【中国経済】中国のGDP成長率は1%台だった!? 中国の研究チームが発表?どういうこと?

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

時事通信が解禁になったので、早速使ってみようと思います!中国経済の成長率が、実は3%だったという話が出てきてるんです!中国の非公式の会合で、電気の使用量などを分析したらそういう結果になったそうです!研究チームによっては1.67%だったり、マイナス成長という話まで出てきてるそうです・・・。どうなってしまうんでしょうか?

【中国ウォッチ】成長率、実は3%以下か~マイナス説も~
1/26(土) 19:03配信 時事通信

 中国経済の落ち込みが顕著なことから、実際の成長率は公式統計の数値を大きく下回っているとの見方が出ている。2018年の成長率について、中国のあるエコノミストは「約3%」と推計。さらに「1%台」「マイナス成長」といった説まである。

 中国国家統計局は21日、18年の成長率が6.6%だったと発表した。「6.5%前後」と設定した政府の成長率目標は達成されたことになる。しかし、昨年末に来日した中国の改革派エコノミストは非公式の会合で、電力消費量などのデータを分析した結果、成長率は約3%とみられると語った。このエコノミストは統計局が発表する成長率の信ぴょう性を疑い、成長率を独自に計算しているという。

 エコノミストは「中国経済はかつての日本と同じ道を歩んでいる」とした上で、「高度成長はかなり前に終わっており、これからは低成長時代に入る」との見方を示した。

 また、中国人民大学の国際通貨研究所で副所長を務める向松祚氏は昨年12月中旬に行った講演で、「非常に重要な機関」の研究チームの内部報告によると、18年の成長率は1.67%だと紹介。さらに、「マイナス成長という説もある」と述べた。

 向氏の講演の映像はインターネット上で広まったが、中国メディアは報じていない。公式統計を否定する報道は禁じられているとみられる。

 21日に日本記者クラブで講演した東京財団政策研究所の柯隆主席研究員は、中国経済の支柱である自動車産業で18年の新車販売台数が前年比2.8%減だったのに、国内総生産(GDP)が6.6%増加するというのは不自然だと指摘。公式統計の成長率より向氏の挙げた数値の方が「実感に近い」と語った。

 悲観論は欧米にもある。例えば、英国のエコノミスト、デービッド・ブラウン氏は14日の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(電子版)に寄稿し、「中国経済の減速は危機的状態に陥りつつある」と主張。中国当局が金利引き下げを含む大掛かりな景気刺激策を打ち出さなければ、同国経済はハードランディングして、19年の成長率は2%にまで低下する恐れがあると警告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00010002-jij-cn

中国の成長率は3%?1%?マイナス?

時事通信きたな!解禁後初の採用だ。

この記事は、時事通信の独自性が強いと思うので、使っていいですよね?

いいね。書いてるのは外信部長で記事の公平性も十分だ。他でも報道してる場合はなるべく使わないようにとは言われたけど、その場その場で適宜判断して問題ないと思う。

あと、台湾海峡の話はどうしますか?こっちの方が目を引いたので、取り上げてしまったんですけど・・・。

ここで後でもう一度取り上げよう。まずは中国の経済ネタが優先だ。成長率が実は3%だったって?それを時事通信が報道したというのがすでに衝撃だね。

発表したのは中国のエコノミストで、電気の使用量などを分析して、3%台という数字を出したそうです!中国政府のことを信用してないんですね・・・。

まあ地方政府のGDPを全部合計したら、上海のGDPまるまる1つ分が余ってしまったという話もあるくらいだからな。どこも基本的に数字は盛ってるがその盛り方が尋常ではないという話だね。

他には1.67%だとしてる研究チームもあったり、マイナス成長とまで言われてるみたいです!

確かに3%どころか1%、いやマイナス成長の可能性もあるね。電力の消費量だってかさ増しされてるかもしれない。自動車の販売台数や不動産の価格推移で考えれば今年はマイナス成長にならないとおかしい。都市部の住宅価格が落ちて去年の成長率も28年ぶりの低水準だったからな。

成長率が落ちてるのもそうなんですけど、中国経済が減速してるって報道されるのは打撃が大きいですよね!

トランプにまで揶揄されてしまうほどだからな。米中貿易戦争でもう負けが見えてる状態だけど、不退転の覚悟を決めなければ今度は国内勢力が黙ってないだろうね。習近平は苦しい立場に置かれているよ。

中国がアメリカに対抗?原油の輸入を停止させる?

中国も対抗してますね!アメリカ産の原油やLNGを輸入しなくなってるみたいです。

中国、米産の原油・LNG輸入を停止 対米交渉カードか
1/26(土) 5:08配信 朝日新聞デジタル

 中国が昨年12月、米国から原油と液化天然ガス(LNG)をまったく輸入しなかったことが、中国税関総署が25日発表した同月の詳細な貿易統計でわかった。米中両国は3月1日を期限にして厳しい通商交渉を続けており、中国側が国有エネルギー大手による調達を制御し、対米交渉のカードをつくったとみられる。

 中国政府関係者は25日、「エネルギーは米国が最も重視している輸出品だ。中国は米国産の最大の輸入国だったが、買うのをやめた。米国は直接的な打撃を受けるだろうと話した。

 原油と天然ガスは米国にとって、対中貿易での「弱点」とみられていた。

 国連と世界貿易機関(WTO)が共管する国際貿易センターによると、米中通商紛争前の2017年、米国が輸出する原油に占める中国向けの割合(金額ベース)は20%。一方、中国の輸入に占める米国産の割合は2%にすぎない。LNGも13%対4%で、中国にとって対米報復に使いやすい輸入品だからだ。中国は同年10月もLNGを輸入していない。不足分は、ロシアなど米国の競争相手から輸入を増やすとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000011-asahi-bus_all

原油は余ったら自国内で使えばいいんじゃないか?別に中国に輸出できなくても何も困らない気がする。

確かに・・・。あまり効果がないような気がします。

もしも万が一米中軍事衝突ともなれば原油は戦略物質だからな。むしろ中国への禁輸が早まったという見方もできる。トランプは意に介さないと思うよ。

中国は何も分かっておらん。原油を他国に依存するなぞ愚かな話じゃよ。海路を封鎖されたらどうするんじゃ。

人口の多さが仇になりますよね…。今や中国は世界有数の輸入大国です。

あと、マレーシアが正式に高速鉄道を中止しました!これって大打撃ですよね?時事通信以外は特に報道してませんでした。

マレーシア、中国支援の鉄道計画打ち切り 「総工費高過ぎ」経済相
1/26(土) 19:07配信 AFP=時事

 【AFP=時事】中国から数十億ドルの支援を受けていたマレーシアの鉄道計画が、総工費が高過ぎるとして中止されることが分かった。政府当局者が26日に明らかにした。

 アズミン・アリ(Azmin Ali)経済相は、マレーシアの東海岸と西海岸を結ぶ総工費810億リンギット(約2兆1500億円)の東海岸鉄道計画(ECRL)を2日前に中止する決定を下したと発表。

 「ECRL開発の費用は高過ぎる。今は財政的な余裕がない」と報道陣に語り、計画を中止しなければ、マレーシアは年間5億リンギット(約132億7000万円)の利息を支払うことになると説明した。

 マレーシアではここ数か月、ナジブ・ラザク(Najib Razak)前政権下で締結された複数の主要計画が、相次ぐ不祥事により、1兆リンギット(約26兆5400億円)もの巨額の赤字を削減する目的で中止されている。

 ナジブ前政権は、中国と友好的な関係を築き、中国政府が支援する一連の事業計画について契約を結んでいた。

 だが、こうした契約の多くは不透明だと批判する声が上がり、マレーシアの政府系ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」の資金流用事件をめぐる巨額の債務を精算する交換条件として締結されたのではないかとの臆測も飛び交っている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000034-jij_afp-int

高速鉄道じゃないじゃん。前からあった鉄道の方だな。期待して損した…。

あれ?見間違えました!

でも正式に中止だと世界に向けて発表したのは大きいね。中国がどんどん追い詰められている証拠と言えるだろう。前政権のナジブが中国とベッタリの政策をしていて、ちょうど今のインドネシアのような状態になっていたわけだ。他にもスリランカやアフリカの複数の国が中国の債務の罠にはまってるからな。

26兆円の赤字は、マレーシアにとっては大きいですよね?

だろうね。マレーシアは韓国からのプラスチックごみにも悩まされているし、ぜひともここで東南アジアのお手本となってもらいたいものだ。タイが未だに中国ベッタリなので何とかしてもらわないといけない。

不動産や在庫を増やすだけでもGDPが増える?

ネットユーザーの反応です!

・中国は子供の数も把握できてない
・6.6%の成長率を信じる人は、中国ではほとんどいない。中国投資は危険です!
・株価が長期的に下落してるのに、プラス成長してると思ってる方がおかしい
・実質成長率は2~3%くらい?バブル後の日本と同じかも
・様々な角度からのデータで分析してほしい
・中国の発表は全部デタラメだと思う。実態はマイナス
・日本は先にチャイナショックの手を打つべき
・売れない不動産も建設すればGDPにカウント。在庫もGDP。GDPはソ連のような計画経済の国ではあまり意味がない
・賢明なマハティール首相の判断です。他の国々に同じ考えが伝わると願っています
・高い勉強代だとしても、安上がりだと思う
・中国のインフラ整備は、粗悪なのに高くなる
・作るだけの時代は終わった。これからはメンテナンス性が重要

いいね。複数の記事から持ってきてるよね?

そうです!GDPの話が一番面白かったです。

不動産を建てればGDP、在庫を積んでもGDP。確か中国には世界の人口の数年分の需要を賄える被服が積み上がっているという話もあったな。米国が100年かけて使ったコンクリート量をたった3年で使い切ったりとか。中国全土のあちこちにゴーストタウンがあったりね。

資源の無駄遣いだと思います・・・。

需要もないのに建てるという発想がおかしいんだよ。その一方で北京や上海などでは不動産価格が高騰してるんだろ?需要のあるところにもっと建てればいい話だ。

価格の下落を嫌う人がいるからでは?東京にマンションがもっといっぱい建ったら、今までの人が売れなくなって困ると思います!

東京はまだまだ需要があるから大丈夫だとは思うが、中国の場合需要もないのに高騰してるような場所もありそうだな。投機が投機を呼んでお金儲けしたいだけの人達とか。買うだけ買って住まないし運用もしない人もいるらしいじゃん。

多いみたいですね!よくネットで見かけます。

ネット?ツイッターではなく?

ネット、です。

ふーん。まあいいや。その理由は新築未入居の方が高値で取引されやすいということだが、そこまで希少性ある物件かどうかは分からないよね。今やニューヨークの不動産価格まで下落し始めたんだろ?世界中で不動産価格を保てる都市なんてどこにもない気がするね。

中国の食料輸入ルートが封鎖されるかも?

突然なんですけど、台湾海峡の話をここで取り上げます!

台湾海峡で米中緊張 米海軍の艦船2隻が航行 中国も爆撃機が飛行
1/25(金) 21:11配信 毎日新聞

 【台北】米海軍の艦船2隻が24日、台湾海峡を航行した。昨年7月以降、米艦船の台湾海峡航行は4度目。一方、中国軍のH6爆撃機など数機も同日、台湾付近を飛行した。米中は貿易問題や中国による南シナ海の島の軍事拠点化を巡り激しく対立。米側には台湾問題でも中国を揺さぶる狙いがあるとみられるが、中国軍も台湾周辺で動きを活発化させており、緊張が高まる恐れがある。

 台湾国防部(国防省)などによると、米軍のミサイル駆逐艦と補給艦の計2隻は南シナ海から台湾海峡を北上して東シナ海へと航行した。米CNNによると、米艦船の台湾海峡航行は従来、年に1度程度で、最近はペースが上がっている。

 米太平洋艦隊の報道官はCNNに「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものだ。米海軍は今後も国際法で認められたあらゆる場所を飛行・航行し続ける」と強調した。

 昨年11月に米艦船が台湾海峡を航行したのは、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の会談直前。今回の航行も今月30日から米中が閣僚級の通商協議を開く前のタイミングとなった。

 一方、中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)・副報道局長は25日の記者会見で、米艦船航行について「中米関係と台湾海峡地域の平和安定を損なわないよう米国に促す」と反発した。

 中国にとって台湾問題は「核心的利益」。台湾国防部によると、中国軍のH6爆撃機などが中国南部から台湾南方のバシー海峡を経て、西太平洋へと長距離飛行の訓練をした。中国軍の戦闘機などは今月22日にも台湾周辺を飛行したばかり。中国は空母「遼寧」に台湾海峡を通過させるなど、台湾に対する軍事的圧力を強めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000076-mai-int

台湾海峡というのは中国と台湾の間にある海峡だね。ここを米海軍が通過するというのは、中国にとっては非常に安全保障面でデリケートにならざるを得ない。どうしてだか分かるか?

台湾を独立国として、認める動きだからですか?

それもあるけど、一番は海上の貿易ルートだよ。南シナ海から東シナ海を抜けるように航行したんだろ?もしも中国との有事に突入すれば海路を封鎖するつもりだと思う。

はっ!

さっき中国が米国からの原油やLNG輸入をストップしてるって話があっただろ?代わりにロシアからパイプラインを引いたり、陸路でミャンマーを経由したりと入手経路を多角化させてるらしい。ところが食料についてはどうだ?大豆はほぼ全量が北米と南米から来ている。要するに海路でしか輸入できないってわけだ。

大変じゃないですか!他の食料もそうですよね?

大豆以外は把握していないが、大豆の搾りかすが飼料に使われることを考えればもう中国の畜産業は廃業するより他はないよね。代わりにトウモロコシを使ってるという記事が少し前にあったと思うけど、それもいつまで続くのやらという感じだ。豚肉が手に入らなくなれば中国料理は話にならない。これは国民にとって大きな不満に繋がるだろう。

色んな部分に影響が出ますね・・・。そういう意味で、すごく大事なニュースだったんですね!

様々な報道に目を通して、多角的な視点を持つことで初めて分かる事実だ。米国は明確に中国との有事を想定してるってこと。まあ今回の主題はGDP成長率の話でいいと思うよ。今後は中国の食料輸入ルートという観点で米軍の動きを見ていくと色々と面白いんじゃないかと思う。かつて大日本帝国に仕掛けたことと同じだからね。歴史の勉強にもなるだろう。

分かりました!