「レーダー照射、韓国の説明で納得できる軍人は世界に1人もいない」「日本はまだ最終カードを残している」

安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

AbemaTVがレーダー照射事件の対談番組を放送した。今回は元航空自衛官で軍事ジャーナリストの潮匡人氏が出演し、韓国側の説明について納得できる軍人は世界に1人もいないと強い口調で批判している。日本は実は韓国を本気で困らせる最終的なカードも残しているようだ。

「日本政府の対応は”武士の情け”」「韓国政府の説明に納得する軍人は一人もいない」日韓協議”打ち切り”関係修復は困難?
1/22(火) 22:24配信 AbemaTIMES

 混迷するレーダー照射問題で、防衛省は21日、「探知音」を公開した。しかし約1時間後、韓国国防省は「実態が分からない機械音だけだ」とのコメントを出している。

 同日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した自民党国防部会長の山本朋広衆議院議員は「新しい証拠というより、我々としてはすでに掴んでいた“確たる証拠“だ。シンガポールで行った実務者協議の際には、今回公表したデータよりももっと詳しいデータを持参し、お互いの情報を交換しましょうと提案した。しかし韓国側はそれを拒否したどころか、約束を破って先にプレスリリースを行い、協議内容を歪曲して伝えた。我々としては堪忍袋の緒が切れ、可能な範囲でデータを世に出したということだ」と説明。・・・

 今回公開された音声のうち「火器管制用レーダー探知音」について、元航空自衛官で軍事ジャーナリストの潮匡人氏「敵を撃墜するためのミサイルを発射する際には、目標を追尾していなければいけない。それが火器管制用レーダーで、特定の方向に向かって常時照射する。ここが回転する捜索レーダーとの決定的な違いだ。今回の音声を聞いてみると、長く継続して音が出ているし、電波の強度も推知される。自衛隊機に火器管制レーダーが照射されたということの動かぬ証拠だと言える」との見方を示す。
・・・

 山本議員は「そもそも機密データの相互公開も、友好国同士だからできること。にもかかわらず、“一緒に突合しましょう“と言った途端に“やらない、無礼だ“と言ってくる。自分たちが照射したことが明らかになってしまうので、ひたすら拒否し、駄々をこねているだけだ。とにかく虚偽とも思えることをどんどん繰り返した結果、自身で収拾がつかなくなり、どの時点で、何を謝ったらいいかが分からなくなったのではないかという気がする。しかし、そこで我々が世界に対し、“韓国は杜撰で稚拙な軍の運用をしていた““こんなにひどいことをしているんだ“と、音声データ以上の確たる証拠を明らかにしてしまえば、友好国を喉元まで詰めることになってしまう。出せる範囲での証拠を示すことによって、韓国側に事実をきちんと認めて謝罪をするなり、再発防止策を示すなりの判断の余地を残した。あくまでも私の感覚だが、友好国としての“武士の情け“みたいなものだと説明。
・・・

 潮氏は「命令を受け、通常の任務として警戒監視をしていただけなのに、いきなり火器管制レーダーを照射された。それなのに“どっちもどっちじゃないか“という世論が形成されていけば、現場にいた海上自衛官はどう思うだろうか。彼らの同僚や、それに続く者たちはどう思うだろうか。それを日本政府が“なあなあ“にするならば、それはシビリアンコントロールが危機に瀕するということだ。だから防衛省としてもデータを発表したんだと思う。ただ、公表されたのはレーダー波を音に変換し、一部加工したもの。日本はその生データを持っている。日本政府が腹を決めれば、韓国側が出されては困る“最終的なカード“も持っていると指摘。

 「西側諸国の多くの海軍が今回のものと同じレーダーを採用しているので、データをオープンにすると迷惑がかかる。だから日本は実務者協議によって丸く収めようとしたのに、韓国側が拒否して今日に至っているという事実がある。しかも、韓国側で表に出てきているのは制服=軍人ではない人たちだ。おそらく大統領府からの強い指示があり、事実を認めない姿勢に凝り固まっているのではないかと思う。しかし、韓国側の説明を聞いて“なるほど“と思う軍人は世界中に一人もいないと思うし、韓国軍も困っていると思う。これがいわゆる歴史認識問題であれば、それぞれの立場や見方もあるだろうし、溝が埋まらないということもあると思う。しかし今回の問題は“あったか、なかったか“。軍事的・技術的に、二つに一つの世界だ。そもそも平時に公海上で、友好関係の国に対して火器管制レーダーは使わないもの。その、極めて異例なことだということを忘れて両方の言い分を並列に並べ、“どちらの言い分が…“というような議論はすべきではない」
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010028-abema-kr

韓国が強気で出てくる理由とは何か?

今回は、前回の伊藤元海将とは別の人が呼ばれたんですか?

元航空自衛官の潮匡人氏ということで、実際に哨戒機などを運用した経験が十分にある人の話だね。見応えのある意見だ。あとは自民党国防部会長の山本議員など。

日本はまだ最終カードを残してるんですか?

それがレーダー周波数だね。潮氏も言うように、これを出すと同じレーダーを採用している先進諸国にも影響が出てしまうので慎重になっているようだ。だから日本はレーダーの波形を音声に変換して加工した…加工したのか。

でも、あの音声と同じ音が動画から聞こえました!なので、再現性は高いと思います!

これで韓国が強気に出られる理由が分かったね。日本は絶対にレーダー周波数を公開できないと高をくくってるんだよ。周波数公開は他の先進諸国に迷惑がかかる、日本がそのようなことをして安全保障に穴を開けてもいいのか…というのが韓国の言い分だろう。

それで、何度も周波数を公開しろって言ってたんですね!むしろトラップだったんでしょうか?

韓国が仮にロシアや中国と同じレーダーを使っていればこうはならなかった。韓国が米国側にいるが故に起きた事件と言えるだろう。米国の同盟国であるという立場を悪用して日本に宣戦布告してるんだよ。まさに1919派の計画通りだ。

それは困りますね・・・。最終カードは、事実上使用不可能じゃないですか!

これで韓国が実務者協議で一切データを出さない理由も分かったね。日本の持ってる周波数データは実務者協議でしか出せない機密事項なので、韓国が突っぱね続ければ日本はレーダー照射を証明する手段を失うことを知っていたわけだ。韓国の目線では、実務者協議で日本が頭を下げて頼む、レーダーの情報を全部出してくれと申し入れているかのように映ったかもしれない。

自衛隊がまだ韓国を友好国だと思ってるから、強気で来られてしまうんですよね?

自衛隊、そして防衛省には覚悟が必要だ。レーダー照射の事実を100%完璧に証明するために、韓国のレーダー波形を公開してでも韓国を追い詰めなくてはならないかもしれないと。レーダー照射の事実が証明できれば韓国が自由主義陣営でないと世界各国に伝えられるので、該当レーダーを全部換装する事態になっても悪いのは100%韓国だという説明が可能になる。

レーダーの周波数を公開すると、中国やロシアが喜ぶってことですよね?

そういうこと。だがそれ以上に友好国にレーダー照射するような信用できない国が自由主義陣営にいることの方が問題だ。安全保障事案として取り上げられるよ。ロシアや中国に周波数を知られること以上の重大事案としてね。その主張をサポートする材料として世界各国の軍事関係者の共感があると思う。

世界は韓国のレーダー照射以外の犯罪行為を疑っている

それが、潮さんの主張のメインですか?

韓国のあの非論理的な説明で納得できる軍人は世界に1人もいない、という部分だね。韓国のネットユーザーでさえおかしいとずっと言ってただろ?自衛隊が150m飛行をこれまで3回以上やってきたのに何も問題視しなかったという矛盾点も生じた。何より韓国の言い訳が二転三転していること自体が、韓国がその場その場で都合いいウソをつき続けてることの状況証拠になるよね。

ホントにレーダー照射してないなら、最初からきっぱりそう言えばいいと思います!カメラを向けたら射撃レーダーもそちらを向いたとか、北朝鮮の漁船を探すためにレーダーを使ったとかの話はいらないと思います!

そういうこと。わざわざ意味不明なストーリーをでっち上げて言い訳にしてる時点で、何かやましいことをしていると誰もが疑うことに韓国は気付いてないよね。韓国が重視してるのは論破されるかされないか、言い返せるか言い返せないかという部分のようだが世界はそれでは納得しないだろう。

ゴーン会長がずっと犯罪を認めないのに、勾留させられてるのと一緒ですか?

まあ近いと言えば近いか。韓国も国際法違反行為を絶対に認めないし、確たる証拠がないだろ!と必死になって言い逃れをしようとしてる。だが世界がその様子を見てどう思うか…フランス政府だってなぜかゴーンを見捨て始めたし、レーダー照射があったかどうか以上に重大な犯罪行為が裏にあると誰もが気づいてるんだよ。そう、瀬取りのことだ。

世界が韓国の瀬取りを疑ってるから、日本の言い分を認めてくれるんですか?

自衛隊の哨戒活動目的は瀬取りの監視だと世界中が知ってる。その活動中に韓国と起きたトラブルということになれば、誰もが韓国の動きは怪しいぞと疑いの目を向けるはずだよね。韓国側の主張からはここの視点が完全に欠落している。それでああいう風に訳も分からず強気で出てくることになる。

実は音声公開の時点で機密事項は明るみになっている

ネットユーザーの反応です!

・武士の情けをかけてもいいのは、相手がまともな主張をしてる時だけ
・武士の情けは韓国に間違ったメッセージを与える。協議打ち切りは素晴らしいと思う
・実務者協議はしないけど、政治的な対応はするってこと?
・韓国には武士の情けは通用しません
・当時冷静に対応した哨戒機のパイロットは素晴らしい
・日韓関係は修復しなくていいです
・音の発表はほぼ周波数発表と同じ。音から周波数に変換できる
・哨戒機に公開用データの収集装置を積むべき?
・偽りの日韓関係を続けていても無意味だと思う

そうそう。大事なことを忘れていたね。音の公開の時点で機密事項は明るみになってるってこの前音声公開の記事で話題にしたよね。

防衛省のページをもう一度貼るんですけど、確かに音から周波数に変換できそうですよね?もう機密は公開状態だと思います!
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x.html

ただ韓国国防部は素人だから音声から周波数に変換できることも分かってないだろうし、音声だけでも実は証拠能力を有することも絶対に理解してないと思う。確かにただの機械音だと言い逃れることは可能かもしれないけど、世界中の軍事関係者がその説明では納得するわけがないってことだね。

報道を見る人も大半が素人だと思うので、周波数を公開しなきゃダメだって思ってるのでは?

そう。韓国国防部は日本の世論にターゲットを絞ってるんだよ。防衛省のやってることは無意味だ、周波数を早く出せ、周波数を出させるように日本政府に圧力をかけろ…とこういう意図があるんだろう。だが実際には音声公開の時点で機密事項は明らかになってしまっており、世界中の軍事関係者もこれは射撃レーダーの音だと理解している可能性がある。

この状態で、周波数の波形を公開したら・・・?

世界の軍事関係者はもう音声だけで十分だ!周波数公開はいいから!韓国がレーダー照射したことはもう分かってるから!と慌てるに違いない。ぶっちゃけロシアや中国も今回の音声を解析してレーダー特性を割り出すだろうし、さらに踏み込んで言えば先進諸国が使ってる同じレーダーはもう使い物にならないと思う。だが今はそのことを一般の素人が認識していない。だから穏便に済ませて、韓国が悪いということでコンセンサスを得られてレーダー換装をこっそり進めるということが可能になる。

じゃあ、日本が周波数公開の最終カードを使ったら、その絶妙なバランスが崩れてしまうってことですか?

そういうことになる。日本が機密事項を漏らした!とマスコミがこぞって報道し始めるかもしれない。そして素人の目にもそれがまずいことが明らかになる。こうなれば防衛省は国際的に不利な立場に置かれてしまうことになる。そうして考えると、今回のレーダー照射事件は日韓の情報戦という見方が一番正確かもしれないね。日本国民は今回の防衛省の対応を全面的に支持してあげるべきだよ。“武士の情け”という単語は確かにまずかったと思うけど、そこだけをピンポイントで批判しなくてもいい。

情報戦、ですか・・・。その観点で言えば、今のところ日本の勝ちですね!

韓国のネットユーザーまでもが韓国国防部を疑ってるからな。世界中の軍人も韓国の主張を一切支持しないだろう。米軍関係者米軍元パイロット在日米軍もか。そして米国人の放送作家までみんな日本支持だ。日本は今勝利に傾いていることを自覚して、引き続き韓国に対し強硬姿勢を貫いてほしいと思う。ロスタイムで3点オウンゴールして韓国を無理やり勝たせるのはもうごめんだ。

今までの日本は、ホントにそんな感じでしたよね・・・。韓国の皆さん、もう見苦しいウソはやめましょう!レーダー照射したことを認めて、潔く謝罪しましょう!