韓国がWTO提訴で米国に事実上敗北! 関税賦課額を大幅に減額されてしまう! トランプの自動車関税報復を誘発する恐れも!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

愛国日報がまた訳の分からないことを言い始めた。韓国がWTOで米国に対して勝訴したことを受け、米国に対し年間で約93億円分の譲許停止、つまり関税を賦課できると主張している。だが当初は譲許停止額として780億円を要求していたのに10分の1近くに減額されたことも分かった。これは実質韓国の敗北じゃないのか?

WTO「韓国、米国に年間8481万ドルの報復関税可能」
2/10(日) 12:05配信 中央日報日本語版

 韓国が米国に毎年8481万ドルの「報復関税」を付与できる道が開かれた。世界貿易機関(WTO)は8日、韓国が米国製輸入品に対し年間8481万ドル(約93億円)の譲許停止ができるという決定を下した。

 譲許停止はなくしたり低くしたりした関税を再び課すもの。WTOは輸入国が判定を履行しない場合、輸出国が影響を受けた分だけ輸入国に関税を課せるようにしている。今回のWTOの決定は譲許停止金額に対する韓国と米国の立場を調整したものだ。

 これに先立ち米国は2016年9月にWTO紛争で敗訴しながら韓国製洗濯機に対する関税を撤回しなかったことがある。これに対し韓国は昨年1月に米国を相手に年間7億1100万ドルの譲許停止をするとWTOに要請した。

 しかし米国が韓国の譲許停止申請金額に異議を提起し、WTO仲裁裁判部は両国の立場を聞いた上で年間8481万ドルと最終金額を算定した。これは韓国政府が当初主張した金額の11.9%水準だ。産業通商資源部関係者によると、申請金額は最大可能な被害額を算定したもので、過去の判例でも最終金額は通常は申請金額の1~50%水準で決定されている。

 合わせて裁判部は今後米国が問題になった反ダンピング調査技法を修正しないまま別の韓国製輸出品に適用する場合、輸出規模と関税率などにより追加で譲許停止ができる根拠も認めた。

 これに対し韓国政府は今回決定された仲裁金額を基準として譲許停止をWTOに再び申請し、その後具体的にどの品目にいくらの関税をかけるかを通知すれば良い。

 ただ韓国政府は米国の自動車関税賦課の可能性を考慮しなければならないだけに米国を刺激するほどの関税をすぐに課すかはわからない。

 一方、2013年2月に米国はサムスン電子とLGエレクトロニクスが韓国で生産して輸出した洗濯機に反ダンピング・相殺関税を課した。韓国は米国が反ダンピング協定で禁止した関税賦課方式で関税率を膨らませたとみて2013年8月にWTOに提訴した。WTOは2016年9月に韓国勝訴の判決を下した。だが米国は判定履行期間である2017年12月26日までも関税を撤回しなかった。

 WTOが韓国の譲許停止申請を認めることにより韓国は米国が判定を履行するまで毎年譲許停止を申請できる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000006-cnippou-kr

試合で勝って勝負に負けた韓国

ええっ?韓国がアメリカに報復?韓国が何をされたんですか?

韓国は実は米国に対してWTO提訴をしてたんだよ。発端は2013年2月、米国がサムスンとLG製の洗濯機に反ダンピング関税を賦課したこと。これが不当だとして韓国がWTOに提訴し2016年9月には韓国勝訴の判決が下った。

そうだったんですね・・・。WTOは、韓国寄りの組織なんでしょうか?

譲許停止という言葉がある。低くするかなくした関税を再び賦課することを指すと記事中で説明されているが、韓国はこの金額について7億1100万ドル、日本円にして約780億円をWTOに要請した。

新しく関税を賦課するのと、何が違うんですか?

ほとんど変わらないと思う。そしてWTOが出した最終結果は8481万ドル。日本年にしてわずか93億円、割合にすると11.9%。つまり韓国は勝訴はしたが、関税の賦課額で大幅な譲歩を迫られたということになる。

それって、実質韓国の敗北なのでは?

そういうことになる。米国は敗訴を受け入れつつも、金額の面で大幅な譲歩を韓国に強いることで実質的な勝利を得たんだ。韓国が体裁ばかりを重要視するという特性も見抜いていた。試合に勝って勝負で負けるとはまさにこのことだね。

むしろトランプの自動車関税を誘発する悪手

しかも、韓国政府はトランプ大統領の自動車関税を恐れてますね・・・。

最大の焦点はそこだ。トランプも体裁を重要視する人物だから、このような結論を下したWTOに対して何かしたいだろう。だがそれよりも報復で自動車関税を韓国に課す可能性の方が高いと俺は思う。

自動車関税って、韓国だけじゃないですよね?なら問題ないのでは?

そうだ。日本やドイツも例外なく賦課されると思う。韓国だけ除外して!とか訳の分からない要求を上から目線でやらかしたこともトランプは気に入らないだろう。だから韓国には他の国と同様に自動車関税を賦課される。日本と比較して米国に工場をあまり持ってない韓国にとっては致命傷となりかねない。

大変じゃないですか!中央日報さん、喜んでる場合じゃありません!

そこは愛国日報だからな。まず勝訴したことで米国に報復関税が可能という部分に酔いしれてこれまでの経緯を得意げにつらつらと書き連ねたものの、途中で最終決定金額が要求の11.9%にまで減額されたことに気付き雲行きが怪しくなる。そして最後には自動車関税のことも不安要素として持ち上がり、韓国が報復関税を米国に課せるという威勢のよさは完全に吹き飛んでしまった…かに見えた。

そこから、一気に話を2013年に戻して、アメリカが関税を撤回しなかったと批判してます!

そして韓国が毎年譲許停止を申請できる、関税を撤回しない米国が悪いのだ…と愛国心を添えて虚勢を張り記事を締める。愛国の波が上下に激しく揺れ動くといういつもの愛国日報らしい記事だ。

情緒不安定に見えます・・・。シーザーみたいです。

またワンピースネタかwww ビッグマムの目の前でニヤニヤしたり落ち込んだりしたあのシーンだよな。ぶっちゃけコマの台詞だけ書き換えてそういうパロディ画像作りたいくらいだ。

結局、中央日報さんは何が言いたいんでしょうか?

感情の赴くままに勢いに任せて書いてるだけだと思う。愛国心を発揮したいが米国の報復が怖い、でも愛国心を発揮したいと感情の起伏を上手に記事に落とし込んでいる点は評価したい。これを俺は愛国波動と名付けようと思う。

愛国波動って何ですか(笑)

微妙か?じゃあ愛国パルスでもいいぞ。いや愛国チャートの方がいいか。

愛国チャートでいいです!中央日報さんは、愛国チャートが暴落したり暴騰したりしてますよね!

今回の記事の愛国チャートは寄り天井から中盤にかけて一気に下落、自動車関税の部分で大底。そこから米国を悪者にする過去の話を持ち出し無理やり一気に戻して前日1%高で大引け。いいね。愛国日報の記事全部で同じ分析をやりたくなってきた。

韓国は自分の立ち位置がまったく分かっていない

ネットユーザーの反応です!

・ムン大統領ならやりかねない
・韓国にさらなる報復が来そう
・国ごとなくなってもいいの?
・ムン大統領は、日本人に応援されるようになった?
・金額が低すぎると思う
・中央日報さんは浮かれていると思います
・アメリカとの通商で恩恵を受けてるのは韓国なのに、報復関税?
・韓国の洗濯機は誰も欲しがらない
・可能かどうかを言うだけでは願望でしかない
・韓国への金融制裁がもう警告されてるのに
・トランプ大統領が、このWTO判定そのものに怒ってる姿が目に浮かぶ

いやはや単純明快だね。韓国は自分の立ち位置がまったく分かっていない。恩恵を受けている立場なので報復どころか恩返しをしなければならないね。

洗濯機で関税をかけられたことが、そんなに悔しかったんでしょうか?

米国市場で大儲けしてるのは誰だって話だわな。それが嫌なら米国に工場を建てるなりして対応すればいい。韓国の労働者を守るためだか知らないが、結果的に大きな損失を被ることに繋がると思う。

報復の自動車関税が恐いなら、話題にも出さない方がいいと思います!

トランプがこのWTO事案をどう考えてるか知らないが、最終金額の93億円という金額にも納得はしないだろう。ましてや他の項目にまで適用するともなればな。トランプがこの前の一般教書演説で韓国に触れなかったことの意味を考えるといい。

ホントですね!韓国の皆さん、南ベトナムと同じようになってもいいんですか?

まあ米軍撤退についても時期の問題という話になりつつあるし、それも毎年のように駐留費の負担を話し合うので毎年撤退の危機が訪れる。今さら自衛隊の威嚇飛行批判を偽ニュース扱いしてやめるなどし始めてももう遅い。日米はとっくに韓国を見捨てて北朝鮮に吸収させる方向で動いている。日本企業の工場は全部接収されるだろうがそれも仕方ない動きだ。困るのはほとんどの場合韓国側だけで日本は粛々と撤退手続きを進めるまでの話だ。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!