韓国文在寅の今年の虚言をまとめた結果がヤバすぎた! 失敗しかしてないことが判明!

韓国ニュース

中央日報の嘆き記事あるじゃん…。今年の文在寅は失敗しかしてないと思っていたところだが、中央日報がその失敗について簡潔にまとめていたので紹介しよう。”7つの虚言”という謳い文句で原発や北朝鮮、ローマ法王など様々な分野での失敗について論じている。北朝鮮にばかりかまけて結局成果は残せず、経済をダメにしただけの1年に終わりそうだ。

【コラム】金委員長の年内答礼訪問はなく…虚言に終わった文大統領の言葉(1)
12/20(木) 10:31配信 中央日報日本語版

・・・

 2018年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は世間に向けて多くの言葉を述べた。深い印象と感動を与えたりもした。国の経営に効果的な話が多かった。時々、首をかしげるような言葉もあった。分裂的であったり、事実と違っていたり、守られない言葉がそうだ。大統領の言葉、統治の言語は岩のように重くなければいけない。一寸の誤差も許されるべきでない。大統領の言語に問題が生ずれば必ず責任を取る人が出てこなければいけない。今年の文大統領の7つの虚言を挙げてみた。7つの虚言は大衆的な論争と事案の重要性という2つの基準で選んだ。分類してみると脱原発、所得主導成長、積弊捜査、人事、対北朝鮮など5大政策分野で見られた。

(1)「韓国原発、40年間に一度も事故なし」

 11月28日にチェコを訪問した文在寅大統領はバビシュ首相に「韓国は24基の原発を運営しているが、過去40年間の運営で1件の事故もない。アラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発も砂漠という特殊な環境で費用の追加なく工期を完ぺきに合わせた」と自慢した。

 文大統領の発言は2017年6月19日に蔚珍(ウルチン)古里(コリ)1号機を強制廃炉する時と全く違った。文大統領は当時、「原発事故が発生すれば想像できない被害につながることもある。脱核国家に進む」と宣言した。原発を犯罪者のように扱った。その文大統領が3月26日、UAEで「バラカの韓国原発は神の祝福」と最初にオオカミ少年のような発言をし、8カ月ぶりにまたチェコで同じような発言をした。文大統領は原発問題に関しては分裂的な判断を露出した。どうか原子力の最後の砦、蔚珍の新ハンウル3、4号機だけは殺さないでほしい。

(2)「経済好調、機会を逃すな」

 11月20日、文大統領は国務会議で「自動車は生産がまた増加し、造船分野も世界1位を奪還した。『水が入ってくるときに櫓をこげ』という言葉のように最善を尽くしてほしい」と述べた。大統領一人だけが自動車・造船が良くなったと述べ、世間の人々は苦笑した。韓国国内の自動車生産量は昨年は中国に、今年はインドにも抜かれて世界7位に落ち、現代車は営業利益が大幅に減少した。造船は受注が増えたとはいえ、2007年の20%にもならない。大統領が単発性の数値一つで韓国経済があたかも活力を取り戻したかのような誇張報告に振り回されたというしかない。文大統領に経済状況を報告すべき責任者は金秀顕(キム・スヒョン)政策室長や尹ジョン源(ユン・ジョンウォン)経済首席秘書官だ。・・・

(3)「最低賃金引き上げのプラス効果90%」

 5月31日、文大統領は国家財政戦略会議に出席した官僚に「最低賃金増加によるプラスの効果を自信を持って説明しなければいけない。プラスの効果は90%だ。雇用された勤労者の賃金が増えた」と主張した。文大統領は「所得下位1分位(20%)の所得が大きく減少したのは残念だが、最低賃金の急激な増加のためだと診断するのはまだ早い」と述べた。驚くことに文大統領は自営業者の廃業続出、過去最高の失業率が最低賃金急増のマイナス効果であることを知らずにいた。統計庁の調査の数値をありのままに受け入れれば、そのように考えることはできない。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の人たちが別の国策機関を動員して奇妙に調整し、詭弁を添加して文大統領の機嫌をとったのだ。自分たちが好む人物に統計庁長も交代させたりもした。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000013-cnippou-kr

文在寅のこの1年の失敗を振り返る

あれ?こんな記事ありましたっけ?

ワトソン君、さっき今日の中央日報は愛国記事ばかりって言ってなかったっけ?ちゃんと探せば嘆き記事が山ほど見つかるぞ?

そうだったんですね・・・。朝の最初が愛国記事連発だったので、そこでうんざりしてしまったんです。

そういうわけで、1919派とフランスの話はまた今度な。今はこっちの方を先に取り上げるべきだと感じた。構想を練って質を上げといてくれ。

分かりました!

中央日報は金曜日が好きなんだよ。週末に入ることもあるが、多い時では40記事を超える量をアップする。前半の10記事だけで判断してはいけない。せっかく今回のように輝く嘆き記事があるというのに見逃してしまってはもったいないね。

この記事、簡潔にムン大統領のことがまとまってるんですけど、失敗ばかりじゃないですか!

だから興味深いんだろ。この1年を振り返る意味でもこういう記事は歓迎したい。

ダメです!中央日報さん、ムン大統領の批判ばっかりして!

いや実際に失敗だらけじゃないかwww (1)だけ見てみても、韓国の原発に自動車や造船、最低賃金の話とまあ失言だか虚言だかを連発している様子がすぐに思い出せる。この1年でやったことは本当に何の成果も残していない。

“7つの虚言”をさらに簡潔にまとめてみた

(2)も似たような感じなんですか?

見るか?

【コラム】金委員長の年内答礼訪問はなく…虚言に終わった文大統領の言葉(2)
12/20(木) 10:31配信 中央日報日本語版

(4)「戒厳令文書、セウォル号査察捜査を」

 今年の文大統領の言葉のうち最も大きな空振り事件だ。7月10日、青瓦台はインドを訪問中の大統領の指示だとしてろうそく集会当時に国軍機務司令部が作成した戒厳令検討文書を国防長官の指揮を受けない軍独立捜査団が捜査しなさい。2014年に機務司令部がセウォル号遺族を査察した事件も捜査する必要がある」と発表した。任鍾ソク(イム・ジョンソク)青瓦台秘書室長が大統領の留守中に懸案点検会議を開き、何か大変な危険でも発生したかのように海外にいる文大統領に報告して裁可を受けた。後に明らかになったように、十分な事実把握、法律検討もなかった。極めて軽率だった。主務責任者はチョ・グク民情首席秘書官、発表は金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が引き受けた。まず「国防長官の指揮を受けない軍独立捜査団の構成」は憲法(74条、大統領は憲法と法律が定めるところにより国軍を統帥する)と法律(軍事裁判所法38条、国防長官は一般的に検察官を指揮・監督する)違反の疑いがある。任鍾ソク秘書室長の青瓦台秘書会議が大統領に違憲・違法行為をさせたという批判を避けるのは容易でない。

 11月7日、戒厳令文書合同捜査団は趙顕千(チョ・ヒョンチョン)元機務司令官を起訴中止するラインで捜査を終えた。4カ月間にわたり総力をあげて捜査したが、容疑を確認することに失敗した。・・・

(5)「信じてほしい。正しい国を作る」

 12月1日、海外訪問中の文大統領は、特別監察班員の全員交代など相次ぐ青瓦台国基紊乱事件に関してフェイスブックにコメントを載せた。「国内で多くのことが私を待っている。信じてほしい。正しい国を必ず作る」。このコメントを見て人々は大統領が帰国すればチョ・グク民情首席秘書官の更迭を含む厳正な措置を取ると考えた。結果は正反対だった。チョ首席秘書官に大きな力を与えた。「これほど自分勝手な解釈はない」「文大統領の正義と普通の人の正義はこれほど違うのか」という声が相次いだ。・・・

(6)「金正恩委員長、年内答礼訪問の可能性ある」

 文大統領は12月1日、アルゼンチンからニュージーランドに向かう機内懇談会で「北の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の年内答礼訪問の可能性が開かれている」と述べた。「9・19平壌(ピョンヤン)共同宣言」6条は金正恩委員長が「近いうちにソウルを訪問することにした」となっている。「近いうちに」が大統領の肉声のために「年内」に特定され、世間はこれを既成事実とするしかなかった。結果的に金正恩委員長は訪問せず、文大統領は嘘のカードを出した格好となった。大韓民国は軽い国ではないため、大統領の言葉も軽薄になってはならない。一度発言したことは守らなければならず、大統領の予測は特別なことがない限り実現されなければいけない。
・・・

(7)「法王、公式招請状がくれば訪朝」

 10月18日、バチカンでローマ法王との会談を終えて出てきた文大統領は「北朝鮮が公式招請状を送れば無条件に応答し、私は行くことができる」というフランシスコ法王の発言を伝えた。当時、大統領に随行した青瓦台参謀は「文大統領が金正恩委員長に法王の訪朝を受け入れるよう説得し、この内容を伝えたが、事実上、法王の受諾があった」と興奮した。2カ月後の12月19日、米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)は法王庁の関係者の言葉を引用し、「2019年に法王の北朝鮮訪問はないだろう。海外訪問日程は埋まっている」と報じた。北朝鮮は法王に公式招請状も送らなかった。海外メディアから「金正恩委員長の報道官か」という皮肉まで言われた文大統領の「真面目」な外交がまた滑稽になった。

 来年、文在寅政権は任期5年のうち3年目を迎える。誰にも言い訳はできない時期だ。もう疑わしい統治言語はなくならなければいけない。青瓦台、政府部処がより一層の努力をし、「大統領はオオカミ少年」という声が出てこないようにすべきだ。大統領の言葉の価値が守られなければいけない。統治言語は鋭くならなければいけない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000014-cnippou-kr

長いと感じる部分は適宜カットしてる。5番目だけいまいちだが、後の3つは戒厳令文書、金正恩、ローマ法王とどれも聞き覚えのある案件だ。ちなみに日本への愛国事案が1つも入っていないのだが、そこを突っ込むと本気で中央日報の立ち位置が危うくなるので差し控えてるのだと解釈しておく。

う~ん・・・ボクも確かに、キム委員長が来るって言ったのに結局来なかったのは失敗だったと思いました。あんなに北朝鮮に尽くしていたのに!

ローマ法王もだな。勝手に訪朝するとか吹聴していたら、当の北朝鮮はローマ法王に招請状を送ってなかったというオチだ。朝鮮日報の落胆ぶりには笑わせてもらった。そして、中央日報も確かこの案件に関しては食い下がってたと思うんだが、なかったことにしてシレっと文在寅批判にすり替えてるね。

そうでしたっけ?

大統領府関係者だかを引用する形ではあったけど、ボイスオブアメリカの報道に懐疑的な視点で報道していた。結局はavailableを無条件で行けると都合よく解釈した大統領府の先走りだったという話で落ち着きそうだ。以上の”7つの虚言”をまとめてみるとこのようになる。

(1)「脱核国家に進む」「UAEの韓国原発は神の祝福」 ⇒ 矛盾
(2)「経済好調、機会を逃すな」 ⇒ ウソ
(3)「最低賃金引き上げのプラス効果90%」 ⇒ ウソ
(4)「戒厳令文書、セウォル号査察捜査を」 ⇒ 嫌疑なし
(5)「信じてほしい。正しい国を作る」 ⇒ ウソ
(6)「金正恩委員長、年内答礼訪問の可能性ある」 ⇒ ウソ
(7)「法王、公式招請状がくれば訪朝」 ⇒ ウソ

ほとんどウソじゃないですか!どういうことなんですか?

どうもこうも、文在寅が相次ぎ失敗して自滅してるだけだろ?希望的観測で脚色した数々の発言がどれも失敗に終わったため結果的にウソになってしまったというだけ。それだけで終わった1年。支持率が暴落しないわけがないよね。

1919派は文在寅が失敗しようがどうでもいいと考えている

ネットユーザーの反応はこんな感じです!

・オオカミ少年でも韓国の人達が自ら選んだ大統領
・批判だけでは何も進みません
・トップに能力がないと国家が不幸になる
・希望的観測を得意げに話さない方がいいと思う
・そう長くは持ちそうにない
・彼らにとっては合意や条約も虚言
・キム委員長にも相手にされなくなってしまった
・今さら特に驚きはなかった
・100回言えばいつかはホントのことになる
・一部の皮肉や批判なんて気にせず突き進んでください
・トラストミーと雰囲気が同じ
・外交でも内政でも実績が全然ない
・いい大統領です
・末永く大統領を続けてほしいと思います
・最後には今までの政権と同じパラダイスが待ってます

パラダイス、つまり地上の天国という解釈でいいのかな?

よく分かりません・・・。

まあどうでもいいよww どうせ文在寅は北朝鮮の使い走りだ。最近ではその役目も担わせてもらえなくなったようだがな。文在寅が金正恩と対等な関係を築けていないことからも、文在寅が望むような南北統一はまずなされないと思った方がいい。

北朝鮮主導での統一は、ムン大統領の望みではないんでしょうか?

まず”北朝鮮主導”が何を意味するかをまったく理解してない可能性がある。これは韓国の人達の大多数も同じだね。今と同じ生活が今後もできると勘違いしてるとしか思えない。北朝鮮にとって1919派はぶっちゃけ敵だと思うよ。北朝鮮側で建国記念日を変えるといった動きが出始めない限り、北朝鮮は1919派の敵であり続けるわけ。

確かに・・・。韓国の1919派は、北朝鮮に攻め込んで制圧したがってましたよね?

朝鮮戦争の歴史で考えればそうだ。1919派の狙いは文在寅政権そのものにはなく、その後の弾劾を経て軍事政権を樹立し本命のリーダーを何らかの形で用意することにあると俺は見ているので、文在寅が”7つの虚言”を弄して韓国民を混乱させても別に何とも思っていないだろう。

中央日報さんは、1919派なんでしょうか?

だろうね。朝鮮日報は1948派。両者とも韓国保守派のメディアと言われてはいるが、その論調に微妙な差があるのは政治的背景が異なるからだと俺は思っている。

ムン大統領が失敗続きで、韓国経済がダメになっても、中央日報さんはそれで構わないんでしょうか?

構わないんじゃない?大統領批判ができれば経済はぶっちゃけどうでもいいとさえ考えてる節があると感じる。パククネも同じように批判していたのは、どちらも1919派が望む真のリーダーではなかったからだと思えば何となく納得がいく。まあこれらの話は全部韓国内での争いでしかないので、日本には100%関係のない話だからな。

そうですよね!ムン大統領が失敗したのは政策室長のせいです!

またそれを言うかwww これらの虚言のうち最低賃金チェコの原発ローマ法王の件は我々も取り上げていたね。日本への愛国事案でも個人請求権は残ってると発言、司法を尊重すると言いつつ司法判断を超えた”虚言”と言ってもいいかもしれないね。欧州でも得意の虚言で北朝鮮制裁緩和を主張し総スカンを食らい、集合写真にも入れさせてもらえなかった。米国との会談は格下げされプールサイド会談になった。支持率は見る見るうちに下落しついに40%台へと崩壊株価に連動して下げるなどの現象も見られた。近いうちにロウソクデモでの弾劾を経て軍事政権樹立となるだろう。日本は防衛費を増やして韓国との緊張状態に備えなければならないね。まあその前にソウルがビル火災で陥落して北朝鮮主導の統一になるかもしれないがな。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!