中国経済は泣きっ面に蜂状態!? パニックで財政赤字拡大?全人代はどうなったの?

中国ニュース

中国の全人代が閉幕されたので、中国経済に関する色んな記事が出てきています!中国経済がこれ以上減速しないように、大型財政政策が表明されたんですけど、財政赤字を拡大させてまた債務を増やしてしまうそうです・・・。どうしてこうなってしまったんでしょうか?

全人代、中国の大盤振る舞いに戸惑い 津上俊哉・日本国際問題研究所客員研究員
3/15(金) 18:20配信 産経新聞

 今年の全人代では、減速が言われる経済がこれ以上、下振れをしないよう中国政府が苦心していることが見て取れた。李克強首相の政府活動報告では経済成長を下支えするため、大型減税や新規投資の財源確保など財政政策の大盤振る舞いが表明された。それだけ中国経済が厳しい情勢に置かれているという表れだろう。

 今、中国経済は「泣きっ面に蜂」状態だ。リーマン・ショック後の借金、投資頼みで成長を図る路線が限界に来ていること、さらに生産性の低い国有企業が優遇され、民営企業が差別される構造問題も深刻化して成長が鈍化しているところに、米国との貿易戦争が重なったからだ。中国としては経済が悪い時に、外交・経済両面で最も重要な米国との対立が激化するのはつらい。進行中の米中貿易協議でも、中国側が円満解決に向けて大きな譲歩策を準備しているという観測もある。

 財政大盤振る舞いを表明した割に、国民や金融市場には景気好転を期待する声が上がらない。それだけ力を入れるのに2019年の国内総生産(GDP)成長率目標は過去最低レベル。また昨年までは政府が「債務圧縮が重要課題」と言っていたのに、今年は再び財政赤字を拡大させると聞いて、国民が政策の方向に戸惑いを覚えている面もある。仮に米中貿易戦争が妥結しても今回の景気減速は長引く可能性があり、政府や国民には中国経済が袋小路に入ってしまったような感覚があるように見える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000588-san-cn

全人代は昨日終了?

全人代っていつまでだっけ?

昨日終わりました!それで、色んなメディアから記事が出てきてるんです。

なるほどね。大した話は出なかったということでいいのかな?

産経新聞さんの記事によれば、大型の財政政策が表明されたそうです!減税や投資などを進めるって書いてあります。

2兆元と聞いた気がするが4兆元と倍になってるな。まあ減税が2兆元、特別債の発行枠が2兆元ということのようだけど。合計で大体66兆円くらいになる。

中国経済減速で「4兆元景気刺激策」も限界、日系企業の輸出急減
3/15(金) 6:00配信 ダイヤモンド・オンライン

『週刊ダイヤモンド』3月16日号の緊急特集は「米中依存メーカーの分水嶺」です。自由貿易を前提に、生産・開発・販売戦略を立ててきた日系メーカーは、米中分断で大幅な戦略の修正を迫られています。そんな折、中国経済の減速が日系メーカーの業績を直撃。米中に依存する日系メーカーは、試練の時を迎えました。(本記事は特集からの抜粋です)

 下支えが精いっぱい。3月5日に開幕した中国の全国人民代表大会(全人代、日本の国会に当たる)冒頭、李克強首相が行った政府活動報告で発表された景気刺激策に景気を持ち上げる力はない。

 2018年の経済成長率は6.6%。李首相が示した19年の成長率の目標は、それを下回る6.0~6.5%。刺激策が減速に歯止めをかけるほどの規模ではないことを政府自らが認めている。

 刺激策の中身を見てみよう。

 まずは、付加価値税に当たる増値税減税や社会保障費負担減による企業負担の軽減が約2兆元。そして、地方政府に認める特別債の発行枠が2.15兆元である。インフラ投資は前年比400億元増の5776億元だ。そのほか、新エネルギー車購入補助などが打ち出された。

 合計すると、リーマンショック後の対策規模4兆元を超える。しかし、「地方政府などが金融機関からの借り入れを膨らませた結果、当時実際に投じられた資金規模は4兆元で収まるような額ではなかった」(西濵徹・第一生命経済研究所主席エコノミスト)とみられている。

 加えて、リーマンショック当時の中国のGDP(国内総生産)の規模は30兆元台だったが、今や90兆元前後に膨張している。今回の対策のインパクトが小さいことは明らかだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00196945-diamond-int

中国の李克強氏が景気刺激策を発表したのが3月5日ですので、それ以降の10日間は何も大きな動きがなかったことになりますが。今回の景気刺激策でも経済成長率の落ち込みを食い止められないとのことで、どの程度効果があるのかは疑問視されるでしょう。

2009年から10年で、GDPが3倍も増えてるんですね・・・。

負債はそれ以上のスピードで膨張してるがな。すでに1京円を突破するなど勢いが止まらない。負債を膨らませるだけ膨らます方針を明確にしたわけだね。

財政赤字を増やすって、日本とは正反対ですよね?

消費税に関して言えばそうだな。増税増税で歳入を増やしたところでたかが知れている。まあ日本も不景気になるようなら金融緩和と言ってるので世界的な傾向なのかもしれないが。

中国は限界が近づいておるのう。実体のない経済を膨張させ続けた結果じゃよ。

今よりもっと膨らませると宣言したようなものですからね…。負債を返済する気はないと思います。

毎日経済新聞は中国には厳しい?全人代の目玉は何?

毎日経済新聞も、意外と中国には厳しい気がします!

李首相、減速基調の中国経済に危機感 33兆円規模の企業負担軽減策
3/15(金) 22:16配信 毎日新聞

 15日閉会した中国の全国人民代表大会(全人代=国会)。対米関係以上に、李克強首相が危機感をあらわにしたのが減速基調を強める中国経済だ。

 「新たな下押し圧力に直面している」。李氏は率直にこう認め、「強力な措置が必要だ」と経済の下支えに取り組むと宣言。景気対策の柱として2兆元(約33兆円)規模の企業負担軽減策に取り組み、減税措置を4月1日から、社会保険料引き下げを5月1日から実行に移すことを明らかにした。

 さらに、「不確実性に対応」するため、「中国は政策の余地を残している」と明言。経済状況によっては、追加対策に踏み込む用意があると強調した。

 「ばらまき政策は採らない。市場活力を引き出すことに重点を置く」。李氏はこう強調したものの、実際には政府部門のインフラ投資に頼る従来型のばらまき手法が横行しそうだ。中国政府は今年の財政赤字比率の拡大を容認し、地方政府の債券発行枠も大幅に積み上げた。いずれもインフラ投資を増やすための措置だ。

 政府が設定した今年の経済成長率目標は「6~6.5%」。18年10~12月期の成長率は6.4%に鈍化し、年明け以降も経済の減速基調に歯止めがかかっていない。経済鈍化を無理に止めようとすれば、地方政府の債務問題が急速に膨らみ、金融システムの不安定化につながる。

 経済の先行き不安から、これまで中国経済をけん引してきた個人消費の勢いが陰り、IT産業を中心にリストラなど雇用問題も表面化しつつある。急速に冷え込む消費心理をいかに上向かせるか。「経済の安定を維持」(李氏)するハードルは高まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000118-mai-cn

中国「ばらまき政策は採らない」 毎日新聞「ばらまき手法じゃん」 中国「」

そんな感じですね・・・。コミカルです。

地方政府の債務問題、IT産業を中心とした雇用問題、そして急激に冷え込む個人消費。何一ついい兆しが見えないことを露骨に書いている毎日新聞。

韓国メディアなので、中国には厳しいんですか?

だから韓国の毎日経済新聞とは別だってのwww

毎日新聞が経済の記事を書いたら、それは毎日経済新聞と同じです!

ちょっと意味が分からないwww

もしも韓国メディアでないと言うなら、毎日新聞は経済記事を書いてはいけません!

そのノリをここで披露するのはやめてくれww 毎日新聞がせっかく中国に厳しいことを書いているのに、たまには称賛してあげてもいいんじゃないか?

そうでしたね・・・。見苦しい姿を見せてしまって、すみません。

私は毎日経済新聞という報道機関の存在を認識していません。基本的にはどこが報道したかよりも何を報道したかを重要視していますが、記事の公平性を保つために特定の報道機関のみを採用することにしています。

全人代についてだけど、本当にこれだけで終わったのか?あまりに成果に乏しい気がするんだが。

これが目玉だと思います!外商投資法って、アメリカの要望に基づいた法律ですよね?時事通信の他には、外商投資法を記事タイトルに書いてるメディアはいませんでした・・・。

実効性に疑問も=中国の外商投資法
3/16(土) 7:33配信 時事通信

 【北京時事】中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で15日、外国企業の権益保護強化をうたった外商投資法が異例の速さで成立した。

 背景には、米中貿易協議で交渉を有利に進めたい習近平指導部の思惑がある。ただ、実効性を疑問視する声もくすぶっており、中国側の切り札になるかは不透明だ。

 外商投資法は、行政機関による外国企業を対象とした技術移転の強要禁止を盛り込んだほか、知的財産権の侵害行為に対する法的責任の追及が採決の直前に加えられるなど、米国の要求に沿った内容となった。大詰めを迎えた対米協議への配慮がうかがえる。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000024-jij-cn

法案の中身を詳しくは把握していませんが、技術移転の強要と知的財産権の侵害に対する中国政府の姿勢と判断することはできます。米国側がこの内容で満足できるかは不透明ですね。

まあそうなるわな。これでも米国が求めるうちのほんの一部に過ぎないんだろ?まだサイバー攻撃とか、人権問題についても色々あった気がする。

アメリカの人権報告書で、中国が一番厳しく批判されてたみたいです・・・。どこかの記事で見ました!

次回の米中首脳会談が4月以降に行なわれるかどうかも決まっていませんので、現時点で合意できるかどうかは明言できません。米中当局が電話会談をしたことで株価は上昇しています。

中国はもう国内向けの強気姿勢を維持するだけで精一杯?

ネットユーザーの反応です!

・中央政府が、どこまで負債を膨らませられるの?
・中国は行き当たりばったり
・首相が構造改革に言及しないで、金融政策ばかりに終始していた
・今の中国は、借金で借金を返済している状態です。借金できなくなったら終わり
・中国では、毎日のように金銭に関するデモが頻発してる。何も知らないのは日本だけ
・中国は日本よりも少子高齢化が深刻です。それを忘れてはいけません
・中国はどんな資金繰りをしてるのかを公開すべき
・首相が危機感を持つってことは、減速が相当なのかも
・アメリカの経済制裁と、ファーウェイの排除が効いてる?
・習さんの顔がやつてれました。相当ストレスがあるのかも

珍しく充実してる感じだね。そして”いつもの人”がいない。

毎日新聞への反応が大半ですけど、ほとんど見かけませんでした!ちょっと不適切な例えを書いてる人はいたけど、いつもの人ではなかったです!

全人代が終わると共に消えた中国のコメント部隊。もはや中国は国内向けに強気姿勢を維持することでしか権力を維持できないのかもね。そうなれば末期だと思う。

最後に損をするのは、日本人だって書いてる人もいました。詳しくは書けないんですけど・・・。

未だに中国に進出しようとしたり、中国株や金融商品を勧めようとする人がいるのか?仮にそうだとしてそれに引っかかる人の方が問題だよな。まあ自業自得だよね。

米国の関税措置やHuaweiに対する強硬政策の効果についてですが、私が見る限り中国に位は全面譲歩以外の道は残されていないと感じます。経済成長率も6%台を維持するのが最低目標とのことで、弱気姿勢に転じたという見方が自然かと思います。これは米中貿易戦争に関わりなく中国経済が衰退することを意味します。

そうかな?俺は米中貿易戦争の成果だと思うけど。まあどっちにせよ中国が衰退することは日本にとっても悪いことじゃない。世界が中国の支配下に収まるよりは、日本経済に多少の影響が出るとしても中国経済をハードランディングさせた方がいいと思う。今こそそういう強硬な姿勢が世界中の国々に求められるね。

ボクは、中華料理は好きだけど、中国には絶対行きません!

また食うことばっかり考えてるwww