トランプ氏、習近平氏との会談を否定  米中首脳会談は幻に

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

香港のSouth China Morning Postのみが報じていた米中首脳会談についてですが、トランプ氏が会談しないことを表明したようです。事前報道との食い違いに各社も混乱しています。米中貿易摩擦は解決しないまま3月1日を迎える公算が大きくなりました。

米中、知財問題根深く トランプ氏「月内会談」、一転「会わない」
2/9(土) 5:30配信 朝日新聞デジタル

 3月1日を期限とする米中通商協議で、当初見込まれたトランプ米大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席の首脳会談が行われない可能性が出てきた。支持拡大を狙って協議妥結に前のめりだったトランプ氏だが、知財問題での対立は根深く、安易な妥協への懸念は強い。2月末の米朝首脳会談への準備もあり、政権として軌道修正を図ろうとしている。

 トランプ氏は7日、ホワイトハウスで記者団からの質問に対し「(3月1日までに習氏とは)会わない」と述べた。複数の米メディアはトランプ氏の発言前に、米政権高官の発言として、期限までの会談の可能性が「非常に低い」と報じた。……

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000003-asahik-bus_all

当初から信憑性が危ぶまれた米中首脳会談

おっと。米中首脳会談は行なわれないと決まったか。やはりサウスモーニングの偽ニュースだったか。

あれだけ報道されてたのに、ウソだったなんて・・・。

米中首脳会談については、香港のSouth China Morning Postだけが報道していた話だったので当初から信憑性が危ぶまれていました。トランプ氏としては習近平氏との会談には積極的ではなく、習氏が反省の色を見せるなら考えてもいいという立場だからです。

英字新聞というだけで、信じてしまいそうでした!信用できないんですね・・・。

日本のマスコミがこぞって取り上げたのも、日本人の英語に対する引け目に付け込んだような気がするね。英語だから何でも正しいと思い込むことこそ危険だ。

米中首脳会談については、今調べた限りだと時事通信や共同通信、朝日新聞、産経新聞さん、日経新聞さん、夕刊フジさん、ブルームバーグ、あとテレビ局の多くが取り上げてます!

みんなフェイクに引っかかってしまったのかww

あと、中央日報さんに関しては4回も取り上げてます!そんなにうれしかったんでしょうか?

今日からぬか喜び日報に呼称を変えようかなwww

報道機関各社が翻弄される様子も

あと、朝日新聞の記事タイトルは、トランプ大統領が中国との月内会談をしたがってたように言ってて、違うと思います!

それはある。トランプの態度が二転三転してるかのような報道だね。この話を有料記事にする意味もあるんだろうか?

私が見る限り、現状を最も正確に把握しているのは産経新聞です。他の各社はどれも米国政府の発表や各種報道に翻弄されており一貫性がありません。

トランプ氏、習氏と会談予定「まだない」 貿易協議、隔たり残る
2/8(金) 9:03配信 産経新聞

 【ワシントン】トランプ米大統領は7日、中国との貿易協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と会談する予定は「まだない」と述べた。米国から閣僚級の交渉団が来週訪中する予定だが、米政権高官は米中間に「大きな隔たりがある」(クドロー国家経済会議委員長)と指摘し、期限内の交渉妥結は容易ではないとの認識を示した。

 トランプ氏はホワイトハウスで、米中首脳会談の予定に関して記者団から質問された際、「まだない。恐らく早すぎる」と答えた。

 これに先立ち、米CNBCテレビは米政府高官の話として、3月1日までにトランプ氏と習氏が会談する可能性は「非常に低い」と伝えていた。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官は来週、閣僚級協議のため北京を訪問する予定。CNBCは米中首脳会談の実現可能性について、閣僚級協議の進展次第で流動的な側面があるとも報じている。

 トランプ氏は5日の一般教書演説で、中国との最終的な合意には「(中国による)真の構造改革が含まれなければならない」と強調し、中国に知的財産権侵害の是正などを確約するよう迫る考えを示した。

 先月末の米ワシントンでの閣僚級協議で、中国が米政府に首脳会談を打診したとされる。トランプ政権は現段階での首脳会談の見込みを否定し、会談実現に向け中国側に歩み寄りを迫る構えとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000513-san-n_ame

一般教書演説の話と絡めて現状を分析したわけだ。中国側の要求に応じなかった経緯も含めてる。いい記事だね。

中国は全てが後手に回っておる。米国との戦争なぞ端から無理じゃよ。

中国は負ける戦い方しかしてないですね…。戦意喪失状態に見えます。

来週中にも米中通商協議が行われますが、そこでも中国の態度に改善が見られないようであれば首脳会談は遠ざかります。3月1日の期限は確実にやってきます。知的財産権の問題は米国にとって譲れない点であり、中国にはこの問題を回避する道は存在しません。なぜ中国が応じないまま首脳会談を進めようとしているのかは不明です。

米中通商協議、14ー15日に閣僚級 知財保護など構造問題焦点
2/9(土) 2:37配信 ロイター

 [ニューヨーク 8日 ロイター] – 米ホワイトハウスは8日、来週北京で行われる米中通商協議の日程について、11日から次官級協議が開かれ、その後14─15日にムニューシン財務長官やライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らを交え閣僚級協議が行われると発表した。

 次官級協議にはゲリッシュUSTR次席代表らが出席する。ホワイトハウスの当局者は、知的財産権の保護など構造問題が引き続き焦点になると述べた。

 トランプ大統領は7日、中国との通商協議の期限である3月1日までに習近平国家主席と会談する計画はないことを確認した。関係筋によると、トランプ氏の側近は、争点である知的財産権の問題で両国の間に依然隔たりがある現段階で会談に応じれば、早期の合意に対する根拠のない期待が高まる恐れがあることに懸念を示したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000007-reut-bus_all

知的財産権の話が中国にとって都合悪いと言ってるようなものだよな…。

政治って、化かし合いだと思いました!トランプ大統領はそんなにカンタンに騙されないです!

いや実際そうだよ。ワトソン君だって以前トランプのことをポーカーフェイスだと言ってたじゃん。冗談抜きにしてもお人よしじゃ国際社会ではやっていけないというわけだ。

Amazon Washington Postの動向について

ネットユーザーの反応です!

・アメリカと中国の問題が、そう簡単に進展するとは思えない
・ここ数日株価が下がってるから、それを見ての米中協議を発表?
・結局制裁ばかりで、実のある会談になった試しがない
・中国は知的財産権の侵害を止める気はなさそう。会談できる状態じゃない
・中国が歩み寄ろうとしたら、アメリカが後退してるように見える

例によって数は少ないです・・・。あと、中央日報さんが米中首脳会談がなくなったことを報道してないです。

愛国日報www 4回も報道しておいて都合悪くなるとダンマリか。文在寅とやってることは本質的に変わらないね。

あと、株価が下がったこととは関係ないですよね?

そうですね。本質的には関係がありません。株価が下がったことで中国との協議を進めようとするならば、政府閉鎖も行なわれないはずだからです。トランプ氏にとっては株価以上に譲れない点がいくつもあるのです。

そりゃそうだ。今の目先の株価なんて覇権争いに勝利できればいくらでも改善できる。

トランプ氏が最も敵視する報道機関の1つであるAmazon Washington Postですが、現在社長のJeff Bezos氏の不祥事により追い込まれつつあります。大衆娯楽誌の報道を巡って情報が錯綜しており、トランプ氏の差し金ではないかとの憶測も流れています。

知ってます!内容はよく分からなかったんですけど、ベゾス社長が怒ってるんですよね?

あの話ってそんなにもめてるのか…。全然知らなかった。兆単位の資産がありながらこれはいただけないね。トランプ批判が多すぎたからかな?

そうですね。私は個人的な提案はあまりしませんが、Washington Postはこの際Amazon Postと社名を変更すべきかと思います。Washington Postのトランプ氏への過度な情報工作は目に余る物がありますし、もはやWashingtonの報道機関とは言えない状態が続いているからです。Bezos氏も正体を包み隠さずに見せた方が読者の信頼度も高まるでしょう。

アマゾンポストか。密林新聞と書くと何やら怪しい響きに。あとベゾス社長は包み隠さない姿はもう見せてるんじゃないか?まあこれ以上はやめておくわww

ベゾス社長は、いい人です!気の迷いがあるんだと思います!

その通りです。トランプ氏の方針に沿った報道に変える余地はあります。一時的な気の迷いだったと休戦宣言をすることも可能です。それともStarbucksの創業者のように2020年の大統領選出馬に向けて準備するつもりでしょうか。

戦うのか、味方になるのか旗色を鮮明にせよってことだな。ベゾス社長がもし出馬するなら100%民主党からだと思うけど。それ以前にもう無理だろ…。

ボクは、トランプ大統領も好きなので、争わないでほしいです!アメリカ同士で争わないでください!

いやいや民主党のペロシ院内代表を見たか?あの一般教書演説での態度はもう対立を演出することに力を注いでいる感じだったよ。明確に来年の大統領選での奪還を見据えてると思ったね。

院内代表は、韓国です!間違えないでください!

素で間違えた…。

米国では院内総務と呼びますので、呼び方にさほど違いはないようですね。Pelosi氏は現在下院議長と院内総務を兼任しています。この事態は想定されたことです。中国との協議に応じる時間もあまり残されていないというのが正直な本音ではないでしょうか。私からは以上です。

もうすぐ、再政府閉鎖なんですよね?どうなるのか不安です。

まあそれが株価にも表れていると言えるね。トランプの一般教書演説で中国とバトルする姿勢が復活してしまったし来週はもっと荒れそうだ。