欧州委員長が中国の通商姿勢を批判  習近平氏の説明でも懸念を払拭できず

中国ニュース, 欧州ニュース

先週に欧州を歴訪したばかりの習近平氏ですが、懸念を緩和するには至らなかったようです。欧州委員長のJuncker氏が中国の通商姿勢について開かれてないことを批判しています。中国に対する域内への投資についても問題視し、一帯一路構想についても条件の適正さを求めるなど懐疑的な姿勢をとっています。

中国国家主席、欧州の懸念緩和できず-ユンケル氏がまた対中批判
4/2(火) 9:30配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 欧州連合(EU)欧州委員会のユンケル委員長は1日、中国の通商慣行をあらためて批判した。中国の習近平国家主席は先週、訪問先のパリで欧州の懸念緩和に努めたばかりだった。

 ユンケル委員長はドイツのザールラント州議会で、先月26日に行われたメルケル独首相とフランスのマクロン大統領を交えた会談で、「中国企業には欧州市場への自由なアクセスがあるが、われわれには中国市場へのアクセスがなく、このような状況を続けることはできない」と中国側に説明したと述べた。

 同委員長は中国による欧州への投資で外交政策を巡りEU内で足並みをそろえるのが難しくなっているとも指摘。「ある国では中国の投資家が港湾の一角に関与しているため、中国の人権政策を批判できずにいる」と話した。

 欧州は最近になって対中批判を強めている。中国をパートナーであると同時に経済の競争相手であり、ガバナンスに関する「システム上のライバル」と位置付けた。中国の影響力拡大や第5世代(5G)データネットワークへのハッキングの可能性などを巡り懸念が広がっている。

 EU内では中国の広域経済圏構想「一帯一路」に関して意見が分かれており、一部は国家主権への脅威とみている。そうした中でイタリア政府は先月、一帯一路に関する覚書に署名した。

 ユンケル委員長は「条件が適正である限り」、一帯一路には反対しないと言明。欧州企業が一帯一路から恩恵を受けることができ、「建設現場に中国人作業員だけでなく、欧州の労働者も参加して初めて実行可能になる」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-65026257-bloom_st-bus_all

中国の通商姿勢には問題がある

習近平www 欧州外遊は逆効果だったのか?

先月の26日に中国に説明して、昨日もう1回批判したんですね!全然ダメですね・・・。

習近平氏が欧州歴訪から帰国した後の話になりますね。欧州委員会のJuncker氏が中国の市場は開かれておらず、欧州との通商姿勢に問題があることを指摘しながら批判しています。中国のEU域内投資により政治的な影響が出ていることにも触れています。

ジャンカー?って誰ですか?

これがユンケルのスペルなのかよ…。てっきりYunkerとかだと思ってた。

ボクは、ユンケルと聞くと、皇帝液の方が出てきてしまって・・・。

“黄帝液”な。皇帝液って何だよwww

あれ?今までずっと皇帝液だと思ってました・・・。皇帝みたいに立派になれる栄養ドリンクだと思ってました!

ユンケル黄帝液の公式サイトは“Yunker”になってるんだよな。だが由来は確かに貴公子のドイツ語のユンカー、つまりJunkerだと書かれていた。

アメリカ英語だと、同じスペルで「おんぼろ車」という意味になるそうです・・・。すごい落差ですね。

そして黄帝というのは漢方医学の祖とされる中国の伝説上の帝王の名前だそうだ。まあ皇帝でもさほど違いはないということだね。ドイツ語だと貴公子なのに、英語だとおんぼろ車か…。

欧州を分断させるかのような動きに警戒感を強める

英語学習は別の機会にしてください。Juncker氏は一帯一路についても基本的には歓迎する姿勢を見せているものの、条件面で中国が譲歩する必要があると述べています。作業員に欧州現地の労働者も参加させることなどを要求しています。

英語の時間が急に終わってしまいました・・・。いつも冷静ですね。

まあ主題から離れすぎてたからな。ユンケル委員長はEUとして言うべきことをきっちり言ってる感じがする。中国べったりのドイツとは温度差がありそうだけど。

イギリスも、急にファーウェイに厳しくし始めましたよね?どうしてこのタイミングなんですか?

イタリアなど複数の国家が一帯一路の覚書に署名したためとみられます。欧州の中でも一帯一路に関する見解が分かれているため、欧州が一枚岩でなくなる恐れもあり警戒しているというのが私の見立てです。

G7で財政基盤が最も弱いイタリアから切り崩しにかかるというのが欧州トップの逆鱗に触れたんだろう。そこで習近平が帰国したタイミングを見計らって途端に中国に厳しいことを言い始めたと。

習さんに、恥をかかせるためですか?

そうだと思う。欧州歴訪時は何の問題もなかったのに、帰国後急に態度を変えられるとなっては習近平は一体欧州で何をしてきたんだという話になりかねないからな。今頃中国国内で冷たい視線を向けられていそうだ。

確かに・・・。李克強首相にも厳しく当たったので、逆に仕返しされそうです!

文在寅もそうだが、習近平も似たように外交についてはいまいちな面があると思う。強硬姿勢と融和姿勢を上手く使い分けてるつもりだろうけど実際には敵ばかりを増やしてる。やり方があまりにも露骨だからな。世界から味方がいなくなってる印象だ。

中国の政治の頂点におるとは思えん。超大国の威厳は感じられんのう。

習近平は毛沢東を目指してますけど、どう考えても失敗しそうですよね…。皇帝にもなれないと思います。

ドイツが最大の問題

ネットユーザーの反応です!

・ギリシャも中国の一帯一路に参加して、ギリシャの港に中国軍の艦艇が入港してる。警戒感を持つのは当然
・懸念の種はいっぱいあるので、緩和できないのは当たり前です
・中国優先で利益追求してるんでしょ?仕方ないと思う
・ドイツとイタリアは、もう中国依存から抜け出せない。EU自体が成立してない気も
・一帯一路が紛争の原因になりそう
・ユンケル「肯定益」
・目先の経済に囚われず、はっきり言っておくことが大事
・世界は軍拡を進める中国を甘やかさないと思う
・イタリアのことがあるので、懸念が一気に欧州に広がってる

ギリシャにイタリアか。EUの問題児が揃って中国になびくというのは警戒感を持って当然だよね。

イタリアブランド自体が、もう中国の製造業抜きでは成り立たないんですよね?前にネットユーザーがそう言ってたと思います!

そしてワトソン君レベルのネットユーザーがいるなwww ユンケルを肯定すると益があるってか?

そうだと思います!面白いので、抽出しました!2件だけ賛同が入ってました!

少なっww また“共感順”で上から見てっただろ?

ボクも共感したので、共感パワーを授けておきました!後で見たら、もっと上に来てると思います!

マジでそんなノリで内部パラメータが用意されてそうだなww

中国は財政が悪化してる域内国家を狙い撃ちにしていると思われますので、EUとしても快く思うはずがありませんね。ドイツが最大の問題ですが、Merkel氏も米国の力を抜きにしてはロシアに対応できませんので苦渋の決断を迫られることになるとみています。

ファーウェイを排除するかどうかでももめてたよな?英国の合意なきEU離脱も間もなくやってくるし、EU自体がばらばらになってしまわないか心配な点ではあるね。

フランスって、ファーウェイについてはどうしてましたっけ?

基本的に様子見の姿勢を取りつつリスクがあれば排除するというスタンスだったと思うけど。ドイツとは全然雰囲気が違うよ。英国がファーウェイ使用は問題ないという認識を事実上撤回したのでむしろドイツだけがおかしいことになるか。

じゃあ、ホントにドイツが最大の問題なんですね・・・。

ワトソン君、前にドイツ銀行の件も取り上げたよな?ドイツはもう中国と一蓮托生だと思っていいかもしれない。そうなればEUもただでは済まないが仕方ないだろう。

ドイツは他にも多くの複雑な問題を抱えています。トルコとの確執は修復不可能なほどになっており、移民の流入についても座視できない状況です。習近平氏の欧州歴訪がEUの分断をもたらすきっかけになるのかもしれません。