イギリスの合意なきEU離脱で世界がパニック状態に!? 3月29日の離脱日は動かせない?どうなるの?

欧州ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

イギリスのEU離脱について、イギリスの議会でEUとの離脱合意案が否決されたため騒動になっています!「合意なき離脱」が起これば韓国を含めて世界中に影響が出るそうです・・・。どうなってしまうんでしょうか?

イギリス国民「こんなはずでは…」ユーロスターが止まり、牛乳は税関で腐る”最悪の事態”も
1/17(木) 15:20配信 AbemaTIMES

 2016年の国民投票で決定したイギリスのEU離脱(Brexit=ブレグジット)。3月29日が離脱の期日となっているが、英国議会下院は15日、政府とEUが合意した離脱合意案に歴史的大差でNOを突きつけた。

 28か国が加盟しているEU内では、人・物・資本・サービスの移動が原則自由となっているが、離脱後するイギリスとの間には新たなルールづくりが必要だ。そこでイギリス政府はEUと交渉、昨年11月、移行期間を3月から来年12月31日までとし、現在の貿易関係を維持すること、また、少なくとも5兆5千億円にのぼる違約金を支払うことなどが盛り込まれた離脱合意案がとりまとめられた。今回、下院が反発したのは、この合意案だ。

 21日までに代替案を提出しなければならなくなったメイ首相は、「下院は離脱案に反対という意思を明確にしたが、この投票結果は離脱に向けてどのようなサポートをしてくれるのか何も示していない」とコメント。この状況にEUのバルニエ交渉官は「イギリスは次のステップを我々に示す時がきた。我々も一致団結して合意に達したい」と話し、記者からの「メイ首相を信じているか?」という質問にはノーコメントを貫いた。EU側が離脱案の修正に応じる可能性は低いとみられており、このままでは「合意なき離脱」となる可能性がある。その場合、人・物・資本・サービスのすべての流れに大きな混乱が生じるのは必至だ。

 それは世界経済にも大きな影響を与える可能性がある。先週イギリスを訪問した安倍総理は「英国にもっと投資を行い、ともに経済成長をしていきたいと強く願っている。そのために“合意なき離脱“はぜひ回避してほしい」と話していた。

 EU離脱は一体どうなるのか。16日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、イギリス政治に詳しい慶應義塾大学法学部の細谷雄一教授に話を聞いた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010009-abema-eurp

イギリス=日本、フランス=韓国?

こら!大事なところでカットするなww

ちょっと長かったので・・・。続きを載せます!

■“大陸とは一線を画したい“イギリスの国民性

 かつてウィンストン・チャーチル元首相は「We are with Europe, but not of it.(我々は欧州と共にあるが、その一部ではない)」と発言したという。“大陸とは一線を画したい、EU本部の指図は受けたくない“という考えとも通じる発想だ。

 細谷教授は「国民投票時、キャメロン首相も使っていた話だが、実はヨーロッパ史の中でイギリスは非常に重要な役割をたくさん担ってきたという点がある。ヒトラーがヨーロッパ大陸を支配した時にはまさにチャーチルが英雄として解放した。ナポレオン戦争でもウェリントン将軍がワーテルローの戦いを勝利に導いた。つまりイギリスは何度もヨーロッパを救ってきたし、ヨーロッパ人としても感謝の気持ちがあると話す。

 「“ヨーロッパに旅行に行く“という言い方をするぐらい、イギリス人にとって、ヨーロッパは“外“だという感覚がある。一般的な感覚として“悪いものは常にヨーロッパから来る“というイメージを抱いていて、ヒトラーによる侵略や共産主義のように、偉大な英雄が外から来た敵を倒すというのが物語としてウケやすい。移民に対しても、それに対してイギリスを守らなければいけない、という感覚がある」

 2016年の国民投票では、EUからの離脱に賛成が52%、反対が48%だった。年齢層別にみると、年齢が高いほど離脱派が多く、若い世代ほど残留派が多い傾向を示したという。この結果投票に大きな影響を与えたと考えられているのが、移民の増加だ。

 たとえば離脱派に投票した人の割合が全国で最も高かった町・ボストンでは、移民がここ10年ほどで1700人から1万人近くにまで膨れ上がっている。移民によって、自分たちの仕事が失われてしまうのではないか、という危機感が、有権者を離脱派に向かわせたということだ。2001年にポルトガルからやってきたという男性は「“仕事を奪い、学校を乗っ取り、公共サービスを使いまくっている“と、すべてを移民の責任にしているグループがある」と悲しげな様子で話していた。

 イギリスはEUの他の国と比べて英語が使え、開放的な国なのでどんどん移民が入ってくる。そこでキャメロン首相は公約で移民の上限を10万人にする、としていたが、他国と比べても多い毎月30万人が入ってきていた。投資は目に見えないが、移民は目に見える。電車に乗っていても街を歩いていても目立ってしまう。本当は労働コストが安いところへと生産拠点が流出しているので、必ずしもすべてEUが原因ではないのに、“仕事がないのは外国に取られているからだ、EUに入っているからだ“となる」

ふむふむ。前半部分に非常に興味深いことが書かれてるね。英国は欧州ではあるがヨーロッパの一部ではないという認識でいるわけだ。戦前のドイツはおろかナポレオン戦争にまで歴史を遡り、ワーテルローの戦いでフランスに勝利しヨーロッパを救ったという自覚があると。

ボクが調べてたことが、そのまま書かれてました・・・。

この“ヨーロッパから悪いものがやってくる”という考え方は、日本にとっては非常に共感できる部分だね。中国や朝鮮半島から日本は歴史上何度も脅威にさらされてきた。元寇なんてのはいい例だ。逆に朝鮮出兵など積極的に制圧していこうという動きもあったが。

確かに!だから、やっぱりイギリス=日本、フランス=韓国なんだなと改めて思いました!

ところでワトソン君はワーテルローの戦いについて調べてたのかね?

そうです!ワーテルローの戦いは、イギリスやオランダをはじめとした連合軍にプロイセン軍と、フランス軍との戦いです!1815年6月16日から6月18日までの3日間に渡って続いてて、ナポレオンはこの戦いで敗戦して退位することになるんです!

有名な戦争だね。かの銀行家ロスチャイルドがナポレオンの敗戦をいち早く察したが、わざと英国の公債を猛然と売りに出し始めたんだ。そのことは知ってる?

知りません・・・。

そこは調べてないのか。当時から情報通と言われていたロスチャイルドが英国公債を売ったことで市場はパニック状態となり、誰もが英国の敗戦を確信して公債が暴落した。ところがロスチャイルドはその暴落した公債を今度は一斉に買い占めたんだ。するとナポレオンの敗戦がようやく伝えられ英国公債が急騰することになり、ロスチャイルドは莫大な利益を上げることに成功した。

すごいですね・・・。わざと売りから入るなんて、すごすぎます!

安く買いたいからわざと売る。今でも同じ手を使っている機関投資家は多いと思うよ。もちろん毎回成功するとは限らないがな。

この時は、ドイツはイギリスの味方だったんですね・・・。意外です。

ドイツは近代の大戦級の戦争には一度も勝ててないというジンクスがあるが、逆にナポレオンがいた頃には勝利していることになる。ワトソン君はこの現象についてどう思う?

イギリスを敵に回すと、負ける法則があるんだと思います!日本が太平洋戦争で負けたのも、連合国のイギリスを敵に回してしまったからです!

素晴らしい仮説だね。実は英国は歴史上で一度も戦争に敗北したことがないとされているんだ。第二次世界大戦では日本との戦争でシンガポールやマレーシアなどに攻め込まれはしたが、英国が敗戦国となり無理な要求を突き付けられたシーンは一度もなかった。ワーテルローの戦いの頃からそういう法則があるわけだね。

合意なき離脱が起こるとどうなるの?

いきなり歴史の勉強から入ってしまったんですけど、今回のイギリスのEU離脱とは関係があるんでしょうか?

大いにあると思うね。まず記事タイトルにも入ってるユーロスターの停止という部分について。これは日本と韓国の関係に置き換えると日韓トンネルを埋めようという話に該当する。

 また、現状について細谷教授は「やはりメイ首相には残留するべきだったと言う未練がある。あの怖そうな顔で、“合意なき離脱“が、いかにイギリスの経済や生活を壊すか、という暗い話をする。そうすると、なんとなく投票したくなくなる。問題は、保守党の7、8割が強硬離脱を容認しつつあり、党内が右寄りになってきているせいで、なぜ残留派が党首・首相をやっているのかと突き上げられている。だからメイ首相としては合理的にEUを離脱したくても、パフォーマンスとして過剰にEUを批判せざるを得ない。その態度にEU側が怒り、どんどん状況が悪くなっていく」との見方を示す。

 その上で、「メイ首相の現行案である離脱、合意なき離脱、そして残留の3択にすると、離脱が2つに分かれてしまうので、離脱派はそれをさせたくない。ここからが大変な問題になる。はっきりと分かっていることがいくつかある。一つは、現行案以外のオルタナティブ・プランのほとんど全てが過半数を取ることはできない。つまり、現行案以外に実現可能な案がないということ。そして、このまま進めば、3月29日には確実にいわゆる“合意なき離脱“という最悪の事態に陥る。ユーロスター、飛行機も全て止まる。薬だけは優先させようという動きが進んでいるが、税関では2、3か月かかることになるので牛乳などは腐る。戦後のイギリスが一度も経験したことのない飢饉が起きる。だから可能性としては離脱時期を後ろ倒しする可能性が高い」と指摘した。

牛乳が腐って飢餓が起きる・・・?ホントにそんなことが起こるんでしょうか?

まあ大袈裟すぎるような気もする。合意なき離脱で損を被るのが英国だけという前提に立てばそうなるかもしれないが、EU側もただでは済まないことは普通に理解できるよな?

EUはどうなるんですか?

他にも離脱国が出始めかねないと思っている。EUをある意味裏から支えていた英国がいなくなることでEUの中心国はドイツとフランスだけになる。どちらも世界的なポジションとしてはやや弱く、ドイツに至っては中国と一蓮托生とさえ言われている。この状態で突き進めばEUには破滅が待っているので、英国に続け!という動きが出始めるんじゃないかと俺は思っている。

英国の方針はトランプ氏とも対立せん。英語こそが英国の強みじゃよ。

今回みたいなEUとの離脱合意案は、一番トランプが嫌がりそうな内容ですよね…。

確かに!英語がネイティブというだけで、世界中に仲間がいっぱいいると思います!

経済は一時的に大きく落ち込むかもしれないけど、長い目で見れば必要なことかもしれないからね。ドイツやフランスがいなくてもやっていけると思う。TPPへの加盟も検討しているし、日本とは安全保障の面でも結びつきが強まっているからな。

どうして韓国は一方的にイギリスとFTAを結ぼうとするの?

水を差すような話なんですけど、韓国がイギリスとのFTA締結を視野に入れてるみたいです・・・。

英国の合意なきEU離脱で韓国にどんな影響あるか
1/17(木) 11:23配信 中央日報日本語版

 英国の欧州連合(EU)離脱合意案が15日に英国下院で否決されたが英国のEU離脱過程はどうなるだろうか。また、韓国にはどんな影響があるだろうか。

Q:今後のシナリオは。

A:「2016年の国民投票で英国のEU離脱が決まってから2017年3月29日にメイ首相がEUに離脱の意志を通知したため、「離脱申請から2年以内にEUから出て行かなければならない」というリスボン条約第50条に基づき英国は3月29日までにEUを離れなければならない。否決後、英国政府は3開会日以内に修正案をまとめ来週下院に再び上程しなくてはならないが、修正された合意案も通過しなければ何の合意もなく英国がEUを離れる「合意なき離脱」の状況が来る」

Q:合意なき離脱になれば英国製品の韓国国内価格は。

A:価格上昇は避けられない。現在韓国はEUと自由貿易協定(FTA)を結んでおり一部品目を無関税で輸出入しているが、英国がEUから離脱すれば関税を払わなければならない。昨年無関税でスコッチウイスキーを1億5000万ドル相当輸入したが、合意なき離脱の場合関税20%を払わなければならない」

Q:韓国企業が受ける打撃は。

A:昨年乗用車15億ドル相当を無関税で輸出したが、合意なき離脱になれば10%の関税がかかる。関税爆弾を避けるために韓国政府は3月末までに英国と別途のFTAを締結しなければならない。100社に上る英国進出韓国企業行政費用、物流費も増加しかねない。企業は本部をドイツのフランクフルトに移転することを検討中だという」

Q:英国旅行は現在のように行けるか。

A:「EUとは別途に英国は韓国国民に最大6カ月のノービザ入国を認めているので大きな問題はない」

Q:他の変化は。

A:「3月から英プレミアリーグ(EPL)で活躍中の孫興民(ソン・フンミン、トッテナム・ホットスパー)選手の試合中継を見るのが難しくなるかもしれない。現在は韓国とEUのFTAにより英国の衛星放送事業者が韓国に直接EPL中継映像を伝送するが、英国がEUから離脱すれば英国の放送事業者は韓国の衛星放送事業者の基地局を経て映像を伝送しなければならない。中継中断や視聴料引き上げの可能性がある」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000028-cnippou-kr

ネットユーザーの反応です!

・このまま関係が続くと思ってるの?
・肝心のイギリスでの話が出てきてない。関税がかかる韓国製品はもう買わなくなる
・10%ではなく、25%にしてもらうよう日本からも頼んでおきます
・日本は半導体関連の輸出をただちに規制してください
・イギリスは韓国をどう思ってるのか、を考えるべきでは?
・イギリスはTPPを介して貿易できるけど、韓国はTPPには加盟できません
・韓国の放送が見れなくなるのはうらやましい
・韓国との関係がなくなる国が増えると思う

何かネットユーザーに先に言いたいことを言われちゃったなww

イギリスはこれから大変なのに、韓国がヘンなことをして足を引っ張らないでほしいです・・・。

冒頭の記事についてはどう?

あまりイギリスの離脱に賛成してる人が多くなくて、いまいちな反応が多かったので・・・。

まあ合意なき離脱で世界経済に影響が出るとなればそりゃ反対も多いわな。同じようにトランプの壁にも大勢の米国人が反対していることだろう。反対を恐れていては何も変えられないってことだよ。俺は英国の姿勢を今は支持している。

今はってことは、変わるかもしれないんですか?

歴史的に見ても英国は確かに大陸国家のドイツやフランスとはうまくやっていけてない。ナポレオン戦争だけじゃないぞ?英仏戦争という言葉があるように、英国とフランスは数百年もの戦争の歴史を重ねてきているわけだ。それが世界大戦となると急に手を結び始めた。第一次世界大戦では英仏に加えてロシアまで連合国に入っていた。これは呉越同舟だと思わないか?

何だか、何のために戦ってるのかよく分からないですよね・・・。共通の敵が出てきたので、仕方なく手を結んでるんでしょうか?

中国や北朝鮮事案なら英仏は確かに団結できるかもしれない。だがEU離脱のような自分達に直接関わってくる案件となるとどうだ?大半の日本人にとっては、英国がEUを離脱したら世界経済に影響があるかどうかしか関心がないと思う。でも俺にとっては英国のEU離脱は他人事には感じられないんだよ。

EUのアジア版を考えたら恐ろしいことに?

ボクは、フランス=韓国だと考えてるので、EUのアジア版を想像したら恐ろしくなります!

そういうこと。今の英国は下手を打った日本の未来かもしれなかったんだよ。中国や韓国とアジア経済共同体を設立し、ヒトモノカネの行き来が自由になってしまったらどうなると思う?今とは比較にならないくらい日本はおかしなことになってたはずだ。言語や文化の異なる多数の国をまとめ上げて、通貨も一緒にしてしまうことの恐ろしさを日本人はもっとよく理解すべきだ。

確かに・・・。日本円と、韓国ウォンが同じ通貨になるってことですよね?絶対そんなのイヤです!

ただ英国は通貨だけはユーロにしなかった。ぎりぎりのところで国を守ったんだ。最初からEUという枠組みにも快く賛同してなかった証拠だね。

通貨のポンドって、響きがカッコいいですよね!もしもユーロになったら違和感が強すぎます!

欧州にはスイスのようにEUでもユーロ圏でもない国も普通に存在する。スイスは独自の国家戦略を持ち、あれだけの小国にも関わらず世界大戦でも一切侵略されずにここまで影響力を持つまでになった。英国も同じポジションを目指せるはずだよ。金融都市ロンドンのブランド力と英語の元祖であるという唯一無二の強みを持っている国は他にない。世界中に散らばる英連邦国家は数十にもわたる。”英語圏”という10数億人レベルの経済圏を束ねられるのは英国と米国しかいない。これはすごいことなんだよ。

何だか熱いですね・・・。でも、ボクもそう思います!英語が通じない国には、観光で行くのもためらってしまいます!

その気持ちはすごく分かるね。日本語が通じれば言うことなしなんだが、英語が通じないという恐怖感は確かにものすごくある。下手すると英語表記さえない場合があるからな。

ワシは英語教育の重要性をずっと説いておる。なぜ日本人は英語を身につけんのじゃ。

戦後最大級の謎の1つですね…。どうして日米同盟がありながら、英語を話せないのかは謎でしかないです。

フランスが日本人の英語教育を邪魔している?

きっとフランスが裏で悪さをしてるんです!フランスでも英語は通じないって言われてるし、イギリス人とは仲が悪いので、わざと英語がしゃべれないような教育をしてるんだと思います!

フランス黒幕説か。まあ確かにグルメ分野では日本はフランスに支配されてると言っていいだろうがな。ファッションや化粧品もかな?下手すると車もだな。例えば英国のファッションブランドとかって何か思いつくのある?

え~と、え~と・・・ラルフローレン!

米国だww

じゃあ、ブルックスブラザーズ!

米国だwww

ええっ?じゃあ、スーツケースのリモワ!

ドイツだwww

分かりません!降参です!

例えばバーバリーだな。

あ~っ!忘れてました!

ポールスミス、アレキサンダーマックイーン、フレッドペリー、ヴィヴィアンウエストウッド…という感じで続いていく。

ポールスミスは、アメリカだと思ってました・・・。アレキサンダーマックイーンは、スペインだと思ってました・・・。

まあ意外と地味だよね。フランスやイタリアブランドは山のように出てくるのに、英国ブランドとなるとパッと出てくるのはバーバリーくらいだ。ファッション業界でも完全に日本はフランスに制圧されていると言っていいだろう。

でも、それと英語教育は関係あるんですか?

関係かもしれないし、ないかもしれない。英語教育について何が問題なのか一度調べてみたいと思わないか?もう今回はこのくらいにしておくけど、機会をみて英語教育の問題点と日本人はなぜ英語が苦手だと思わされてるのかの分析をしてみようじゃないか。

いいですね!やりたいです!

ワシも参加してもよいかのう。

もちろんです。

英語の学習法についても、同時にやりましょう!

英語教育の重要性を今一度考えて、日本人がなぜ英語が苦手になってしまったかの詳細な分析と対策について検討する機会を作ろう。壮大なテーマになりそうだな。ワトソン君、よろしく頼むぞ!

分かりました!詳しく調べてみます!