トランプ氏が中国に追加関税を発動  2000億ドル分の製品の関税を25%に

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

米中通商協議が進められる中、トランプ氏が対中関税を今月の10日からすべての中国製品に適用することを表明しました。まず現在10%となっている2000億ドル相当の商品について25%に引き上げ、さらには関税が賦課されていない残りの3250億ドル相当の製品にも残らず25%の関税を発動する意向を示しました。中国が合意事項について態度を急変させたことが主な理由とされています。

トランプ米大統領、対中関税25%に引き上げへ 圧力強める
5/6(月) 8:59配信 ロイター

 [ワシントン 5日 ロイター] – トランプ米大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%から25%に引き上げると表明し、中国への圧力を大幅に強めた。現在関税を課していない3250億ドル相当の中国製品についても、「近く」25%の関税を発動する考えを示した。

 大統領はツイッターに「中国との通商協議は継続しているが、遅すぎる。中国側は再交渉しようとしている。ノーだ」と投稿した。

 トランプ氏はこれまでに通商協議の進展状況や習近平国家主席との関係について前向きな発言をしてきており、関税引き上げの表明は大きな方向転換となる。貿易戦争が激化すれば金融市場に打撃が及ぶのはほぼ確実だ。

 ムニューシン米財務長官は前週、通商協議のため北京を訪問し、協議は「生産的」だったとの見方を示した。今週は中国の劉鶴副首相がワシントン入りして再協議することになっている。

 5日午後の時点でホワイトハウス当局者は、トランプ大統領のツイートが今週の協議に影響するかどうか分からないとした。中国側が訪米を見送る可能性もある。

 カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はFOXニュースで、大統領のツイートは中国に対する警告だとの見方を示した。

 カドロー氏は「大統領は警告を発していると思われる。米国は誠意を尽くして10%から25%への関税引き上げを延期し、10%に据え置いてきたが、協議がうまくいかなければ、そうした措置は永遠には続かないかもしれない」と述べた。

 一方、貿易政策についてトランプ氏に非公式に助言しているハドソン研究所の中国戦略専門家マイケル・ピルズベリー氏はカドロー委員長の発言について、トランプ大統領の意図を軽く扱っていると指摘。「私は大統領のツイートを文字通りに受け取る。カドロー氏が単なる警告と軽視したのは残念だ」とし、中国側が今週の協議に備えて方針を準備する中で、カドロー氏の発言は米国の立場を弱めかねないと述べた。

 ムニューシン財務長官は前週の米中協議について前向きな受け止めを示したが、ピルズベリー氏は、中国側が一部の合意済み事項について態度を転換したとの情報など、より厳しい現状をライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が大統領に報告したことが、今回のツイートにつながったとの見方を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000004-reut-cn

2000億ドル分の製品に25%関税

はいきたね追加関税。楽観的な雰囲気を演出しておいてズドーン。

ボクは、そこまで驚きはありませんでした。有能さんが、合意できなければ追加関税だと言ってくれたので、素直に受け止めてます!

じゃ何で株を買ったんだよwww 最悪中の最悪のタイミングだろwww

アメリカに勝ってほしいからです!ボクが買った銘柄は、アメリカが勝利すると信じて買った銘柄です!

そうか。まあトランプとしても大統領選前に株価を下げたくないだろうし、それを受け入れてでも中国に追加関税を発動しなければならない理由があったんだろう。

トランプ氏のTwitterですでにご存じのことかと思いますが、中国の製品2000億ドル分にかけられている10%の関税を今月10日から25%に引き上げることを表明しました。また、残りの関税が特に賦課されていない3250億ドルについても近いうちに25%に引き上げるとしています。

ロイターでも“大きな方向転換”とか書いちゃうくらい衝撃的な表明だったわけだね。ムニューチン財務長官は北京での協議は生産的だったと言ったり。

誰も当てにならないですね・・・。

米国家経済会議委員長のKudlow氏が言うように、現在2000億ドルの製品に課されている10%についてはあくまでも温情措置であり、中国側の態度次第では25%に引き上げられる可能性は常に示唆されていました。10%は一時的な措置という意味です。ただしKudlow氏は”警告”としたため、この言い方では関税発動が決定事項ではないかのように伝わるとしてHudson研究所のPillsbury氏が懸念を示しています。

警告だと解釈してる国内マスコミが複数いたのは、カドローのせいだったのか・・・。

中国は関税措置の意味が分かっておらんのう。合意事項を覆すなぞ愚の骨頂じゃよ。

そうですね。米通商代表部のLighthizer氏によれば、中国が合意済みの事項について態度を急変させたことが追加関税の発端となった可能性があるようです。

今週の米中通商協議の日程も中止となる可能性

複数の関係者や報道機関が”警告”と受け止めたのは、今週から中国の交渉団が訪米する予定が念頭にあったことが理由と考えられます。

トランプ氏、中国製品への関税25%に上げると警告
5/6(月) 3:05配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2200億円)相当に対する関税率を現行の10%から25%へと引き上げる考えを示した。10日に実施するとしている。その他3250億ドル相当の中国製品についても「近く」関税賦課の対象にするという。今週ワシントンで再開される米中通商協議は最終段階と目されているが、協議開始を前に中国に警告を発した形だ。

 トランプ氏はツイッターへの投稿でこの措置を発表。対中交渉の進展ペースに満足していないためにこうした措置に踏み切ることを示唆した。

 ツイートでは「中国との通商協議は続いているが、進展があまりに遅い。中国側が再交渉を企てている」とし、「ノー!」と書き込んだ。

 トランプ政権は昨年、当初は中国製品500億ドル相当に25%の追加関税措置を発動。その後、2000億ドル相当の製品に10%の追加関税をかけた。今年3月1日を期限にこの2000億ドル相当への関税率を10%から25%に引き上げる予定だったが、通商協議が継続していることを理由にトランプ大統領が実施を先送りしていた。

原題:Trump Says 10 Percent China Tariffs Will Rise to 25 Percent (1)(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-79527621-bloom_st-bus_all

中国はその”警告”に応じる姿勢を見せていませんので、警告にとどまらず追加関税が発動となる見込みです。

中国、今週予定している米国との貿易協議の中止を検討-WSJ
5/6(月) 9:26配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 中国は今週に予定していた劉鶴副首相のワシントン訪問の中止を検討している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

 トランプ米大統領は5日、中国製品に対する関税引き上げの考えを示した。中国側は大統領の発言に驚いたとWSJ紙は匿名の関係者を引用して伝えている。中国は脅迫を受けながらの交渉を望んでいないとも同紙は報じた。

 トランプ大統領は次回の交渉で貿易協議を決着させることを目指し、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率を現行の10%から25%へと引き上げると警告した。中国側の交渉責任者である劉鶴副首相は協議のため8日にワシントンを再び訪問する予定となっていた。

 米中双方からの発言が貿易交渉の順調な進展を示唆していた中で、トランプ大統領は突然姿勢を硬化させ、対中交渉の進展ペースに満足していないとして、10日から関税を引き上げるとツイートした。

 同大統領はまた、現在対象となっていない3250億ドル相当の中国製品に25%の関税を課す可能性も示唆した。

原題:China Mulls Canceling Trade Talks With U.S. This Week, WSJ Says(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-02368322-bloom_st-bus_all

そこなんだよな…。俺が一番びっくりしたのは、中国の交渉団が訪米する直前にこの決定があったことなんだよ。去年のパターンで行けば、訪米団が帰国した後でぬか喜びさせてからの発動だと思ったからな。

意表を突かれましたね・・・。ボクは、合意されるのかなと思ってました!

トランプ政権は誰もが予想しなかったタイミングで驚きの行動に出るよね。その辺りの交渉術というか、謀略力というのは並みの政権にはないものだと思うよ。安倍政権にもこういう部分を見習ってほしいと思う。

世界をあっと言わせるって、こういうことなんだと思いました!

例えば見ろよこの記事。“タリフマンが襲来”ってまるで映画のタイトルじゃないか。中国との関係を改善させて株価を押し上げたい人達にとっては、トランプはアベンジャーズのサノスように見えるのかもね。

「タリフ・マン」が再襲来、米株先物が下落-対中関税引き上げを警告
5/6(月) 9:14配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): トランプ米大統領が5日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2200億円)相当に対する関税率を現行の10%から25%へと引き上げる考えを示したことを受け、米国株先物が下落した。

 S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均の先物はニューヨーク時間5日午後7時15分(日本時間6日午前8時15分)現在、1.4%安。 ナスダック100指数先物は1.6%下落となった。主要株価指数は3日、それぞれ過去最高値付近で終了していた。

 MUFGユニオンバンクのチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏は電子メールで、「大統領が譲らない姿勢を示せば相場は下落する。タリフ(関税)マンが株式相場を急降下させるために再び市場に戻ってきたとコメントした。

原題:‘Tariff Man Is Back’: Traders React as Calm Is Upended in Stocks(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-01643468-bloom_st-bus_all

「タリフマンイズバック」って・・・無駄にカッコいいです!

トランプ氏は以前より自らをTaliff Manと自称していましたので、今回の表明については十分に予測された出来事です。トランプ氏は中国との合意を望んでいましたが、それが難しいことが分かれば追加関税を発動させる意向も示していました。

令和の10連休の最終日だからな…。俺はトランプが日本人に令和元年のめでたい雰囲気を味わわせてくれたんだと感謝することにするよ。令和連休明けは大荒れになるかもしれないね。

そうですよね!トランプ大統領、連休中は大人しくしてくれて、ありがとうございます!アメリカの株価だけは落ちないって信じてます!

だから先物が急落だって言ってるだろwww チャートを見てみろよww

株式市場への影響を懸念する声も

ネットユーザーは、トランプ大統領の快挙だと称賛する人がいる一方で、日本への影響について心配する人が多いですね・・・。ヨーロッパがどう動くかにもよるって。10連休の最後の最後にこれでは、明日の日経が心配だという意見もありました。

やはり株式投資をやってる人が多いんだろうな。分かるよその気持ちは。ポジションを持ったまま10連休を越すようなチャレンジャーはさすがにいないだろうが。相当安い価格で仕込んでない限り気が気じゃないだろう。

ボクは、今度の銘柄は信念を持って買ったので、後悔はしてません!

そうかww じゃあ大暴落してもパニック状態になるなよ?

以前述べたように、今回の投資でも損失が出るようなら以後は株式投資の話は控えてください。これはあくまでも”お願い”となります。

一時的に損になっても、最後にプラスになるまで絶対に売りません!ボクの意思は強固です!

頼もしいね。どの銘柄を買ったのかは知らないが期待してるよ。途中で投げ出すなんて男のやることじゃない…あれ違うんだっけ?

予定された米国での通商協議の日程は今週の8日となりますが、中国側の意向に変化がなければ中止となる見込みです。それが決定事項となった際に改めて取り上げることとします。引き続きトランプ氏のTwitterに目を通してください。

世界中が”realDonaldTrump”に注目してる状況だね。

今回の関税、意外と褒めてる人が結構多いです!ツイッターでよくやったという返信が目立ってました。批判してる人は、いつも同じ人達のような気がします・・・。

分かる分かる。サングラスかけたアンチの人がいつも上の方に来てて怪しいんだよ。ツイートの返信部分もできる範囲で目を通しておこう。