米国半導体大手が中国企業との取引を中止  安全保障上の問題で米国政府が警戒

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

半導体装置大手企業であるApplied Materials社が、中国のLED死蔵企業との取引を中止することが分かりました。安全保障上の懸念がある企業の一覧を米国政府が公表しており、今回の決定はそれに基づくものと推測されます。中国にとっては打撃となります。

米半導体装置大手、中国企業との一部取引中止 米政府が警戒リスト
2019/4/14 7:00

 【台北】半導体製造装置の世界最大手、米アプライドマテリアルズ(AMAT)が、発光ダイオード(LED)世界大手のアモイ三安光電など一部の中国企業や研究機関との取引を中止することが分かった。米国政府は安全保障などの懸念から取引に注意を要する中国企業のリストを発表しており、これに対応したとみられる。中国が進める産業高度化策に逆風になりそうだ。

(以下略)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43723050T10C19A4MM0000/

半導体は安全保障上の問題

半導体でも米中戦争かな?もはや貿易戦争という建前は放棄してるように見えるが。

ホントですね・・・。安全保障上って、もう中国が敵国という前提じゃないですか!

米国政府が安全保障上の懸念により公表している中国企業の一覧に基づき、米国企業が対応したようです。半導体装置大手のApplied Materials社が中国のLED製造企業との取引を中止させることになりました。

5G通信のサービスが始まったので、半導体市場も復活するんでしょうか?

5G通信で米中が先を争う中でのこの動きだから、むしろさらに悪化しそうな気がするがな。韓国はどうでもいい。

米中合意がもしなされれば、一時的な不確定要素がなくなるため市場の回復は十分に見込めます。ただしそれ以上に重大な問題が新たに発生する可能性もあります。

米自動車関税、導入なら米中貿易戦争より大きな影響=IMF
4/12(金) 10:40配信 ロイター

 [ワシントン 11日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ギータ・ゴピナート氏は11日、米国が自動車関税を発動して新たな貿易戦争が起きれば、米中貿易摩擦よりもはるかに大きな打撃を世界経済に与える可能性があるとの見解を示した。ロイターのインタビューで語った。

 同氏は、自動車関税はより多くの国の輸出に影響を及ぼし、多数の貿易パートナーが米製品に報復関税を課す事態になるだろうと指摘。「世界経済の回復が見込まれる時期に自動車関税がどのような影響を与えるのか懸念している」と述べた。

 また、貿易摩擦が自動車セクターに波及すれば、世界の製造業のサプライチェーンにより広範な影響が及ぶとし、「米中貿易摩擦よりも、はるかに大きな打撃を世界経済に与えることになる」と指摘した。

 米商務省は2月、通商拡大法232条に基づく自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出した。トランプ氏は報告書提出から90日以内に内容を精査し、勧告されている措置について最終決定する必要があり、輸入自動車と自動車部品に最大25%の関税を課す可能性がある。

 関税が発動された場合、最も大きな影響が及ぶのは2019年下期となり、IMFが主要中銀の利上げ休止で世界経済の回復を見込む時期と重なる。

 ゴピナート氏はまた、米中が通商合意に至り、米中製品への関税が撤廃された場合、世界経済を支援する可能性があるとも述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000040-reut-cn

そうだったな。90日以内に最終決定だから来月にも判断が下されることになる。トランプのことだから本気でやりかねない。

日本は大丈夫でしょうか?韓国は?韓国はどうなるんでしょうか?

中央日報君はちょっと黙っててくれww

自動車関税については、私からは現時点で述べられることは特にありません。期日までは日数がありますので、報道され始めれば改めて取り上げることになるかと思います。

安全保障と経済のどちらを優先するか

ネットユーザーの雰囲気としては、経済が落ち込む話は聞きたくないという感じです・・・。半導体関連の株価も下がりそうだって。日本にも影響があるんでしょうか?

そこは安全保障と経済のどっちを優先するかだわな。経済を優先し続けてきた結果が経団連の中国との癒着だろ?金儲けを優先して中国に技術を全部持っていかれるようじゃ世話はないね。

確かに!安全保障は一旦横に置いといて、油断してしまったんでしょうか?

ワトソン君、お金には色があると聞いたことがあるか?

「お金に色はない」という言葉なら聞いたことがあるんですけど・・・。

それは真逆の都合いい解釈だね。実際にはお金には色があるんだよ。中国で稼いだお金と、米国で稼いだお金はどちらの方が価値があると思う?

えっ?どっちも金額が同じなら一緒なのでは?

中国で稼いだお金は日本に持ち出せるか?米国で稼いだお金ならばどうだ?

・・・。

中国で稼いだお金は裏社会が関わってたりしないか?そういう資金を表のルートで送金できると思うか?例えば北朝鮮で稼いだ金はどうだ?

稼いだうちに入らない気がします・・・。

米国との取引で稼いだお金は青いお金、中国で稼いだお金は赤いお金、北朝鮮となら黒いお金だ。お金は色によってまったく扱いが異なるんだ。それなのに日本企業は中国とのビジネスばかりを優先して赤いお金ばかりを稼いでしまったんだ。

稼いでも、中国外に持ち出せないなら、絵に描いた餅です・・・。

だから中国内で再投資するしかない。これが中国経済がなかなか崩壊しない理由の1つだと俺はみている。厳しい外貨規制を敷くことは国家経済を守ることにも繋がるが、外資にとっては資産移転の自由を奪われるに等しいわけだ。

よくご存知ですね。米国は中国のこのような規制を問題視しており、今回の米中合意でも為替操作の防止策なども協議されたようです。中国で米国資本100%の企業を設立できるようにすることも多くの合意事項のうちの1つとなります。中国は米国のすべての要求事項に合意しなければなりません。

自動車関税は安全保障問題と関連するかどうかについて

自動車関税って、どうなるんですか?日本に影響は出るんですか?

さっきその話しただろwww

すでに目を通してることかと思いますが、数日前のこちらの報道を共有します。具体的な国名が出ていることから、確実性は高いと思われます。

米国の自動車関税、発動なら独日韓に悪影響=ムーディーズ
4/9(火) 18:14配信 ロイター

 [9日 ロイター] – 米格付け会社ムーディーズは9日、米国が自動車関税を発動すれば、世界経済の成長に対するリスクとなり、ドイツ、日本、韓国経済の勢いがそがれるとのリポートをまとめた。

 中国の自動車輸出はすでに貿易制限の対象となっているため、中国への影響は相対的に少ないという。

 同社は、自動車関税が世界の自動車業界の信用力に総じてネガティブになるとの見方も示した。

 同社のアソシエート・マネジング・ディレクター、エレナ・ダガー氏は「世界経済はすでに減速しているが、自動車貿易の制限は企業や消費者のマインドに世界的に幅広い影響を及ぼす」との見方を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000075-reut-kr

やっぱり・・・。

まさか見てなかったのか?トヨタなど一部はそれを見越して米国に工場を移していたはずだが。

でも、部品まで関税がかかるなら、ダメだと思います!日本から工場を全部アメリカに移さないと、関税を回避することはできないです!

こちらの話はトランプ政権から出たものではなく、あくまでもMoody’sの報告書に基づく内容ですので決定事項ではありません。トランプ氏の方針は以前より一貫していますので、現段階で懸念する話でもないかと思いますが。

中国への影響は相対的に小さくなる、か。そこだけ踏まえておくか。

自動車関税の方をメインにして、中国との貿易戦争を一時休戦にする可能性はあるんですか?

何度も述べたとおり、中国との問題は今や安全保障に関わる部分にまで発展しつつあります。昨日取り上げた5G通信もやはり安全保障の問題です。米中通商協議はそれら一連の覇権争いの中での一部の動きに過ぎません。詳細を述べることは控えますが、自動車関税と米中の覇権争いとはひとまず別のものと考えるべきかと思います。

それを聞けて、安心しました・・・。トランプ大統領に、中国をやっつけてほしいです!お願いします!

ドイツや韓国だけでなく日本も自動車関税を食らうかもしれないが、それとは別に安全保障面では米国と協力し中国を追い詰めるということか…経団連がパニック状態になりそうな条件だな。まあそれ以外に方法はないが。ここは安倍首相の上手なかじ取りに期待したい。