米国「平和協定結ばれたら在韓米軍いらないっしょ」 ⇒ 韓国パニック状態!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

ベトナム共和国と同じ運命だなこれは…。米韓連合司令官が在韓米軍の今後について、平和協定が結ばれるまでは必要だと口走ってしまったそうだ。ベトナム戦争の時と同じように、3者ないし4者で会談して平和協定が結ばれれば在韓米軍の撤退命令を出すことになるとも読める。これまた愛国日報が目ざとく反応し慌てて取り上げる。でも普通に考えてみれば、平和になるんだから軍なんていらないよな?

「平和協定まで在韓米軍必要」韓米連合司令官の発言めぐり割れる解釈
2/14(木) 10:38配信 中央日報日本語版

 ロバート・エイブラムス韓米連合司令官が12日(現地時間)、在韓米軍駐留の必要性を強調し、平和協定に関わるような返答をしたことで様々な解釈が飛び交っている。エイブラムス司令官は同日、米上院軍事委員会聴聞会に出席し、「すべての当事者間で平和協定が結ばれるまでは在韓米軍の駐留が必要だ」と明らかにした。在韓米軍は駐留しなければならないということを強調したものの「平和協定締結前」と言及したため議論の余地を残した。

 韓国国防部は同日、立場の資料を出し「韓米両国は韓半島(朝鮮半島)および北東アジアの平和・安定のための在韓米軍の役割と重要性について確固たる共通の考えを有している」とし、「在韓米軍は韓米同盟レベルの問題で、終戦宣言および平和協定締結と直接的関係はない」と明らかにした。国防部がこのような発表を出した理由はエイブラムス司令官の発言が既存の韓国政府の立場と異なると解釈されるおそれがあるためだ。国防部はこのような発表を出しながらも内部的にはエイブラムス司令官のこのような発言の意図を把握中だと伝えられた。

 韓国政府は在韓米軍の駐留は平和協定締結の如何ではなく韓米相互防衛条約に基づくものという立場を一貫して明らかにしてきた。ところがエイブラムス司令官が「平和協定が結ばれるまで」と言ったため「平和協定後」の在韓米軍の地位について流動的に留保したのではないかという解釈が出た。

 特に今回の発言は27~28日の朝米首脳会談を控えた時期に出たことから関心がより集まった。朝米会談では在韓米軍問題を相談する可能性は殆どないという考えが支配的だ。それでも北朝鮮の本音は在韓米軍撤退にあるため米国を相手にいつでも議題にし得るからだ。一部では「エイブラムス司令官の発言は朝米首脳会談で終戦宣言をしても在韓米軍は駐留するという意味」とも解釈した。軍当局者は「韓米相互防衛条約を知らないはずのないエイブラムスが原則的な発言をしたのではないか」とし、「時期が時期だけに多様な解釈が出ているもの」と論争を静めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000023-cnippou-kr

在韓米軍は国連軍なので撤退は必至

いい流れですね!もうアメリカは韓国のことを見放すつもりだと思います。

さっきの記事で米国は韓国だけに態度改善を促しているという話があったが、もはや米国は韓国が改善するかどうかを気にしてはいないようだ。在韓米軍の撤退も行なうことが決まっているように見える。

平和協定がなされるなら、軍隊は必要ないと思います!

な。韓国国防部は平和協定でも米韓同盟とは関係ないとか寝言を言ってるようだが、韓国に駐留してるのは米軍じゃなくて国連軍だというのは理解してないのかね?

国連軍ってことは、朝鮮戦争が終わればいなくなりますよね?

そういうこと。だから平和協定を結び、トランプが終戦宣言を出せば米軍は名誉ある撤退をすることになるよ。ベトナム戦争の時と同じようにね。

今度の米朝首脳会談がハノイなんですけど、そこで平和協定は結ばれますかね?

分からない。ここで結ぶのは拙速すぎる気もするけど、ICBMの破棄や核関連施設の一部閉鎖と引き換えに平和協定を結び終戦宣言というのは十分にありうると思う。なぜなら韓国は朝鮮戦争の当事国とは見なされてないからな。

あれ?そうなると、ベトナム共和国の事例とは変わってきませんか?

そうだよ。韓国は休戦協定の当事国じゃないから、ベトナム共和国よりもさらに不利な立場に置かれることは間違いない。韓国消滅シミュレーションではベトナム戦争に沿った書き方をしたけど、実際には平和協定の当事国となるのは米国、北朝鮮、中国のみになる可能性もある。

平和協定の当事国に韓国は含まれるのか否か

この記事では、韓国も平和協定に参加できることになってますけど・・・。

金正恩氏と「恋に落ちた」トランプ氏 二度目の米朝首脳会談、再び手のひらの上で転がされて終わるのか
2/14(木) 12:00配信 GLOBE+

非核化は、経済制裁はどうなる

 2月5日の一般教書演説で二度目の米朝首脳会談の日程を発表したトランプ大統領だが、演説の中でも、2月27-28日にベトナムで金正恩委員長と会うということを宣言したにとどまり、「非核化」を求めるという言葉どころか、この会談で何を追求するのか、どのような将来を目指すのかについて全く語らなかった。確認のため、演説の該当部分を見てみよう。

(中略)

朝鮮戦争の終戦宣言はあるのか

 米朝首脳会談の一つの焦点となるのは、トランプ大統領が終戦宣言にコミットするかどうかである。シンガポールの時も同様だったが、ハノイでの首脳会談でも韓国の文在寅大統領、中国の習近平主席が集まり、そこで朝鮮戦争の終戦を宣言し、宣言文に署名するのではないかと言われていた。しかし、トランプ大統領は習近平主席とは会わないと主張しており、文在寅大統領もハノイに行く気はあると言われているが、確約しているわけではない。なので現時点ではトランプ大統領が終戦宣言を出すことに合意するかどうかというところが論点になる。

 終戦宣言が持つ意味は大きく言って二つある。一つは戦争状態が終わったことを認めることは、韓国に駐留し、日本も後方支援の基地となっている在韓国連軍の撤退を意味する。在韓国連軍の主力は在韓米軍であるため、米軍が韓国から撤退する可能性を含みうる。もちろん米韓同盟は朝鮮戦争が終わっても続けられるので、即座に韓国から米軍が撤退することにはならないだろうが、そもそも同盟や米軍の外国での駐留を良く思わないトランプ大統領は在韓米軍の縮小を図る可能性はある。また、それを目的とした終戦宣言を採択する意欲もあると考えて良いだろう。

 もう一つの意味は北朝鮮という国家に正統性を与えるということである。アメリカから見れば北朝鮮は統一された朝鮮半島における反乱勢力であり、北朝鮮(および中国)から見れば韓国が同等の存在と位置づけられる。そのため、終戦宣言に署名することは反乱勢力である北朝鮮を正当な国家として認め、その違法性に基づく敵対関係を解消することを意味する。これは、北朝鮮が求めてきた平和の約束としての象徴であり、これまで北朝鮮が核開発やミサイル開発の根拠としてきた「米国による敵対政策」の終焉をも意味する。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010000-globeplus-int

あと、朝鮮戦争についての平和条約も、アメリカ、中国、北朝鮮、韓国の4者会談で何度も話題にされてたそうです!

なるほど。だが終戦宣言自体はトランプだけでもできると思うよ。平和協定については実は文在寅がまだ”推進委員長”だった2007年になされることが検討されていたんだ。韓国の大統領はノムヒョン、米国の大統領はブッシュだった頃の話。

えっ?ムン大統領が、当時も平和協定を推進?

そうだ。だから12年越しのプロジェクトという話になる。この時には休戦協定署名国の米中朝の3者か、あるいは朝鮮戦争で交戦した米中朝と韓国の4者での平和協定を目指していた。ところが中国の胡錦濤が反対したため立ち消えになったそうだ。

そうだったんですね・・・。

あと、北朝鮮は休戦協定の当事国による平和協定を目指しており、韓国を協定国に入れたがっていないことも分かっている。韓国は南北間での平和協定を目指しているのに対し、北朝鮮は米朝間の平和協定を目指しているわけ。このことも韓国にとっては不利に働くだろう。ネット百科事典を読むとその辺りの経緯が分かる。

今回は習さんが参加しないので、平和協定はされない気がします・・・。

一方トランプは米朝での平和協定をベースに、中国や韓国にも署名してもらいたいという意思を表明している。習近平も4者での平和条約締結を望んでいるようだ。だがどのような形になったとしても平和協定が締結されれば在韓米軍の撤退は確実になる。韓国で軍事クーデターの雰囲気になりつつあるのはこれが理由だね。

土壇場で、やっぱり習さんが参加ということになったりしますか?

誰かさんにも意見を伺う必要があるかもな。俺はこれ以上は分からない。まあ2月末になればすべてがはっきりするだろう。

ベトナム戦争との最大の相違点は日本列島の存在

ネットユーザーの反応です!

・アメリカ軍の韓国撤退はいい試金石になる。沖縄の参考事例に
・フィリピンからアメリカ軍が撤退したらどうなった?
・韓国はどう見ても敵国なので、良い方向には捉えるべきではない
・北朝鮮にあっという間に呑みこまれそう
・米韓相互防衛条約は理由にならない。駐留は必須じゃない
・アメリカ軍撤退を視野に入れた発言だと思う。来年の請求額はどうなる?
・自衛隊は忙しくなる。海上保安庁も武装しないとならないかも
・アフガンからも撤退するのに、韓国に駐留する意味はないと思う
・韓国に毎年倍額請求してから撤退しそう
・在韓アメリカ軍がいなくなったら、在韓中国軍が居座るかも
・アメリカは、韓国軍がクーデターを起こすのを期待してる?
・3月1日に何かが起こるかもしれない

そうそう。中盤のグローブというメディアの記事で気になったのは「もちろん米韓同盟は朝鮮戦争が終わっても続けられる」という表記だね。これにはほぼ根拠がない。

グローブって、よく見たら朝日新聞ってローマ字で書いてありますね・・・。

海外情勢に特化した朝日新聞のウェブメディアだ。紙面には載らない記事ということだろう。朝日グローブと呼ぶことにする。

アメリカと韓国の同盟って、軍がいなくなったら実質同盟の意味がないのでは?

そういうこと。米韓同盟は有名無実化されるんだよ。ベトナム戦争の時と似たような展開になる。米軍が軍事顧問団だけを韓国に残して大部分を引き揚げるという可能性は十分に考えておいた方がいい。

結局、最後にはソウルの大使館からヘリコプターで逃げるんですか?

だがベトナム戦争との大きな違いは首都の南側に釜山があり、そしてさらにその南には日本列島があることだ。ベトナム共和国は最南部のサイゴンを首都にしたため袋小路になったが、韓国はソウルを首都のままにしておきデコイの役目を果たすことで釜山を温存しておくことが可能になった。

じゃあ、釜山の領事館からヘリコプターで逃げる・・・?

そうなる前に日本への侵攻を開始するだろう。俺が韓国1919派日本列島侵攻計画は北朝鮮の南進と同時だって言ってるのはこれが理由。ベトナム戦争の例で考えれば、ソウルが陥落しそうになった時点で臨時政府の樹立を検討するのは妥当だ。ベトナム共和国にはカリフォルニアしか選択肢がなかったが、韓国の場合は日本も選択肢に入る。北朝鮮が釜山総攻撃を開始する頃には、韓国は九州に臨時政府を打ち立ててるかもしれないね。

そうなると、韓国消滅シミュレーションも大分変わってきそうです!

ベトナム共和国と韓国最大の相違点はすぐ南側に日本列島が存在すること。ベトナム共和国からフィリピンはあまりにも遠すぎて逃避先としては現実味がない。ところが韓国から日本はかなり近いので逃避先として逆にふさわしい。

日本=フィリピンなんですか?

うむ。フィリピンは東南アジアの日本というのが俺の解釈だ。フィリピンは昔経済大国だったが、米軍の撤退で没落したというのも何となく日本の将来像に見えなくもない。

東南アジアは、東アジアの未来なんですか?

そうなんじゃないかと思い始めてるところ。今度この話は改めて取り上げようか。東南アジアを見れば東アジアの未来が分かるという分析、題材としては目新しいし興味深いと思う。

う~ん・・・でも、地形としては確かに似てますよね!

まあ結論としては、米国は平和協定を理由に在韓米軍を撤退させるつもりという話になるのかな。米国が誰も韓国を擁護しなくなってるし、ハドソン研究所も韓国には指導力が欠如してると手厳しい批判をした。在韓米軍がいなくなれば最前線が日本や台湾になると言われてるけど、日本としてはむしろ憲法改正への強力なモチベーションが生まれることになるので前向きに捉えればいい。よって困るのは韓国だけという話になる。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!