イラン産原油輸入で中国への温情措置は特になし  5月から全面禁輸へ

トランプ政権, 中国ニュース, 中東ニュース, 米国ニュース

米国政府がイラン産原油の禁輸措置について除外措置を打ち切るとした話題で、中国への温情的措置も検討されていないことが分かりました。米国の制裁に関する法律を厳密に適用すれば、中国やインドなどへの段階的な縮小期間が設定される可能性がありましたが、トランプ政権がこの設定を行なわないことを明確にしました。これにより5月からイラン産の原油は全面的に輸入禁止となります。

イラン原油禁輸、中国への段階的措置は検討せず=米高官
4/27(土) 7:04配信 ロイター

 [ワシントン 26日 ロイター] – 米政府高官2人は26日、中国によるイラン産原油の輸入に関し、段階的な縮小期間も短期的な免除も検討されていないと述べた。

 米政府は22日、イラン産原油の禁輸措置について、日本を含む8カ国・地域に対する適用除外措置を打ち切ると発表した。[nL3N2243MS]

 米国の制裁に関する法律によれば、中国やインド、トルコなどイラン産原油の輸入国は原油輸入をゼロにするまでに、短期的な免除を含む段階的な縮小期間の設定が認められる可能性がある。同措置はトランプ政権が昨年11月に認めた6カ月間のイラン産原油の禁輸措置の適用除外とは異なる。

 政府高官の1人は、トランプ政権が中国に対して追加的な制裁免除はないことを明確にしていると述べた。最終的には国務省の管轄だという。

 国務省はコメント要請に応じていない。

 政府高官によると、中国には米国やサウジアラビアなど別の原油調達先があるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000017-reut-cn

段階的な縮小期間は設定しない

?? これって、中国への段階的措置は検討しないって意味ですか?

記事タイトルで明言されてることをなぜ疑問に持つんだよwww

だって、アメリカの法律によれば、段階的な縮小期間の設定が認められるかもしれないんですよね?しかもしれは、去年の11月から始まってる半年間の適用除外とは、別の措置って書いてあります!

まあロイターの書き方が分かりにくいのは事実だが。しっかり読めばトランプがそのような温情措置を認めないことにしてるのが分かるだろ?

そうですね。米国の制裁に関する法律を厳密に適用すれば、中国やインドなどイラン産原油を輸入している国々への段階的な縮小期間が設定される可能性はありました。トランプ政権はその可能性を否定し、温情的な措置を行なわないことを明確にしたというのが今回の記事になります。

そういうことだね。ワトソン君、分かった?

ロイターさん、「短期的な免除を含む段階的な縮小期間の設定が認められる可能性がある。」「短期的な免除を含む段階的な縮小期間の設定が認められる可能性があった。」に訂正してください!もう可能性がなくなったなら、過去形にした方がいいと思います!

いやいや今後ひっくり返るかもしれないだろ。それも含めての可能性だから過去形である必要はないと思うが。

確かに・・・。でも、ほぼ確定なんですよね?

昨年11月から数えて6カ月間の除外措置ですので、来月にも打ち切られることになります。それまで数日残されているというだけの話です。除外措置が打ち切られ実際にイラン産原油が輸入禁止になったことをもって、米国の法律に基づいた段階的な縮小期間が設定されなかったことの証明になるかと思います。

法律は守るべきじゃが、法律に縛られてはいかんぞ。国益を最優先させるのみじゃ。

法律をどう運用するかは国次第ですからね…。国際的な法律を完全に無視してる国もありますけど。

米国産の原油輸入を増やせば対米黒字圧縮の利点も

ネットユーザーも、混乱してるみたいですね・・・。言い回しが難し過ぎてよく分からないって。ただ、イランにとって中国への輸出は大きな抜け穴になってるみたいです!韓国も禁止してくださいって念を押してる人もいました。書いてるのは、その3人だけでした・・・。

相変わらず少ねえwww 中国ネタではネットユーザーは一切食いつかないということがよく分かるね。まあ最近は関係も改善してきてるしな。

中国が急にイランから原油を輸入できなくなったら、どうなってしまうんですか?

米国政府高官によれば、その心配は不要とのことです。中国は米国やサウジアラビアなどの別の調達先を確保していますので、対米黒字の縮小化にも繋がり米中通商協議も円滑に進むことになるかと思いますが。

なるほど。原油不足を解消できて対米黒字も圧縮できればトランプが喜ぶ。一石二鳥じゃないか。習近平は何をもたもたしてるんだ?

それって、もしもアメリカと戦争になったら、一瞬で危機に陥るのでは・・・?

まさか中国は米国と戦争をしようとしてるのか?それでは戦前の大日本帝国の二の舞じゃないか。日本の失敗を学んで教訓としたはずでは?

確かに・・・。

今回のトランプ政権の決定に対する中国側の見解は特に示されていませんが、市場はおおむねよい反応を示しているようです。

【米国株・国債・商品】S&P500が最高値更新、好決算受け
4/27(土) 6:28配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 26日の米株式相場は上昇。予想を上回る企業決算が追い風となり、S&P500種株価指数は終値ベースで過去最高値を更新した。米国のインフレ基調の弱さを示す統計を受け、米国債利回りは低下した。

 S&P500種の高値更新には、アマゾン・ドット・コムやフォード・モーターの予想以上の好決算が貢献。インテルやエクソンモービルの決算が期待外れとなったことの影響は薄れた。1-3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)速報値は成長率の加速を確認する一方、基調的な弱さも示したことから、米10年債利回りは2.5%を割り込む場面があった。

 S&P500種株価指数は前日比0.5%高の2939.88。ダウ工業株30種平均は81.25ドル(0.3%)上げて26543.33ドル。ナスダック総合指数は0.3%上昇。ニューヨーク時間午後4時36分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.50%。

 Eトレードの投資戦略担当バイスプレジデント、マイク・ローウェンガート氏は「現在、景気サイクルのどこにあるかということを忘れるべきではない」とコメント。「多くのセクターは見通しを今も控えめにしている」と語った。

 ニューヨーク原油先物相場は大幅続落。トランプ大統領がガソリン価格の下落を促すよう石油輸出国機構(OPEC)に要求したと伝わった。ただOPEC事務局長はトランプ氏と話していないとも報じられた。ロシアおよびイランからの供給縮小の影響を巡り懐疑的な見方が強まっていることも売りにつながった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は1.91ドル(2.9%)安の1バレル=63.30ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は2.2ドル下げて72.15ドル。

原題:Stocks Climb on Earnings as Treasury Yields Drop: Markets Wrap(抜粋)Oil Tumbles Most in Two Months as Trump Promises Lower PricesPRECIOUS: Gold Advances as U.S. Outlook Eclipses Growth Spurt

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-14139971-bloom_st-bus_all

供給縮小で希少価値が上がって価格が上昇し、供給縮小で不透明感が強まって価格が下落すると。言い訳探しが得意な人はアナリストに向いてそうだ。

でも、株価が上がったので、良かったです!もっと上がってほしいです。

米国時間4月26日に日米首脳会談も始まる

皆さんにはこちらの報道も共有しておきます。米国時間26日にWashington D.C.で日米首脳会談が始まりました。貿易交渉に関するやり取りがいくつかあったようです。

日米首脳会談、貿易交渉めぐり応酬 北朝鮮問題も協議
4/27(土) 8:27配信 朝日新聞デジタル

 安倍晋三首相は26日夕(日本時間27日早朝)、米ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した。日米の貿易交渉が議題となり、首相は会談後、記者団に対し、「両国にとって利益になるよう交渉を加速していくことで一致した」と述べた。

 首脳会談の冒頭は記者団に公開され、さっそく貿易交渉をめぐる応酬があった。トランプ氏は「貿易問題についても徹底的に話す」と意気込んだうえで、「日本は農産品に対する関税を上げているが一日も早くなくしてほしい。我々は日本産の車に対して関税をかけていない」と不満を表明した。

 これに対し、安倍首相は「トランプ政権ができて以降、日本の企業は米国に230億ドル(約2兆5664億円)の投資をした」とし、米経済への日本の貢献をアピール。関税についても「日本は米国車には間税はかけていない。米国はまだ日本の車に2・5%の間税をかけていることは申し上げておきたい」と反論。トランプ氏は「日本の自動車会社が(米国に)投資していることは大変喜ばしい」と話を収めた。

 両首脳は北朝鮮による拉致、核・ミサイル問題などについても意見を交わした。安倍首相によると、2月の米朝首脳会談についてトランプ氏から改めて説明を受け、今後の進め方について協議したという。安倍首相は「次は私自身が金正恩・(朝鮮労働党)委員長と向き合い解決する。トランプ氏からは全面的に協力するという力強い言葉があった」と述べた。

 安倍首相はさらに「令和時代の最初の国賓として、トランプ大統領ご夫妻をお迎えできることを大変うれしく思う」と述べ、5月のトランプ氏来日を歓迎した。

 トランプ氏と安倍首相は27日午前(日本時間27日夜)にゴルフをする予定。安倍首相とトランプ氏の首脳会談は電話会談をのぞき、今回で10回目。両首脳のゴルフは4回目となる。(ワシントン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000004-asahi-pol

へー。朝日新聞にしては悪くないまとめ方だね。国際部門は意外とまともなのかな?

この前神戸で起きたバス事故で、注意されても撮影をやめない朝日新聞記者がいて、炎上してました・・・。

まあそういうことだね。この安倍首相とトランプの応酬についてはお決まりのやり取りという感じがする。一応は日米で関税についての懸案事項を話し合いましたというアピールかな?

日米貿易交渉が今後大詰めを迎えますが、トランプ氏は5月下旬の首脳会談での最終合意を目指しているようです。巨額の対米黒字は中国だけでなく日本についても同様ですので、何らかの落とし所を探す必要があると考えられます。

日本にとっても、我々にとってもいい貿易交渉ができることを望みたいね。安倍首相とトランプの緊密な関係に期待したいところだ。

イランの原油については、日本はあの後何も表明してないですよね?大丈夫なんでしょうか?

特にそういう報道を探したけど見つからなかったので、切り替えは完了してると思うよ。

除外措置打ち切りの期日は5月1日とされているようです。ちなみにイランは今回の除外措置打ち切りについては想定された事態だとしており、最悪の場合にはHormuz海峡を閉鎖するとも警告しています。5月以降は中東情勢も重点監視対象に加えてください。

令和元年の初日で打ち切りなのか。海峡封鎖か…。有事の気配しかしないけど、1ミリも油断せず入念に準備しておくしかないね。