トランプ氏が110億ドル分の欧州製品に関税を発動へ  エアバスへの補助金を問題視か

トランプ政権, 欧州ニュース, 米国ニュース

ここ最近相次いでいるBoeingの不祥事を受けて、トランプ氏が欧州への関税措置を発動させることを発表しました。Airbusへの補助金は不当であり米国に負の影響をもたらしているとして、110億ドルの欧州製品に対して関税をかけることを表明しています。具体的な品目も出てきていますが、税率については不明です。

米大統領、110億ドルの欧州製品に関税導入表明 EU側も報復へ
4/10(水) 0:46配信 ロイター

 [ブリュッセル/パリ/ワシントン 9日 ロイター] – トランプ米大統領は9日、米国は欧州連合(EU)から輸入する110億ドルの物品に対し関税を導入することを明らかにした。

 欧米は欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>および米ボーイング<BA.N>に対する補助金について互いに不当だと主張し、長期にわたって対立している。

 トランプ大統領はツイッターに世界貿易機関(WTO)は、EUによるエアバスへの補助金が米国にマイナスの影響を及ぼしていると判断した。110億ドルのEU製品に関税をかける!EUは長年にわたり米国との貿易に乗じてきた。こうしたことは近く終わる!」と投稿した。

 WTOはこれまで、ボーイングとエアバスへの補助金がともに不当と判断している。

 米通商代表部(USTR)は前日、EUによるエアバスへの補助金に対する報復措置として関税を課すEU製品の暫定リストを公表。大型商用機やその部品のほか、乳製品やワインを盛り込んだ。

 これを受け、EU筋は9日、EUが対抗措置の準備に着手したと明らかにした。米ボーイングへの補助金を巡り、米製品を対象に報復関税を課す方向で準備しているという。

 またエアバスは9日、米政府が同社製航空機に関税を課す方針を示したことについて、法的な根拠はなく、貿易摩擦の悪化を招くと表明した。

 フランスのルメール経済・財務相は会見で、双方が友好的な合意に達する必要があると言及。世界経済の鈍化が見られる局面では、「たとえ欧米の航空機業界での特定の問題であったとしても貿易摩擦を起こしている余裕はない」と述べた。

 エアバス株価は約2%安。ボーイングは1.4%安。エアバスの供給業者であるサフラン<SAF.PA>やレオナルド<LDOF.MI>も下落した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000000-reut-eurp

米通商代表部も報復措置として公表

出たー!トランプ関税!ついに欧州にも発動きたか。

トランプ大統領・・・すごいです!いきなり表明しましたね!

完全に経済戦争になるわこれ。ボーイングとエアバスを巡ってというのが興味深いね。

トランプ大統領のツイートを見てたんですけど、気付きませんでした・・・。

EUによるAirbusへの補助金についての報復措置は、トランプ氏のTweetに先立ち米通商代表部が関税を賦課する具体的な品目を公表していました。それによれば商用機や乳製品、cheeseなどの乳製品、ski wear、motorcycleなどとされています。

トランプはWTOではなくWorld Trade Organizationと表記し、さらにはEUのこともEurope Unionと表記しているね。それで見逃したのかもしれない。

あっ!ホントだ!見つかりました。ツイートの返信も見てみたんですけど、トランプ大統領の方針を支持する声もなくはないですね。基本的には反対意見ばかりみたいです・・・。

昨今相次いでいるBoeing社の不祥事との関連性は不明ですが、それとは別にAirbus社が不当な補助金を得ていることだけは確かです。WTOはBoeingとAirbusの双方について補助金が不当だと判断しています。

米国を守るための決断じゃよ。トランプ氏は米国の国益を第一に考えておる。日本も姿勢を明確にすることじゃ。

欧州も対抗措置の準備をしてますからね…。日本としても曖昧な態度は取れないかもしれないです。

中国がAirbusを300機購入したことも問題視される可能性

ANAが、エアバスのA380を導入したんです!知ってましたか?

あの生産中止になったA380?

そうです!成田発ホノルル行きの便に採用するので、少し前に日本に到着したことが報道されてました。

その報道は見たような覚えがある。就航はいつだっけ?

それが、今年の5月24日なんです・・・。あと1ヶ月半後に迫ってるのに、今からボーイングとエアバスの経済戦争が始まったら、巻き込まれてしまわないか心配です!

いやまあ購入分は大丈夫じゃない?ANAはボーイング機の方が多いだろうし別にエアバスに偏ってるとかではない。それを言うならこの前の欧州歴訪で300機も大量買いした中国の方がより危険な状況じゃないか?

私は習近平氏の欧州歴訪にはいくつもの問題点があると考えています。米中通商協議の直前期であることに加え、米国がBoeingの問題を抱えているのを横目に欧州へと向かいAirbusを発注したことは心証を悪くするでしょう。一帯一路でEUに分断をもたらそうとしている動きにも重大な関心を持っているはずです。

そうでしたね・・・。中国は、ボーイングも300機買った方がいいのでは?

貿易戦争の観点でいくとそうなる。トランプにとってはエアバス300機購入という行為は看過できないだろう。米中首脳会談がお流れになりそうというのもボーイングの件が根底にありそうな気がするね。

中国としては、ボーイングMAXは危険だっていう言い分ですよね?それならアメリカも言い返せないような気もします。

ワトソン君、ボーイング737MAXの事故で米国がピンチだというのに中国はそれをあざ笑うかのように欧州に行ってエアバスを購入したんだ。トランプとしては中国と欧州の双方を何とかしてやりたいと思う場面だろうね。ANAが購入を決めたのはボーイングの事故発覚よりはるか前だろ?だから日本は何も問題ないと思うよ。

私からはトランプ政権がどのような動機で今回の課税措置に動き出したかは示唆するにとどめておきますが、Boeingの件は米国としても歯がゆい思いをしているという点は理解しておいてください。航空機産業は軍事産業にも直結しますので、安全保障の問題にも関わってくると言えるのです。

トランプ氏は欧州の報復関税も辞さない

ネットユーザーの雰囲気としては、最悪ですね・・・。いつもの人達が一斉に現れて、トランプ大統領のことを批判してます!日本にも同じことを言ってくると恐れてる人もいます。EUと中国の結びつきがますます強まる、って言ってる人までいました!

中国のコメント部隊が必死だなwww エアバス300機を発注した習近平への当てつけと思われても仕方ないからな。公平に見れば米国と欧州の双方に正当性があるが、その口火を切ったのがトランプら米国側だったというだけの話だね。

補助金の規模って、どれくらいなんですか?エアバスの方が多いんじゃないかと思うんですけど・・・。

ここでの重要な事実としては、WTOが米国とEUの両方に対して補助金は不当だと判断しているということです。多いか少ないかはさほど問題にはなりません。トランプ氏が欧州製品に課税することには一定の正当性があるという意味です。欧州の報復関税も辞さないという姿勢です。

エアバスって、主体はドイツですか?フランスですか?

主要株主がドイツのダイムラー、本社がフランスとオランダという分散的な構造になっているね。俺はどちらかと言うとフランスじゃないかと思っている。

私は特定の国家ではなく、EUという枠組みそのものが問題視される時期が近付いていると判断します。米国に対抗するために欧州の多数の国が集まってできた仕組みがEUですので、いずれは正面衝突する日が来るとは考えていました。英国がEUから離脱しようとしているのも、そのような世界の動きを鋭敏に察知したからかもしれませんね。

有能さんがいつになく熱くなってるな…。我々としてもどちら側につくかを早く決めないとな。日本は大丈夫だろうか?

エアバスが、日本にどれくらい入り込んでるかを調べてみます!ANA以外にも多く導入されてないかが心配です!

よし。任せたぞ。しかしハワイ便か…。せめてニース便とかにしときゃよかったのにな。そんな便ないか。