米中通商協議の直前に米軍艦2隻が台湾海峡を通過  中国が不満を表明

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

米通商代表部のLighthizer氏と財務長官のMnuchin氏が北京で通商協議を行なう直前に、米海軍の艦船2隻が台湾海峡を通過したことが明らかになりました。中国との緊張が一段と高まる恐れがあると報道されています。中国との通商協議に影響が出るかは不透明です。

米軍艦2隻、台湾海峡を通過 中国との通商協議控え
3/25(月) 17:18配信 CNN.co.jp

 (CNN) 米海軍は、同軍の艦船2隻が24日に台湾海峡を通過したことを明らかにした。台湾と中国本土を隔てる台湾海峡は国際水域に当たるが、台湾を自国の一部と主張する中国は、この水域への米軍の展開に神経をとがらせているとみられている。

 米海軍第7艦隊が出した声明によれば、海軍駆逐艦の「カーティス・ウィルバー」と沿岸警備隊のバーソルフ級カッターが「(現地時間の)24日から25日にかけ、台湾海峡を通過する通常航行を実施した。航行は国際法に沿った形で行われた」と述べた。

 そのうえで「これらの艦船の台湾海峡通過は、自由で開かれたインド太平洋への米国の関与を示すものだ」と強調した。米国は1月と2月にも、艦船2隻による台湾海峡の通過を実施。昨年7月以前は年1回ほどにとどまっていた海峡通過だが、ここへきて月1回のペースへと頻度が増している。

 台湾をめぐっては、トランプ政権の当局者から、米国が開発した武器や戦闘機の購入を近く行う可能性があるとの声も上がっている。こうした武器の供給に対し、中国政府は不満を示す公算が大きいとみられる。

 上記の台湾海峡の艦船通過の前に、ホワイトハウスはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官が中国を訪問し、長期化する米中の通商摩擦の解決に向けた取り組みを行うと発表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-35134683-cnn-int

米中通商協議の直前に軍事行動

このタイミングで台湾海峡通過か。何らかの政治メッセージかな?

アメリカ政府のライトハイザーさんと、ムニューチンさんが中国に向かったんですよね?

米中貿易摩擦を解消するためにな。成果が出るのかどうかは分からない。

米中の通商協議は28日から始まるとされています。その4日前に中国にとって喜ばしくない軍事行動に出たことになります。中国政府は不満を表明しているものの、通商協議を優先させたいためか慎重な対応を申し入れる程度の批判にとどまっています。

米USTR代表と財務長官、通商協議のため訪中へ=ホワイトハウス
3/25(月) 7:21配信 ロイター

 [ワシントン 23日 ロイター] – 米ホワイトハウスは23日、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官が、今月28日に始まる高官級の米中通商協議に出席するため、北京を訪問すると発表した。

 ホワイトハウスはまた、中国の劉鶴副首相が率いる代表団が、ワシントンで4月3日に開始する協議のために訪米すると明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000002-reut-cn

台湾海峡を米駆逐艦が通過 中国「慎重に対処」申し入れ
3/26(火) 0:48配信 朝日新聞デジタル

 米海軍の駆逐艦と沿岸警備隊の艦艇が24日、台湾海峡を通過した。同日のロイター通信が伝えた。台湾海峡を通過したのは、イージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」と、沿岸警備艇「バーソルフ級カッター」。米国が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想の一環としての活動という。

 中国外務省の耿爽副報道局長は25日の会見で、「米国の艦船が台湾海峡を通過した全行程を把握している」と述べた。そのうえで、米中関係と台湾海峡の安定を壊さないため慎重に対処するよう米国側に申し入れをしたことを明らかにした。(ワシントン、北京)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000001-asahi-int

米中が対立したら困るのは中国だと白状してるようなものだな。いつもの中国の強気モードじゃないね。

アメリカ軍は、韓国より台湾を重要視するんですよね!そういうメッセージだと思いました。

台湾海峡は今は月1回ペースで航行してるようだな。去年7月以降の傾向のようだ。

今回の台湾海峡通過に加え台湾へは米国製の武器や戦闘機を導入する予定ですので、中国は何とかしてこの動きを食い止めたいと考えるでしょう。米中通商協議の直前に行なったことで、中国に対して合意に応じるよう圧力をかけたと考えることもできます。

海の争いでは米国には勝てぬぞ。中国は身の程を弁えることじゃよ。

一帯一路は石油ルートを陸で確保するためと言われていますからね…。有事も想定してると思います。

えっ?そうなんですか?

どこかの記事でそういう話を見たぞ。中東まで鉄道網を敷けば米軍に海上封鎖されても困窮することはないという。まあ鉄道で運べる石油なんてたかが知れてると思うけど、習近平としてはとにかくそういう方針のようだよ。

中国に態度を改善させることは中国のためでもある

ネットユーザーの反応です!

・台湾を防衛するためには、当たり前の行動だと思う。次はドナルドレーガンを出動させてほしい
・ミズーリ級なら砲艦外交ができるかも
・日本の海上自衛隊も後をついていくべき
・どれだけ交渉しても、トランプ大統領の鶴の一声でひっくり返されそう
・尖閣諸島を船泊まりにぜひ使ってください
・中国だって他国の海を侵犯してるし、ドンドンやってほしい
・アメリカに中国をどうにかする力はあるの?日本とは違う

最後の人は、色んなところに同じ書き込みをしてました・・・。すごい長文だったんですけど、1行にまとめました。

日本と違って中国は強いってか?随分と好戦的じゃないか。そんなのやってみなきゃ分からないよな?

“どうにかする”の意味を測りかねますが、米国としては中国に態度を改善してもらいたいと考えるまでです。米国の望む合意ができなければ追加関税が発動されます。米国の望む合意ができれば、いずれ関税は撤廃されるかもしれません。

その人は、アメリカと敵対する前提で書いてるんですけど、根拠は分からないです・・・。

まあ俺がさっき言ったように、中国が最も恐れてることは米軍による海上封鎖だと思うよ。石油や食料の供給ルートを断たれたら中国は数日で干上がると思う。そうなる前に必死で一帯一路構想で陸へ陸へと供給ルートを広げているというのが俺の想像だ。

えっ?じゃあ一帯一路って、有事対策なんですか?

そうだと思ってるけど。あまりそういう見方をしてる人はいないようだが。中国は海軍力では米軍に絶対勝てないと俺も考えている。

仮に米軍がそのような措置を取るのであれば、外交的な協議は既に破綻しているものと思われます。どちらかが倒れるまで終わりませんので最終段階とも言えます。米国当局はそのような最悪の事態を避けるためにも中国の態度を改善させようとしているのです。

最悪の事態?米中では勝負にならないんじゃない?

中国にとっての最悪の事態です。米国の要求事項に応じず合意ができなかった場合、そのような状況になることも想定されるからです。米国当局が中国に態度改善を要求するのは中国のためでもあるのです。

なるほどね…。米国が負ける可能性は1ミクロンも考えてないと。

Golan Heightsはイスラエルに主権があると署名

私からはこちらの報道も紹介します。イスラエル首相のNetanyahu氏の歓心を買おうとしたためか、Golan Heightsはイスラエルに主権があることを正式に認める宣言にトランプ氏が署名しました。このことに中東諸国が一斉に反発しているようです。

米大統領、ゴラン高原のイスラエル主権承認 ネタニヤフ首相支援
3/26(火) 5:58配信 ロイター

 [ワシントン 25日 ロイター] – トランプ米大統領は25日、ゴラン高原についてイスラエルの主権を正式に認める宣言に署名した。総選挙を来月に控え、苦戦するネタニヤフ首相の追い風になるとみられている。

 ゴラン高原は、イスラエルが1967年にシリアから奪い、81年に併合した。

 ホワイトハウスを訪問したネタニヤフ氏は、自国がこれほどまで良き友を持ったことはないと述べ、トランプ氏の対応を歓迎した。

 ネタニヤフ氏は、ゴラン高原の占領を続ける背景として過去の中東戦争に言及。その上で「(ゴラン高原を)決して諦めるべきでない」と言明した。

 また米国のペンス副大統領はこの日、「イスラエルとともにある。イスラエルの理念は米国の理念で、イスラエルの価値はわが国の価値で、イスラエルの戦いは米国の戦いだからだ」と述べた。

 トランプ氏の宣言を受け、シリアは主権や領土保全に対する「あからさまな攻撃」と指摘、ゴラン高原の返還を求める権利があると訴えた。

 国連安全保障理事会は1981年、イスラエルのゴラン高原併合決定は無効で国際法上の効果がないとする決議を全会一致で採択している。

 国連報道官は「国連のゴラン高原政策は安保理の関連決議に反映されており、政策に変更はない」と説明した。

 北大西洋条約機構(NATO)同盟国、トルコのチャブシオール外相は、米国の承認について受け入れられず、国連などで対抗措置をとる方針を表明した。アラブ連盟も米国の動きを非難した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000014-reut-asia

トランプは何がしたいんだ…?

中国だけでなく、中東も敵に回すんでしょうか?

シリアへのロシア介入がますます強まりそうだ。米軍は撤退したというのに。

それが、今調べたらアメリカ軍が200人くらい残留してるそうです・・・。これってベトナム戦争の時と同じでは?

マジで?やはり完全撤退というのは米軍のプライドが許さないんだろうか?

今回の署名とシリア情勢の関連性は不明ですが、イスラエルの安全保障をより強固なものにするためには米国との協力が不可欠です。Golan Heightsを過激派組織が攻撃拠点にしようとしているとの報道もありますので、主権を認めてそれを未然に防ぐのは妙案とも言えます。

国連安保理でもイスラエルの併合は無効だとしてるのか。北朝鮮の制裁網に穴が開かないか心配だけどな。

台湾海峡を通過したり、ゴラン高原のイスラエル主権を認めても、アメリカは大丈夫なんですか?

トランプ氏の方針は常に一貫していますので、これらの動きはどれも予想された範囲内のことです。中国には米国の望む合意をするように圧力をかけますし、シリアの背後にいるロシアにも同様の安全保障上での圧力をかけていると考えられます。トランプ氏がもしもロシアによって選ばれた大統領だと言うのならば、この矛盾をどう説明するのでしょうか。

ごもっともだな…。コーエン弁護士は議会証言の場でウソをついたという結論が正しいのかな?

中国とロシアへの圧力なんですね・・・。そうやって考えれば、何だか安心できます!

中東情勢は複雑すぎてよく分からないけど、イスラエルの動きには注視しなければならないね。断続的に紛争が行なわれてるしいつ中東戦争に発展してもおかしくない。

中国と中東って、どうして離れてるのにどっちも「中」が付くんですか?

あまりに素朴すぎる疑問だなwww 中国の人達に理由を聞いてみたいところだ。