トランプ政権

マティス氏辞任で対中国強硬派が増大  米中貿易戦争が過激化する可能性も

トランプ政権を長く支えてきたMattis氏ですが、このほど2月に辞任すると自ら表明をしました。シリアからの米軍撤収方針に最後まで反対したためです。一般的に良識派とされていたTillerson氏、McMaster氏、そしてKelly氏がすべて退任することとなります。代わりに対中強硬派のBolton氏らが実権を握ることになりますが、Mattis氏との対立を深めていたことも報道されています。

米政権「良識派」は一掃…外交タカ派台頭か マティス氏辞任
12/21(金) 18:23配信 産経新聞

 【ワシントン】マティス米国防長官による20日の辞任表明は、トランプ政権高官や閣僚らにも事前に知らされることのなかった突然の行動で、政権内部や議会では「想定外の事態」(議会関係者)として激しい衝撃をもって受け止められた。

 マティス氏は、ティラーソン国務長官(3月に解任)、マクマスター国家安全保障問題担当大統領補佐官(同)、ケリー大統領首席補佐官(年末に退任予定)らとともに、独断専行が懸念されてきたトランプ氏の政権運営を軌道修正する「良識派」としての役割が期待されていた。

 しかし、これらの閣僚はいずれもトランプ氏と政策方針などをめぐり衝突して次々と退場。マティス氏自身も、トランプ氏による性的少数者(LGBT)の米軍入隊を禁止する方針や宇宙軍の創設などに関し、本来は反対の立場でありながらトランプ氏に同調しつつも、同氏との溝は徐々に深刻化していた。

 トランプ氏の方針に抵抗感を抱きつつも、米軍を預かる責任感から「隠忍自重」の姿勢を貫いてきたマティス氏が今回、辞任に踏み切る決定的な一打となったのは、トランプ氏による「シリアからの米軍の全面撤収」の決定に伴い、米軍と一緒にイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を展開していたクルド人部隊を事実上見捨てる状況に陥ったことだ。

 トルコからの報道では、米軍の撤収決定に伴いトルコ軍部隊がクルド人に対する大規模攻勢を準備中と伝えられており、軍人として戦場の同胞を見捨てざるを得ない事態に追いやられたことに強い憤りを感じたマティス氏が、トランプ氏に抗議の辞表を突きつけたとの見方が支配的だ。

 マティス氏の辞任により、政権発足当初からトランプ政権を支えていた安全保障関連の高官はほぼ一掃された。共和党のマコネル上院院内総務は、マティス氏がトランプ氏と対立して辞任表明したことについて「動揺している」と述べ、驚きを隠さない。

 マティス氏が政権を去ることになり、「政権内から(分別のある)大人がいなくなる」(元米政府高官)ことで、以前からマティス氏との確執が指摘されてきたボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら外交強硬派とされる勢力の発言力が増大する事態も予想されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000591-san-n_ame

影響は米中戦争のみならず世界中へ波及

やったね。マティス辞任。この人もぶっちゃけ俺はあまり好きではなかった。

良識派と言われてるティラーソン元国務長官が、慰安婦合意にも口を出してきたんですよね?

そうそう。マティスも度々韓国に甘い顔をしていて気に入らなかった。この流れは大歓迎だ。

取り急ぎの報告となりますが、本日を最後にしばらく私はお休みとさせてもらいます。引き継ぎは完了しておりますのでご安心ください。緊急の用件があればできるだけ早く対応します。

えっ?ええっ?どういうことですか?

…。

ワシは聞いておるぞ。心配は無用じゃ。

詳細は控えます。Mattis氏の話に進みましょう。今回の辞任のきっかけとされるのはシリアからの米軍撤退です。トランプ氏がISに対する勝利を一方的に宣言しましたが、同盟国の多くは賛同せず混乱に陥っている状況です。さらに辞任の決定は政権内でも共有されず、唐突に行なわれたとのことで政府内でも不信感が募る事態となりました。

トランプ大統領は大丈夫なんですか?

マティスって確かボルトン補佐官と対立してたような…って記事に書いてあったね。“外交強硬派”って要するに対中強硬派だろ?

じゃあ、米中貿易戦争でアメリカが勝つ確率が上がるんですね!いいと思います!

そういう単純な話じゃないからwww

そうですね。影響は米中貿易戦争に留まらず、世界中のあらゆる方面にMattis氏辞任の余波が広がるでしょう。こちらの記事が参考になります。

トランプ氏の「米国第一主義」、マティス氏辞任で防波堤決壊
12/21(金) 23:15配信 Bloomberg

 トランプ大統領の「米国第一主義」に厳然として反論できるマティス国防長官のような指導者を、世界はこの2年間、頼りにしてきた。その最後の防波堤がなくなる。

 トランプ大統領が矢継ぎ早に国外での米軍の役割を変える中に、マティス氏が突然の辞意を表明したことで、トランプ氏の好戦的で孤立主義的な衝動に歯止めをかけられる人が、政権内にいなくなるという不安が高まっている。

(中略)

 トランプ政権は来年初め、ロシアと結んでいる中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄、一部諸国に対するイラン産原油禁輸免除の継続、ベネズエラをテロ支援国家のリストに加えるかなど、外交政策の重要決定が相次ぐ。これらの決定に、マティス氏辞任の影響が表れる可能性がある。

 オーストラリア国立大学で戦略研究を専門とするヒュー・ホワイト教授は、「米国の戦略的な役割について、マティス氏は米国の伝統的な価値観を代表する政権最後の人だった」と話す。「つまり、常軌を逸した政策決定が増えるということだ」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-01718199-bloom_st-bus_all

げっ…。イラン産原油の禁輸免除措置もか。日本にも影響出るなこれ。

確か日本や韓国その他8カ国くらいが、特例で免除されてるんですよね?それがなくなってしまうんでしょうか?

最悪そうなるかもね。日本はまだ対応の余地があるけど、韓国はどうだったかな?免除されたのをいいことに輸入量を増やしてたりしないよな?

ボクは、ロシアとの中距離核戦力条約の破棄が重要だと思います!トランプ大統領なら、絶対にためらわずに破棄します!

その可能性が高いな。マティスという防波堤を失った米国が、今後米国第一主義の色をますます強めるのは目に見えている。その方針に日本はどこまでついていけるか…正念場と言えるだろうね。

トランプ政権を邪魔する棒が取れたとの話

ネットユーザーは、そこまで関心を持ってないみたいですね・・・。

・よく分からないけど驚いた
・タカ派をひとくくりにするのは失礼だと思います
・トランプ大統領はどこに向かうの?
・良識派の弱腰外交が今の混乱を作ったと思う
・来年は難民対策が必要になる
・どうせなら北朝鮮にも強硬に対応してください
・どうせなら日本にも強硬に対応してください

最後www

いまいちだったので、別の記事からも反応を引っ張ってきました!

・日本が空母を保有したがるのも理解できる
・シリアで起きたことは、東アジアでも起こると思う
・泥沼の中東から撤退して、アジアとアメリカ国内問題に重点を移すのでは?
・日本は防衛で自立してほしい
・信じていたのに残念です
・元々公約として掲げてたので驚くことではない。中途半端な状態は逆によくない
・マティス国防長官の方が大統領に適任だった

これら2つのコメント群を総合して考えると、何が分かる?

う~ん・・・考え方は人それぞれってことですか?

そんなどうでもいいことは聞いていないwww

じゃあ、日本がアメリカから見放されるかどうかで意見が分かれてるってことですか?

いい線行ってるね。他には?

報道ではマティス大統領の辞任に批判的なんですけど、アメリカにとっては辞任してくれた方が逆にいいということですか?

マティス大統領www 国防長官を辞任して大統領になるのかよwww

あっ(笑) すみません、マクロン大統領と混ざりました!

“マ”しか合ってないじゃないかwww どこをどうやったら間違えるんだよwww

だって、何となく雰囲気が似てるなと思ったので・・・。

全然似てないと思うけどww まあ政策の雰囲気は似てるかな。マティスとマクロン、共通点はどちらもトランプと対立しているということだ。ある意味トランプ政権を長らく邪魔してきたつっかい棒が外れたのが今なのかもしれないね。

議論が進んでいるようですので、後はお任せしますね。私はこれで失礼します。

うむ。御機嫌よう。

米政府の予算が成立せず閉鎖へ

あの、どうしていなくなってしまうんですか?ボクには理由が分かりません!教えてください!

まあこういうことだ。

米政府、一部閉鎖の恐れ
12/22(土) 8:33配信 共同通信

 【ワシントン共同】米議会は21日、連邦政府の支出を手当てするつなぎ予算を巡る議論を続けた。トランプ大統領が求めるメキシコ国境の壁建設を巡り、与野党が対立。22日午前0時(日本時間午後2時)すぎまでに予算が成立しない場合、政府機関の一部が閉鎖される恐れがある。

 トランプ氏は21日、野党民主党が壁建設費を盛り込んだ予算に反対した場合は「とても長い間、政府閉鎖が続くだろう」とツイッターで譲歩を促した。一方、民主党のシューマー上院院内総務は「大統領は壁を手に入れられないだろう」と述べ、壁建設に反対する姿勢を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000023-kyodonews-bus_all

政府閉鎖と、何か関係があるんですか?まだ政府閉鎖はしてないんですよね?

察しろよwww

ボクにはまだ理由が分からないんですけど、もし政府閉鎖がなくなったら、戻ってくるんですよね?

そうだと思うよ。

じゃあ、政府閉鎖しないでください!トランプ大統領、お願いします!予算を成立させてください!

トランプの一存では決まらないがな。メキシコの壁予算について民主党が賛同しなければ予算は成立しない。トランプが署名も拒否する。これまで何度も政府閉鎖になってるけど、最終的にはどこかで妥協点を見出して短い期間に閉鎖状態は解除されていた。ただ今回はどうなるか分からないね。

な~んだ、毎回のことなんですね!じゃあ今回もきっと大丈夫ですよ!

そうだといいんだが。まあ本題に戻るか。

マティス国防長官が辞めてしまうと、日本は見捨てられてしまうんですか?

俺は逆だと思う。日本は見捨てるどころか、むしろ結びつきを強めることになるよ。見捨てるのは朝鮮半島の方だ。確かマティスは在韓米軍の撤退にも反対してたと思う。トランプが以前命じた話があっただろ?あれも複数の米政府関係者がなだめたということで不発に終わったけど、その中に確かマティスがいた。

あっ!そのことを書いてる記事を見つけました!これって後で取り上げた方がいいですか?

そうだな。今回の主題はマティスの辞任でボルトンら対中強硬派が台頭するという話にとどまっているけど、在韓米軍にも影響が出るとなると話のフェーズが一段階上がるね。ワトソン君、後で忘れずに取り上げてくれ。

分かりました!