米国情報当局「韓国大統領府は信用に値しない。我々はすべてを知っている」 文在寅終わった…

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

文在寅というのはまったくどうしようもない大統領だな。過去に北朝鮮融和政策を進めた大統領は複数いたが、それらの誰よりも基本的なことを何一つせず信頼を得られていない。米国情報当局が最近韓国政府関係者に会い、大統領府の様子はすべて把握しているし信用に値しないと冷たく言い放ったそうだ。米韓同盟はいよいよ危機的状況に陥ることになる。

【コラム】元首相の指摘に一言も答弁しない文大統領
4/25(木) 10:37配信 中央日報日本語版

 「大統領は来週米国を訪問するが、保守が心配している。トランプ大統領に『もう一度北朝鮮(金正恩委員長)に会ってほしい』と言いに行くようだが…。南北会談についても保守は心配が多い。韓米朝首脳会談でもして保守の心配を減らしてはどうか

 3日に青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と経済界元老の懇談会。鄭雲燦(チョン・ウンチャン)元首相が文大統領にこのようにストレートに話した。しかし文大統領は黙殺したという。鄭雲燦元首相は「みんなは経済のことを話したが、私は元首相なので議題になかった安全保障問題を取り上げたが、大統領は返答しなかった。まあ、準備ができていなかっただろうから…」と語った。正答だ。指導者は突発質問を受けた時にコンテンツが表れる。文大統領が韓米同盟に対して確固たる意志があるのなら、いかなる形であれ答弁していたのではないだろうか。

 文在寅政権に入って2年で韓米関係は深刻な危機を迎えている。4月11日の韓米首脳会談は2分間の単独会談で終わり、共同発表文1枚も出せずに終わった。さらにハリー・ハリス駐韓米大使は「韓国政府が私と情報共有をせず、何が非核化の中間段階なのか分からない」と一喝した。円満な対話が主な任務の駐韓米国大使が政府に不満を表したのだ。揺れる韓米関係の赤裸々な現状だ。

 対北朝鮮制裁ハードルをなんとか越えて南北交流に速度を出そうとする政府の考えが分からないわけではない。しかし米国が反対すればそれで終わりだ。好き嫌いに関係なく韓米同盟の基盤の上で北朝鮮に接近しなければいけないのがグローバル国家、大韓民国の運命だ。

 故金大中(キム・デジュン)元大統領は2000年、南北首脳会談を推進しながら、当時の最側近の朴智元(パク・ジウォン)文化観光部長官に「現場の雰囲気まですべて米国に知らせてほしい」と伝えた。同年5月に米国の対北朝鮮政策調整官としてソウルを訪問したウェンディ・シャーマン氏は朴智元長官に「今夜・・・」と声をかけた。朴智元長官はシャーマン氏と飲みながら会談推進状況と北朝鮮関連情報をすべて話した。シャーマン氏は一人で出てきたのではなかった。彼女の後ろには米情報要員2人が座り、朴智元長官の言葉をすべて書き取った。青瓦台に戻った朴智元長官に金大中大統領は「ご苦労様」と慰労した。

 昔も今も北朝鮮は米国だけを眺める。大韓民国はそれほど眼中にない。我々の言葉が北朝鮮に受け入れられるのは、米国が我々を信じて後押しする時だけだ。これを金大中大統領はよく把握していた。それで米国にやり過ぎと思われるほど頭を下げたのだ。カードは的中した。当時のクリントン米大統領は金大中大統領のファンになった。クリントン大統領時代に金大中大統領の太陽政策がうまくいった理由だ。

 文政権は反対だ。言葉だけで同盟を優先すると言いながら行動は反対に進む。このような態度を米国が知らないはずはない。米情報当局の関係者に会った与党関係者の言葉だ。「彼は青瓦台(チョンワデ、大統領府)内の状況と対話内容を実名まで挙げながら詳しく把握していた。『我々はすべて知っている。彼ら(青瓦台)を信用しない』と言うのを見て驚いた」。

 米国の情報網は恐ろしい。韓国政府の首脳部で交わされた対話は遅くとも数日以内にワシントンに伝わると考えればよい。それで金大中大統領は青瓦台で北朝鮮問題を議論するときは口を閉じ、ホワイトボードにマジックペンで書いて消すことを繰り返しながら筆談した。しかし決定した内容はすべて米国に知らせた。米国をだますのは不可能であり、米国を味方にしてこそ目標を達成できるという判断に基づくものだった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000017-cnippou-kr

失礼議長のどうしようもない事件

あれ?失礼議長の件は、結局もう取り上げないんですか?

あまりにも情けない騒動なので記事タイトルだけ掲載する。これが事実ならもう韓国政府は終わりだよ終わり。ここまで救いようがない幕引きをやらかすとは思わなかったな。

(朝鮮日報日本語版) 大荒れ韓国国会、カッとなった文喜相議長が女性議員の顔に…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00080041-chosun-kr

女性議員まで入院するなんて・・・。もうムン大統領はおしまいだと思います!

野党の自由韓国党も本会議場前を占拠して2日間座り込んだんだぞ?およそ民主主義国家のやることとは思えないね。国民の信任を得て当選したはずの国会議員がその権限を行使せず、ただ座り込んで妨害するなんてのは国家の体を成してないと思わないか?

そこまでして争う理由って、何なんですか?

それがよく分からないのが一層混乱に拍車をかけているわけ。高位公職者の不正捜査がどうとかいう話もどちら側にとって不利なのかさえ分からない状況だ。対外的な説明が欠けていることにも気を配れないくらいパニック状態ってこと。

ということで失礼議長の件はこれくらいにして一旦区切る。あまりにも次元が低すぎるので主題として採用するには問題がありすぎたからな。そこで中央日報にしては珍しく力の入った最初のコラム記事を持ってきたというわけだ。

これって、最初朝鮮日報さんかなと思ったんです!中央日報さんにしては韓国政府に批判的だし、文章もまとまってすっきりしてて読みやすいです。

たまにこういう優秀なコラムを書く論説委員が出てくるが、大半の記者は愛国記事を量産するノルマを課せられているので必然的に薄く引き延ばしたような記事ばかりになる。

この記事では、どこを見ればいいですか?いいことを書いてるとは思うんですけど、米韓首脳会談前の話ですよね?

引用部分の最後に書かれている米国情報当局と韓国政府関係者のやりとりに注目してほしい。情報当局は我々はすべて知っていると言いながら大統領府は信用できないと冷たく突き放したんだ。韓国側は激しくショックを受けただろう。

どうして韓国政府内部で話されたことが、すぐにアメリカにも伝わるんですか?

そこは情報当局のことだ。人づての可能性もあればもっと突拍子もない方法かもしれない。表の報道を追うだけでも分かるようなことは米国当局は当然把握済みだろう。日本語が達者な諜報員も大勢いるはずだからな。

米国は韓国へ報復する手段を50は持っているという現実

記事の続きがさらに大事だ。文在寅とは師弟関係にあるノムヒョンが大統領の時代に、米国に逆らう方法はないと悟り愛国心を発揮するのをやめたというエピソードがあるようだ。

 「反米はいけないのか」と声を高めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は執権初期、「我々が米国に背を向ける場合、米国が報復する方法がどれほどあるか把握してほしい」と要求した。調べた結果、米国は大韓民国の根幹を揺るがすカードを50以上も持っていたことが分かった。最初のカード「対北朝鮮衛星情報の提供中断」の一つだけで韓国軍の戦力は紙くずになるのが明らかだった。驚いた盧武鉉政権は反米路線をあきらめて「用米」に旋回した。

 文大統領も北朝鮮重視一辺倒の路線を捨てて、金大中元大統領の鋭い洞察力を見習い、韓米関係の回復に集中しなければいけない。そうしてこそ我々に力が生じて北朝鮮が文大統領の言葉に耳を傾ける。文大統領を無視してきた日本や中国の態度も変わるだろう。

 「従米」保守の戯言ではない。4選議員になった今でも金大中元大統領の太陽政策「伝導師」として活動中の朴智元議員が12日、フェイスブックで主張した内容だ。「文大統領の『先に南北経済協力』に反対し、韓米同盟、呼吸までも共有しなければいけない。南北問題は米国の役割が最も重要であり、速度を出し過ぎてはいけない」

韓国を揺るがすカードが50以上!? 日本の百の報復措置と同じくらいじゃないですか!

そういうこと。これが韓国が米国に1ミリも逆らえない理由なんだよ。それはつまり日本にも逆らえないことをも意味するんだが、韓国は日米同盟の強固さを甘く見ているせいか日本にだけ愛国心を発揮し続けていたというわけ。

日本の報復措置って、ひょっとして元はアメリカの報復措置なんですか?

俺はそう言い切ってもいいんじゃないかと思う。韓国を北朝鮮同様の扱いにするものばかりだからな。それはつまり米国、要するに国連安保理の意向が働いていると言っていいだろう。日本単独でこのような措置に踏み切ることは絶対にないと言っていい。

じゃあ、日本に侵攻しようとしてる1919派は、不可能なことをしようとしてたんですか?

そのために必要なのは日米同盟の弱体化と米国への韓国ロビー活動の強化などだ。要するに米国の中で韓国>>>日本とすることが至上命題だったわけ。沖縄の基地問題で韓国の人達が活動してるのはこういう背景があると思ってる。

中国だけじゃなくて、韓国にとってもメリットがあったんですね・・・。

最悪の場合でも米韓同盟が強固であれば奇襲作戦は実行できる素地はあった。米国側に漏れていない前提でな。米国の情報抜きでは日本は韓国の侵攻に対抗することは難しいし、事が起こった後では在日米軍も米韓同盟を理由に動いてくれない。この奇襲作戦は米国側に漏れた時点で失敗が確定するので我々が広めることになったわけ。

そうだったんですか?それで、自由朝鮮も逮捕されたんですか?

自由朝鮮の逮捕で最も憔悴してたのが意外にも朝鮮日報だったんだよな。中央日報は米国内に取り残された韓国籍の人達についてどういう処遇になるかを心配している程度だった。まあそういった経緯も含めて今の韓国は信用に値しないというのが米国情報当局の見解というわけだ。

文在寅は何も考えず意のままに動かされてたというオチ

ムン大統領は、アメリカとの首脳会談に臨もうとしてたのに、何も考えてなかったんでしょうか・・・?記事の最初の方も気になることだらけです!

米韓同盟に亀裂が入ってると思われるとまずい、という声が大統領府の中から出てきた可能性はあるね。それこそワトソン君の言うように意地悪クラブが発案者かもしれない。文在寅はその意向に従って訪米の意思を見せたものの何をすべきかもよく分かっていなかったことになる。

やっぱり!ムン大統領は、意地悪クラブの支配下になってしまったんです・・・。誰か止めてあげてほしいです!

自由韓国党の動きが気になるんだよな。どこぞの市民団体ならともかく韓国の最大野党が2日間も本会議場前で座り込んで徹夜なんて尋常じゃないね。その結果として失礼議長が情けない事件を起こして入院してしまったわけで。

北朝鮮の人達が、裏で働きかけたんでしょうか?

いや…俺はB国を疑っている。話の流れで考えればそうじゃないかと思う。

アメリカはA国だし違いますよね・・・。B国ってどこですか?

そうだな。Bが頭につく国は複数存在するからな。まあ適当に想像しておいてくれ。

ネットユーザーは、あまり気にしていない雰囲気ですね・・・。中央日報さんはムン大統領に期待しすぎだし、ホントに何も考えてなかったんじゃないかって。わずか2分間で首脳会談を終わらせたのはムン大統領の外交手腕だ、って褒めてる人もいました!

こういうコラム記事につく反応は得てして総括的になりがちだよな。まあ言ってることはみんな正しいから特に言うことはないが。

何だか平成が終わりに向かうと共に、ホントに韓国政府も終わりに近づいてる気がします・・・。あと、全然関係ないんですけど、さっきある国に関する怖い話を見かけてしまいました。

へえ。どこの国の?

G国です!明日有能さんに取り上げてもらうように、頼んでみます!

G…G?そんな国あったか?まさか◯◯◯◯国?

多分違うと思います・・・。後でこっそりオフレコで共有します!

少なくとも目立った場所には出てきてない話だよな。ロシアはRだしスリランカはS、フィリピンはPだ。

ええっ?フィリピンって、FじゃなくてPなんですか?

その英語力でイニシャルトークをやろうと思うなよwww どんなオチだよwww