韓国通貨危機のフラグがついに立ってしまう! 日米に見捨てられてジ・エンドか!

安倍政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

鈴置さんのコラムがデイリー新潮で復活していた。今回の記事は韓国に迫りくる通貨危機について。さほど目新しい情報は書かれていなかったものの、まずは無事に復活したことを歓迎したい。今後朝鮮半島情勢がますますおかしくなってくると思うので、日米とも関連付けながら分析できる鈴置さんのコラムは必要不可欠となってくるだろう。

韓国、輸出急減で通貨危機の足音 日米に見放されたらジ・エンド?
2/1(金) 12:00配信 デイリー新潮

文/鈴置高史

 韓国経済に赤信号が灯った。貿易黒字が急減するうえ、日本や米国との関係が悪化。資本が逃げ出す可能性が出てきたからだ。

 2月1日、韓国産業通商資源部が発表した2019年1月の貿易統計(通関ベース)によると、輸出は463・5億ドルで前年同月に比べ5・8%減った。輸出の20%前後を担う半導体の市況悪化に加え、米中貿易戦争のあおりを受けて総輸出の4分の1を占める中国向けが減ったからだ。

 2018年12月の1・3%減に続く2カ月連続の前年実績割れだ。2か月連続の減少は2016年9―10月以来、2年4カ月ぶり。輸入は450・2億ドル(同1・7%減)で、13・4億ドルの黒字を確保した。ただ、昨年の貿易黒字が月平均59億ドルだったことを考えると、黒字幅の急速な縮小が浮き彫りになった。

 韓国の貿易統計は1月の輸出が大きく落ちこむという独特の「癖」を持つ。政府が年間の輸出を大きく見せようと、前の年の12月に企業に駆け込み輸出させるからだ。反動で1月の輸出は減り、黒字幅が減ったり赤字となったりする。

 ただ今回の貿易収支の悪化は「癖」だけが原因ではない。2018年11月から輸出の増加率(前年同月比)が急落し、12月にはマイナス1・3%に落ち込んでいた。2か月連続の輸出減少は「韓国が構造的な赤字体質に戻る兆し」とマーケットが見なす可能性がある。

日米から見放されたらお終い

 過去、韓国が通貨危機に陥ったのは2つの要因が重なった時だった。(1)米ドルが世界から米国に環流する、(2)韓国の貿易収支が赤字か黒字であってもその幅が縮小する――時だ。

 「国際的な環境からも国内事情からも韓国の持つ外貨が減り、外国から借りているドル建ての借金が返済できなくなる」とマーケットが懸念し、ますます資本逃避が激しくなる――という悪循環が起きるのである。

 そのたびに韓国は、米国や日本からドルを借りてしのいだ。しかし、(3)米韓・日韓関係の悪化――という3つ目の要因までが重なると、韓国はお手上げになった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190201-00556144-shincho-kr

鈴置さんがデイリー新潮で完全復活へ

あ~っ!鈴置さんのコラムが復活してますね!デイリー新潮さんで取り上げられています!

そうだ。日経ビジネスから一方的に契約を打ち切られたと思われる鈴置さんが復活した。これまでもデイリー新潮では何度か登場はしていたものの、全文を書くコラム記事は初めて見かけるような気がする。

記事下の関連記事を見てみたんですけど、どれも記事の合間に登場してるだけでした!

これを機に本格的に復帰してもらいたいね。今後朝鮮半島情勢はますますおかしくなってくると思うけど、そういう時に鈴置さんのような羅針盤的なコラムが必要になる。日米情勢と絡めつつ分析できて、なおかつ拡散力がある人は他には見当たらない。

最近は、鈴置さんがいないと思うと、雑誌ランキングもすっかり見る気がなくなってました・・・。

俺もたまたま見つけたんだよ。近頃全然雑誌記事から取り上げてないなと思ったので、たまには見てみるかと思った矢先の話だ。アクセスランキングでも堂々の1位に輝いていた。今日の昼に出たばかりの記事だ。

すごいですね!やっぱり、みんな鈴置さんのコラムを待ってたんだと思います。

今回の記事の内容は韓国の通貨危機の兆しについて。輸出が2カ月連続で減少していることに加え、米国へドルが還流する動きが重なっていることが過去の事例に類似しているそうだ。よく知られている話なので省略したが、韓国は日米と仲が悪くない時はスワップなどでドルを融通してもらい通貨危機に陥ることを防いできた。

それが、今では日米との仲が悪くなってますね・・・。

よってドルを借りることができなくなると鈴置さんは見ている。この最後の部分だ。

 今後、資本逃避が起きた時に米国と日本は韓国を助けない可能性が高い。それどころか、それを助長するかもしれない。1997年の通貨危機の際、米国がドルを貸さなかったのは「韓国にお灸をすえて言うことを聞かせる」ためだった。

 だが今回は状況が完全に異なる。米国は北朝鮮の核放棄の引き換えに米韓同盟を廃棄する意向を見せている(『米韓同盟消滅』第1章第1節「米韓同盟を壊した米朝首脳会談」参照)。

 同盟国ではなくなり、下手すれば中国の傘下に入る韓国の経済を痛めつけておこうと米国が考えても不思議ではない。それは日本も同様だ。「米国を通じた準同盟国」でもなくなり、北朝鮮と民族の核を持とうとする韓国は仮想敵として取り扱われるであろう。敵の経済は弱体化するのが常道だ。

 この点については別稿で改めて触れたいと考えているが、別段、驚くべき話でもない。米国は関税引き上げという貿易戦争の形をとりながら、「仮想敵」である中国の国力を削ぐ作戦に出ている。それが韓国にも「金融戦争」の形で適用されるだけなのだ。

もはや日米は韓国を中国や北朝鮮同様の敵国だと見なし始めていて、経済的なダメージを与えるためにわざと通貨危機を放置するんじゃないかという見立てだ。俺もこれについては大部分で正しいと思っている。

ホントに、そうなる気がします!

韓国が通貨危機に陥るフラグがこれで3つ揃ったことになる。1つ目は韓国の輸出が悪化し貿易黒字が大幅に減ること。2つ目は米国へとドルが還流する動きがあること。3つ目が日米との関係が悪化していること。今はまだ危機が表面化していないが、韓国が今後さらに輸出を落とすようであれば構造的な赤字体質に陥るとして外資の一斉資本引き揚げが始まるだろう。そして通貨危機が始まるというわけだ。

韓国通貨危機3つのフラグに加え各国とのスワップも頼れず

またこのコラムでは、途中で中韓スワップなど各国とのスワップ状況についても触れている。

中韓スワップは存在するのか

 韓国銀行は現時点で「6カ国と通貨スワップを結んでいる」と称している。だが、カナダと結んでいるのは為替スワップであり、中央銀行の通貨介入には使えない。

 中国とのスワップも2017年10月10日に期限が切れている。韓国銀行は「延長した」と口頭で説明したが、確認を求められた中国政府は「韓国に聞け」と言うばかりだった。韓国銀行自体も「延長した」とはホームページに載せていない。当然、市場は「中韓スワップは存在しないと見なして動くべきだ」と考えている。

 結局、韓国が頼りにできるのは、豪州、インドネシア、マレーシア、スイスとの通貨スワップだけ。いずれも米ドルではなく、相手国通貨しか借りられない。米ドルに換算しても合計300億ドル弱で、通貨防衛には力不足だ。

韓国が公的にスワップ対象国だと明言している6カ国のうち、カナダと中国に関しては事実上ないものと考えなければならないってことだ。

中国とのスワップは存在しない?ホントですか?

一昨年の話だね。韓国だけが一方的に延長した!延長した!と騒ぐも中国からは音沙汰がなかった。明言しないということは打ち切られている可能性が高いと当時から言われていた。

もしも延長できてたら、もっと自身たっぷりに言いそうですよね?

いつもの韓国なら絶対にそうするよな?韓国の言い方が弱気な時は何か都合悪いことを隠そうとしていることが多い。だから延長できてない可能性が高い。国際社会は延長できてる前提で韓国に投資してるけど、いずれ明るみになれば投資行動を一気に変えてくるかもしれないね。

残りの4カ国も、ドルじゃないのでダメなんですよね?

以前ブラジル相手にレアルを売り浴びせてドルを大量に入手し迷惑をかけたことがある。同じことを繰り返せば二度と相手にしてもらえなくなるだろう。オーストラリアやスイスはともかく、インドネシアやマレーシアはそこまで強い通貨ではないので頼りにはならないはずだ。

それで、今でも日本とのスワップを言ってきてるんですね・・・。

愛国日報がまだスワップを締結できると考えていることに愕然としたが、今や韓国は日本に対してツートラックなる詭弁を弄すこともなくなりつつある。賠償判決にレーダー照射は誰がどう見ても関係消滅の前兆だからな。愛国日報はここ最近になって冷静になり始めているようだが手遅れだろう。

中国が韓国と取引する可能性は現状では低い

ネットユーザーの反応です!

・海外で日本のフリをするのはやめてください
・今度ばかりは日本も絶対に助けない
・日本は3月に制裁を始めると思うよ
・ジエンドになっても、恥も外聞もなく頼りにしてきそう
・どう見ても韓国の自業自得です
・中国が韓国に援助して、代わりに中国軍の駐留を条件にすれば大変なことに
・都合よくすり寄るのはもう通用しません
・日本に就職しようとやってくるので、ビザの制限をお願いします
・韓国は自信があるので、日本に見放されても問題ないのでは?
・もう日本は友好国ではありません
・日本はスワップしないし、アメリカも助けない

中国が韓国と軍事を一体化させるシナリオか…。まあ可能性は低いかな。

韓国の1919派って、バックは中国なんですよね?

北朝鮮が間にいる状況で韓国を軍事要塞化するというのはかなりの賭けだと思うけどね。実力で日本に劣る韓国が一発逆転の奇襲を狙うから警戒してるのであって、現時点で弾道ミサイルを米国に届かせることができると思われてる中国がそのようなことをする意味がないと思う。

確かに!わざわざ韓国を軍事基地にしなくても、日米と戦えるってことですよね?

そこまでして韓国を支援してやる意味もないし、むしろ韓国が日米側に寝返って中国を攻撃する側に回るのも警戒すると思うよ。北朝鮮だって中国とは一枚岩ではないし、韓国を弱体化させておかないと不安要素がいくつも生じることになるからな。

中国が韓国を支援して助けたら、そのまま北朝鮮にも支援が韓国経由で行きそうですよね?

そういうこと。韓国には1919派だけでなく北朝鮮の1948派シンパも多数紛れてるからな。中朝国境がおかしなことになるかもしれない。だから北朝鮮の政権をひっくり返すのが中国の1919派にとっては最優先事項だと思う。それがうまくいきそうにないので焦っているというのが俺の見立てだ。

中国でも、1919派は少数派ですよね?

海外で慰安婦像を設置してるような勢力は1919派かもね。まあ少数だろう。韓国の憲法を見れば分かるんだが、初代大統領の李承晩が1919派だったので憲法も1919派の主張に沿うような内容になっている。韓国では1948派の方が亜流なんだよ。だから韓国を追い込むだけで世界各国の1919派は自動的に弱体化していくと見ている。

どうして1919派は、韓国をその場所として選んだんでしょうか?今聞いていい質問ですか?

発端は中国の上海だよ。ワトソン君、宿題は忘れてないよな?これ以上の話をする前に後日改めて取り上げてもらいたい。そこで補足説明する。

忘れそうになってました・・・。分かりました。

とにかく日米としてはこれ以上危険な韓国を野放しにするわけにはいかない。輸出が激減しているのは半導体が落ちてスマホ市場も悪化しているからなので、構造的な赤字体質へと転落していく可能性もなくはない。造船業でも現代重工が大宇造船を買収するなど異変が起きており韓国経済がおかしくなっている。WTO提訴を勢いづかせるようなとんでもない動きだ。日米は朝鮮半島だけでなく日本海での有事を明確に意識し始めていると思う。日本政府にはまだ覚悟が足りないようにも見えるけど、米国としっかり協力して備えてほしい。在韓米軍の撤退が合図になるだろう。

韓国の皆さん、現実に目を向けるべきです!日本に勝つことは諦めてください!1000年後にまた会いましょう!さようなら!