米国政府、ファーウェイ副会長の身柄送還を要求  カナダ政府が正式受理

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

米司法省が中国Huawei本社と米国子会社、関連会社、そして副会長の孟氏を起訴しました。これに伴い副会長の身柄引き渡しをカナダ側へ正式に要請し、カナダが受理したと報道されています。中国側は一貫して容疑を否認していますが、カナダ司法省がどのような判断を下すかに注目が集まります。

ファーウェイで米中対立激化=長期戦へカナダ揺さぶり
1/30(水) 7:08配信 時事通信

 【北京、ワシントン時事】中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)が米当局によって28日に起訴されたことで、米中対立は新たな段階に入った。

 米側は副会長の身柄引き渡しをカナダに正式要請。引き渡しの実現には時間がかかるとみられ、中国は長期戦を視野に、カナダへの揺さぶりを続ける構えだ。

 副会長の起訴事実は、米国の対イラン制裁を逃れるため米金融機関に虚偽の説明を行った罪。カナダのメディアによると、カナダ司法省が28日夜、引き渡し要請を確認した。引き渡しの可否をめぐる裁判所での審理は2月6日に行われる。

 これに対し、ファーウェイ側は29日、中国メディアに「米国の法律違反という訴えを否認する」と主張した。中国では、今回のファーウェイをめぐる問題は次世代通信規格「5G」などの米中の技術覇権争いが背景にあると指摘されている。

 中国外務省の耿爽・副報道局長は29日の記者会見で、「ファーウェイを含む中国企業への不当な圧力を中止するよう強く促す。米国が引き渡し請求に固執することに強烈な不満と断固とした反対を表明する」と強調。工業情報省の聞庫報道官も同日、ファーウェイの脅威について「何も証拠がない」と退け、「中国の5Gは前進し続けている」と技術競争力に自信を示した。

 ただ中国は、国内経済の今後に影響する米中閣僚級の貿易協議が30日から始まるのを前にトランプ米政権を刺激するのを避けたいのが本音で、対米非難のトーンは抑制気味だ。その一方、米中の間に立つカナダへの圧力に力を入れている。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000012-jij-cn

カナダ、ファーウェイCFOの送還要請を正式受理
2019/1/30 6:07

 【ニューヨーク】カナダ司法省は29日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への正式な送還要請を受理したと明らかにした。受理日は公表していない。同省は3月1日までに送還手続きを進めるかを判断する。

 カナダメディアによると、同国の司法相は米国からの正式要請の後、1カ月以内に送還手続きの可否を決める。認められれば裁判所で審理が始まる。孟氏は裁判所の判断に異議を唱えることができる。カナダメディアは「裁判所で結論が出るまで数年かかる可能性がある」と報じており、長期化する見通しだ。

 孟氏は29日、カナダの西部ブリティッシュコロンビア州の裁判所に出廷した。保釈条件の変更について協議したとみられる。同氏の次の聴聞会は2月6日に予定されている。

 カナダ当局は昨年12月、米国の要請を受けて同国で孟氏を逮捕した。同氏は保釈が認められ、カナダに滞在している。米司法省は28日、イランとの違法な金融取引に関わった罪などでファーウェイと孟氏を起訴した。カナダに対しては犯罪人引き渡し条約に基づいて身柄の引き渡しを求めており、カナダ側の判断が注目されている。

 米司法省がファーウェイと孟氏を起訴したことに対し、同社は「米国の法律に違反したなどとする事実はすべて否定する」との声明を発表した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40652020Q9A130C1000000/

中国Huaweiが複数の罪に問われる

おいおいこのタイミングでやるのかよ…。すげえな米国。

あれ?明日からトランプ大統領が中国と会議するんですよね?

これは中国内でノコノコ何しに行ったんだと叩かれる展開もありうるな。あまりにもタイミングが悪すぎると思う。

もしも協議でこの話を中国が出したら、反省してないと思われますよね?

米司法省が中国Huawei本社と米国子会社、関連会社、そして副会長の孟氏を起訴しました。それに伴い米国がカナダに身柄の送還を要求しています。容疑は複数あり、イラン制裁違反に加えて米通信大手のT-Mobileの企業秘密を盗み出した罪にも問われています。今日から始まる米中協議とは関係ないとしています。

米、ファーウェイを起訴 違法取引や企業秘密の窃盗
2019/1/29 7:10

 【ワシントン】米司法省は28日、イランとの違法な金融取引に関わった罪などで中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)と同社の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を起訴したと発表した。孟氏を逮捕したカナダに身柄の引き渡しを求める。米通信会社から企業秘密を盗んだ罪でも同社を起訴した。閣僚級の貿易協議を目前に控え、米中の対立が激しくなりそうだ。

 イランの事件を巡って起訴したのは、中国のファーウェイ本社と米国子会社、関連会社スカイコム・テックと孟氏。いずれも銀行詐欺や通信詐欺に関与したり、共謀したりした疑いがある。

 米司法省の資料によると、ファーウェイは関連会社スカイコム・テックを通じて、米国が制裁対象としているイランと製品や金銭をやり取りしていた。ファーウェイ側は「スカイコム・テックとは無関係」と金融機関に虚偽の説明をしていたという。

 カナダの司法当局は2018年12月1日、米国の要請に応じて孟氏を逮捕した。その後、孟氏は保釈が認められ、カナダに滞在している。米司法省は犯罪人引き渡し条約に基づき、カナダに身柄引き渡しを求める方針を表明した。カナダの裁判所が今後判断する。

 このほか、米通信大手TモバイルUSが開発した携帯電話の品質管理ロボットに関する企業秘密をファーウェイの社員が盗み出したり司法妨害したりした罪で、同社と米国子会社を起訴した。

 司法省の会見にはロス商務長官やニールセン国土安全保障長官が同席した。閣僚が会見に出席するのは異例だ。

 米中両政府は30~31日、ワシントンで閣僚級の貿易協議を開く。米国側はファーウェイと貿易交渉は別の問題だと繰り返しているが、直前の起訴には中国に構造問題で譲歩を迫る思惑があるとの臆測も出ている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4059700029012019000000/

今回の米中協議とは関係ないって?本当かよ?

米国時間30日から米中の協議がWashingtonで始まりますが、本件とは関係なく司法省が中国Huaweiを起訴した形になります。譲歩を迫るとの見方はあくまでも憶測に過ぎません。

でも、前回もそうでしたよね?確かアルゼンチンのG20で夕食会をやって、その直後にファーウェイのCFOが拘束されたんです!

そんな話があったな。ボルトンは知ってたけどトランプが知ってたかどうかは分からないって。まあ二度同じことが繰り返されたので意図的にやってる可能性が高いと見た。中国に圧力をかける腹積もりだろうね。

中国は愚かじゃのう。米国を甘く見過ぎておる。何をしておるんじゃ。

念のため繰り返しますが、本件と米中の協議は関係がありません。トランプ氏と司法省の動きは連動していません。2度続いたのも偶然だと判断できるでしょう。

ホントですか?ホントに偶然なんですか?

3月前半に重要な出来事が集中しているとの観測も

そしてカナダ司法省が米国司法省の要請を受理と。どうなるんだ?

あ~っ!それに、カナダが3月1日までに送還手続きを進めるか判断する、って言ってます!

まあそれは例の追加関税発動の日に合わせてるんだろ。

でも、リストには追加できますよね?もっと増やせると思います!

どれどれ。

【2019年3月に予定されてる大イベント一覧】
・3月1日:米中貿易戦争での追加関税発動猶予期限
・3月1日:新日鉄住金の差し押さえ資産の売却命令猶予期限
・3月1日:中国ファーウェイ副会長の身柄引き渡し判断期限
・3月2日:米国政府債務上限に到達、新規借り入れ不能に
・3月29日:英国のEU離脱予定日
・3月X日:米国4000万人のフードスタンプ発給停止
・3月X日:日本政府が国際司法裁判所に韓国を提訴予定
・3月X日:国連安保理の制裁委員会報告書公表予定

3月前半にイベントが集中してるな…。この政府債務上限の話は気になるんだが、今どういう風になってるんだろう?

つなぎ予算は3週間で切れるため、再度政府が閉鎖される懸念は常にあります。債務上限に関してもそうです。現時点ではまだ表面化してるとは言えませんね。

米政府機関の再閉鎖、経済への影響より深刻に=ムーディーズ
1/30(水) 3:42配信 ロイター

 [29日 ロイター] – 格付け会社ムーディーズは29日、米政府機関がつなぎ予算が失効する約3週間後に再び閉鎖に追い込まれれば、米経済により深刻な影響が及ぶ恐れがあるとの認識を示した。

 ムーディーズは声明で、今回の35日間に及ぶ過去最長の閉鎖よりも、影響は深刻になるとの見通しを示した。

 政府機関閉鎖による経済全体への影響は特定の分野に集中しているとしつつも、米国の最上位格付け「AAA」に対する「クレジットネガティブ」と指摘した。

 米議会予算局(CBO)は、今回の政府機関閉鎖による経済損失が30億ドル程度と試算している。[nL3N1ZS4FM]

 ムーディーズは、政府機関が約3週間後に再閉鎖されれば、債務上限を巡る協議を複雑にし、米国の債務返済能力を巡る懸念が再燃すると警告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000013-reut-bus_all

でも、株価はそこまで下がってませんね・・・。

先のことは誰にも分かりませんので、目先の材料に基づいて取引をする機関投資家が多いです。今は前四半期の決算が出る時期ですが、決算の内容がが良ければ買われますし悪ければ売られます。

まあそりゃそうだよな。あるかどうかも分からない政府閉鎖を気にする投資家はそこまで多くないだろう。債務上限の話については大体分かった。まだ気にする段階ではない、という以外の前向きな話はなさそうだ。

まだ慌てるような時間じゃない、では?

仙道ネタそろそろ飽きたらwww

米国へと亡命申請した中国の大富豪も

ネットユーザーの反応です!

・アメリカに引き渡されたら、禁錮30年かも
・今いる人は本物?
・罪がドンドン増えて、禁錮120年くらいになりそう。政治取引が始まる?
・企業ロゴも模倣したの?
・中国さようなら
・中国政府が前面に出てきてる
・カナダ人の逮捕が増えるかも
・カナダは板挟みでちょっとかわいそう
・今週末から株価が大荒れになるかも
・1月29日にアメリカに亡命した中国の大富豪の話によれば、恐ろしいことになる
・中国は焦ってるの?
・アメリカに頑張ってほしいです!

途中にとんでもない書き込みが混ざってるな。1月29日に亡命だと?どういうことだ?

中国の大富豪の、郭文貴という人らしいです。その人が言うには、今後恐ろしい運命が待ち受けているとのことです!

恐ろしい運命?

これ以上は書けないです・・・。

そんなにヤバい話なのか?全然聞いたことないけど。

海南航空、って知ってますか?

何だっけ…確かフランスで事件が起きてたような。

日付は定かではありませんが、郭文貴氏という人物が亡命申請をしているのは事実のようです。2015年には香港経由で米国へ逃走しており、中国の不正を監視しながら追い詰めていくとしています。

何やら中国内部で不穏な動きが出そうな気配だな…。カナダには相当圧力がかかるだろうけど、ぜひとも身柄引き渡しを決断してほしいね。覇権争いでブルーチームが勝利できるかどうかの瀬戸際だ。

今日と明日の会議で、このことは話し合われるんでしょうか?

何度も繰り返しますが、本件とトランプ氏の中国側の協議とは関係がありません。中国がその話題を表に出すようであれば、反省の色がないとして厳しい判断が下る可能性はあります。中国には選択肢はほぼ残されていません。

まあそうなるわな。中国はもう時間の問題だろう。さっきの亡命の話、俺も調べておくわ。何か新しい話が見つかったら教えるよ。

分かりました!ボクも調べます!