎回論調がおかしいよね。

中国のことを信じるというより、中国を批判する人を批判することに、躍起になってる感じがします!今日は少なくとも2人いたので、きっと中国のコメント部隊がチームを組んでるんです!

正真正銘の“いつもの人達”だね。そして中国記事となると反応欄の順番が毎回おかしいのもお約束だ。ワトソン君、”共感順”と”そう思う順”の違いとは一体何だと思う?

共感したかどうかと、そう思ったかどうかの違いです!

そのままじゃないかwww 俺に分かりやすく違いを教えてくれwww

共感スイッチが押されるかどうかと、指マークを押すかどうかの違いです!指マークの所にマウスを当てると「そう思う」と表示されます!

なるほど…。すると、どこかに見えない共感マークが存在するんだろうか?

ネットユーザーの共感スイッチが押されて、「共感した!」って思えば、その反応が上位にくる仕組みなんです!思いを実現させるための共感メソッドなんです!

なんだそりゃwww 与太話なら聞くのをやめるぞwww

違います!ボクは至って真剣です!共感メソッドでみんなの意見を読むことで、理想通りの人生を実現できるようになるんです!ハッピーパワーを手に入れられるんです!

こんまりメソッドの本でも読んで暇をつぶしててくれww

アメリカではボーイングの危機?

私からは雑談を提供する予定はありません。こちらの記事にも目を通しておいてください。米中の協議よりも重要な報道です。

ボーイング株が大幅続落、欧州各国も737MAXに運航停止命令
3/12(火) 23:55配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米航空機メーカー、ボーイングは深刻な世界的危機に陥った。同社で最も売れ行きの良い737MAX型機が5カ月で2回目の墜落事故を起こしたのを受け、安全性への懸念から各国当局が相次ぎ運航停止を命令した。

 ボーイングの株価は2日間としては約10年で最大の下げを記録した。3月10日にエチオピア航空が運航していた同型機の墜落事故を巡り調査官が原因究明を進める中、欧州連合(EU)とインドは同型機の運航停止措置を講じた。

 米連邦航空局(FAA)は737MAXの耐空性に信頼を表明したものの、世界の中では孤立している。中国、オーストラリア、シンガポールなどの当局がすでに運航停止を命じ、南米やアフリカ、中東の航空会社は同機種の使用を控えると決定した。だが欧州にまで運航停止が広がり、エチオピアでの事故の対応に追われるボーイングには大きな打撃となった。

 ジェフリーズのアナリスト、サンディー・モリス氏は「私はこの展開に驚き困惑しながら注目している。今目にしているのはFAAに対する反逆も同然だ。アメリカン航空とサウスウエスト航空に対し、この航空機を本当にまだ運航できるのかと問い掛けている」と指摘した。

 12日のニューヨーク株式市場では、ボーイング株は前日比6.1%下落し375.41ドルで終了。2日間の下げは11%に達した。今週に入り同社の時価総額は約270億ドル(約3兆円)減少した。

 米国ではサウスウェスト航空とアメリカン航空グループがエチオピア航空で事故が起きたのと同じ737MAX8を引き続き運航させている。ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスはMAX9が稼働中だ。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-02535959-bloom_st-bus_all

米与野党の有力上院議員ら、ボーイング737MAX8運航停止を要請
3/13(水) 2:18配信 ロイター

 [ワシントン 12日 ロイター] – 米共和党の重鎮ロムニー上院議員と2020年米大統領選への出馬を表明している民主党のウォーレン議員は12日、ボーイング<BA.N>の最新鋭旅客機「737MAX8型機」の運航を一時停止するよう、米連邦航空局(FAA)に要請した。

 10日に発生したエチオピア航空旅客機墜落事故を受け、欧州航空安全機関(EASA)のほか、英国やオーストラリアなど世界各国で同型機の運航を停止する動きが相次いでいる。

 ロムニー議員はツイッターへの投稿で「事故原因を究明し、737MAXの耐空性を確認するまで、FAAは運航を停止すべき」と語った。

 ウォーレン議員も、安全が確認されるまでFAAは即時に運航を停止すべきと主張した。さらに「737MAX8はボーイングの主要な収益源」と指摘し、「ボーイングの武器販売を守るためサウジアラビアに立ち向かうことができない米政権が同様の理由で人命を危険にさらしているかどうかを巡り、議会は公聴会を開催すべきだ」と語った。

 これまでに他の民主党議員の間からも運航停止を促す声が上がっているほか、客室乗務員組合や米消費者団体が発行するコンシューマー・レポート誌も737MAXの一時的な運航停止を求めている。

 FAAは議員らが示した見解に対しコメントを控えた。

 トランプ大統領はこの日ツイッターへの投稿で、航空機の飛行にパイロットではなくコンピューター科学者が必要とされる時代となり、「航空機は過度に複雑化した」とコメント。「複雑になるにつれ危険も生まれる。物理学者アインシュタインが私のパイロットになることは望んでいない。航空機を容易かつ迅速に扱える優秀な飛行のプロを望む!」と述べた。

 トランプ大統領のツイートが特定の航空機に関するものだったのかについて、ホワイトハウスからコメントは得られていない。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000013-reut-m_est

え?ボーイングまさかのピンチ?

半年以内に相次いだ出来事で世界各国がBoeing社の該当機の運航停止を命じています。米国内では引き続き運用されていますが、安全性への信頼に疑問符がついたとして米国政府からも運用中止の声が出てきています。

経緯が全然分からないんですけど、中国との貿易戦争の一環ですか?

さすがに関係ないだろ…とは思ったが、運航停止措置を出した国の中に中国がいるのがポイントかな。そういうことか?

それは1つの仮説として打ち出すものでしょうか。それとも、単に中国が運航停止国一覧の中に含まれているという意味でしょうか。

ああ割と深刻な話なのね…。俺もほとんど把握してなかったので、事態があまり呑み込めてなかった。

空の旅なぞ危険じゃよ。機体が空を飛ぶ原理がワシには理解できん。船旅の方が安全じゃ。

航空工学の世界になりますからね…。ベルヌーイの定理だけでは揚力を説明できないという話は有名です。

えっ?じゃあ、飛行機がなぜ飛ぶのか、みんな分かってないんですか?

まあそういうことになるのかな。翼以外に飛べる要素がないだろ?プロペラもないしエンジンも下を向いていない。ロケットのような噴射をするでもない。当たり前のようだけど重要だと思う。海外旅行を当たり前にする世の中になったけど、実際どうなってるかを考えたら怖くなって飛行機には乗れなくなるかもな。

本件については本日の主題とする予定でしたが、明日以降に変更するため中国経済について取り上げるようお願いしました。今後の展開が重要になってきますので、Boeingの該当事案について集中的に目を通しておいてください。