世界各国の製造業が中国外への移転を加速  対中関税引き上げを理由に

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

Sponsored Links

米中通商協議が9日から再開されますが、協議の結果を待たずして世界各国のSupplierが中国外に製造拠点を移転させているようです。台湾のDelta Electronicsもその中の1社で、現在中国にあるとされる製造施設を台湾やタイ、インドなどに移転させるとしています。中国で製造したものを米国に輸出すれば25%の関税がかかるので、妥当な動きと言えるでしょう。

サプライヤー、製造施設の中国外移転を加速-米中交渉結果待たずに
5/8(水) 9:34配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米中通商交渉がワシントンで9、10両日に予定される中、テクノロジー産業の世界的なサプライチェーンを構築した企業は協議の結果が出るのを待たずに動き始めている。台湾企業のデルタ・エレクトロニクス(台達電子)も製造施設の中国外への移転を加速させている1社だ。

 台達電子は、マイクロソフトや華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)などの顧客がデータセンターや工場の電力・冷却を管理するのを助ける部品を製造している。台達電子は一部の製造施設を台湾とタイに移す計画であり、さらにインドの3、4カ所に工場を建設する予定。インドのモディ首相が展開している「メーク・イン・インディア」政策に応じる形だ。

 トランプ米大統領が今週、中国による約束撤回を理由に対中関税を引き上げる方針を示し、米中交渉の先行き不透明感が深まる中で、その影響を受けることになる中国進出のサプライヤーの間では、東南アジアやインドなどに製造拠点を多角化しようとする動きが強まっている。

原題:Trump Versus Xi Battle Has Another Supplier Shifting From China(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-75645876-bloom_st-bus_all

台湾やタイ、インドへ移転

製造業の中国脱出が始まったか…。どこもかしこも脱出だらけだな。

韓国企業も、脱韓国を始めてます!みんな東南アジアやインドを目指してるんですね・・・。

米中通商協議が9日からWashington D.C.で再開されますが、それに先立ち世界各国のSupplierが中国から拠点を移し始めたようです。記事にもある台湾企業のDelta Electronicsについては台湾やタイ、インドなどに製造施設の一部を移転させるとしています。

全部じゃないのが何とも…。まあ一気にやるのは難しいか。

輸出先がアメリカ以外なら、中国製造でも問題ないんですよね?

ああ確かに。米国向けだけ東南アジアやインドに移す企業が増えるかもしれないね。

そうですね。本記事で紹介されているのはDelta Electronics社のみとなりますが、他にも多くの企業が同様の動きを模索し始めているそうです。米国へ輸出する製品が一律25%関税となりますので、協議の結果を待たずに動かなければ損失が拡大します。

一律25%はまだだよね?

将来的にそうなるので、今のうちに動かなければいけないってことでは?

確かに製造拠点を動かすのは短くても数カ月は必要だろうからな。先の先を読まないといけないってことか。しかし思わせぶりのオンパレードだな米中通商協議は。

北京での通商協議の結果が誇張されていたという話は、市場の信頼を失わせるには十分であった可能性があります。高値圏を推移していたDow Jones Indexは一転急落し始めました。

表面上の話に惑わされてはならん。中国が合意せぬなら貿易交渉は成立せんぞ。

中国は勝算があってやってるとは思えないですね…。未だに報道規制が続いてるそうです。

iPhoneの製造業者も中国外へ拠点を移す

ネットユーザーは、むしろ遅いくらいだって言ってます!中国企業自体がベトナムやミャンマーに移転させてるそうです。ただ、株価を乱高下させるのはやめてほしいって言ってる人もいました・・・。

ワトソン君はプラスになるまで売らないんだっけ?何年後になるか知らないけど。

絶対に売らないと決めたので、株価も見ないようにしています!

また始まったwww 前回の二の舞にならないといいがな。

私からはこの記事も共有します。中国からインドや東南アジアへと製造拠点を移転させる動きとして、おそらく最も大きなものになるかと思います。

フォックスコンのアイフォーン生産、中国からインドに主要拠点交代へ
4/15(月) 21:25配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の生産を請け負っているフォックスコン・テクノロジー・グループの郭台銘(テリー・ゴウ)会長は、年内にインドでのアイフォーン大型生産に入ることを明らかにした。これまで中国で集中的にアイフォーンを生産してきたフォックスコンにとって大きな転換となる。

 郭会長は台湾で行われた行事に出席し、「将来的に当社はインドのスマートフォン業界で非常に重要な役割を果たすだろう」と述べ、「当社は生産ラインをインドに移管した」と話した。

原題:Mass Production of iPhones to Start in India, a Shift from China(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-31118338-bloom_st-bus_all

マジかよ…。ついにiPhoneがMade in Indiaになるのか。それを待ってから買い換えればよかった…。

結局買ったんですか?

買ったよ!iPhone XRをな。カバーをつけたらやたら分厚くなったけど、ホームボタンがない方が今じゃスイスイと操作できる状態になった。

ですよね!ボクも、ホームボタンがあるともう操作できないと思います・・・。

年内にも移転ということは、今年発表されるiPhoneからはもうインド産になるかもね。まあ2年後くらいにまた買い換えるよ。

インドは中国に勝るとも劣らない超大国になる可能性を秘めています。また、東南アジア諸国は戦略的に重要な位置となります。トランプ氏の進める安全保障のインド太平洋構想には不可欠な存在となるでしょう。

まさに名の通り。インドは日本の新幹線導入を決めたし今後の発展が見込めるね。安倍首相のセキュリティダイアモンド構想が現実のものになりつつある。

米国の対中関税に関する図表

トランプ大統領が発動した追加関税について、分かりやすく説明できる図があったんです!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000001-asahik-soci.view-000

ちなみに元の記事はこれです。

トランプ氏変心、米中暗雲 対中関税25%「10日に第3弾」
5/8(水) 5:30配信 朝日新聞デジタル

 米中貿易摩擦の行方が一気に不透明になった。トランプ米大統領が5日に突然、「第3弾」となる対中関税の大幅な引き上げを表明したためだ。米中高官は9日、ワシントンで協議に臨むが、歩み寄りは容易ではない。株式市場は揺れ、世界経済の重荷になる懸念も強まっている。▼7面=東証下落、12面=社説

 ■「脅し」の背後に強硬派か

 「(交渉の進展が)遅すぎる。ダメだ!」

 発端は5日、トランプ氏が投稿したツイートだった。「中国は2千億ドル(約22兆円)分に10%の関税を払ってきた。この10%は金曜日(10日)に25%に上がる」と予告。(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000001-asahik-soci

米国を青、中国を赤のグラフで表記したわけか。しかも米国が左側なので地理的な位置関係を無視して米国を先に書いたことになる。朝日新聞は中国寄りだと思ったが“変心”したのか?

よい図表かと思います。留意しておくべき点としては、中国には報復の手段はほとんど残されていないということです。なぜなら中国は他にも知的財産権の侵害や技術移転の強要などに関する問題を解決する必要があるからです。

右側の中国の空白グラフが高すぎるとは思うけどね。明らかに2000億ドルに匹敵する品目を用意できないと思う。

中国が、アメリカに輸出をし過ぎてるから、こうなったんですよね?

トランプが中国との貿易で55兆円を損したと言ってたからな。追加関税ツイートの後に。対中制裁に向けた確固たる意志を感じたね。中国はもう逃げられないと思うよ。

何だか、太平洋戦争が始まる前の日本みたいですよね・・・。ツイッターでそう指摘してる人がいました。あの時の流れにそっくりだって。

ぶっちゃけ俺もそう思うよ。米国はもう中国を逃がす気は1ミリもないんだろう。習近平がなぜ急に合意に応じない姿勢を見せたのかは分からないけど、このままいけば中国は戦前の大日本帝国かそれ以上に悲惨な目に遭うことになるだろうね。