中国ニュース

中国の6%成長はありえない!? 粉飾統計だったの?もうバレてる?

今日はボクが取り上げます。中国の成長率が6%台ということについて、中国でも色んな人が疑ってるみたいです!中国政府の景気対策が大規模すぎるし、上海の賑わいも寂しくなってるそうです!中国の成長率が1.67%だと語った動画がネットから消されてしまったとか。中国はどうなってしまうんでしょうか?

6%成長、ありえない―中国でも官製統計批判
2/14(木) 11:33配信 ニュースソクラ

【けいざい温故知新】粉飾統計を取り繕い続けるのか

 連日のように不正統計が追及され、政府統計の信用が失墜しているが、中国でも官製統計をめぐる批判が起きている。昨年のGDP成長率は公式発表で6.6%だったが、「そんな高い成長はあり得ない」という声が、内外で高まっているのだ。

 先月21日、中国国家統計局が発表した2018年のGDP実質成長率(速報)6.6%は、政府目標の6.5%をクリアしている。17年の成長率が6.8%だから、0.2ポイントの緩やかな減速といえる。

 だが、官製数値に疑問を投げかける状況証拠は多い。まず、中国当局自身が金融緩和、鉄道建設投資の拡大、減税などの景気対策を相次いで打ち出している。緩やかな減速への対応にしては大規模だ。また「上海の夜の賑わいが、ひと頃に比べてさみしくなった」といった“体感景気”も伝えられる。

 もっと有力な証拠は、中国と関係が深い海外企業の業績だ。米アップル社の2019年第1・4半期(18年10―12月)決算は9・4半期ぶりの減収減益になったが、主因は中国市場でのiPhoneの販売減だ。

 ファナックの昨年10-12月期は、前年同期比42%の減益だが、中国企業からの受注急減が足を引っ張った。台湾や韓国の企業でも中国事業が原因の業績悪化が目立つ。中国向け輸出の依存度が高い韓国経済は、不況色が強まっている。

 マイルドな景気後退なら、中国関連海外企業の軒並みの業績悪化は、説明がつかない。全米産業審議会(コンファレンス・ボード)は先月、独自の集計法で18年の中国の実質成長率を4.1%と発表した。

 それさえ過大かもしれない。昨年12月、中国人民大学で改革開放40周年記念の経済フォーラムが開かれ、著名な経済学者の向松祚教授(国際通貨研究所副所長)が講演し、ある有力機関の研究チームが推計した成長率が1.67%だったと明かし、「マイナス成長の推計値もある」と語った。講演の動画は、中国のネット上から消されてしまったが。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010000-socra-bus_all

中国は国内もまとめられない?

いいですね。私はこのような話はあまり取り上げませんが、土日は動きが鈍いこともあり目立つ話題が少ないことが多いです。

今日はボクがやります!中国で6%の成長率はありえないって言ってる人が増えてて、1.67%だと発言した講演の動画は消されてしまったそうです!

この前の話の焼き直し?

そうだと思います。大事なことだと思うので、改めて取り上げました!

中国の経済状況については、中国との取引が多い米国企業を見れば一目で分かります。Appleの業績が落ちていることからも、今年は間違いなく6%の成長率を維持することは困難になるでしょう。粉飾でも乗り切れない局面も想定されます。

貿易は相手国の企業がいるからごまかせないわな…。

中国は国内もまとめ切れんようじゃのう。超大国失格の烙印を押されるべきじゃ。

講演の動画を後から消すのも悪手ですね。都合悪いと白状してるようなもので。

でも、中国って意外と言論の自由があるんですね!成長率の真実なんて、絶対に発言できないと思ってました!

まあ中国共産党の肝は政治面だろうから。この発言をした人だって今はどうなってるか分からないし。今は伊藤忠社員の件も問題になってるだろ?油断はできないね。

中国はウソをつき続けないといけない?

ネットユーザーの反応です!

・前からそう思ってました。あらゆる指標がマイナスだったのに
・今までは何だかんだやってきてたのが、去年の末から目に見えて影響が
・ウソの統計が翌年の出発点になるので、またウソをつかないといけない
・中国政府はいつこのウソを軟着陸させるの?
・中国の人達が資産を海外に移してるのは、統計がウソだと疑ってるから
・売れない不動産もGDPにカウントされる。ソ連でも同じだった
・中国の失業率はいつも4%近辺。空前の大卒就職難でも4%
・社会主義なのに少数民族に福祉が行かない。福祉の規定と実態が一致してない
・軍事力拡大に走って、経済は貧乏になる?
・マイナス成長なんて結果を出したら責任者がどうなるか
・西安や成都などの様子を見れば、6%はありえない。少なくとも12%です

最後は”いつもの人”だなwww 言ってることが滅茶苦茶だww

いつものように否定が多く入ってました。面白かったので、取り上げました!

不動産だって造るだけ造ってはいGDP増えました!だからな。売れるかどうかなんて気にしちゃいないし、需要なんてあろうがなかろうがどうでもいいという感じだろう。

ウソをつき続けないといけないなんて、中国も大変ですね!

中国はソ連と同じ失敗への道を歩んでいると言っていいでしょう。トランプ氏がINF条約の破棄を宣言したため、軍拡競争ともなれば経済力で劣る中国には勝ち目はなさそうです。米国資本が全て中国から手を引けば、中国は今すぐにでも経済が崩壊するかもしれません。

蓋を開けてみたらGDPが公表値の半分でした、とかでもまったくおかしくないと思う。ウソにウソを重ねてきた状態なので実体とはかけ離れてると想像できる。計画経済なんてのは世界にとっては害悪でしかないね。

ホントに、アメリカに勝てるって思ったんでしょうか?

まあ米国内の親中派が図に乗らせた感じはするけどね。民主党が共和党と対中強硬政策で一致しているというのが俺の中ではまだ信じられない。

そうですか?ボクは、民主党は中国や韓国の味方のフリをしてるだけなのかな、と思いました!

民主党もそうですが、米国政府は全体的にアジアの情勢に関心がありません。北朝鮮が長距離誘導弾を米国に飛ばさない確約が得られるかどうかにのみ注視しています。中国を安全保障上の脅威としているのは、北朝鮮と同様に米国本土への脅威をもたらす可能性を秘めているからです。

楽観的なムードを無理矢理演出?

また、米中の通商協議については具体的な成果が見えない状況となっています。根拠のない楽観的な見通しが出ているので注意が必要です。

米中通商協議は「ラストスパートに」、中国メディアが楽観的見方
2/18(月) 7:27配信 ロイター

 [上海 16日 ロイター] – 中国の複数国営メディアは16日、米中通商協議に関して慎重ながらも楽観的な見方を伝えた。

 中国の習近平国家主席は15日に北京でライトハイザー米通商代表部(USTR)代表およびムニューシン財務長官と会談。[nT9N1VX018]習氏は、1週間にわたる協議は段階的に前進したとコメントした。

 中国共産党機関紙の人民日報は、習氏と米国側との会談は、これまでの協議が進展していることを示しており、両国の通商関係の発展において次の段階に向けた新たな推進力になっているとの見方を示した。

 現在の協議における好ましい勢いを双方が維持し、設定されている期限内に合意に達するために努力することが期待されているとした。

 また、中国の環球時報も英語の論説で、中国が覚書(MOU)の文面について協議したとのニュースは、双方が前例のない前進を遂げたことを示していると指摘。「MOUと来週の協議は、マラソンのように永遠に続くと思われた米中通商交渉が、ラストスパートにさしかかっていることを示している」との見方を示した。

 一方各紙は、合意するならば、米国と中国双方の利益になる内容でなければならないと指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000003-reut-cn

どうなるんでしょうか・・・?

まあ中国の言うことだからあまり信用しない方がいいだろうね。冒頭の記事にもあるように経済的な指標がおかしなことになってるので、ウソでもムードを盛り上げないといけないことになってそうだ。

今までこういう報道が出て、結果が良かった試しがない気がします・・・。

誰もが予想しなかった非常事態宣言をトランプ氏が発令したように、米中の協議は事前に決まったことが覆されることも警戒しなくてはなりません。中国側には状況を冷静に見守る余裕もなくなってきているようです。

トランプの意向がすべてだからな…。米中間の協議は無意味とさえ言えるね。マスコミはこちらがメインかのように扱ってるけど。

でも、トランプ大統領は日本の味方なので、応援してます!国家非常事態を宣言しても、反対する人が多いなんて信じられません!

アンケート結果が出てたんだっけ?

アメリカ国民の過半数が、非常事態宣言に反対してるんです!共和党支持者でも30%くらいが反対してて、民主党支持者だと98%くらい反対してたと思います!

民主党支持者は不法移民を容認しようとしてるのか…?まあ米国のことはそこまで踏み込んで言えないけど。

今が非常事態かどうかについての見解はともかく、非常事態宣言の発令は大統領に与えられた明確な権限です。予算が成立せずに政府閉鎖を引き起こすことこそが最悪の状況です。今後も状況を注視してください。