米露首脳が電話会談、ベネズエラ情勢で対立  トランプ氏が介入すれば政治的解決への道は閉ざされるとプーチン氏

トランプ政権, 米国ニュース

ベネズエラの情勢が深刻になりつつある中で、トランプ氏とロシアのPutin氏が電話会談を行ないました。議題としては中国を加えた新たな核軍縮や北朝鮮の非核化、さらにはロシア疑惑における特別検察官Mueller氏の報告書も話題となりました。ベネズエラの情勢についても協議されましたが、Putin氏は米国が内政干渉をした場合には政治的解決への道は閉ざされるとして警告をしています。

米ロ首脳、中国含む核軍縮協定の可能性や北朝鮮問題など協議
5/4(土) 2:20配信 ロイター

 [ワシントン 3日 ロイター] – トランプ米大統領は3日、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、米ロに加え中国が参加する新たな核軍縮協定の可能性や、北朝鮮の非核化に向けた取り組み、ベネズエラ情勢などについて1時間以上にわたり協議した。

 トランプ大統領は、中国が米ロの核軍縮の枠組みへの参加に意欲を示しているとし、「近い将来、米ロでの枠組みを始め、いずれ中国が参加するだろう。核不拡散など包括的な協定について協議することになる」と述べた。

 ホワイトハウスのサンダース報道官によると、両首脳は新たな核協定の締結、もしくは米ロ間の戦略的な核条約の延長などについて協議した。

 2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書も話題に上がった。

 トランプ大統領は「プーチン大統領は『大山鳴動して、ねずみ1匹』というような発言をしていた。実際プーチン大統領は、共謀がないと分かっていた」と述べた。

 サンダース報道官によると、北朝鮮問題については、トランプ大統領が複数回にわたり「ロシアが非核化に向けた圧力を強め、継続する必要性や重要性」について強調。ロシア政府も、両首脳が朝鮮半島の非核化を推進する必要性について強調したことを明らかにした。

 ウクライナとベネズエラの情勢についても協議した。サンダース報道官によれば、ベネズエラ情勢を巡ってトランプ大統領は「米国はベネズエラ国民と共にある」と述べ、救援物質の国内搬入を望む考えを強調した。ロシア政府によると、プーチン大統領はトランプ大統領に対し、ベネズエラの内政に干渉すれば、政治的解決に向けた道は閉ざされるとの認識を伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000016-reut-kr

トランプ氏の方針にPutin氏が反発

今日の主題はベネズエラか。クーデターは鎮圧されたと報道されてるけど、実際はどうなんだろう?

そうですね。私はトランプ政権の方針を述べるにとどめておきますが、トランプ氏はベネズエラへの救援物資の搬入を望んでいる姿勢を見せています。しかしロシアのPutin氏は、この動きは政治的解決への道を閉ざすものとして反発しています。

ベネズエラって、今2人の大統領がいるんですよね?どっちが本物かで争ってるってことですか?

いや本物はマドゥロ大統領の方だろ。グアイドの方は暫定大統領と呼ばれてるけど、トランプは確かこっちを支持してるんだよな?

暫定大統領就任を宣言した国会議長のJuan Guaido氏ですが、野党の指導者Leopoldo Lopez氏とともに軍幹部と接触していたことが明らかになっています。先月末に起きた蜂起は不発に終わったとしています。ベネズエラ政府はLopez氏への逮捕状を出しましたが、スペイン公館に逃げ込んだため難を逃れたようです。

ベネズエラ野党指導者、蜂起前に軍幹部と接触
5/3(金) 12:51配信 ロイター

 [カラカス 2日 ロイター] – ベネズエラの野党指導者レオポルド・ロペス氏は2日、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長とともに今週、国民や軍に蜂起を呼びかける前に、軍幹部と接触していたことを明らかにした。

 ロペス氏は「軍の動き」は続くと述べ、軍関係者との調整が続いていることを示唆した。

 ただマドゥロ大統領は2日、国防相や軍幹部とともに国営テレビに姿を現し、政権側が引き続き軍の支持を得ているとアピールした。

 グアイド、ロペス両氏が30日に呼びかけた蜂起は、政権側の兵士らによる弾圧に遭い不発に終わった。

 ロペス氏は、軍内の異なる派閥の幹部らと過去3週間にわたり自宅で面会してきたと明らかにし、「その場でわれわれは権利侵害に終止符を打つことに貢献すると約束した」と述べた。

 同氏は反政府デモを扇動したとして2014年に拘束され、17年から自宅軟禁状態だった。30日に軟禁を逃れ、グアイド氏や数十人の兵士とともに姿を現したが、その後スペイン公館に保護を求めた。

 ロペス氏が外国公館に逃れたことは、反政権派にとって打撃となった。

 ベネズエラの裁判所は2日、自宅軟禁命令などに違反したとして同氏に対する逮捕状を出した。スペイン政府報道官は、同国はロペス氏をベネズエラ当局に引き渡す考えはないと述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000033-reut-s_ame

スペインと言えば、この前自由朝鮮の件で逮捕状が出てたよな。スペインが何気に重要事案に絡んできてる気がする。

どうしてスペイン大使館なんですか?

そりゃ南米と言えばスペインだからだろ。名前からしてスペイン語だ。この人フルネームはレオポルド・エドゥアルド・ロペス・メンドーサって言うんだね。

長い名前ですね!

暫定大統領やメンドーサの側にいるトランプに大統領選で負けてしまう民主党の構図が見えるようだ。「立つんだジョーバイデン!」という声もなくね。

??

ホセ・メンドーサは知らない?あしたのジョー自体知らないか。

サイボーグ009の外伝とかですか?

違う違うwww そっちもジョーだけど全然違うキャラだww まあ興味があれば読んでみてくれ。

米国防長官代行が欧州訪問中止、英国情勢と関連する可能性も

ベネズエラの情勢に合わせて、米国防長官代行のShanahan氏が欧州訪問を中止すると発表しました。同国大統領のMaduro氏は軍の結束を呼び掛けていますが、米国政府は引き続き対応する必要があると述べています。

米国防長官代行、ベネズエラ危機対応のため欧州歴訪中止
5/2(木) 8:37配信 AFP=時事

 【AFP=時事】米国防総省は1日、パトリック・シャナハン(Patrick Shanahan)国防長官代行が欧州歴訪を取りやめたと発表した。ベネズエラ危機と対メキシコ国境での事案に対処するため。

 マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は同日、国防総省の発表に先立ち、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領はベネズエラでの危機を抑えるため軍事行動を取る用意があると表明していた。

 シャナハン氏は2日からドイツ、ベルギー、英国を訪問する予定だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000006-jij_afp-int

「ドイツ、ベルギー、英国を訪問する予定だった」

どうしたんですか?

これ絶対この前の国防相解任が響いてるだろ…。あの話って英国時間の1日だったと思うけど、米国側がこのことを受けて米国時間の1日に欧州歴訪をやめた可能性はあるよね。

ええっ?じゃあ、ベネズエラのことは口実なんですか?

前にボルトンが同じくベネズエラを口実に韓国行きをやめたよね。あの時と似たような構図に見える。

そうですね。私は肯定も否定もしませんが、国防相の解任についてはトランプ政権がよく思わない可能性は高いです。英国軍の士気への影響も予想されますので、安全保障上の問題が生じることも考えられます。

メイ首相って、何がしたいのかよく分からない人ですよね・・・。

まあ訪問先にドイツやベルギーも含まれるので、ソフトな警告ということかもしれないけど。英国はベネズエラについてはどう見てるんだろうか?

探してみたら、こんな記事が見つかりました!

英中銀、ベネズエラ資産約1300億円の引き出しを拒否-関係者
2019年1月26日 10:57 JST

 ベネズエラがイングランド銀行(英中央銀行)に預けている資産の引き出しを英中銀が拒んでいる。事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。政局の混迷が続くベネズエラは、大統領が2人並び立つ異例の事態となっている。

  マドゥロ政権側は金(ゴールド)12億ドル(約1300億円)相当の引き出しを英中銀に求めているが、ポンぺオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)ら米国側による英国への働き掛けを踏まえ英中銀がこの要請に応じていないと関係者の1人が語った。

  米国はベネズエラの野党指導者グアイド国会議長を暫定大統領として23日に承認。英国も米国に追随した。英中銀はベネズエラ資産の扱いについてコメントを控えた上で、金管理を含めた銀行業務を「非常に多くの顧客」に提供しており、顧客との関係にはコメントしないと説明した。

(以下略)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-26/PLWZNS6JIJUP01

この記事にマドゥロかグアイドかで世界地図を色分けした画像があるけど、見事にアメリカ大陸とアジアで分かれてるな。

イギリスは、アメリカの方針と一緒みたいですね!

“ベネズエラ”の一声で米国への忠誠を誓うかどうかを試してるように聞こえるね。お前たちのやることはベネズエラに利することになるぞと。ベネズエラの背後にロシアや中国がいることから考えてもそうだと思う。

グアイド大統領って、オバマ大統領に似てますよね!アメリカ寄りの人だって一目で分かります。

米国としてはロシアとの間に抱える諸問題についてあくまでも対話での解決を望んでいますが、Putin氏がベネズエラへの介入を望まないのであれば次の段階に進むしかありませんね。

ベネズエラのMaduro氏再選に不正があった

ネットユーザーは、中国を警戒するために米露で対応した方がいいという意見もあれば、トランプ大統領はプーチン大統領と仲が良すぎると疑問を持ってる人もいます。ベネズエラの方に関しては、マドゥロ大統領は公正な選挙では選ばれてないんですか?

え?そうなの?全然知らなかった。

Guaido氏が暫定大統領として承認されたのは、Maduro氏が2018年5月に再選となった過程が不正であると報じられたためです。Guaido氏は選挙のやり直しも求めています。Maduro氏が国内の権力を掌握しつつあるとの観測もあります。

そういう背景があったのか…。ベネズエラ情勢はまるで追っかけてなかったので知識がほぼ白紙状態だ。

韓国がベネズエラになるという話限定なら、一流だと思います!

韓国が絡むと途端にやる気が出るのは、ネットユーザーの反応数が1000倍とかになるからだけじゃない気がするね。

1000倍・・・。確かに、今回出てきた記事は、どれも1ケタしか反応がついてませんでした!

似たような背景でインドネシアも不安があるね。首都を移転するとか言ってるし、大統領選の時には…だろ?

確かに・・・世界中が、段々おかしくなってきてる気がします!

皆さんはお気づきかもしれませんが、ベネズエラの問題は今や米国とロシアの間にある新たな火種となりつつあります。問題が同国内では収束せず拡大するようであれば、やがて世界中を巻き込んでいくかもしれません。ベネズエラに関する監視の頻度を高めてください。中国の話と絡めて取り上げても構いません。

分かりました!韓国とも絡めて取り上げてもいいですか?

それは言わなくてもやるだろww