韓国政府の楽観的な見通しに米国も呆れる! 足並みがぶれまくり主張も噛み合わず! 愛国日報がパニック状態!

韓国ニュース

Sponsored Links

連日のように韓国政府の主張を垂れ流して何の役にも立たない愛国記事をパニック状態で発信している愛国日報とは異なり、朝鮮日報は真剣に韓国の将来を案じながら現在の韓国政府について厳しい批判を続けている。どうしてここまで差がついてしまったのか分からないが、韓国について本気で考えてるのか、それとも愛国心さえ発揮できればどうでもいいと思っているかの違いだと思われる。愛国日報が朝鮮日報に追いつける日は永久にやってこないだろう。

(朝鮮日報日本語版) 開城工団・金剛山観光再開に期待する韓国政府、一方的な希望との見方も
4/1(月) 10:21配信 朝鮮日報日本語版

 今月11日に予定されている韓米首脳会談を前に、韓国の外交・安全保障政策担当者の訪米が相次いでいる。3月28日には外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官が韓国を出発し、その後も30日に韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長、31日には国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官が米国に向かった。2回目の米朝首脳会談決裂で行き詰まり状態となった米朝対話を進展させるため、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月中に米国のトランプ大統領と会談する意向を示したことを受け、実務担当者が事前の調整に乗り出したようだ。

 最初に米国に到着した康長官は29日(米国時間)にワシントンで米国のポンペオ国務長官と会談した。二人は韓米首脳会談の準備状況や米朝首脳会談決裂後の北朝鮮情勢などについて意見を調整した。会談後、韓国政府のある高官はワシントン駐在の韓国特派員らの取材に「(開城工業団地や金剛山観光の再開など)南北間の合意を引き続き実行に移したいわれわれの意思やその必要性については、米国も十分に理解している」と説明した。ただしその一方で「開城工団と金剛山問題について非常に具体的に、正式なアジェンダ(協議事項)とするわけではない」とも述べた。別の外交筋は「韓米外相会談の結果についての見方に韓国の希望を反映させたので、説明に矛盾が生じたようだ」との見方を示した。

 韓国大統領府の金鉉宗・第2次長は30日、ワシントンでホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のクッパーマン副補佐官と会談し、韓米首脳会談の議題について調整を行ったようだ。金次長は29日にワシントンのダレス空港で韓国記者団の取材に応じ「(米朝交渉は)トップダウン方式だったので、ここまで結果が出たのだろう」「この状態を今後も維持していかねばならない」などとコメントした。しかし別の外交関係者の間では「米朝首脳会談の決裂でトップダウン方式の限界が露呈したというのが米国における大方の見方だ。金次長の意見はこれと相反する」などの指摘が相次いでいる。

 31日に出国した鄭国防長官は1日にワシントンで米国のシャナハン国防副長官と会談し、韓半島(朝鮮半島)における安全保障情勢、韓米合同軍事演習などについて意見を交換する。その一方でシャープ元在韓米軍司令官は29日にワシントンで開催されたあるセミナーで「北朝鮮との対話の雰囲気も重要だが、韓米合同軍事演習は直ちに再開すべきだ」と主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00080031-chosun-kr

一方愛国日報は現実逃避

朝鮮日報さんの記事が、ドンドン鋭くなってきてますね・・・。

顔写真正面コラムニストの記事といい現状を正確に捉えた良記事が増えてきているね。連日のように韓国政府の主張をそのまま垂れ流し愛国デスクのエッセンスを加えて愛国記事に仕立て上げて現実逃避に勤しんでいる愛国日報とは大違いだ。

中央日報さんの記事は、まだ見てないんですけど、そんなに現実離れしてるんですか?

例えばこの記事。勇ましいタイトルをつけて米韓同盟の亀裂という風潮を一蹴するかのようである。韓国政府の主張をそのまま盛り込んだものと思われる。

韓米首脳会談を控え、韓国外交安保ラインがワシントン総出動
4/1(月) 8:51配信 中央日報日本語版

 韓米首脳会談を控えて韓国の外交安全保障ラインがワシントンに総出動した。外交筋は31日、「韓米は緊密な疎通を土台に動いている」とし「米国政府も最近の気流が続いてはいけないという判断のもと、積極的に(韓国政府関係者を)招請したと聞いている」と伝えた。

 青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安全保障室第2次長は30日(現地時間)、任命後初めてのワシントン出張のために到着したダレス国際空港で、記者らに「月曜日(4月1日)に米国家安全保障会議(NSC)の相手のチャールズ・クーパーマン副補佐官に会い、首脳会談の議題を調整する」と明らかにした。これに先立ち康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は29日(現地時間)にワシントンでポンペオ米国務長官と、李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長もビーガン北朝鮮担当特別代表に会った。

 鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官も31日(現地時間)にワシントンに到着し、1日にシャナハン米国防長官代行と会談する。米国にカウンターパートがいない統一部を除いた外交安全保障全部処の首長が一斉に動いたのだ。ホワイトハウスは最近、米国政府が使用していなかった「リンチピン(linchpin)」という韓米同盟の表現を、先月28日(現地時間)に韓米首脳会談を発表する資料で再登場させた。相次ぐ訪米協議を受け、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交安全保障部処の調整について「コラボ(協業)」という言葉も出ている。金鉉宗(キム・ヒョンジョン)第2次長と北核交渉の最前線にいた李度勲本部長がそうだ。2人はニューヨーク国連本部で共に過ごしたことがある。

 韓米間の立場の違いが明確な懸案の一つは、金剛山(クムガンサン)観光の再開と開城(ケソン)工業団地再稼働のための制裁緩和だ。金次長は韓米首脳会談の議題に開城工業団地と金剛山観光再開問題が含まれる可能性があるかについて「今はコメントできない」とだけ話した。康京和長官はワシントンでポンペオ国務長官に会った席で、文大統領が交渉促進手段と明らかにした金剛山・開城工業団地問題について「包括的議論」をしたことが伝えられた。政府当局者は外相会談の後、「韓米が金剛山・開城工業団地問題を公式議題にしたわけではないが、先月15日の韓米ワーキンググループ(作業部会)会議を含めて各級レベルで協議を続けている」と説明した。政府当局者はこの日、「寧辺(核施設廃棄)一つだけではいけないというのが米国側の評価」とし「それ以上の包括的議論で接近すれば、制裁緩和問題も議論される可能性がある」と伝えた。

 金剛山・開城工業団地問題の議題化に両国実務チャンネルの調整では失敗したが、文大統領がトランプ大統領と会って直接談判をする可能性は残っている。トランプ大統領が最近、ツイッターで制裁の撤回をコメントするなど、対北朝鮮制裁に融和的な発言をしているからだ。トランプ大統領は29日、制裁撤回の理由について「私は金正恩(キム・ジョンウン)委員長と非常に良い関係を結んでいて、お互いよく理解している」とし「北朝鮮の人たちが相当な苦痛を受け、厳しい時間を過ごしている」と説明した。続いて「私は現時点で追加の制裁が必要だとは思わない」という見方を示した。

 対北朝鮮特使派遣の可能性について金次長は米国との協議が先だと述べ、まず韓米間の調整をした後に特使派遣を検討するというニュアンスの発言をした。韓国政府は2月末に2回目の米朝首脳会談が決裂した後、対北朝鮮直接接触よりも中国・ロシアなど周辺国の立場の打診に注力する姿だった。しかし今は韓米首脳会談を通じて非核化促進のための南北間対話をまた模索する契機が生じるかもしれないという期待感が政府内で出てきている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000008-cnippou-kr

またトランプ大統領の制裁撤回を書いてます!そんなに嬉しかったなんて・・・。

もうそれ以外言うことないのかよっていうくらい同じフレーズの繰り返しだよな。都合いいことが他に特にないので修飾語を大量につけて何とか状況を糊塗するしかないわけだ。

開城金剛についての包括的議論って何でしょう?何か話し合う余地があるんですか?

また訳の分からない”包括的”とかいう単語を登場させて煙に巻こうとしてるよな。促進者だのグッドイナフディールだのと余計な言葉遊びが多すぎるね。その結果傍観者で一人ぼっちになってちゃ世話ないわ。

包括的な非核化という意味ですか?

記事を読む限りはそう見えるね。それこそ当事者の北朝鮮に話を通さなくちゃならない。だが文在寅はこの包括的という言葉も悪用して非核化と開城金剛を”包括”して、むしろ開城金剛をメインにしてしまえ…という企みが見え隠れする。

それは、意地悪クラブのやることです!ムン大統領は騙されてるんです!

どっちでもいいけど最終的に損するのは文在寅だからなww 平気で名義貸しをやるような人物だから騙されてしまうとも解釈できるね。

ボルトンが悪いとする韓国全体の風潮にも一石を投じる朝鮮日報

さてここまではどうでもいい愛国日報の現実離れした愛国記事に使った。ここから地に足のついた朝鮮日報の良記事に目を通していこうではないか。

同じことを取り上げてるのに、こんなに内容が変わってきてしまうんですね・・・。

米韓外相会談の時点で足並みがそろっておらずぶれてると分かるね。開城金剛についての見方が米韓で大きく異なることが浮き彫りになってしまった。

外相会談の結果を、ポンペオ国務長官の発言も含めて韓国が説明してましたからね・・・。何となく信用はできないと思ってました。

安保次長とやらの言うこともおかしい。第2回米朝会談がトップダウン方式だったからよかったという認識は米国とは大きくかけ離れていることが分かった。トランプと金正恩のトップ会談に賭けた結果が決裂なのだから、当然次は実務者同士でしっかりと詳細事項を詰めなければならないという話になるはずだが韓国は違うようだ。

韓国では、ボルトン補佐官が悪いことになってます・・・。

ボルトンが悪い、トランプこそがふさわしい!と吠えた名誉論説委員の記事が象徴的だね。あのコラムは愛国日報の愛国エッセンスを抽出して再加工したかのような凝縮濃度の高い愛国記事だったけど、やはり認識に問題があり現実離れした結論へと導かれてしまっていた。

愛国エッセンスが足りないと、愛国心のケアができないんですか?

そうそう。エッセンシャルダメージケア。シャンプーのCMかよwww しかも花王製品じゃんかww

あれ?そうでしたね・・・。

まあ愛国日報だから問題ないだろう。その点朝鮮日報は潔い。安保次長の言うことはおかしいと正面から指摘して米韓の温度差を露わにしている。

アメリカと韓国で、主張が全然噛み合ってないです!

米韓同盟に亀裂が入ってると”一部”のメディアは言うようだが…と韓国外相が苦しい釈明をしていたのも米国は苦々しく思っていただろう。ポンペオの苦笑いがそれを露わにしている。朝鮮日報がこの写真をあえて使ったのには意味があると思う。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00080031-chosun-kr.view-000

もはやネットユーザーにも読む価値がないと一蹴される愛国日報

中央日報さんの記事に対する、ネットユーザーの反応です!

・全部読んでないけど、勝手に期待を大きくしてるの?
・同じく読んでないんですが、アメリカとうまくいってるアピールに制裁違反してないアピールかも
・読む必要はないと思います。アメリカは騙されない
・開城金剛の話をするなら、ワシントンに来るなと言われたのに
・トランプ大統領は、北朝鮮に核を全部引き渡せって言った
・言い訳と責任逃れだけ。誠意や反省、問題提起はできないの?
・大勢で出かけたから何かが変わるわけでもない。叱られる時は叱られる
・大勢で行けば、1人くらいはアメリカの真意を汲み取れるかも?
・開城金剛の規制緩和をお願いしに行くそうです。絶対失敗すると思う

みんなで必死に嘆願すれば何かが変わると本気で思ってそうだよな。どういう漫画作品を読んだらそういう価値観を持つようになるのかが理解できないね。

韓国にしかない、独自の物語では?

日本がそういうのを後ろから見てまあまあ…と米国をなだめて無理やり押しとおしてたから何とかなってきたが、日本がひとたび見捨て始めると途端に立ち行かなくなる。米国も日本に遠慮する必要がなくなったので本気で韓国に怒り始めている。

中央日報さんの記事を全部載せたのは、わざとですか?ボクも前半部分は全然読む気になれなかったんですけど・・・。

わざとだ。おかしなことを多数書いてるのでわざと載せてみた。朝鮮日報との落差についても実感してもらう意図があった。

朝鮮日報さんは、突き抜けましたよね・・・。韓国政府の意地悪クラブに妨害される前に、都合悪いことをドンドン書いて韓国政府が追い込まれるようにしてます!

俺らが散々文在寅のことを韓国版ロベスピエールだと書いたからな。文在寅でもさすがにパククネと同じ末路になるのは嫌だったとみる。まあもう手遅れだがな。

そうですよね!日本ももう韓国との関係がなくなります!

米国があれだけ警告仲裁者という考えは合わないと言い韓国に分からせようとしているのに韓国はまったく聞き入れない。国連安保理の制裁報告書に文在寅の写真が掲載されたり石油持ち出しが書かれたこと、さらには韓国籍の船舶が要注意リストに入ったことついてもなかったことにする勢いだ。トランプが制裁を撤回すると注文したというただ1つのツイートにすべてを依存する形でだ。もはや韓国全体がパニック状態めちゃくちゃで支離滅裂になっている状況で、支持率も過去最低を更新し閣僚にも不祥事が次々と噴出している。それでも暴走しようとするんだから呆れるより他はないね。日本は生温かい目で見させてもらうことにする。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!