トランプ氏、中国企業アリババにも制裁  中国からの郵送料を大幅に値上げ

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

貿易戦争の一環として、トランプ氏が中国に対して実施している国際郵便料金の割引を撤廃するようです。USPS(米郵便公社)への指示書に署名をしました。中国のアリババなどインターネット企業にとっては、今後は米国のユーザーへの配送コストが割高になります。次々と繰り出されるトランプ氏の制裁に終わりはあるのでしょうか。

米中貿易摩擦に新たな一手、トランプ大統領が中国との郵便割引を撤廃―仏メディア
2018年8月27日(月) 16時20分

 2018年8月26日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、トランプ米大統領は中国に対して実施している国際郵便の割引を撤廃するように米国郵便公社(USPS)に指示する備忘録に署名した。

 米中貿易戦争での対中制裁の一環だとみられている。今後はこれにより中国から商品を郵便で発送するのが割高になる。

 中国のオンラインマーケット大手・アリババのような企業にとっては配送コストが大幅に増すことになるが、米国のアマゾンやeBay、配送業者や国際海運会社にとっては有利な環境になることが予想される。

 備忘録によると、トランプ大統領は国際郵便に関連する協定の再検討を要請しているほか、中国から禁止薬物の密輸に使われるなど国家安全保障にも関わる問題でもあると指摘しているという。(翻訳・編集/岡田)

https://www.recordchina.co.jp/b638291-s0-c20-d0139.html

中国企業に競争力をもたらした郵便料金の割引

すげえ所に目をつけたな…。中国の何もかもを制裁する気だろこれ。

郵便料金って、今まで割引されていたんですか?

そうみたいだな。米国の親中派による中国優遇策じゃないか?

割引率としては15%ですが、中国の業者にとっては十分な競争力となります。日本ではアリババは送料無料だそうですね。Amazonにとっても無視できない存在ですし、これ以上中国に利することはできなくなるでしょう。

アリババ使ったことないから分からん…。中国からなのに送料無料?

ネットユーザーもそう言ってました!おかげで日本郵便が一方的に損し続けてるって。

米国だけじゃなく、日本の親中派も優遇していたというわけか。

そう言えば、ボヤがあったみたいなんですけど大丈夫でしたか?

私は大丈夫です。すぐに火は消し止められたようですね。心配なさらないようにしてください。

よかった!気になっていたんです。

これも米国の親中派による中国優遇政策か?

まさか(笑)

米国が膨大な対中赤字を逆手に取り有利な展開に

この割引制度についてもう少し掘り下げようぜ。中国側ではどうなってるんだ?

ネットユーザーによれば、中国から日本への配送料は日本側が負担するんですが、日本から中国への配送料は中国が負担するみたいなんです。これは国際的な取り決めだそうです。

そんな取り決めがあったのか…。

米国の膨大な内需に目をつけた中国は、米国向けの郵送料が割引となるのをいいことに進出を続け対米黒字を増やしてきたのです。トランプ氏が怒りを感じるのも当然と言えるでしょう。中国も同様の割引制度取りやめをカードにすると思いますが、ご存じの通り米国から中国への輸出はさほど多くありません。よって、明らかに中国企業にとって不利な戦いとなるでしょう。

これでアリババは大打撃を受けるだろうね。やっぱトランプすげえわ。

ワシはネット通販は使わん。女中にリストを渡して買いに行かせておるんじゃ。

俺も女中雇いたいです…。荷物受け取るのが意外と面倒なんですよ。

ボクはハンコを押すタイプの郵便が受け取れません・・・。

海外だとサインじゃない?ハンコの方がむしろ楽な気がするけど。

手形とかで許してもらえないでしょうか?

捺印でいいんじゃない?って何の話だよwww

増長する中国のアリババとソフトバンクに対する規制

中国のECサイトの取引総額なんですが、2016年では368兆円だそうですね!今はもっと増えてると思います。

そこに15%割引の撤廃か…。かなりの痛手となるだろうね。

米国では何もかもアリババで調達した方がサプライチェーンを組むよりも安いと豪語していた経営者がいたほどですので、何としても規制をかけなければいけない問題でした。アリババと関係の深いソフトバンクの孫氏も、今後は米国では大きな顔ができなくなるかもしれませんね。米スプリントの買収も失敗だったと自ら本音を漏らしたそうです。

トランプって確か孫正義ともにこやかに握手していたような…?その結果がこれか。

トランプ大統領、すごいです!表面上は仲良くしながら裏で効果的な政策を仕掛けるなんて。

トランプ氏の真髄を見抜けぬ者が勝手に騒いでおるだけじゃ。ワシは最初から全てを把握しておったぞ。

見抜けなかった者がここに一人おりまして…。

でも、仕方ないと思います!トランプ大統領はホントに考えが読めませんから!

これでアリババを始めとした中国のネット企業もターゲットになり得ることが分かった。次はどんな手を仕掛けてくるだろうね?

中国にとってはむしろ市場開放のためのいい口実だと書いている人もいるんですけど、どうなんでしょう?

つまり中国共産党の弱体化、そして民主化ってことだろ?米国の最終ゴールはそこだと思う。どうなんだろうね?

中国の民主化に関しては、現在進行中であることもありまだ多くを話せる段階にありません。間もなく9月になりますし、トランプ氏の次の一手に注目しましょう。