米国「北朝鮮制裁を強化する」 トランプ「やめろ」 韓国「やっぱりトランプがいい!ボルトンはダメだ!」 米国「制裁は維持する。トランプの注文は聞き入れない」 韓国「」

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

米国防長官代行のShanahan氏が国防予算から10億ドルを壁建設に振り分ける考えを示しました。議会は反発する姿勢を見せており、場合によっては国防総省から予算再編成の権限を奪うことも考えるとしています。トランプ氏の国家非常事態宣言を無効化する再採決についてはトランプ氏の拒否権を覆すまでに至りませんでした。

途中から俺が担当することになった。トランプが撤回を”注文”した制裁は今後の追加制裁ではなく前日に出た米財務省の制裁だったことが明らかになった。韓国マスコミはこれを理由にボルトンを一斉に叩いている。だが結局米財務省は制裁を撤回せずに維持すると明言することになった。トランプの”注文”なので別に無視してもいいという判断だろう。

米国防総省、10億ドルを壁建設費に充当へ 議会は反発
3/28(木) 9:20配信 ロイター

 [マイアミ 27日 ロイター] – シャナハン米国防長官代行は27日、国防総省の予算から10億ドルをメキシコ国境の壁建設に振り向ける計画について、議会からの反発が予想されるものの、推し進める考えを示した。

 下院軍事委員会のアダム・スミス委員長(民主党)は26日、委員会はこの案を承認しないとし、強行すれば議会は新たな制限を設け、今後国防総省に影響が及ぶ可能性があるとけん制した。

 一方、シャナハン氏はこの日、それでも10億ドルを壁建設費に振り向けると主張。委員会の立場は理解しているものの、一方で大統領令があると説明した。

 議会は国防総省から予算再編成の権限を奪うことを検討する可能性があり、スミス委員長は議会公聴会でそれを示唆している。

 スミス委員長がそうしたことを断行すると思うかとの質問にシャナハン氏は「そうなることを予想している」とコメントした。

 それでも、国防総省は10億ドルをメキシコ国境の壁建設に振り向ける権限があると主張している。

 米下院本会議は26日、トランプ大統領が拒否権を発動した国家非常事態宣言の無効決議を再び採決したが、3分の2の賛成票が集まらず、再可決はならなかった。

 スミス委員長は議会で、トランプ氏が議会に提出した7500億ドルの国防予算について、議会は承認しないと指摘。この国防予算には、戦費に相当する「海外作戦経費(OCO)」1000億ドルが含まれており、国防総省は、予算が上限に達することを回避するためOCOを使おうとしている。

 シャナハン氏は、予算を再編成の権限を失えば、災害や他の緊急事態時に必要に応じて予算を振り分けることができなくなると説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000031-reut-s_ame

米国防総省は議会の圧力に直面か

10億ドルか。36億ドルから減ってないか?

前の記事では、トランプ大統領が86億ドルの予算を出すって言ってましたよね?

そうそう。それで国土安全保障省が50億ドル、国防総省が36億ドルそれぞれ出すって話だったと思うけど。36億ドルから10億ドルではずいぶんと譲歩したことにならないか?

壁の予算について米国防総省も難しいかじ取りを迫られているようです。米議会は10億ドルの捻出についても反発する姿勢を見せており、場合によっては国防総省の予算再編成の権限を奪う可能性もあります。

これって、あまり大した話ではないのでは?何だか議会に言い負かされてしまいそうです!

まあ米中通商協議が今日から始まるということでちょうどネタが枯渇するタイミングだからな。

トランプ氏による国家非常事態宣言ですが、議会による再採決は拒否権を覆すだけの結果になりませんでした。よって非常事態宣言は引き続き有効になります。

それで議会は国防総省にも圧力をかけ始めたわけだ。どんだけ都合悪いんだよ…。

壁の予算って口実で、実は他のことに予算を使うとかでしょうか?

そんな韓国みたいなことを米国がするわけがないだろww 雇用予算5兆円がどこかに消えてしまうような国とは違うのだよ。

私はここで失礼します。他に何か有用な話題があれば、そちらを優先しても構いません。

ああ忙しいのね。ワトソン君、どうしようか?このまま進めるか?

トランプが撤回を要求したのは米財務省の北朝鮮制裁だった

ボクは、こっちの方がセンセーショナルでいいと思います!トランプ大統領の制裁解除の注文は、やっぱりアメリカの財務省が前日に出した件だったみたいです。

「トランプが撤回指示したのは、前日財務省が発表した対北朝鮮制裁」
3/28(木) 7:49配信 ハンギョレ新聞

ブルームバーグ、政府関係者の話として報道 「トランプ大統領、実際21日に発表された中国海運会社制裁を撤回しようとした 政府高官が大統領を説得し、『今後の追加制裁はないという意味』と収拾」 関係者「準備していた追加制裁もなかった」 米政府内の足並みの乱れとトランプ大統領の即興性を露呈

 ドナルド・トランプ米大統領が22日(現地時間)、ツイッターで「撤回を指示した」と明らかにした北朝鮮関連制裁は、“今後のこと”ではなく、前日に財務省が発表したものだったという報道が出た。トランプ大統領が財務省の制裁を取り消そうとしているのを、政府高官がやっと説得して阻止し、マスコミには“ごまかしの釈明”をして収拾したというのだ。

 「ブルームバーグ」通信は26日(現地時間)、米当局の説明とは異なり、トランプ大統領が、財務省が21日に北朝鮮の制裁回避を手助けしたと疑われる中国海運会社2社を制裁対象に指名したことを覆そうとしたと、この事案に詳しい5人の関係者の話を引用して報道した。

 トランプ大統領は22日午後、ツイッターに「北朝鮮に対する従来の制裁に大規模な制裁を加えると、今日財務省が発表した」とし、「私は今日このような追加制裁の撤回を指示した」と明らかにした。このツイートをめぐり波紋が広がったことを受け、米政府関係者はマスコミに「トランプ大統領のツイートは昨日の発表を取り消すものではなく、現在準備している追加制裁を行わないという意味」だと説明した。

 ブルームバーグ通信は、政府官僚のこうした発言が、トランプ大統領に意思を変えるよう説得した後で状況を収拾するために作り出した「ごまかしの説明」(misleading explanation)だと指摘した。同通信が報じた(制裁撤回発言が出るまでの)顛末は以下のようだ。

 トランプ大統領は、財務省の対北朝鮮発表前に具体的な措置について承認せず、適切だと見られる一部の制裁を決定できるよう、財務省に裁量権を与えたという。21日の財務省の制裁発表前に、ホワイトハウス国家安保会議(NSC)でこれについて議論が行われた。当時、ホワイトハウスのミック・マルバ二ー大統領首席補佐官代行の国家安保参謀であるロバート・ブレア氏は、大統領が今回の制裁発表を支持しないかもしれないと警告した。しかし、北朝鮮に対しスーパータカ派のボルトン国家安保補佐官は、これに同意せず、自分の方がトランプ大統領をよく知っていると主張したと、2人の関係者が伝えた。21日、財務省が制裁を発表した直後、ボルトン補佐官はツイッターに「今日財務省が重要な行動をした」として、積極的に歓迎した。

 ブルームバーグ通信は、翌日の22日午後、トランプ大統領がツイッターに「追加制裁の撤回を指示した」という書き込みを掲載することになった経緯や、その直後にトランプ大統領と参謀たちが行った具体的な“後始末”の議論過程については明らかにしなかった。同通信は、慌てた政府高官らが「中国海運会社2社に対する制裁は覆されておらず、米国は今後、北朝鮮に追加制裁を追求しない」という内容の声明を出す案を模索したと報じた。また、当時の政府関係者がマスコミに説明した内容とは異なり、21日に財務省が発表した制裁のほかに、米政府が準備している追加の対北朝鮮制裁はなかったと、2人の関係者を引用して報じた。

 21~22日に対北朝鮮制裁をめぐり露呈した米行政府内部の足並みの乱れは、トランプ大統領の意中を看過した強硬派の対北朝鮮制裁の推進▽トランプ大統領の即興的“撤回”ツイート▽トランプ大統領に対する行政府高官らの説得とマスコミに対する“偽りの釈明”が重なった結果だったのだ。

 ブルームバーグ通信の報道が事実なら、トランプ大統領が北朝鮮を刺激することを望んでいない事実が、再び確認されたわけだ。米政府内にトランプ大統領とタカ派の対北朝鮮アプローチの違いが存在するという点も再確認された。この過程で、強硬派のボルトン補佐官は、トランプ大統領に恥をかかされた格好になった。ホワイトハウスの参謀や政府高官まで当惑させるトランプ大統領の即興性と予測不可能性も、改めて明るみに出た。

 国務省のロバート・パラディーノ副報道官は同日の定例記者会見で、記者団の質問に対し、21日に発表された財務省の制裁はそのまま維持されると答えた。また「我々の立場は変わっていない」とし、「北朝鮮が追求する安全と発展を達成するための唯一の方法は、大量破壊兵器(WMD)と運搬手段を捨てることだという点を強調するため、国際社会は国連安全保障理事会(対北朝鮮制裁)の決議を引き続き履行する」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00033118-hankyoreh-kr

「21日に発表された財務省の制裁はそのまま維持される」

そうそう!そこを読んで、絶対どこかで取り上げようと思ってました!

なるほどね…。有能さんが言ってたのはこれか。確かにトランプの”注文”を米財務省が聞き入れるかどうかが重要だったわけだ。結果的に聞き入れないことにしたと。

ですよね!やっぱり有能さんで呼び方はいいと思いました。

実際有能すぎるからな。日本語もほぼ完璧だし論理にほとんど隙がない。真面目な議題でディベートしたら確実に負けると思ってる。まあ結果的にトランプのツイッターは単なる”注文”として処理されたことになるわけだね。

もしもこれが「命令」だったら、大問題になりますよね?

まさにその通り。トランプの”命令”に米財務省がそむくことになるからな。ハンギョレが言うような足並みの乱れどころの騒ぎじゃなくなる。場合によっては米国こそが無政府状態なんじゃないかと言われかねない事態だよ。単語の解釈1つでこうも変わるとはね。

トランプ氏との交渉を決して侮ってはならん。腹の内を探るためには何度も親密な話し合いを重ねることじゃよ。言葉を表面で追いかけるなぞ愚の骨頂じゃ。

金正恩も意外と言葉を額面通りに捉えるタイプのように見えますね…。もう少し親譲りのタフな交渉術が身についてるかと思ったんですが。

ブルームバーグの記事って、探した方がいいですか?ハンギョレが書いてる内容だけで十分のような気もしました。

まあそうだな。要するに韓国はボルトンが憎くて憎くて仕方ないわけだ。見ろよこの顔写真を。白黒+顔を下げてるというハリス大使にやったのと同じような手口だ。

【コラム】ボルトンでなくトランプが交渉を主導してこそ金正恩が信じる(1)
3/28(木) 10:42配信 中央日報日本語版
ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000020-cnippou-kr.view-000

えっ?でも、ボルトン補佐官はトランプ大統領の右腕なのでは?

それが分かってないというか、トランプはボルトンを重要視してないと勘違いしてる可能性さえあるよね。このコラムは後で目を通しておいてほしいが、普段見かけない”名誉論説委員”なる肩書きを持つ人物がこれを書いている。愛国日報のエッセンスを凝縮したような中身の濃い愛国記事に仕立て上げている。残念なことに内容が不正確で思い込みが大半なので長文記事なのにあまり読む意味がなくなってしまっている。

そうなんですね・・・。最後の方だけ読んでるんですけど、韓国はまた仲裁しなければいけない、って自信満々に書いてます。

何を言ってるんだかという話だわなwww 突っ込みたい箇所は山ほどあるが先にハンギョレの記事から処理したいと思っている。その前にネットユーザーの反応だ!

は、はい!

トランプとボルトンの演技に騙される愛国日報

ちょっと急いで抽出しました!これは第1弾です。

・アメリカはまだ発表してない制裁を考えてたけど、それを止めた?
・分かりにくい言動で注目させて、自分のタイミングで交渉しようとしてるかも
・トランプ大統領のことより、北朝鮮の非核化しない姿勢を批判するべきでは?
・トランプ大統領は今日と明日で違うことを言う人だと思います

まあ言葉だけ見れば分かりにくいよな。だから言葉の裏を読む必要があったわけ。有能さんのように英単語に誤訳があるという解釈をしなければ真相は見えてこない。

確かに!日本のメディアが、みんな「命令」とか「指示」って書いてましたよね?

普通に考えればOrderは指示や命令だからな。まさかトランプがマクドでフライドポテトを注文するような言い方はしないだろうと普通は考える。ネイティブでない日本人の我々からすればなおさらそうだ。

マックじゃなくて、マクド派ですか?

すまんマックだとPCの方が出てくる。マクドならそれだと一発で分かるからな。

第2弾です!

・これはブラフだと思います。トランプ大統領が制裁しないことを止めたことにしたかったのだと思う
・何が真実かを知るのはハンギョレには無理です
・瀬取りへ加担してる韓国への制裁指示は?

すみません、反応がすごく少ないのでもうやめます・・・。ハンギョレの記事だしあまり関心がないみたいです。

トランプが制裁しないことを止めた?逆だろ。ネットユーザーも混乱してるな。

でも、混乱してるのはアメリカ政府の関係者も一緒ですよね?

ボルトン以外はな。ボルトンはこの制裁案がトランプに拒否されないことを確信していたんだよ。だから大統領首席補佐官代行の言い分を押し切って財務省に提言したんだ。そして実際その通りになった。

トランプ大統領が取り消すように「注文」することも、想定済みだったってことですか?

その可能性さえある。トランプとボルトンで演技してよい警官と悪い警官を演じてるってことかもしれないね。その観点で行けば愛国日報の”名誉論説委員”とやらは見事にトランプ政権の策略に引っ掛かっていることになる。

確かに・・・。キム委員長もですよね?トランプ大統領が制裁解除の雰囲気を出したので、キム委員長が乗り気になったのではって言われてるんです!

トランプとボルトン以外みーんな混乱してる。これが真相だと思う。俺らは有能さんから事前に何も聞かされてなかったけど、トランプがニクソンと同じ末路を辿るのを恐れコーエン証言を嫌気して決裂させたという仮説で納得することができた。そろそろまとめようと思うけど、これは誰が担当すべきだろう?有能さんはいなくなってしまったし。

記事を持ってきておいて何ですけど、うまく表現できません・・・。任せてしまってもいいですか?

タイトル付けが難しいね。トランプが制裁を取り消すように注文した話を強調するか、それともトランプとボルトンが演技してる話にするか。米財務省が制裁を引き続き維持する話を強調するか。まあうまいことやっておくわ。

何だか、この話ってすごく面白いですね!トランプ大統領の発言で世界中が渦巻きみたいにぐるぐると回ってます!

トランプ旋風だな。トランプは変数なんかじゃなくて数式そのものだ。愛国日報はもう少し認識を改めた方がいいと思うがね。相変わらず呑気な論調で能天気に愛国心を発揮するなら本気で韓国も二次的制裁の対象になるだろう。日本にとってはどうでもいい。

韓国の皆さん、もう手遅れです!1000年後に会いましょう!さようなら!