中国の報復措置がショボすぎて全然効いてない! ⇒ トランプがさらなる追加関税を示唆! 逆効果だった!

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

中国が報復措置を発表したけど、同じく追加関税だった。しかし規模としては600億ドルと米国の3分の1で、税率も5~10%とやや消極的。WTOにも提訴するそうだけど、日頃WTOに違反認定されてる中国が言えた話か?この程度の報復しかできないようじゃ勝負は見えてるね。

中国、対米報復関税は6.7兆円分と発表 WTOへの申し立ても
9/19(水) 5:58配信 AFP=時事

 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が、中国からの2000億ドル(約22兆円)相当の輸入品に10%の制裁関税を来週発動すると発表したことを受け、中国は18日、以前警告していた通り、報復措置として米国からの600億ドル(約6兆7000億円)相当の輸入品に追加関税を課すと発表した。

 中国財政省によると報復関税率は5~10%で、米からの輸入品約5200品目が対象。米国の新たな制裁関税と同じ24日に発動される。

 同省は声明で「米国がさらなる関税の引き上げを推し進めるならば、中国は相応の対応を講じる」と警告した。

 さらに中国は米国との関税合戦で、世界貿易機関(WTO)に新たな申し立てを行っていることも明らかにした。

 米中両国は今年6月以降、相手国からの輸入品500億ドル(5兆6000億ドル)分に関税を課し、報復の応酬に発展。

 トランプ氏は24日発動の関税についても、中国が報復措置を取れば2670億ドル(約30兆円)相当の輸入品にまたもや追加関税を課すと警告していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000000-jij_afp-int

中国の報復措置がショボすぎて話にならない?

中国の報復内容が発表されましたね!何だか拍子抜けですけど・・・。

たったの600億ドル、それも税率は5%から。こんなんじゃ米国経済に打撃を与えることはできないよ。案の定ダウ平均も上昇してるし。

WTOにも提訴したみたいですね!これって効果あるんでしょうか?

どっちが悪いって話でもないと思うけどね。中国の報復関税の方が違反だと認定されてもおかしくない。数年前には中国のレアメタルの輸出制限が違反だと認定されたし。

どの報復も結局大したことないんですね。大丈夫なんでしょうか?

中国の報復措置は結局トランプ氏の怒りを引き出すだけのものとなる可能性が高いです。Twitterで中国の姿勢を厳しく批判しています。

米大統領、中国が貿易通じ中間選挙に影響と批判 追加報復を警告
9/19(水) 0:21配信 ロイター

 [ワシントン 18日 ロイター] – トランプ米大統領は18日、中国が対米関税措置で農家や工業労働者を標的とし、米選挙に影響を及ぼそうとしていると批判し、さらなる報復措置を講じる可能性があるとけん制した。

 トランプ大統領はツイッターへの投稿で、11月6日の米中間選挙を控え、中国が貿易を通じトランプ氏の支持基盤の弱体化を狙っていると非難。「中国は、私に忠誠心を持つ米国の農業、農場、工業従事者を標的とし、積極的に米選挙に影響を及ぼす方針をあからさまにしている」とし、これら労働者層をターゲットとするなら「われわれは中国に対し、重大な経済的報復を迅速に実施する!」と述べた。

 トランプ米政権は前日、2000億ドル相当の中国製品に対し10%の関税を課すと発表。中国はこれに対し、600億ドル相当の米製品に報復関税を課す方針を表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000006-reut-cn

中間選挙に絡めてきたか…。中国の姑息な戦略は全てお見通しって感じだな。

さすがのトランプ氏も選挙前で神経質になっていますから、支持基盤を直接狙うような中国の手法にはさぞかし腹を立てていることでしょう。中国が報復すれば即座に第4弾の検討に入るとすでに報道されていますので、発動を表明するのも時間の問題かもしれません。

トランプにはWTO提訴も効果なし?

ネットユーザーは、知的財産権の侵害をしている中国がWTOに提訴しても説得力がないと言ってます!

ほら見ろ。中国は鉄鋼関税の時にもWTOに申し立てをしてるけど、一度でも相手にされたことがあったか?自らがしてきたことをよく振り返るべきだよね。

トランプ大統領はWTOを恐れていないそうです!ホントでしょうか?

トランプ氏は先月末にWTO脱退を警告しています。すでに脱退のための法案準備も進められており、いつでも宣告できる状態にあると考えていいでしょう。中国側の態度にもよりますが、米国としては中国が切れるカードはすべて無効にできる公算かと思います。WTOとしても米国に抜けられては困りますので、どちらの顔色を伺うかは明らかです。

国連も脱退しかねないからな米国は。安保理もそうだけど、今世界的にそういう国際組織が機能不全になりつつある。

米中間で品目と金額の差があまりにも大きいので、勝負になっていないという意見もあります!一方的な命令でしかないって。

まあ中国側はメンツの問題もあって認められないかもしれないけどね。米国とまともに勝負して何とかなると思ってたのか?実に甘い考えだ。

トランプ大統領が中間選挙の話題に絡めて中国を批判したことは、今後の予防線を張ってるんじゃないかって言ってる人もいます!

どういうこと?

もし標的にされた地区の選挙で負けるようなら、その場合には中国の選挙介入があったことにしてさらに攻勢を強めるのではないかという意見です。

なるほど!不利な状況を逆手に取り、むしろ攻撃手段として活かすというわけか。トランプの考えそうなことだ…。

今月末の通商協議も中国のせいでお流れか?

トランプ氏自身はそこまで深くは考えていないと思いますが、米国政府全体の方針としては十分に想定可能です。米議会の方が中国に強硬な姿勢をとっていますので、ありとあらゆる手段を用いて中国に圧力をかけるでしょう。もはや政治的な解決策は消滅してしまったのかもしれません。

そういえば今月末の通商協議ってどうなるんだ?このままだとお流れな気がするけど。

中国側に決断を委ねているようです。表向きは最後まで話し合いを継続する姿勢を維持することで、態度を改善するよう促しています。あくまでも正義は米国の側にあるという意味です。

通商問題、今後の協議は中国次第=米商務長官
9/19(水) 0:01配信 ロイター

 [ワシントン 18日 ロイター] – ロス米商務長官は18日、2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税発動について、通商協議の次の段階に進むかどうかは中国次第と指摘した。中国は、米国の追加関税に報復以外の選択肢はないとしている。

 ロス長官は、CNBCとのインタビューで「われわれの目的は、中国と建設的協議をして基礎的な問題を解決することだ。したがって、協議をするのか、するとしたらいつかということについて、ボールはかれら(中国)の側にあると語った。

 ロス長官は、中国製品への関税は、中国の態度を変えることが目的と説明。対象品目は、米消費者への影響が最も小さい品目など、慎重に選んだと述べた。

 世界貿易機関(WTO)での中国との紛争解決手続きに、日本と欧州連合(EU)が参加を申し出てきたと述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000000-reut-cn

ボールは彼らの側にある、か…。何ともまあ。

このまま中国が反抗し続けるなら、アメリカも許さないってことですよね?

中国が全面的に悪いという風潮に持っていくフラグだよ。まさに先の大戦で起きたことそのままだ。世界中の国がこの貿易戦争の成り行きを眺めているよね。

よく見ると、WTOでの紛争解決手続きに日本とヨーロッパが参加すると書いてあります!いつの間にか中国に味方しない国が増えてますね・・・。

そこは重要だな。EUってことは今やドイツも中国の味方ではなくなったってこと。ドイツは急速に中国との関係を冷え込ませてるみたいだし。これは中国かなり苦しい展開になってきたね。

正義はいつでも米国の側にあります。トランプ氏が何を言おうが、これは大前提です。従えないのであれば半永久的に続く報復が待っているだけです。中国は太平洋戦争の歴史から何も学べていないということになりますが、自分達だけは違うとどこかで驕っていたのかもしれませんね。

アリババの会長も貿易摩擦は20年続くとか言い始めてるし、まさに歴史の繰り返しだよな…。中国マジでどうする気だ?もう後がないぞ?