米韓首脳会談、むしろ米韓の亀裂が拡大か! 立場の差が浮き彫りとなり韓国パニック! 文在寅が事実を歪曲して失敗を糊塗!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

朝鮮日報が連日文在寅に対し厳しい記事を書いている。米韓首脳会談で米国と韓国がまったく異なる報道資料を発表したことについて詳しく突っ込んでいた。米国は文在寅が言うようなトップダウン方式を封印しており、非核化の対象についてもまるで噛み合ってないことが分かり亀裂を露呈させた形となってしまった。

(朝鮮日報日本語版) 韓米首脳会談:非核化巡り異なる発表、立場の差を再確認する形に
4/14(日) 22:11配信 朝鮮日報日本語版

 11日に行われた韓米首脳会談の後、韓米両政府はそれぞれ大幅に異なる内容の報道資料を発表した。ソウルの外交筋は14日「同じ会談に臨んだのに、別の会談の結果を発表するかのような『同床異夢』現象が起きた」として「北朝鮮の非核化交渉をめぐる韓米政府の見解が大きく異なることを再確認する結果となった」と話した。今回の首脳会談に関する両国の報道資料は、非核化の目標・方式など核心的な内容から異なっていた。韓国大統領府(青瓦台)は発表資料で「(両首脳は)韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化および恒久的な平和定着という共同の目標を達成することに関して意見が一致した」と説明した。しかし、米ホワイトハウスは会談の結果発表で「朝鮮民主主義人民共和国(DPRK、北朝鮮)の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」が目標だと説明した。韓国大統領府は非核化の対象を、北朝鮮の主張と同様に「韓半島」としたが、米国側は「北朝鮮」と明示したのだ。韓国の元北朝鮮担当外交官は「『韓半島の非核化』とは、米国が韓国に提供する戦略資産と核の傘の撤収も含む概念であり『朝鮮半島の非核化』を主張する北朝鮮の立場を代弁するものだ」と指摘した。また、別の元外交官は「トランプ大統領は会談で『北朝鮮のFFVD』と述べたが、韓国大統領府はトランプ大統領が『韓半島の非核化』と述べたものとして報道資料に記載した」として「事実を歪曲(わいきょく)したとの指摘を受けかねない」と話した。

 北朝鮮との非核化交渉のやり方をめぐっても、韓米は見解の違いを露呈した。韓国大統領府は報道資料で「(首脳同士が直接交渉する)トップダウン方式が今後も韓半島の平和プロセスに必須」と説明した。しかし米国側は報道資料で「トップダウン」という表現は用いなかった。その代わり「緊密な調整および協力を続けていく」とだけ述べた。「首脳同士の交渉(トップダウン)」よりも実務者同士の十分な交渉が重要だと強調した格好だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00080031-chosun-kr

報道資料の差で亀裂が浮き彫りに

立場の差を再確認っていうのは、つまり亀裂を再確認したということですよね?

まあそういう解釈で問題なかろう。文在寅は握手写真を撮影するのに必死になっていたようだが、報道資料の差という形で亀裂が浮き彫りになるとは考えていなかったようだ。

トランプ大統領が、ムン大統領の主張をことごとく否定してましたからね・・・。

報道資料でも非核化の対象について明確な立場の差が出た。韓国は朝鮮半島全体の非核化に触れたのに対し、米国は北朝鮮だけの非核化を明言。非核化交渉の方式についても韓国が言うようなトップダウン方式には一切言及せず実務者同士の交渉を優先すると表明した。

あれ?アメリカは、在韓米軍を撤退させるつもりはないんですか?

数カ月前からまた少し方針が変わった気がするね。駐留費の件がひとまず落ち着いたので、当面はその方針で行くことにしたんだろう。

逆に、ムン大統領が北朝鮮の思い通りに動いてることになってますね・・・。

1919派は今や文在寅のことは時間稼ぎ要員としか見てない気がする。見捨てるというより役目を終える時を待ってるというか。北朝鮮1948派の言いなりになって手足のように動いてるのは言わずもがなだ。

じゃあ、北朝鮮の1919派に懸けてるんですか?

米国はその方向のようだよ。BN-19計画が主流になったとみるべきだ。まあいずれにせよ文在寅が米韓首脳会談で恥ずかしい大失敗をやらかしたことに変わりはないが。

米国は北朝鮮1919派に朝鮮半島を統一させようとしている?

そのことに関連する興味深い報道がある。昨日顔写真だけ取り上げたが、北朝鮮1919派を代表する自由朝鮮は韓国にとっても敵であるという考察だ。

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】「米韓にだまされるな」…反韓団体になった「自由朝鮮」
4/14(日) 5:06配信 朝鮮日報日本語版

 2月末に在スペイン北朝鮮大使館を襲撃し、三一節に合わせて「北朝鮮臨時政府」の樹立を宣言した「自由朝鮮」は、反北朝鮮団体であると同時に反韓団体でもある。大韓民国憲法は明確に「韓半島(朝鮮半島)と付属島しょ部」を領土として規定している。自由朝鮮は北朝鮮の臨時政府だと自称し、大韓民国憲法に挑戦しているからだ。

 ワシントンの北朝鮮人権団体関係者は「北朝鮮の人権運動をしていると、まるで自分が1945年以降の解放政局にいるような感覚に陥ることがある。内輪で『米国は信じるな、韓国にもだまされるな』と言っていると指摘した。解放後の激動期に信託統治をめぐる賛否論争で流行した「米国は信じるな、ソ連にだまされるな」という言葉にちなんでいる。

 これは1990年代から熱心に取り組んできた北朝鮮人権活動家が米国と韓国に相次いで「裏切られた」ことで生じた感情だ。2000年代初め、米国では大学生らを中心に北朝鮮の人権問題に対する覚醒運動が起きた。「自由朝鮮」のリーダー格であるエイドリアン・ホン(韓国名ホン・ウトゥム)をはじめ、多くの若者が北朝鮮人権運動に身を投じた。しかし、2006年に共和党が中間選挙で敗北すると、当時のジョージ・W・ブッシュ政権はクリストファー・ヒル国務次官補(当時)を急きょ平壌に派遣した。その後、08年に北朝鮮に対するテロ支援国指定解除、本格的な米朝交渉へとつながり、北朝鮮人権運動の機運がかなり失われた。

 トランプ米大統領も脱北者チ・ソンホ氏を18年の一般教書演説に招くなど、北朝鮮人権運動を支援するかに見えたが、初の米朝首脳会談後に「金正恩(キム・ジョンウン)と恋に落ちた」と宣言してからは北朝鮮の人権に言及すらしていない。

 米国の北朝鮮人権団体関係者は、韓国政府に期待すら抱いていない。最近米韓の北朝鮮人権団体はスイス・ジュネーブの国連代表部で1週間にわたり、拉致問題を告発するイベントを開いたが、韓国政府関係者の参加は日本政府関係者よりも少なかったという。北朝鮮人権団体の別の関係者は「韓国政府は北朝鮮の人権について、日本どころか欧州の小国よりも関心がない。李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クンヘ)政権当時は少しはましだったが、北朝鮮の顔色をうかがっている点では同じだった」と話した。

 自由朝鮮が大韓民国の韓半島における正統性を否定し、臨時政府の樹立を制限しても、人々が歓呼する理由はそこにある。自由朝鮮は「反北朝鮮団体」が「反韓団体」にもなり得ることを初めて示した。エイドリアン・ホン氏は2016年に新聞への寄稿で、「北朝鮮の自由化のためには分断を維持すべきだ」とまで発言している。自由朝鮮の登場はもしかすると将来的に大韓民国が韓半島で正統性を失う分岐点として記録されるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00080159-chosun-kr

えっ?じゃあ、南北統一はなされないまま、朝鮮半島に政府が2つできるってことですか?

韓国が正統性を失うというのは、つまり韓国は国家ではないということにも繋がるわけ。正当性じゃないぞ。韓国が朝鮮半島唯一の政府であるという前提を自由朝鮮は崩そうとしていることになるんだ。

でも、統一はしたくないんですよね?

自由朝鮮のリーダー格によればな。だがそれは国内に敵対勢力がいるという程度の話になると思う。韓国が国家としての正統性を失えば自動的に自由朝鮮の勢力が朝鮮半島唯一の政府になるからな。

その時には、キム委員長も倒されてしまってるということですか?

自由朝鮮は3月1日に宣言を出すという1919派の価値観を持ちながら韓国も否定した。つまり北朝鮮1919派の力で朝鮮半島を塗り替えようとしてるんだよ。北朝鮮1948派でも韓国1948派でもない、また韓国1919派ともやや異なる第4の勢力というわけだ。

自由朝鮮は、アメリカ軍の撤退を望まないんでしょうか?

いい質問だね。だがこれ以上踏み込むとまた有能さんに怒られるので、米国と自由朝鮮の関わりについては深く言及するのをやめてほしい。1919派や1948派という呼称については特に問題はないようだ。

そうなんですね・・・。分かりました!

朝鮮日報としては自由朝鮮が文在寅政権を牽制するための勢力になる期待もしたようだが、この顔写真斜めクラブからの脱会にぎりぎりで失敗したワシントン特派員の主張によればそれは淡い期待だという話になるね。

惜しいですよね・・・。内容としては、ボクはこの人の記事はいいと思います!メガネの位置をもう少し右にずらせば、さらにいいコラムが書けると思います!

確かに顔写真が真っすぐな人のコラムは良記事が多い気がする。この前の仲裁者どころか一人ぼっちというコラムもなかなか悪くなかったし。

今や韓国より自由朝鮮の諜報活動の方が米国にとって役立つ

トランプが文在寅を仲介者どころか厄介者とみなしている背景について、今や自由朝鮮の諜報活動の方が韓国よりも役立っているという事実がありそうだ。少し長いので抜粋にするが全文に目を通しておいてほしい。

2月下旬の北朝鮮大使館襲撃事件は北朝鮮崩壊の予兆か
4/14(日) 20:00配信 産経新聞

 最近、北朝鮮ウオッチャーの間で注目されている動きがある。2月下旬に起きたスペイン・マドリードの北朝鮮大使館襲撃事件だ。そのおよそ1カ月後、北朝鮮の独裁体制打倒を掲げる反体制組織「自由朝鮮」が事件に関与したことを認めた。
・・・

 今回の大使館襲撃はいよいよ体制崩壊に向けた予兆なのだろうか。大使館襲撃の際、館内のコンピューターやUSBメモリー、携帯電話などが持ち去られたとされる。これらに収められていた情報は、体制崩壊につながるインパクトを持った重要な情報なのだろうか。

 「自由朝鮮」はサイト上で、「相互に合意した守秘義務の条件の下で、FBIとの間で非常に潜在的価値のある特定の情報を共有した」と明らかにしたが、情報の詳細については触れていない。

 韓国の情報機関「国家情報院」の元対北室長がニュース専門テレビYTNのインタビューの中で、「自由朝鮮」が奪った情報について言及している。元室長は、北朝鮮の非核化や内部資料のほか暗号解読プログラムが含まれていた可能性を指摘した。

 元室長によると、奪われた内部資料の中に「北朝鮮は核保有国として軍縮交渉をしており、決して非核化はしない」といった北朝鮮側のスタンスを示す内容も含まれており、こうした情報はFBIを通じて、ハノイ会談の前にトランプ大統領やポンペオ国務長官ら米国側に伝えられたのではないかとみている。

 2度目の米朝首脳会談で、事前に合意文書が用意されていたにもかかわらず、トランプ氏がそれに署名しなかった背景には、こうした情報が影響したことも考えられる。

 「自由朝鮮」について北朝鮮専門家はどうみているのか。韓国紙は「興味深い点は、脱北者の共同体から代替勢力が現れるときが来たのかということ」「北朝鮮内部への影響力がある場合、北朝鮮政権に実質的な脅威となる可能性がある」といった米国の北朝鮮専門家らの見方を紹介している。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000501-san-kr

つまり米国は韓国ルートではなく、自由朝鮮ルートを通じて北朝鮮に非核化の意思がないことを知ったという推測だ。非合法的なやり方だがそれも諜報活動の一部ということだろう。

それで、トランプ大統領は韓国を無視してるんですね・・・。もう非核化の役に立たないって見破ってるんですね。

こうして記事になってる部分についてなら有能さんも文句は言わないと思うので、あえて掲載してみた。自由朝鮮については俺の手元で色々と調べておくが、何か公表できそうな事実があったらこっそり共有するよ。

ボクは、ムン大統領のやることが全部虚しく感じられてきました・・・。

韓国政府いわく虚心坦懐だからな。会談の結果は虚構で米国との関係は壊れたかのようなイメージを持った。日本は米国側のこのような立場を今度の日米首脳会談で共有するんだろう。そして非核化のための第3回米朝首脳会談についての方策を協議することになる。当然韓国はその場にいない。G20でも首脳会談をしないことになるので情報は共有されない。正体不明の会談をやらかした韓国の浮雲政権は世界から孤立していずれ消滅することになるだろうが日本にとってはどうでもいい話だ。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!