トランプ氏が対中関税を維持したまま中国と合意へ  中国との協議も順調か

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

トランプ氏が米中の通商協議についての見通しを示しました。中国が合意事項を確実に履行するためには、現在の関税水準を維持する必要があると述べています。中国との協議もその方向で順調に進んでいるとのことです。4月末の合意を目指し両国が協議を引き続き進める見込みとなります。

通商合意「おそらく実現」、国内自動車生産なら関税回避=米大統領
3/22(金) 23:06配信 ロイター

 [ワシントン 22日 ロイター] – トランプ米大統領は、22日放送のテレビインタビューで、中国との通商協議は前進しており、最終合意が「おそらく実現する」との見通しを示した。中国製品に対する関税を「かなりの期間」維持する可能性を示したことについては、協議が不調という意味ではないと説明した。

 トランプ大統領は、フォックス・ビジネス・ネットワークとのインタビューで、トランプ氏は「われわれのディールは非常にうまくいっている。どうなるか、そのうち分かる」とし「ディールはおそらく実現する。かれらはそれをとても必要としていると思う」と述べた。

 トランプ氏は今週、米中通商協議での合意事項を中国が確実に履行するよう、中国製品に対する関税を「かなりの期間」維持する可能性があると明らかにした。

 これに関し、中国との協議が不調なのかとの質問に「まったくそんなことはない」と述べた。

 「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」を掲げるトランプ政権は中国のほか、欧州連合(EU)とも通商問題を巡り協議中。トランプ氏は「率直に言って、EUの米国の扱いは中国と同程度にひどい」と苦言を呈した。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000089-reut-cn

むしろ中国のためになる合意

出た出た。本当は中国との協議が不調なんだろ?

少なくとも、記者団の中にはそう思ってる人がいるってことですよね?

中国は関税の引き下げを求めてるんだろ?関税維持のまま合意できるとは思えないんだけど。

そうですね。トランプ氏としては中国が合意事項を守るかについての確約を得るために、中国への関税を敢えて引き下げないという方針を取る見込みです。中国としても約束を守れず追加関税となっては損失が大きいでしょうから、このような仕組みにすることはむしろ中国のためになると考えられます。

ホントですか?中国が応じなければ、そもそも合意できないと思います・・・。

合意がなければ当初の予定通り追加関税は発動されます。中国は米国と何らかの合意を求めているようですが、その条件が合致しなければ合意できないのは当然と言えるでしょう。

米国としては合意をするつもりなんだよな?

そうですね。中国がこの条件を受け入れられないとするならば、中国は合意事項を守る気がないという意思の表れであると判断されます。

中国は、アメリカに何かを要求してるんですか?

これまでの報道で見る限りは、米国の要求事項に従って国内法などを整備しているのみにとどまっているようです。食料品の輸入を年3兆円規模で増やすともしています。この内容でトランプ氏が満足するかは不透明です。

何も要求してないってことね。ワンサイドゲームじゃん。

始まる前から結果は見えておった。中国は先見性にも欠けておるようじゃ。超大国の資格は得られんぞ。

まさかここまで防戦一方になるとは思いませんでしたね…。米朝が決裂したのも中国にとっては計算外だったと思います。

世界がトランプ氏の発言に注目することの考察

ネットユーザーの反応です!

・トランプ大統領は、国内の立て直しに忙しい
・合意できない気がしてくる
・北朝鮮との会談と同じパターンだと思う
・これがトランプ大統領のやり方。譲歩してないのに、そう見せて交渉に追い込んでいく
・この記事は記者の主観が入ってると思います。ハノイ会談のように外すかも
・上手くいってないとは口が裂けても言えないのに、それで株価が上下するなんて
・多分実現すると思います。実現するんじゃないかと
・落とし所はあるものと思いたい
・北朝鮮にも似たようなことを言ってた気がする
・トランプ大統領の発言にいちいち反応しなくていい。結果を待てばいいと思う

まったくだな。トランプの発言に世界が惑わされてるとここ最近感じるよ。

でも、それだけ影響力があるということを、世界中が認めてるんだと思います!

我々もトランプのツイッターを通じて一字一句漏らさずチェックするようにしてるくらいだし、世界が米国の顔色を伺わないと政治ができないほど強烈な存在感を放っているよね。味方につければ頼もしいが、敵に回せばこれほどの脅威はないだろう。

トランプ氏としてはそのようなつもりは全くなく、あくまでも彼の掲げた公約とそれに伴う理想を実現させようとしているに過ぎません。世界がトランプ氏の発言にそれほどまで注目するという現象自体が、今の世界を引っ張っていける指導者が不在であることの表れとも言えそうです。

うむ。確かにそれはある。今やプーチンも別人のように存在感が薄くなってしまったし世界を引っ張れるリーダーは他にいないよね。リアル別人だったっけ?

どういう意味ですか?

何でもない。まあ習近平はああいう感じだし、欧州もメルケルやマクロンがリーダーシップを取っているという感じではない。むしろイエローベストのデモで倒されそうな気配だからな。

安倍首相は、リーダーではなく参謀なんですよね?

安倍首相が結果的にリーダーになる場面はあると思うけど、よりふさわしい役目はリーダーを裏から支えるナンバー2としての参謀だね。日米同盟はそういう意味で世界最強だと思うよ。

中国は、何だかヒースみたいですよね・・・。そっちの方面での存在感が大きいです。

もしかして:ヒール

間違えました!すみません!

ダースベイダーと混ざったのかとwww

来週にも米国当局が訪中し通商協議に臨む

中国の指導力を試される出来事が来週用意されているようです。来週にも米通商代表のLighthizer氏と財務長官のMnuchin氏が中国を訪問し通商協議を行なうと報道されています。習近平氏との首脳会談まで到達できるかが焦点となります。

28、29日に北京で米中高官級協議 中国商務省報道官
3/22(金) 13:54配信 朝日新聞デジタル

 中国商務省の高峰報道官は21日、米国のライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官が訪中し、28、29日に北京で米中通商協議を開くと発表した。4月初めには劉鶴(リウホー)副首相が訪米し、協議を継続する。両国は4月末の合意を目指して交渉を進める。(北京)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000007-asahi-bus_all

2月末だったのが3月末に延期になり、それも立ち消えになって4月末か。ズルズルと先延ばしされてる状況だな。

ホントに合意できるんでしょうか・・・?

もしも合意ができないとすれば、それは中国の姿勢が合意に至らなかったことを意味することになります。すなわち習近平氏に指導力が不足していることになるのです。

なるほどね。米国は1ミリも困らないってのは変わらないわけか。

それを分かってて、わざわざ中国に行くんですか?

表面上は協議を続けてる様子を見せないといけないってことだろ?それに今は米中通商協議の進行状況1つで株価が上下するまでになっている。今もしも協議の決裂が確定すれば大暴落が待っているかもしれないからな。

イギリスが、EU離脱を先送りしたのと関係があるんですか?

誰も経済崩壊のトリガーを引きたくないってことだろう。ベネズエラの様子1つを見ても世界は確実におかしくなってきている。このままの調子なら中国がそのトリガーを引かされる可能性が高いね。合意決裂の確定がトリガーだ。

仮に追加関税発動がなされず今の状態が続いたとしても、中国経済の減速は明白になりつつありますので時間の問題かと思います。今年は天安門事件30周年ですので下手なことをすれば政治にも影響が出るでしょう。習近平氏は歴史に残る重大な決断を迫られているのです。