韓国が米朝首脳会談から完全に排除されてしまう! わざわざ予定を空けたのに文在寅呼ばれず! 韓国がパニック状態!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

米朝首脳会談の主題が案の定終戦宣言になりそうだが、なんと文在寅はこの終戦宣言は韓国抜きでもいいと言い始めたようだ。ベトナム共和国よりもさらに過酷な状況に韓国を自ら追い込んでいることになる。もはや文在寅は韓国の大統領とは言えないのではないか?そして実は米朝に排除されたのを、後から韓国抜きでもいいと言い訳してるのではないかという推測がなされていた。

(朝鮮日報日本語版) 【社説】韓国抜きの朝鮮戦争終戦宣言は国恥だ
2/26(火) 11:04配信 朝鮮日報日本語版

 韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は25日、ベトナムのハノイで開催される2回目の米朝首脳会談と関連して「(朝鮮戦争の)終戦宣言が(議題として)入る可能性がある」とコメントした。金報道官は「韓国と中国、米国と中国、韓国と北朝鮮は事実上の終戦宣言を行っているので、残ったのは北朝鮮と米国だ」とも述べ、終戦宣言が実現する可能性があるとの見方を公にした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任直後から終戦宣言の実現に向け米国を説得してきた。

 今が北朝鮮の核の廃棄されるプロセスの途上にあるとすれば、終戦宣言は韓半島(朝鮮半島)における敵対状態を終結させる象徴的な意味合いがあるだろう。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と米国のトランプ大統領による今回の2回目の米朝首脳会談では、前回シンガポールで開催された1回目のときとは異なり、核兵器やウラン濃縮施設のリスト提出やその検証など、非核化に向けた実質的な措置で合意し、それによって南北と米国が共に終戦宣言に署名してほしいものだ。

 ところが驚くべきことに大統領府はこの日「北朝鮮と米国だけの終戦宣言で十分」との見方を示した。1950年6月25日に突如南侵を受けて国を失いかけた当時、・・・それほどの被害を受けた国が、その戦争の終結を宣言する当事者にならなくてもよいと大統領府は本当に考えているのだろうか。耳を疑わざるを得ない言葉だ。これでは大統領府自ら「大韓民国は国ではない」と宣言したようなものだ。韓国は1953年当時、戦争の被害を受けてはいたが、統一が実現しない状態での休戦に反対し、停戦協定には加わらなかった。しかし今は状況が全く違う。世界10位圏の経済大国となった大韓民国が、多くの犠牲を出した戦争の当事者でなくても構わないとの考えを大統領府が発表した。その発表者の失言であることを願うばかりだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00080069-chosun-kr

予想通りすぎて驚いている

キム委員長が、ハノイ入りしましたね!何だか予想通りの動き過ぎて、逆に怖いです!

な。ここまでベトナム戦争の軌跡を辿ることになるとは。我ながら驚いている。終戦宣言から平和協定、そして在韓米軍撤退までがスムーズに進むだろうという予測だ。

しかも、その終戦宣言に韓国は加わらないなんて・・・。

ベトナム共和国でさえ終戦宣言には参加した。ベトナム共和国の大統領は反対していたが、外相が参加したので話し合いには加われたことになる。今回韓国はその話し合いに参加する資格さえ失った。

終戦宣言の場で何が話されても、韓国は文句を言えなくなりますよね!

在韓米軍の撤退で米朝が合意したとしても韓国はそのことを知る術さえないんだ。さすがにここまでとは俺も予想外だったが、記事の続きによればどうやら米国が韓国を本気で排除し始めたというのが真相のようだ。

 終戦宣言が行われれば、停戦の秩序を変えるための話し合いが当然行われるだろう。まず北朝鮮は国連軍司令部と北方限界線の廃止を求めてくるはずだ。このような交渉が米朝間で行われ、韓国が第三者あるいは見物人になることは想像もできないことだ。このままでは後に平和協定が締結される時が来ても、大韓民国はその場から外されるしかない。

 実はつい先日まで大統領府の考え方は全く違っていた。米朝首脳会談で終戦宣言が締結される可能性を念頭に、文大統領はいつでも会談の会場に行けるよう日程を空けていた。それは米国も北朝鮮もよく知っているはずだ。韓国は当然終戦宣言の当事者と見なされ、中国がこれに加わるかどうかが問題になっていた。ところが大統領府が今回突然「韓国は抜けてもよい」と言いだしたのは、一体どのような理由があるのか。米朝合意によって韓国が除外され、大統領府がこれを後から知り「抜けてもよい」と先に発表したのではないか。

 北朝鮮の核問題で韓国が見物人に成り下がったのは随分前からの話だ。大統領府の発表通りもし終戦宣言から韓国が外れるのであれば、これは外交における国恥に他ならない。このような状況の中、文大統領は「韓半島(朝鮮半島)の運命の主人はわれわれだ」とした上で「新韓半島体制に向け主導権を持って準備していきたい」と発表した。むなしい言葉だ。北核交渉で韓国が除外されたという現実から目を背けるため、全く内容のない空虚な「新韓半島体制」という言葉をその場で考えたのだろうか。韓国は終戦宣言の当事者にさえなれず、韓国国民も北朝鮮に与える金を出すだけとなれば、これは韓国政府として責任を放棄したに等しい。韓国政府は今からでも「韓国抜きの終戦宣言は絶対に認められない」とはっきり主張すべきだ。

深刻じゃないですか!ムン大統領は、それでもいいんですか?

な。このような状況を積極的に受け入れるというのは一線を越えてると思う。もはや文在寅は韓国の大統領とは言えない状況だ。北朝鮮の使い走りどころの騒ぎじゃないよね。

朝鮮日報さんは、毎度のごとく嘆き方が冷静ですよね・・・。

正論を突き過ぎて大統領府からにらまれないかが心配だ。数多くの芸能記事に埋めても確実に見つかるし、現にネット掲示板でトピックも立てられてしまってるからな。

愛国日報の記事があまりにも冗長なので添削してみる

中央日報さんは、全然違う捉え方をしてますね・・・。どういうことなんでしょうか?

青瓦台「米朝だけの終戦宣言で充分」…中国が変数
2/26(火) 11:16配信 中央日報日本語版

 韓国戦争(朝鮮戦争)の終息を確認する終戦宣言が第2回米朝首脳会談の主要イシューであることが確認された。米朝交渉に精通する複数の外交筋が25日、両国の実務交渉で首脳会談宣言文に終戦宣言文面を含める方向で議論していることを知らせた。金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官も同日「終戦宣言の可能性」に言及し、終戦宣言が米朝首脳会談の議題であることを示唆した。米国・北朝鮮と緊密なチャンネルを維持している青瓦台で会談議題と方向を公開したため非核化に併せて韓半島(朝鮮半島)平和体制構築問題、すなわち終戦に関する表現が何らかの方法でハノイ首脳会談の成果物に含まれる見通しだ。

 終戦宣言は昨年の第1回米朝首脳会談合意の延長線上にあり、これを更に具体化した内容だ。昨年の第1回米朝首脳会談後に出された共同声明文の第2項は米国と北朝鮮が韓半島で恒久的平和体制を構築するために共に努力すると明示した。トランプ米大統領は第1回首脳会談直後の記者会見で「近い将来、実際の終戦宣言があるだろう」とも明言した。米朝が今回終戦宣言に合意すれば260余日で「行動」に移すことになる。したがって、今回の第2回会談の終戦宣言合意は昨年の「恒久的平和体制」に進むための入口を開いたという側面がある。梨花(イファ)女子大学国際学部のパク・インフィ教授は「形式的な終戦宣言を後回しにしても内容的な戦争の終息は必要だ」と指摘した。国家安保戦略研究院イ・ギドン副院長は「終戦宣言は政治的意味が強くはあるが北朝鮮と米国の信頼形成のための呼び水になることができる」と分析した。

 終戦宣言はこのように政治的側面では意味を持つが、北朝鮮が終戦宣言に満足するかが変数だ。終戦宣言は対北朝鮮制裁解除にきわめて敏感な米国が北朝鮮に対してできる幾つかしかない補償の1つだ。国連安全保障理事会が定めた対北朝鮮制裁は米国が独断で解除できないばかりか、米国独自の対北朝鮮制裁を緩和するためにはホワイトハウスは民主党が対抗している下院を説得しなければならない。半面、政治的宣言である終戦宣言はこのような制限から相対的に自由だ。その代わり、「お金」と直結していないため北朝鮮が非核化の等価と見なさない可能性がある。

 終戦宣言が招く真の変数は中国だ。金宜謙報道官は同日「終戦宣言の主体が韓国・北朝鮮・米国・中国の4者、韓国・北朝鮮・米国の3者、米朝の両者のいかなる形式でも政府は歓迎する」とし、「米朝の終戦宣言だけでも充分だ」と評価した。金報道官は「韓国と中国、米国と中国はすでに修交を結び、南北は2度の首脳会談と9・19軍事合意で事実上の終戦宣言と不可侵宣言を交わした」とし、「今残っているのは北朝鮮と米国」とも伝えた。

 しかし、終戦宣言に合意すれば次の段階は終戦宣言をするための交渉だが、そこから韓国戦争停戦協定の当事者である中国を排除することは容易ではない。北朝鮮も米国との1対1の終戦宣言交渉よりは中国を含む2対1交渉の方が有利だと判断する可能性が高い。これは米朝非核化交渉において中国の影響力がより高まることを意味する。元高位当局者は「北朝鮮の非核化の必要性には周辺国が皆共感しているが、中国はこの過程で北朝鮮と米国が急速に近づくのを防ごうとしている」とし、「ロシアと日本も韓半島当事国だと主張して交渉に介入する権利を求めた場合、非核化交渉がはるかに複雑になるおそれがある」と指摘した。終戦宣言の交渉の過程あるいはその後で、北朝鮮が国連司令部の解体、在韓米軍撤退を公式に言及して議題化するのも変数だ。トランプ大統領は先立って在韓米軍の縮小に関して「首脳会談の議論対象ではない」と明らかにしたが、米朝間の終戦宣言議論は結局在韓米軍問題まで議論する契機を作る効果もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000027-cnippou-kr

愛国日報www 最後の方になって韓国に不利な状況であることにようやく気付いて、書くのをやめちまったwww 急に記事が終了したよ。

唐突にアメリカ軍の話を出して、そこでいきなり話が終わってる印象です!ボクも何だか違和感を感じました。

しかし愛国日報は段落の割り振りがめちゃくちゃだな。感情に任せて勢いで書いてるからこうなるんだ。俺が添削してやろう。重複部分もカットする。

青瓦台「米朝だけの終戦宣言で充分」…中国が変数
2/26(火) 11:16配信 中央日報日本語版

 韓国戦争(朝鮮戦争)の終息を確認する終戦宣言が第2回米朝首脳会談の主要イシューであることが確認された。米朝交渉に精通する複数の外交筋が25日、両国の実務交渉で首脳会談宣言文に終戦宣言文面を含める方向で議論していることを知らせた。金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官も同日「終戦宣言の可能性」に言及し、終戦宣言が米朝首脳会談の議題であることを示唆した。

 終戦宣言は昨年の第1回米朝首脳会談合意の延長線上にあり、これを更に具体化した内容だ。会談後に出された共同声明文の第2項は米国と北朝鮮が韓半島で恒久的平和体制を構築するために共に努力すると明示した。

 トランプ米大統領は第1回首脳会談直後の記者会見で「近い将来、実際の終戦宣言があるだろう」とも明言した。米朝が今回終戦宣言に合意すれば260余日で「行動」に移すことになる。したがって、今回の第2回会談の終戦宣言合意は昨年の「恒久的平和体制」に進むための入口を開いたという側面がある。

 梨花(イファ)女子大学国際学部のパク・インフィ教授は「形式的な終戦宣言を後回しにしても内容的な戦争の終息は必要だ」と指摘した。国家安保戦略研究院イ・ギドン副院長は「終戦宣言は政治的意味が強くはあるが北朝鮮と米国の信頼形成のための呼び水になることができる」と分析した。

 北朝鮮が終戦宣言に満足するかが変数だ。「お金」と直結していないため北朝鮮が非核化の等価と見なさない可能性がある。半面、終戦宣言は対北朝鮮制裁解除にきわめて敏感な米国が北朝鮮に対してできる幾つかしかない補償の1つだ。国連安全保障理事会が定めた対北朝鮮制裁は米国が独断で解除できないばかりか、米国独自の対北朝鮮制裁を緩和するためにはホワイトハウスは民主党が対抗している下院を説得しなければならない。政治的宣言である終戦宣言はこのような制限から相対的に自由だ。

 終戦宣言の交渉の過程あるいはその後で、北朝鮮が国連司令部の解体、在韓米軍撤退を公式に言及して議題化するのも変数だ。トランプ大統領は先立って在韓米軍の縮小に関して「首脳会談の議論対象ではない」と明らかにしたが、米朝間の終戦宣言議論は結局在韓米軍問題まで議論する契機を作る効果もある。

 金宜謙報道官は同日「終戦宣言の主体が韓国・北朝鮮・米国・中国の4者、韓国・北朝鮮・米国の3者、米朝の両者のいかなる形式でも政府は歓迎する」とし、「米朝の終戦宣言だけでも充分だ」と評価した。金報道官は「韓国と中国、米国と中国はすでに修交を結び、南北は2度の首脳会談と9・19軍事合意で事実上の終戦宣言と不可侵宣言を交わした」とし、「今残っているのは北朝鮮と米国」とも伝えた。

 しかし、終戦宣言が招く真の変数は中国だ。終戦宣言に合意すれば次の段階は終戦宣言をするための交渉だが、そこから韓国戦争停戦協定の当事者である中国を排除することは容易ではない。北朝鮮も米国との1対1の終戦宣言交渉よりは中国を含む2対1交渉の方が有利だと判断する可能性が高い。これは米朝非核化交渉において中国の影響力がより高まることを意味する。

 元高位当局者は「北朝鮮の非核化の必要性には周辺国が皆共感しているが、中国はこの過程で北朝鮮と米国が急速に近づくのを防ごうとしている」とし、「ロシアと日本も韓半島当事国だと主張して交渉に介入する権利を求めた場合、非核化交渉がはるかに複雑になるおそれがある」と指摘した。

大分すっきりしましたね!段落が短くなって、記事がスリムになった感じがします。

リライトは一切せず、コピーアンドペーストと削除のみで再構成した。段落の途中で論調を二転三転させる部分を改善して一回だけ論調を変えるようにしたりもした。だがこれだと「米朝の終戦宣言だけでも充分」の段落が浮いてしまうんだよな…。

それ以上は、全面的に記事に手を入れないと無理そうですよね?

愛国日報は一番最後に在韓米軍の話題を持ってきたが、これは北朝鮮の変数という部分に含むべきだと感じるので中盤に移動した。そして俺は今回の首脳会談の真の変数は中国じゃないと思うんだが。

ボクは、むしろ韓国が変数だと思います!韓国がアメリカ軍の撤退に応じるかどうかを、北朝鮮や中国が気にしてると思います!

そういうこと。記事タイトルからして間違っているわけだ。こうなると記事を最初から書き直すか、中国の話題を分離して別記事にする必要が生じてくるね。俺が中央日報のデスクなら没記事にするか書き直しを指示すると思うわ。

韓国はベトナム共和国と違い戦争当事国ではないという現実

ネットユーザーの反応です!

・ホントに行くつもりだったの?
・ムン大統領は、いつも孤立してる気がする
・乗り気なのに呼ばれないなんて、一人ぼっちすぎる
・韓国は国際法上当事国じゃないから
・また勝手にベトナムに行くのかも
・韓国軍はアメリカの兵器を持って北朝鮮へ逃げたりした
・韓国抜きの終戦宣言でも、ムン大統領は喜ぶ
・なぜ呼ばれないか分かる?国連やアメリカはもう二度と付き合いたくないから
・悔しいの?愛国発言も負け惜しみみたい
・韓国は北朝鮮に取り込まれるのを待つだけ?
・終戦宣言と同時に、アメリカ軍の撤退へと繋がると思う
・ムン政権は中国にも嫌がられてる。中国の立場を無視して、フライングしたから

まあそうだな。ベトナム戦争との違いは、ベトナム共和国は戦争の当事国だが韓国は途中で戦争を投げ出して当事国とは呼べない立場になったことかな。ベトナム共和国の方が数段まともだったと思うよ。

じゃあ、韓国はホントに、周辺国のなすがままに動かされる・・・?

そもそも文在寅が米朝首脳会談に関わる権限がないんだよ。日韓のマスコミが好き勝手報道して、日本は蚊帳の外とか訳の分からないことを言ってたメディアもいた。だが世界の認識は日韓のマスコミとは大きくかけ離れているんだ。

日本と韓国のメディアって、仲良しですよね!それだけは間違いないと思います!

そうして世界の動きから取り残されるところまでそっくりだ。うんざりするほどにね。だから今回の米朝首脳会談の結果何が起こるかは想像もつかないと思うよ。残念ながら日本のメディアは保守も含めてほとんどが歴史を勉強してないと感じる。知っててわざと言わないのかもしれないけど、それにしては認識があまりにもお粗末だ。米朝首脳会談がハノイになった時点で今後韓国に何が起こるかを瞬時に理解できるくらいじゃないとダメだ。

きっと、みんな知ってて言わないんだと思います!日本人はみんな優しいので、韓国にホントのことを言うのはあまりに厳しすぎるので、最後まで優しいフリをするんだと思います!

そうであることを期待しておくよ。まあいずれにせよ韓国がどうなろうが日本にはもう関係のない話なので、いくら岩屋防衛相が韓国を擁護しようが構わず世界は動いていく。日本はいい意味で朝鮮戦争に関する権限を持ってないからな。部外者として安全な場所から眺めているだけでいいわけ。韓国でウォンが暴落し、外貨が底をつき通貨危機が発生してもなお助けないという姿勢が分かればそれでいい。困るのは100%韓国の人達だけとなる。

韓国の皆さん、もう手遅れです!1000年後に会いましょう!さようなら!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!