トランプ政権

【開票速報】アメリカ大統領選2020最新情報

【アメリカ大統領選2020結果】

バイデン:306

トランプ:232

この記事では米国大統領選の結果を表示している。赤か青かが地図形式で一目で分かるようになっている。タブで上院選や下院選などに切り替えて結果を表示することも可能だ。記事の下部では重要州での出来事を追加していくつもりだ。

※黒井追記:上はロイター、下はFOXニュースだ。微妙に反映に時間差があることから複数ソースを当たる。


※黒井追記:今日更新した新・コロマガ米国支部第3号の記事も参照してほしい。この大統領選とは一体何だったのかを振り返る意味でも重要だ。

※黒井追記 11/14:新・コロマガ米国支部第4号は第3号の続編として位置づけられている。

目次

インディアナ州:トランプ

インディアナ州は順当にトランプが取った。得票率は67.1%で圧倒的だ。

バーモント州:バイデン

東北部のバーモント州はバイデンだった。得票率は61.4%で圧倒的だった。

ケンタッキー州:トランプ

ケンタッキー州はトランプで決まった。得票率は64.5%でやはり圧倒的だ。この辺りまでは順当と言えるだろう。

テネシー州:トランプ

テネシー州はトランプが取った。得票率は72%だ。

オクラホマ州:トランプ

オクラホマ州もトランプが勝った。得票率は61.8%で進んでいる。

マサチューセッツ州:バイデン

マサチューセッツ州はバイデンが勝つようだ。得票率は69.3%となっている。

デラウエア州:バイデン

デラウエア州はバイデン勝利となった。得票率は82.5%だ。

ウエストバージニア州:トランプ

ウエストバージニア州はトランプが取った。得票率は56.9%だ。

アーカンソー州:トランプ

アーカンソー州はトランプが取った。得票率は58.2%程度だ。

ニュージャージー州:バイデン

ニュージャージー州はバイデンだった。得票率は58.7%だ。

ニューヨーク州:バイデン

ニューヨーク州はバイデンが勝った。得票率は今のところ75.5%だ。

サウスダコタ州:トランプ

ラシュモア山があるサウスダコタ州は順当にトランプが勝った。得票率は68.1%と圧倒的だった。

コロラド州:バイデン

コロラド州はバイデンが取った。得票率は60.0%だ。

ノースダコタ州:トランプ

ノースダコタ州はトランプが取った。得票率は48.0%と意外にも接戦だ。

アラバマ州:トランプ

アラバマ州はトランプが勝利した。得票率は58.7%だった。

サウスカロライナ州:トランプ

サウスカロライナ州は順当にトランプだ。得票率は55.3%だった。

コネチカット州:バイデン

コネチカット州はバイデンが取った。得票率は58.8%だ。

ニューハンプシャー州:バイデン

ニューハンプシャー州はバイデンが取った。得票率は53.8%だった。

ネブラスカ州:トランプ

ネブラスカ州はトランプが勝った。得票率は51.0%と僅差だ。

ユタ州:トランプ

ユタ州はトランプが取った。得票率は51.4%だ。

イリノイ州:バイデン

イリノイ州はバイデンが勝った。得票率は56.4%だった。

ミズーリ州:トランプ

ミズーリ州はトランプの勝ちだった。得票率は59.8%だ。

ルイジアナ州:トランプ

ルイジアナ州はトランプだ。得票率は62.8%と圧倒的だった。

ニューメキシコ州:バイデン

原爆研究所のあるニューメキシコ州はバイデンの勝利だ。得票率は53.7%だった。

ワシントン州:バイデン

ワシントン州はバイデンだった。得票率は30.6%で開票間もない状態だった。よく分からない。

オレゴン州:バイデン

オレゴン州はバイデンが圧勝だった。得票率は72.2%だ。

カリフォルニア州:バイデン

カリフォルニア州はバイデンが勝った。得票率は58.3%となった。

ロードアイランド州:バイデン

ロードアイランド州はバイデンが取った。得票率は49.4%と接戦だ。

カンザス州:トランプ

カンザス州はトランプが勝った。得票率は55.9%だった。

ミシシッピ州:トランプ

南軍旗のミシシッピ州はトランプが勝ち、得票率は圧倒的な60.1%だった。

ワイオミング州:トランプ

ワイオミング州はトランプが勝った。得票率は72.6%と大差がついた。

ワシントンD.C.:バイデン

首都ワシントンD.C.はバイデンが取った。現時点で91.9%という圧倒的な得票率だ。

アイダホ州:トランプ

アイダホ州はトランプだった。得票率は54.4%となっている。

オハイオ州:トランプ

重要州の一つのオハイオでトランプ勝利が確定した。得票率は53.3%だった。

トランプ氏、激戦州オハイオで勝利 米報道
11/4(水) 14:07配信 AFP=時事

【AFP=時事】3日投開票された米大統領選は、接戦だった中西部オハイオ州で、共和党の現職ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が勝利した。米メディアが報じた。「オハイオを制する者が全米を制する」と呼ばれる注目州で、前回もトランプ氏が制していた。選挙人は18人。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4492b9f248ed730bf3b9d3b628309720c2a9231

バージニア州:バイデン

バージニア州はバイデンで決まった。得票率は52.4%となっている。

フロリダ州:トランプ

重要州かつ激戦州の一つのフロリダ州でトランプが勝利した。得票率は51.2%だった。これで戦いをかなり有利にできるはずだ。

「全勝」の大票田フロリダ州でトランプ氏勝利確実
11/4(水) 15:05配信 日刊スポーツ

米大統領選で、CNNなど米主要メディアは3日夜(日本時間4日午後)、大票田の南部フロリダ州で、トランプ大統領が勝利を確実にしたと報じた。

フロリダは、29人と最多の選挙人がおり、今回の勝利の大きなカギを握るとされてきた。

これまでの大統領選で、フロリダで勝利した共和党候補は、すべて大統領になっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fbd555344431c5acde4a46a3f93ba40fb3e5cc0

テキサス州:トランプ

テキサス州でもトランプが勝利した。得票率は52.3%だった。

アイオワ州:トランプ

アイオワ州はトランプが普通に勝った。激戦州とは言われていたが、蓋を開けてみると52.6%という余裕の数字であった。

モンタナ州:トランプ

モンタナ州はトランプが順当に取った。得票率は56.5%だった。

ミネソタ州:バイデン

息ができないミネソタ州はバイデンが勝った。53.2%という得票率は前回と比べれば大幅に伸びた。やはりBLM発祥の地ということで、あの運動はそれなりに効果があったと言えそうだ。

アリゾナ州:バイデン

今回の大統領選初の番狂わせと言えそうだ。共和党の地盤とされてきたアリゾナ州でバイデンがまさかの勝利となった。得票率は51.8%となっている。

激戦州のアリゾナ州、バイデン氏がアメリカ大統領選で勝利確実に。共和党の地盤を奪う
11/4(水) 16:57配信 ハフポスト日本版

アメリカ大統領選の激戦州のひとつとされていたアリゾナ州で、バイデン氏の当選確実となった。(ハフポスト日本版)

アリゾナ州の選挙人は11人。前回2016年は、トランプ氏がヒラリー・クリントン氏を5%差で破っていた。

それどころか、1996年のビル・クリントン氏以来、アリゾナ州での民主党候補の勝利はなかった。今回の選挙では、バイデン氏が激戦州へと変え、“共和党の地盤”を奪った形となる。

他の主要メディアに先立って、FOX newsはバイデンの勝利確実と報じていた。

そのことにも触れる形で、バイデン氏はデラウェア州での支援者に向けた演説の中で「我々はアリゾナ州(の勝利)に自信を持っている」と宣言していた。

アリゾナ州は「サンベルト」と呼ばれる地域の一角で、伝統的に共和党が有利の州とされている。

フロリダ州を落としたバイデン氏にとって、アリゾナ州を取ったことは、大統領への望みをつなぐを重要な勝利となる。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/440b4fa4d8b523b9c314563a42c647aa655bfe8e

※黒井追記:アリゾナは未集計の票が大量に見つかったとの情報もあり、まだ確定ではないかもしれない。FOXが先走ってしまったようだ。

※黒井追記:アリゾナは正式にバイデン当確となった。米主要メディアが報道している。ロイター集計ではFlipとなっており、僅差で勝利したことが示されている。得票率は最終的に49.4%で、票差はわずか11,000票程度となっている。

ウィスコンシン州:バイデン

激戦州のウィスコンシン州でまさかのバイデンが勝利となった。得票率は49.4%だが、それ以上に集計がおかしいのではないかという声が出始めている。

ミシガン州:バイデン

ミシガン州でもバイデンが逆転勝利した。得票率は49.6%だった。これでバイデンの当選がほぼ決まった。トランプにとっては法廷闘争以外の道が残されていないことになる。

※黒井追記:ミシガンでも不正があった可能性が取り沙汰されている。

ジョージア州:バイデン

展開に乏しいことから、バイデンが先ほど逆転したことを受けてジョージア州をここで書く。まだ青くはしない。得票率は49.4%だ。これとは別に不在者分の票が見つかっていて、まだトランプにも逆転の目はあることが分かる。

バイデン氏、激戦州ジョージアで逆転 米報道
11/6(金) 19:19配信 AFP=時事

【AFP=時事】3日に投票が行われ、開票作業が続いている米大統領選は、大接戦となっている南部の激戦州ジョージアで、民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)氏が逆転し、僅差でリードしていると、米メディアが報じた。ただ、開票作業は依然続いている。

同州では当初、共和党の現職ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏がリードしていたが、現在バイデン氏の得票数が917票上回っていると、CNNとFoxニュース(Fox News)が報じている。

前回2016年の選挙では、5ポイント差でトランプ氏が同州を制していた。選挙人は16人。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3303b9ad5eacf242c79aea46f19db5df3a5b646

※黒井追記 11/14:ジョージア州でバイデン当確の報道が出た。得票率は49.5%となっている。

米大統領選、全州で勝者確定 バイデン氏が選挙人306人獲得
11/14(土) 4:47配信 AFP=時事

【AFP=時事】(更新)米大統領選は13日、最後まで大勢が判明していなかった2州で勝者が確定し、選挙人獲得数は民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)次期大統領が306人、共和党の現職ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が232人となった。米メディアが報じた。

CNNやABCなどによると、バイデン氏はこれまで共和党支持が厚かったジョージア州で勝利し、トランプ氏との差をさらに広げた。CNNとNBCによれば、トランプ氏はノースカロライナ州で勝利を確実とした。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/db58d0f35d0bca3b6ad1a7d6dd7f56b36d5f722d

ペンシルベニア州:バイデン

ペンシルベニア州もバイデンが秒速でトランプを追い抜いてしまった。開票作業の途中でだ。最終的な結果はこの場所に追記するが、おそらく再度ひっくり返ることはないだろう。得票率は49.4%だった。残念ながらこれにて終戦となる公算だ。

バイデン氏、ペンシルベニア州で逆転
11/6(金) 22:55配信 共同通信

【ワシントン共同】米主要メディアによると、大統領選で接戦となっている東部ペンシルベニア州で、民主党のバイデン前副大統領の得票数が共和党のトランプ大統領を超え、逆転した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f4902dadb474c3c7da28b52f281644ce191d9f2

※追記:ペンシルベニアでも当確が出た。

ネバダ州:バイデン

ネバダ州はバイデンとなりそうだ。FOXニュースが当確を出した。得票率は49.9%となっている。

ノースカロライナ州:トランプ

ノースカロライナ州で集計が終わりトランプが勝利したという未確認情報が一部ツイッターアカウントから発信されている。ロイターとFOXの集計を見る限りまだ確定はしていない。念のため追記しておく。

※黒井追記 11/14:ノースカロライナでも確定との報道が出た。得票率は50.0%だった。

米大統領選 米大統領選の結果出揃う バイデン氏、選挙人306人を獲得 トランプ氏は232人
11/14(土) 7:14配信 産経新聞

【ワシントン】CNNテレビなど米主要メディアは13日、米大統領選の集計で接戦が続いていた南部ジョージア州で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利が確実になったと伝えた。また、同じく接戦だったノースカロライナ州では共和党のトランプ大統領が勝利を確実にしたとしている。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/59b0e279b008b67c98562cf5911175e96f8ac433

アラスカ州:トランプ

数日ぶりに当確が出た。アラスカ州はトランプで確定となった。得票率は56.9%と圧倒的であった。同時に進んでいた上院選でも勝利した。大逆転劇への大きな一歩となるだろう。

アラスカで共和党・トランプ氏が勝利 米上院選と大統領選
11/12(木) 6:49配信 AFP=時事

【AFP=時事】米大統領選に合わせて行われた上院選で11日、アラスカ州で与党・共和党の現職ダン・サリバン(Dan Sullivan)上院議員が勝利を確実にし、同党の議席数は過半数まであと1議席の50議席となった。また同日には、大統領選で同党の現職ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領がアラスカ州で勝利したことが伝えられた。

米CNNとNBCによると、サリバン議員は57%を上回る得票率で再選を確実とした。サリバン氏の勝利は、大統領選で民主党候補のジョー・バイデン(Joe Biden)氏が勝利した一方で、議会選では共和党が強さをみせたことを改めて示した。

上院ではこれまでに、定数100議席のうち共和党が50議席、民主党が48議席を確保。残る2議席は、来年1月5日に行われる南部ジョージア州の決選投票で決まる。

民主党がこの2議席を獲得した場合、上院議長を兼務する同党のカマラ・ハリス(Kamala Harris)次期副大統領が均衡を破る票を投じることになる。共和党が上院で過半数を維持すれば、バイデン氏は両党間の協働に向けた交渉手腕が問われることとなる。

一方の大統領選では11日、トランプ氏がアラスカ州で勝利し、選挙人3人を獲得したことが米メディア各社により伝えられた。ただ、バイデン氏の選挙人獲得数は538人中279人と当選に必要な270人を既に上回っている。トランプ氏が獲得した選挙人はこれで217人となった。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/235a9563e2780651322dc78e05d4e54a50813c01

(Visited 55,822 times, 1,358 visits today)