中国はイラン原油禁輸を受け入れる必要があると米国務長官  米中通商協議に影響が出てはならないという認識

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

イラン原油の全面禁輸措置について、中国はこの措置を受け入れる必要があると米国務長官のPompeo氏が明言しました。またこの措置が米中通商協議に影響を及ぼさないと確信しているとして、中国政府が合意に応じるよう促しています。5月1日以降にイラン原油を輸入すれば大きな代償を伴うと警告もしました。

米中通商交渉への影響なし、イラン原油禁輸で=ポンペオ国務長官
4/30(火) 1:48配信 ロイター

 [ワシントン 29日 ロイター] – ポンペオ米国務長官は29日、イラン原油の全面禁輸措置によって対中通商交渉に影響は出ないと確信していると語った。

 米政府は前週、イラン産原油の禁輸措置について、日本を含む8カ国・地域に対する適用除外措置を打ち切ると発表し、5月1日までに輸入を全面停止するよう求めた。撤廃後にイランから原油を輸入すれば米国の制裁措置の対象となる。

 ポンペオ長官は同措置を巡り、中国と重ねて協議したとし、「米中通商交渉は継続し、順当に進むと確信している」と述べた。

 また、イラン産原油がなくても世界の市場に十分な供給を確実にできるとし、各国や企業が5月1日以降にイランから原油を輸入し、対イラン制裁に違反すれば、代償の大きな過ちになるとけん制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000004-reut-cn

中国がどのように判断するかは不透明

イラン産原油の禁輸で最も困ると言われてるのが中国だが、米国はそういう中国の事情は意に介さないという記事だね。

中国は、すごく文句を言ってた気がします!ホントに貿易交渉に影響は出ないんですか?

そうですね。イラン原油の禁輸措置は世界的なものですので、中国に限らず全世界の国々に適用されることとなります。中国にこのような措置を講じてもなお米中通商協議には影響は生じないと米国が判断しているという話です。中国がどのように判断するかは不透明です。

中国が反発したらどうするんだ?聞くまでもないかもしれないが。

中国が今回の禁輸措置に反対姿勢を見せて、通商協議に影響を及ぼそうとするのは得策ではありません。米中の通商協議とイラン原油の禁輸は何の関連性もないからです。

得策ではない、か…。つまり追加関税発動もありうると。

中国が合意しなくなるってことですか?

米国はあくまでも中国との合意を求めています。中国がイラン原油の禁輸措置を理由に米国が求める合意に応じないのであれば、最終的には追加関税が発動されることになります。それは中国にとってはよい話とは言えないでしょう。

中国は国際的な協調を乱しておるようじゃのう。従えぬなら争うまでじゃよ。

そして大日本帝国の二の舞になりかねないですよね…。中国は何も学んでないですね。

米中通商協議が再開されるも重要な問題は未解決

本日より米中の閣僚級通商協議が再開されますが、重要な問題が未解決のままだとしてトランプ氏を含め米高官が難色を示しています。

米中、重要問題未解決のまま貿易協議再開-30日から閣僚級で
4/29(月) 11:45配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米中の閣僚級貿易協議が30日から北京で再開する。ただ、重要な問題が未解決のままだと、米政権高官1人が明らかにした。

 米中は共に合意を望んでいるが、トランプ米大統領が協議の進捗(しんちょく)に満足しなければ中国との交渉のテーブルから離れる可能性は残っていると同高官が匿名を条件に話した。

 ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官が30日から劉鶴副首相との協議に臨む。ホワイトハウスの声明によれば、両国は知的財産や強制的な技術移転、非関税障壁、農業、サービス、購入、履行などの通商問題を議論する。

 その後、劉副首相は代表団を率いてワシントンを訪問し、来月8日から追加の協議を行う。交渉担当者は合意が近いことを示唆しているほか、トランプ大統領も習主席がホワイトハウスを「近く」訪れると先週述べた。

 約1年にわたる貿易対立で信頼感や出荷が損なわれているが、米中の1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)は予想を上回っており、世界経済に対する逆風が弱まりつつあるとの楽観的な見方が広がった。

 中国政府が改革の実行を約束しているにもかかわらず、トランプ政権は先週、中国が知財保護の強化やより多くの外国企業への市場開放を怠っていると主張。一方、習主席は約40カ国の首脳らが参加した一帯一路フォーラムでの26日の演説で、中国の改革について多くの時間を割き、国の補助金への対処や知財権の保護、より多くのセクターへの外国投資の容認、人民元の競争的な切り下げ回避を言明した。

原題:U.S.-China Talks to Resume With Significant Issues Unresolved(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-05904857-bloom_st-bus_all

あれ?そういや一帯一路フォーラムの記事って見た記憶がないんだけど、何を話したんだっけ?

確かに!すっかり忘れてましたね・・・。存在感がすごく薄いです。

中国はいよいよ自国の誇らしいイベントにまで報道規制をかけるようになったのか?ちょっと信じられないが。

私は一帯一路の会議については特に把握していません。トランプ氏が中国の約束の言葉に満足していないということが事実です。今後中国がさらに知的財産権の侵害や外国資本への市場開放などの対策に取り組まなければ、トランプ氏が交渉の席から離れる可能性もあるとしています。

それはつまり、机をけって帰るような事態も考えられると…?

すべては中国の姿勢次第と言えるでしょう。中国に反省の色が少しも見られないとなれば、この数カ月間の通商協議がすべて水の泡となる可能性も考えられます。

トランプ大統領なら、本気でそうしてもおかしくないです!

まあトランプとしてはGDP成長率もサプライズだったし中国に遠慮する必要性を1ミリも感じていないだろうからな。中国も6.4%で食らいついたものの米国に比べればやはり見劣りするね。韓国は問題外だ。

急に韓国の話になりました!

いつも韓国は?韓国は?韓国はどうなんですか?とか言ってる中央日報君に言われたくないわwww

イラン原油禁輸でも供給不足には陥らない見込み

ネットユーザーなんですけど、例によってほとんど誰もいませんでした・・・。やっぱり中国の話にはみんな興味がないんですね!韓国のこととなると、急に人が集まるみたいです。

まあ中国絡みとなるとロイターやブルームバーグくらいしか報道しないのもあるだろう。朝鮮日報よりも韓国寄りの時事通信なんかは中国に都合悪いこのイラン禁輸自体を一切報道してないようだからな。

ホントですか?やっぱり時事通信なんですね・・・。

時事通信社に関しては、以前私が伝えたとおり報道姿勢に問題があると判断しています。これまでと同様に極力採用を控えるようにしてください。AFPに関してはそのような規制は今後は適用しないこととします。

え?AFPはいいの?マジかよ…。提携関係にあるのに?

時事通信限定で規制するってことですか?

まあどちらにせよ時事通信しか報道してない場合は使うしかないんだし、あまり関係はないと思うけどね。

最後にこちらの報道にも目を通してください。イラン原油の禁輸でも中国を含むアジア諸国は供給不足にはならないとしています。燃料価格が高騰する可能性はあります。

焦点:イラン原油全面禁輸、それでもアジアは供給不足に陥らず
4/25(木) 17:44配信 ロイター

 [シンガポール 23日 ロイター] – 米政府はイラン産原油禁輸の猶予措置の撤廃を決めたが、主な買い手であるアジア諸国は既にイラン産の輸入を減らしているほか、米国やサウジアラビアなど余剰生産能力を持つ他の産油国による穴埋めも容易なため、今回の措置でアジア諸国が供給不足に陥ることはなさそうだ。

 石油輸出国機構(OPEC)諸国やロシアなど産油国が1月から減産を実施していることもあり、米国のイラン産全面禁輸の発表で原油価格は急騰。中国やインドなどイラン産の主な輸入国であるアジア諸国は燃料価格の高騰に見舞われそうだ。

 しかしアジアで供給不足が生じる公算は小さい。

 ゴールドマン・サックスが22日公表した推計によると、猶予措置撤廃によるイランの原油輸出の落ち込みは日量90万バレル。一方、米国やサウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、ロシアなどの産油国の余剰生産能力は同200万バレル程度もあり、イラン産の穴を十分に埋められる。こうした産油国の余剰生産能力は来年は同250万バレルに拡大しそうだという。

 トランプ米大統領は猶予措置の撤廃に当たり、米国やサウジが十分な供給を行うと言明。スターフューエルズのブローカー、マット・スタンレー氏は「米国は全面禁輸で供給不足が生じても全部埋められることを余裕で示した」と述べた。米国の生産が足りなくても「サウジとUAEが増産すると請け合うだろう」という。

 イラン産原油の輸入が多い上位4カ国は中国、インド、日本、韓国のアジア諸国で、いずれも猶予措置の撤廃を見越して3月と4月に輸入を増やした。ただ、この駆け込み輸入以前には既にイラン産の輸入を減らし、問題ないことが分かっている。

 イラン産の最大の輸入国である中国は年初来のイラン産の輸入が平均日量50万バレルと、昨年のピークの同80万バレルを下回り、原油輸入全体に占める比率は5%にすぎない。

 中国石油天然ガス集団(CNPC)の幹部は23日、米国産など他の供給で不足は補えると指摘。米国の今年の原油生産量の増加分は日量160万─170万バレルとなる見通しで、1カ国だけで世界の需要の増加分(同120万─130万バレル)を埋めることができるとした。これにOPEC加盟国の余剰生産能力も加わるため、「供給不足は起きない」

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000097-reut-kr

なーんだ。米国産をじゃんじゃん買えば何も問題ないのか。なぜ中国は反発してるんだ?

韓国は?韓国は?韓国はどこ?韓国はどこに?韓国はどうなるんですか?

中央日報君うるさいよwww

韓国については以下のようになります。

 韓国も昨年の8月から12月にかけてイラン産の輸入をすべて停止した。今年の輸入は平均で日量30万バレルで、そのほとんどを石油化学製品の製造に使われるコンデンセートが占めた。

私はインドと日本についても省略しましたが、なぜ韓国だけを気にするのでしょうか。日本よりも韓国の方が気になる背景が何かあるのでしょうか。

そりゃまあ…ねえ。日本には当然影響が出ないものと信じてるので、聞くまでもないかなと。

そ、そうです!韓国は、日本とは比較にならないくらい大変なことになるって思ってて、ガソリン代も暴騰しそうなんです!だから心配してるんです。

まあ心配だけして助けないというのも妙な話なんだが、実際そうだよ。中国だとさほどネットユーザーは集まらないが、韓国のこととなると途端に凄まじいコメント数になる。それだけ日本は韓国を長い間お荷物だと考えてきたわけだ。

私は韓国については特に述べることはありませんが、イラン原油の禁輸により韓国が受ける影響については了承しました。皆さんが心配していることも含めてです。

いや俺は別に心配などしていないけど。生温かい目で見てるだけだ。心配してるのは主にワトソン君。

ボクは、本気で心配してます!韓国の人達が、庶民経済が崩壊したら、日本にいっぱい来るかもしれないので、本気で心配なんです!

ああそっちの心配だったのね。ワトソン君も意外とシビアだな。

イラン原油の穴埋めは米国やサウジアラビアで賄えますので、5月1日より全面禁止となった場合でも混乱は生じないというのが米国の見方です。万が一5月1日以降も禁輸措置を破っていることが発覚した場合は容赦なく制裁が科されるでしょう。関連報道やトランプ氏のTwitterにも引き続き目を通してください。