韓国サムスン、欠陥スマホの発売を中止! 全台回収へ! 中国勢に負けてパニック状態!

韓国ニュース

Sponsored Links

平成が終わるとともにサムスンも終わりそうな気配だ。満を持して投入しようとした折りたたみスマホが欠陥スマホだと認めて全台回収することを決めたという。表向きはレビュー用製品のみとなっているが、26日からの正式発売も中止になったことを踏まえれば事実上全台回収だろう。発売再開までの期間は数カ月にも及ぶ可能性があるとのことだ。

「サムスン電子、ギャラクシーフォールドのレビュー用製品を全面回収へ」
4/24(水) 15:36配信 中央日報日本語版

 サムスン電子がレビュー用に配布した折りたたみスマートフォン「ギャラクシーフォールド」をすべて回収することにした。

 新華通信は24日付の記事でサムスン電子中国法人がレビュー用のギャラクシーフォールドの全面回収を決定したことを確認したと報じた。

 一部の中国メディアは中国のリビューアーがギャラクシーフォールド製品を受け取り、使用する過程で画面の故障などの問題が発生したと報じた。

 一方、サムスン電子のある関係者は関連報道について「製品の完成度を高めるための措置」と事実であることを確認した。

 先立ってサムスン電子が米メディアの記者らに配布したギャラクシーフォールドのレビュー用製品について記者が「1日で故障した」「画面が破損した」などの評価を出した。

 サムスン電子は「画面保護材を無理にはがしたため」と説明したが、画面保護材をはがしていない製品でも同様の問題が発見された。

 これに伴い、サムスン電子は23日にレビュー過程で露見した問題を点検し内部テストを追加で行うために発売を延期することを決定した。

 ギャラクシーフォールドは当初今月26日に米国で最初に発売し、5月3日に欧州、5月中旬に韓国で発売する予定だったが、短い場合は数週間、長くて1~2カ月延期されるものと見られる。

 サムスン電子は発売時期を数週間以内に改めて発表する予定だと明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000039-cnippou-kr

発売数カ月延期で巨額損失の恐れ

結局発売できなくなったんですね・・・。仕方ないと思います。

サムスンネタはいつもワトソン君に任せていたが今日は俺がやる。26日の発売延期に伴いレビュー端末も全部回収したそうだ。これは事実上の全台回収と言っていいだろう。

発売しようとした端末が、みんな1日で壊れる可能性があるんですよね?

そういうこと。欠陥のある製品はすべて破棄するしかない。原因を究明してから再度製造し直して販売することになるが、それが場合によっては数カ月にも及ぶ可能性があるそうだ。

発売が延期されると、どうなるんですか?

サムスンのスマホ部門の売り上げが作れなくなる。要するに巨額の損失が出て大赤字になる可能性もあるってこと。

大変じゃないですか!どうして欠陥があるって分からなかったんでしょう?

朝鮮日報の記事が少し詳しい。中国に先んじたいと思うがあまり発売日を前倒ししすぎたことが仇になってしまったようだ。

(朝鮮日報日本語版) サムスン折り畳みスマホ発売延期、中国企業に「世界初」の座奪われる
4/23(火) 23:52配信 朝鮮日報日本語版

■華為の猛追でサムスンに焦り

 サムスン電子の折り畳みスマートフォン「ギャラクシーフォールド」に不具合が見つかり、26日(現地時間)に予定されていた米国での発売が直前に延期された。今回の事態の背景には、中国の華為(ファーウェイ)に猛追されるサムスン電子の焦りがあるというのが専門家らの見方だ。

 ここ2年間でサムスン電子と華為のスマホ販売台数の差は急速に縮まり、サムスンの内部では、折り畳みスマホのような革新的な製品によって技術面での優位性を立証すべきという焦りがあったというのだ。

 サムスンが2月20日にギャラクシーフォールドを発表すると、華為はその4日後、折り畳みスマホ「Mate X」を公開した。そのためサムスンが無理に発売日を前倒しした可能性が高い。

 ギャラクシーフォールドの発売延期によって、折り畳みスマホで市場を先制するという戦略はもろくも崩れた。そのような中、中国の中小企業Royoleが23日に折り畳みスマホ「FlexPai」を中国国内で発売した。「世界初の折り畳みスマホ発売」というタイトルはRoyoleに奪われてしまったわけだ。

 華為は今年7月に「Mate X」を発売する予定だ。もしギャラクシーフォールドの発売が予想より先延ばしになる場合、市場を先制するどころか、「不具合」という汚点を残したままライバル社とほぼ同時に折り畳みスマホを発売することになる。

 サムスン電子の関係者は「かつてギャラクシーノート7の発火事故が起きた時は、原因究明に時間がかかったが、ギャラクシーフォールドはすでに問題点を確認している。あまり遅くならない時期に、より完璧になったギャラクシーフォールドを発売し、世界の折り畳みスマホ市場をリードしたい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00080199-chosun-kr

中国のロヨルというスマホメーカーは聞いたことがないが、折りたたみスマホの世界初という称号はこれで失うことになった。どうでもいいように聞こえるけど韓国にとっては重大なミスとなる。

でも、最初の発売日は26日だったんですよね?どっちにしろダメだったのでは?

まあその辺りは朝鮮日報もぼやかしてるね。世界で最初に発表したのはサムスンだと言い虚勢を張ってるようにも見えるが、そのような虚勢こそが不具合や欠陥をもたらしたのだと嘆いているような論調だ。

ファーウェイは7月に発売なので、大分先なんですね!余裕をもってやってる感じがします。

中国はファーウェイ以外にもスマホメーカーがいくつもあるが、韓国には事実上サムスンしかいないからな。今後中国勢にやられるようになるのは目に見えている。

保護フィルムを剥がさなくても欠陥は生じると判明

文在寅政権の御用新聞ハンギョレも財閥には冷たい。サムスンのスマホに明確な欠陥があることを露呈させてしまっている。

サムスン電子「ヒンジ下にスキ間発見…衝撃に脆弱」
4/24(水) 7:29配信 ハンギョレ新聞

米国で回収したギャラクシーフォルド4台の分析結果 「ヒンジ部分が外部の衝撃・異質物に露出」 発売延期し防止対策講じることに 市場の憂慮にもかかわらず「極限テスト」過信が禍根

 ギャラクシーフォルドの機器欠陥は、画面がこわれる現象とヒンジ内部の異質物発生の二種類に分かれる。画面の保護膜を除去した後に問題が発生した事例がある反面、画面の保護膜を除去しなかったのにディスプレイがこわれたり、黒く変わるなど故障したケースもある。サムスン電子関係者は「検査の結果、ヒンジの上側と下側に小さなスキ間があり、衝撃に脆弱だという事実を発見したとして「スキ間を減らす方案を検討中」と説明した。この関係者は「ヒンジ内から異質物が発見されたケースの場合、外部から流入したものではないと見ている」として「異質物がどうして生じたのかは、さらに詳しく調べなければならない」と付け加えた。

 ギャラクシーフォルドの耐久性は、製品発売の数カ月前から論議の的だった。インターネット・コミュニティでは、サムスン電子が公開した動画と写真に基づいて「ヒンジの下のスキ間にホコリが流入する可能性がある」「浮き上がったヒンジの間に、硬い物質が挟まれば、それにより破損するようだ」との憂慮が相次いだ。実際に試演製品を受け取った米国の情報通信(IT)メディア「ザ・バージ」の記者は、ヒンジ内に流入した異質物によって機器の真ん中が膨らんだ姿を機器欠陥の根拠として提示した。

 画面の品質も問題だ。強化ガラスでカバーされた一般のスマートフォンとは異なり、サムスン電子はギャラクシーフォルドには透明ポリイミド(CPI)フィルムが使われている。自由に形状を曲げられるが、ガラスに比べて疵と外部衝撃に弱く、プラスチックであるため接着力が弱いという特徴がある。反面、スマートフォンのライバルメーカーであるアップルは、2017年から「曲げられるガラス」として知られる超薄膜強化ガラス(UTG)の開発に投資している。

 業界は、サムスンが“世界初”のタイトルのために、無理に発売を推進したと見ている。予定通り今月26日に発売されるならば、ギャラクシーフォルドは消費者の手に握られた最初のフォルダブル・スマートフォンになる。サムスンが、中国の華為などと1等競争をするあまり、未完成の製品を出したという評価だ。自社テストを過信した点も指摘されている。サムスンは、機器を20万回ずつ開閉し、高温・低冷環境に入れてみて「極限テスト」をしたと自慢したが、工場外の実生活で発生する異質物と衝撃には降参した。サムスン電子にヒンジを納品したKHバテックも「製品の発売直前まで商品を点検したが、ここまで問題が発生するとは分からなかった」と釈明した。

 サムスンが作った市場の空白は、ライバルメーカーが素早く埋めている。華為は、メイトXを今年7月に発売することにし、ロヨル(Royole)はこの日からフォルダブル・スマートフォンの「FlexPai」の事前販売に突入した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00033309-hankyoreh-kr

やっぱり、保護シートを剥がしたのが原因というのは、ウソだったんですね・・・。

剥がさなくても欠陥が生じていたからな。サムスンとしても愛国心を発揮しないわけにはいかなかったんだろうがあまりにも苦しい。

ヒンジに隙間があるんですか?全然ダメだと思います・・・。

折りたたみヒンジの隙間に異物が混入とのことだが、日本のガラケーでもそういう欠陥はほとんど聞かなかった気がするな。何をやってるんだという印象しかないね。

ホコリっぽい場所で使ったら、すぐ使えなくなりそうです!

ポケットに出し入れしてたら糸くずとかが挟まりそうだ。1日と持たないだろう。画面の素材も衝撃に弱く落としただけで即座に修理行きになると思う。

最近のiPhoneって、全然落としても割れないですよね!ボクは数えられるだけでも、もう5回は落としました!

落としすぎだろwww ケースはつけてるの?

一応つけてます!側面まで覆うタイプなので、画面に直接衝撃を受けたらどうなるかは分からないです・・・。

まあ俺のiPhone6sでも相当丈夫だからな。折りたたみなんて本来は必要ない機能なんだよ。消費者はそこまでして大きい画面を欲してはいないだろう。大画面がいいならiPadで十分だからな。

iPadは薄いし、持ち運びも便利ですよね。折りたためても特に意味はないと思います・・・。

なぜサムスンがこのような訳の分からない製品開発に手を染めたかはよく分からないが、相当売れ行きが鈍っていたとしか思えないね。話題作りに必死になっていたというか。今回の欠陥はいよいよグループ全体を傾かせるようになるんじゃないかという気がしている。最悪の場合会社をたたむことになるかもしれない。

確かに・・・。何かの暗示みたいですね。

折りたたみスマホが原因で会社もたたむことになった、笑いごとでは済まされないと思うね。

欠陥スマホを20万で販売しようとするサムスンの終焉

ネットユーザーは、予想通りだったという雰囲気ですね・・・。保護材を剥がしたせいだとウソもついてたし、どうして開発時の試験で気付かなかったのかって。お客さんを実験台にしようとしたのでは、という意見もありました!

まあ値段が20万円の時点で買う気は起こらないがな。それに加えて欠陥まみれというのは正気の沙汰ではないよね。このスマホを本気で購入検討していた人がいるかどうかと、その人に今の気持ちを聞いてみたい心境だわ。

ホントですね!ボクの周りでは、特に誰も話題にしてませんでした・・・。買おうとしてる人っているんですか?

俺も全然知らない。折りたたみ形式の携帯電話ってそれもうガラケーだろっていう認識が日本ではあるので、かなりの人数が疑いの目で見ていたとは思うけどな。

アメリカでは、好意的なレビューを残してる人もいたみたいですね!逆に新鮮だったんでしょうか?

まあ宣伝費用の一環だろう。サムスンのやり方はいつもワンパターンなので読みやすい。だがまともなレビューをするメディアの方の話が広まって大問題になってしまったわけだ。

折りたたみスマートフォンなのに、折りたたんで破損するって、本末転倒な気がします。

折りたたみ傘を折りたたんだら壊れたみたいな話だからなwww ぶっちゃけ笑うしかないと思うよ。サムスンは笑ってる場合じゃないけどな。日本は当然助けない。

そうですよね!日本は何も関係ありません!

日本勢では絶対に手を出さないであろう折りたたみスマホという珍奇な機種にサムスンはいとも簡単に手を出してしまった。日本に勝ちたい、先んじたいと思うがあまりその機能には致命的な欠陥が生じやすいことに一切目を向けなかったのが敗因と言えよう。

サムスンに限らず韓国は1から10まで愛国心まみれで逆に自らを窮地に追い込んでいるケースが多い。北朝鮮融和政策なんかはその典型だ。北朝鮮と1国2制度を実現できると夢見て日本に愛国心を発揮し、それが失敗するとなると急に日本にすり寄るのはもはや滑稽としか言いようがない。日本は令和時代で冷たく韓国を突き放すだろう。困るのは100%韓国の人達だけだ。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!