韓国文在寅が味方ゼロでパニック状態! 米朝の双方から不信感を持たれ中国に無視される! 日本にも敵対国と見なされる!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

ここ最近は日課となっている朝鮮日報の嘆き記事だ。文在寅の言葉とは裏腹に周辺各国が次々と韓国から離れていってるという。韓国大統領府と米国政府の言ってることが全然違うし、北朝鮮も南北連絡事務所に来なくなってしまった。中国には大気汚染対策で無視され、日本には敵対国と見なされていると嘆きのオンパレードだ。文在寅は誰とどこへ向かっているのかという身も蓋もない記事タイトルがついている。

(朝鮮日報日本語版) 【社説】文在寅外交は今、誰と、どこへ向かっているのか
3/19(火) 10:32配信 朝鮮日報日本語版

 韓国大統領府のある幹部が17日に緊急会見を開き、米国による北朝鮮との「ビッグディール」に向けた動きと関連して「米国は『全部でなければ全無』との戦略だが、これは見直すべきだ」と主張した。「十分に良好な合意」を形成する努力が必要という意味だ。ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談で米国は「完全な核廃棄」を求め、北朝鮮は寧辺の老朽化した核施設と制裁の解除を取引しようとしたが、韓国大統領府の考えは北朝鮮の側に近いようだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に続き大統領府のこの関係者も米朝首脳会談について「幾つか進展があった」と前向きに評価した。世界でこのような見方をする国はおそらく韓国しかないだろう。国際社会では「会談決裂に伴う最大の敗者は、会談直後から南北経済協力の推進を表明した文大統領」との見方まで出ている

 会談直後から韓国大統領府は「仲裁者としての韓国の役割が大きくなった」と主張しているが、ワシントン・ポスト紙は「仲裁者としての文大統領の信頼性は危うい」と指摘した。韓国大統領府によると、トランプ大統領はハノイから帰国する途中に専用機から文大統領に電話をかけ「金正恩(キム・ジョンウン)委員長と話をして、その結果を伝えてほしい」と求め、複数回にわたり仲裁を要請したと主張している。しかしワシントンでは「トランプ大統領は文大統領に対し、金正恩氏の説得を任せた」という全く別の話が出ている。北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官も平壌で行った会見で「文大統領は仲裁者ではなく、米国との同盟プレーヤー」と述べ、韓国の仲裁者としての役割を否定した。ハノイでの米朝首脳会談後、開城の南北連絡事務所における所長会議は北朝鮮側が出席しないため3週間にわたり開催されていない。つまり韓国は米国と北朝鮮の双方から不信の目で見られているのだ。

 米国務省は人権報告書の中で「韓国政府は脱北者が北朝鮮を批判しないよう押さえ付けている」と指摘し、国連は開城の南北連絡事務所に提供された石油製品について「制裁違反の可能性がある」との見方を示した。その際、文大統領が映った写真が国連の北朝鮮制裁違反報告書に掲載された。

 文在寅政権は中国に対しては卑屈なまでに友好的な態度を示しているが、中国は韓国を完全に無視している。文大統領が「中国と協力して大気汚染対策を進めていきたい」と発言すると、中国では局長レベルの政府関係者がこれを直ちに否定した。日本も今や韓国を友邦と考えておらず、むしろ敵対国と見なしているほどだという。日本は韓国で開催される海上訓練に自国の艦艇を派遣せず、日本が主催する観艦式には韓国艦艇を招待しないとも報じられた。その一方で日本は韓国を介さない形で北朝鮮との対話を模索している。周囲のどこを見ても韓国の側に立つ国がない今の状況で、韓国政府は何を根拠に「われわれの役割が大きくなった」などと言っているのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00080050-chosun-kr

世界中に呆れられ見捨てられる韓国

また朝鮮日報さん!毎日お疲れ様です・・・。

もはや文在寅批判の嘆き記事が日課になりつつあるよね。韓国の味方が周辺国からどんどん消えていってるからな。米国政府とは言ってることがかみ合わないし、北朝鮮も開城団地の南北連絡事務所に来てくれなくなった。

中国とは、大気汚染の件で対立してますよね?

対立どころか完全無視だよ。文在寅が中国と協力うんぬんかんぬんと言ったが中国側はスルー。そして日本にも敵対国だと見なされていることを嘆いている。

世界中のメディアにも、言論の自由がないと批判されてしまいました!

韓国孤立化へのとどめのような事件だったね。誰がどう見ても文在寅は北朝鮮の言いなりになっているというのに、その事実を指摘されただけで感情的になって正気を失うようではもはや政府とは言えないだろう。

失礼補佐官も、すっかり黙り込んでしまいましたね・・・。

風向きがおかしいと分かると裏手に引っ込んで様子見モードになる。文在寅の東南アジア外遊も何一つ成果がなく単なる現実逃避だった可能性さえある。ハノイ会談決裂から間もなく3週間が経過しようとしているのに一向にパニックが収まる気配がないね。

もうすぐ3月も終わりじゃないですか!時間が経つのが早すぎます!

ここ最近の記事リストを見ても、”文在寅”と”パニック”の単語を使用する頻度が高いと感じている。これは意図的にそうしている。誰がどう見てもパニック状態だし大事なことなので何度報道しても飽き足らないからな。

韓国国防部長官の認識もハンギョレ新聞もおかしい

御用新聞のハンギョレが韓国国防部長官の発言をそのまま掲載している。明らかにおかしなことを言ってるのに何の疑問も差し挟んでいないようだ。

韓国国防長官「東倉里、ミサイル発射活動とは判断しない」
3/19(火) 8:01配信 ハンギョレ新聞

国防委で「ミサイル活動と表現するのは不正確な判断」 来月初め、ワシントンで韓米国防長官会談 国防部「近い将来、南北軍事会談開き9・19合意履行協議」

 チョン・ギョンドゥ国防部長官は18日、北朝鮮の東倉里(トンチャンリ)ミサイル試験発射場の動向に対して「ミサイル関連活動と表現することは不正確な判断」として「東倉里は発射場だが、ミサイルを発射しようとする活動とは判断していない」と明らかにした。最近、東倉里ミサイル発射場が再建される様子が衛星を通じて捉えられ、北朝鮮の意図をめぐって活発な論議を招いた。

 チョン長官はこの日、国会国防委員会全体会議でこのように明らかにし、北朝鮮の核活動については「北朝鮮のそうした活動をすべて把握している」と報告した。北朝鮮の核実験関連の動きがある場合、それを韓米情報当局がすべて正確に把握できるという趣旨と見られる。北朝鮮が昨年6月、1回目の朝米首脳会談以後に6個程度の核兵器を製造できるウランとプルトニウムを生産したという外信報道と関連しては「韓米情報当局が緊密に協調しているが、その部分は明確に識別されていない」と明らかにした。

 チョン長官はこれに先立って、挨拶を通じて「朝鮮半島の非核化と平和定着の基盤になる韓米同盟を持続的に強化し、戦時作戦統制権(戦作権)の転換に必要な核心能力を早く確保する」と明らかにした。彼は「朝鮮半島の平和を後押しする強軍建設のために、国防改革を強力に推進する」として「韓米同盟をベースに、わが軍主導の連合・合同指揮構造改革を推進する」と強調した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00033048-hankyoreh-kr

ミサイル発射場が再建されてるのに、ミサイル発射に関する活動とは判断しないんですか?

無茶苦茶な擁護だよな。東倉里という地名の変換方法だが”東の倉庫の里”と書いてから”の”と”庫の”を消せばいい。東の里の倉庫にミサイルを格納してるイメージ。

それだと、東里倉になってしまいます!間違って覚えそうです!

そこはうまく言葉を調整してくれww

韓国の国防部長官は、どうしてこんなことを言うんでしょうか?

表向き米韓の情報当局、つまり国情院が米国と連携できていることになっているが実際は分からないね。米国が韓国を見限って情報を一切与えていない可能性もある。立場上米韓同盟が緊密でないとまずいことになるからな。

ムン大統領の擁護どころか足を引っ張ってる気がします・・・。事実を曲げてはいけないと思います!

ハンギョレは読者数も少ないし影響力は小さいからある意味政府広報誌と呼ばれることに抵抗を感じないだろう。読者層も強硬な文在寅支持層だろうし朝鮮日報とは正反対の立ち位置にいると言っていい。

東里倉のミサイル発射場は、活動してるけど大した動きではない、って言った方がまだいいと思います!

まあ言い方としては活動はしてるがミサイル関連活動ではないという感じだがな。そして東里倉ではなく東倉里だ。

もうダメです!東里倉の方が違和感なく覚えられるので、これからも間違え続けると思います!!

あっそうwww まあ北朝鮮の地名なんてどうでもいいか。

グッドイナフディールとかいう訳の分からない概念まで登場

朝鮮日報の嘆きは止まらない。韓国政府がディールディールとうるさい中で、今度はグッドイナフディールとかいう訳の分からない概念を持ち出してきた。

(朝鮮日報日本語版) 対北政策で文政権が独自色、米朝双方に誤解招く恐れも
3/19(火) 10:01配信 朝鮮日報日本語版

米は「ビッグディール」、韓国は「グッド・イナフ・ディール」

 北朝鮮の非核化をめぐり、韓米に意見の違いがあることがあらわになっている。米国のトランプ政権が一貫して「一括妥結式ビッグディール(big deal)」を主張しているのに対し、韓国政府は「グッド・イナフ・ディール(good enough deal=十分いい取引)」という概念を持ち出してきたのだ。核施設リスト申告や大量破壊兵器(WMD)凍結・廃棄を含む「一括妥結式ビッグディール」は現実性に欠けているから、「包括的非核化ロードマップ合意後、段階的に移行」する方向で進めるべきだという主張だ。ベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂して以降、韓米は対北朝鮮制裁緩和や北朝鮮人権問題に続き、北朝鮮の非核化方式をめぐっても意見の違いを見せ、両国の共助態勢に亀裂が生じるのではないかという懸念が高まっている。

 韓国大統領府関係者は17日、「慣性的な対北朝鮮交渉の枠組みから脱却しなければならない」として「『オール・オア・ナッシング(All or Nothing=すべてか無か)』戦略を再考する必要がある」と述べた。そして、「まず北朝鮮が包括的な目標を達成するためのロードマップに合意するようけん引し、それを土台に『スモールディール』を『グッド・イナフ・ディール』にしていくべきではないだろうか」と言った。「包括的ロードマップ」に言及してはいるが、これまで北朝鮮が主張してきた「段階的非核化」に重点を置いたものだ。

 ソウルの外交消息筋は18日、韓国政府は『スモールディール』に対し批判的な世論を意識して『グッド・イナフ・ディール』という単語を急ごしらえしたが、結局は段階的非核化で行こうという意味だ。ビッグディールの可能性に関しては米政府内にもさまざまな意見があるが、韓国政府が公然と別の声を上げることは自らの信頼性を下げ、米朝どちらからも誤解を招きかねない」と語った。

 韓国政府が主張する「グッド・イナフ・ディール」とは、「ビッグディール」よりは小さいが大きな意味がある「スモールディール」を1-2回続けて達成することを手始めに、「完全な非核化」という最終目標を実現させようという概念だと見られる。北朝鮮がハノイ会談で掲げた寧辺核施設廃棄措置などを米国が意味のある措置として受け入れて優先交渉しようという趣旨だ。これは、寧辺を含むすべての核施設の申告・廃棄・検証と、すべての大量破壊兵器の凍結・廃棄など「完全な非核化」と「制裁解除」の対等交換を必要とする米国側の交渉戦略とは対照的だ。

 韓国大統領府関係者は、北朝鮮が細かく分けた非核化の段階ごとに補償を受ける「サラミ戦術」については、「十分に警戒していく」と言った。しかし、寧辺の核施設の廃棄価値と意味をめぐっても米朝の評価がはっきりと分かれている状況で、「意味のある非核化措置」と「そうでない措置」を区別すること自体が難しいという指摘もある。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00080024-chosun-kr

グッド慰安婦ディールって、どういう意味ですか?

イナフがどうして慰安婦になるんだよwww

すみません、変換ミスです・・・。

INAHUがIANHUになったってこと?

そうそう、それです!AとNを入れ替えただけで、全然違う言葉になってしまいました!

ワトソン君は相変わらずだなww “Good enough deal”と言葉だけは真新しく聞こえるが中身はただの段階的非核化だ。米国が一括での完全非核化を要求してるのと相変わらず温度差があるという指摘だね。

ビッグディールは何となくイメージできるんですけど、スモールディールというのがちょっとよく分からなくて・・・。

米国がビッグなので韓国はスモール、という安易な反対語を出したのがまずいと判断したのか知らないが。“十分いい取引”というさらに訳の分からない概念を持ち出すのは韓国政府らしいと言えるね。

ムン大統領は、英語をもっと勉強した方がいいです!ヨーロッパで集合写真から外されたことを、何とも思わないんですか?

英語が話せなければ雑談にも加われないし、そもそも写真撮影を呼び掛ける声も認識できないかもしれないよね。大統領としてこれは致命的だと思う。それとも米韓同盟なんてどうでもいいという意思表示なんだろうか?

アメリカの報道で、ノットイナフディールと揶揄されてしまいそうです・・・。

それこそブルームバーグ辺りに言われるかもな。朝鮮日報も記事の最後の方でグッドイナフディール自体が微妙だとお茶を濁して記事を終えている。読者はまた文在寅政権は何を訳の分からないことを言ってるんだと呆れるだろう。

 峨山政策研究院の申範澈(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「これまで仲裁者役を自任してきた韓国政府が米朝会談決裂を認め、米国を意識して『包括的ロードマップ』に言及したことが(これまでとは)違う点だ。問題は、北朝鮮がロードマップを受け入れる可能性も、米国が段階的非核化を受け入れる可能性も非常に低いということだと言った。韓国大統領府関係者はこの前日、「韓米間で非核化最終目標に到達しようというロードマップは確かに共有しており、最終的な目標をどのように達成するかでも意見の違いはない」と話していた。しかし、米国との事前に話し合うことなく「ビッグディール」実現の可能性を公に否定し、「グッド・イナフ・ディール」という単語を使ったこと自体も問題になると指摘したものだ。

 「グッド・イナフ・ディール」は韓国政府内でも意見集約の過程を経ずに突発的に出てきた概念のようだ。韓国統一部(省に相当)の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は同日、国会外交通商委員会で、元裕哲(ウォン・ユチョル)議員=自由韓国党=に「(グッド・イナフ・ディールという)概念を知っているか」と質問され、「マスコミ報道で聞いた」と答えた。韓国政府と与党は同日の国会でも、米国の非核化路線と「足並みの乱れ」を見せるような様子だった。趙明均長官は業務報告で、「開城工業団地と金剛山観光事業の再開に備え、対北朝鮮制裁の枠組みの中で準備して環境を整える」と述べた。与党・共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)議員は「非核化けん引のため(北朝鮮に対して)懲罰的制裁を緩和する戦略が必要だと思われる」と語った。

もう韓国政府はメチャクチャです!おしまいです!意地悪チームのせいです!

出た出たww 意地悪チームのせいだとしても滅茶苦茶になって困るのは韓国だけだ。米国との足並みの乱れはもはや修正不可能なまでになっている。文在寅の信頼性が危ういと書かれ、米韓同盟の破棄も非現実的ではないと誰もが認識し始めている。北朝鮮の首席報道官だと野党院内代表に事実を指摘されパニック状態になり記者を名指しで批判するなど言論の自由まで脅かされている。国連安保理の制裁報告書人権報告書などでも度々韓国を目にするようになった。世界から孤立してるのはもはや疑いようがない。日本にとってはどうでもいいし今後も戦略的に放置して関係をなくしていくがね。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!